エチ研TOP
Home > 体験談 > 格安ボロアパートに住んでた頃、突然…
投稿:2016-09-10(土)12:19

格安ボロアパートに住んでた頃、突然裸の女の子が部屋に入ってきた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:76,189回)
翔太さん(20代)からの投稿

二部屋と狭い台所、風呂トイレ付きの格安ボロアパートに住んでたころ

四月、隣に誰か入居してきた

挨拶しにきた人、20代のカップルだった

女の子はけっこう可愛い

挨拶もちゃんとするしいい子だな

初夏になる頃

庭に面してる戸を開けて涼んでるとき

隣の女の子も出てきた

『暑くなりましたね』

そうだねと言って彼女見ると薄着のTシャツだけだった

天然なのか?ノーブラでおっぱい透けて見えてるし、下は短パンらしきもの履いてない

シャツでギリギリ隠れてる程度

チラチラぱんつが見える

見ない振りして世間話した

彼女は看護師で彼は鳶職だと知った

洗濯物も平気で干す

可愛い下着がヒラヒラ風でなびく

彼女と庭先で話す事が増えてきた

夕方になるといつもの姿で涼みに出てくる

透けたおっぱいとパンチラ

冬になりその姿が見えなくなった頃

夜突然庭に面してる戸をどんどん叩いてくる

なんだ?カーテンあけると裸の女の子がいた。隣の彼女じゃない

戸開けた

『寒い』ブルブル震えながら入ってきた

何事だ?

ストーブの前に座り込む

とりあえず毛布をかけてやった

『あ、ありがと』まだブルブル

ホットコーヒーを渡した

コーヒー飲んで少し落ち着いた様子

なにがあったんだ?と聞いた

その女の子は隣の彼の浮気相手

彼女が夜勤で夜いないから女の子を連れ込んでえっちしようとしたとき彼女が突然帰ってきたので庭から追い出されたと言った

あいつ彼女いるのに浮気してるのか

風呂に湯ためて身体暖めておいでと言って風呂場に行かせた

バスタオルを巻いて出てきた

女物の服ないから仕方なく俺のトレーナーを渡した

よく見るとこの子も可愛いな

年はまだ20いってないな

セミロングのストレート

ギリギリで下が隠れてる

さてどうしたものか

服ないからこのまま帰す訳にもいかないし

この子どうするんだろ

『あのう・・・』

なんだ?

『もし良かったら一晩泊めてもらえませんか?』

泊まるの?

『このままじゃ帰れないし』

俺はいいけど

『すみません』

困ったな、布団一組しかないし

とりあえず布団敷いた

君はそこで寝ろ

『あなたは?』

俺は毛布かぶって隣で寝るよ

『寒いでしょ、一緒に寝よ』

マジか?そりゃ嬉しいけどやっぱだめだよ

『あたしのせいでこんな事になったから』

いやいや、大丈夫だから

どうしてもと言うので一緒に寝ることにした

若い女の子が隣にいる、ドキドキして寝れない

『眠れないの?』

まあね、君がとなりにいるから

ふふっと笑いちんぽを触ってくる

何してんだ?

『さっきやりそこなったから』

そんな事したらだめ・・・んっ

キスしてきた

『何も言わないで』

キスしながらちんぽを擦る

『おっきくなったね』

パンツを脱がし直に握ってきた

頭を下げてきてちんぽくわえてきた

手でしごきながらペロペロ舐める

跨がってきた

ちんぽ入れて腰を振る

『んんん、あはっ』

女の子を下にして突いた

『あああ・・・ん~』

足を俺に絡みつけてきた

『んんん~いくっ』

ガクガクと腰が震える

動き止めて少し休む

足の力が弱まったからズンズン突いた

『あん、いやあん、またいっちゃう』

ガクガクとなったときちんぽ抜いてお腹に出した

『二回もいっちゃった』

ニコッと笑う

そのまま眠りにつく

朝起きる

俺は仕事行かなきゃ、この子どうしよう

女の子起きた

俺は仕事行くけど君はどうする?

服ないから帰れないと言った

隣の彼が家出る様子

ちゃんと待ってろと言って彼のあとを少しつけてアパートから離れたとこで呼び止めて昨夜の事話した

セックスしたことは内緒で

迷惑かけてごめんないと謝る

あの女の子の服はうまく隠したけど彼女はまだ家にいるから服取ってこれないと言った

一旦家に戻り女の子に事情話した

そっかと落ち込んでる

夕方帰ってくるから君が大丈夫なら待ってろと言った

仕事終わって家に帰る

『おかえりなさい』女の子はまだいた

部屋が片付いてる

暇だったから掃除したと言う

『こんな物見つけた』

それは・・・

『ふ~んこんなの好きなんだ』露出系の雑誌みられた

適当にごまかしたけど趣味バレバレ

隣の彼がきた

少し女の子と話したいので悪いけど二人っきりにしてもらえますかと頭下げてお願いしてきた

仕方ねえな、一時間ほど外出した

帰ると女の子一人、泣いてる

話きいた

遊びと分かってたけど好きになってきて告白したらハッキリ別れてくれ、もう二度と俺に近づくなと言われたらしい

話してるうちにだんだん怒りだしてあんなやつこっちから捨ててやるわと言いだした

ここで初めて女の子の名前知った

好実(このみ)18才短大生でアパートで一人暮らししてる。彼との出会いはナンパされて付き合いだしたと

さてこれからどうするの?

俺と付き合ってと言った

それって俺の彼女になるって事?

そうだよとあっさり言う

わざと嫌われるようにしよう

俺変な趣味ある男だぞと言ったら

『あの外で裸になるやつでしょ』

そうだよ、好実ちゃんには無理だな』

『できるもん、だから彼女にして。それともこんなあたしは嫌いなの?』

そうじゃないけど

『外で裸になるから』

そこまで言うのか

外で裸になるのは置いといて、本気で付き合う気あるのか?

『うん』

結局好実ちゃんと付き合う事になった

隣の彼と顔会わすの嫌だと言うので俺が好実ちゃんのアパートに引っ越す事になった

追伸

好実ちゃんが俺の部屋に裸で入ってきた日から二日は服取ってこれずトレーナーで一日中部屋にいた

その間一度露出プレイした

三日目に彼女が夜勤に行ったとき彼が服を持ってきた

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告