エチ研TOP
投稿:2013-10-16(水)12:00

祖父の葬式が終わった後、従妹と関係を持ってしまった話

本文(累計閲覧数:771)
名無しさんからの投稿

オレが23歳で、従妹が20歳の時にヤった事がある。

近くに住む祖父の葬式の後・・・今考えると不謹慎だったけど。

でも、祖父も高齢だったし長い事寝たきりだったから、悲しみに暮れる・・・って感じじゃなくて、久しぶりに集まった親戚で飲んだんだよ。

その勢いでやってしまった・・・オレと従妹(エリ)は3つ違い。

オレの住んでる所の隣の市に住んでた。

小◯校の頃はよく祖父の家で会ったりしてたんだが、中学・高校と進むとほとんど会う機会がなかった。

小さい頃から可愛かったな。

背は普通よりちょっと小さめかな。

でも、目がぱっちりしてて可愛かったよ。

でも、エリを異性として見た事は1度もなかった、あの日までは・・・。

祖父の葬儀の日は6月だった。

オレの誕生日と同じだったから憶えてる。

初夏の過ごしやすい日だった。

久しぶりに会ったエリはますます可愛くなっていた。

可愛いと言うより綺麗になっていたと言うべきかな。

身長も伸びたからだろうが、何より体のラインが大人の女になっていた。

エリは黒のワンピースを着ていたが、体のラインにそった服は何か悩ましかった。

そしてその胸ははちきれんばかりに大きくなっていた。

葬儀は滞りなく終わり、皆祖父の家に戻ってきた。

オレは亡くなった祖父の初孫って事で、葬儀に参列してくれた方々へお酒を注ぎながら挨拶をしていたが、エリは忙しそうに小走りでお客さんへ食べ物を運んでいた。

小走りをする度にプルンプルンと胸が揺れていたよ。

確かにイイ女になったなぁ・・・なんて思ってはいたけど、ヤリたい!!なんては思っていなかった。

オレには彼女もいたし、何より従妹だから。

でも、その揺れる胸にドキドキしてるオレがいた事も事実だった。

夜も更けてくると、家にいるのは近くの親戚だけ疲れて寝てしまうヤツも出てきて静かになってきた。

オレはかなり飲んでいい気分。

喉が渇いたんでコーラを飲もうと思い台所へ行ったが、あいにくコーラは空でウーロン茶しかない。

オレはどうしてもコーラが飲みたかったので、母親に近くの自販機までコーラを買いに行ってくると言って家を出た。

外は少し寒かったけど、酔った体には心地よかった。

少し歩くと後ろから人が走ってくる音がする。

振り向くとエリだった。

エリ「○○ちゃ〜ん(オレの名前)、どこ行くの?」

オレ「喉が乾いたからコーラ買いに行く」

エリ「玄関から出て行くのが見えたから・・・私も行くっ!!」

オレ「んじゃ、一緒に行くか」

こんな感じで2人で歩き始めたわけだけど、この時点でオレはかなりムラムラ来てしまった。

かなり酒が入っていた上に、祖父の葬儀の日+黒いワンピースを着た+大人になった従妹っていう禁断のコンボみたいなヤツにやられそうだったよ。

何とか理性で堪えているって感じだった。

2人並んで歩いていても、胸に目が行ってしまう。

大きくてツンと上を向いている胸・・・思わずこの胸を思いっきり揉んでる場面を想像してしまった。

そうこうしている内に自販機へ到着し、オレの分を買ってエリの分を買おうとしたら、いらないとの事。

んじゃ帰るかと思い、家に向かって歩き始めた。

するとエリがオレのシャツを引っ張ってきた。

オレ「何?」

エリ「あそこ行こうよ!!」

エリが指を差した所は、子供の頃よく遊んだ小高い山の上にある神社だった。

オレは内心まだ2人きりでいられるのが嬉しかったけど、最後まで理性を保ちきる事が出来るのか不安でもあった。

どうしようか迷ったけど、結局行く事にした。

神社は急な階段を上ったトコにある。

オレが1人で階段を上っていくと、

エリ「待ってよ・・・速すぎる」

と言ってオレのトコまで追いつくと、

エリ「女の子にはもっと優しくして!!」

とエリはオレの手を握ってきた。

オレはちょっと動揺してしまったがそのまま握り返した。

が、心臓はバクバク・・・それから2人は無言で階段を上って行った。

そのまま神社に着くと、境内の階段に座って小さい頃の事とかを話した。

しばらく話してたらネタが無くなってお互い無言になった。

ここで肩に腕を回して抱き締めてキスしようかと思ったけど、やはり"従妹"っていう事が引っ掛かって出来なかったよ。

内心、"この子が合コンで知り合った子だったら躊躇しないでヤレるのになぁ・・・"なんて思ってた。

でもここで手を出さなかったって事が何かオレに決心させたようで、オレはうちに帰る事にした。

オレは

「帰ろう!!」

と言って手の差し伸べた。

エリは

「うん・・・」

と言うと手を握り返してきた。

また2人は無言で階段を下りて行った。

オレは少しの間だけでも良い夢見させてもらったな・・・なんて思ってた。

そしてうちの前まで来ると手を離して、先に玄関へ向かわせた。

するとエリはオレに腕を絡めてきて、

「もう少しお話しようよ・・・」

と言って、うちの向かいにある車庫の方へオレを引っ張って行った。

オレの腕にエリの胸が当たり、その感触が伝わって来る。

かなり大きくマシュマロのように柔らかい・・・これだけで勃起しそうだったよ。

車庫の上には部屋があるんだけど、今はほとんど使っていない。

部屋に入ると古い畳の匂いがした、何か懐かしい匂いだった。

そこで2人はまた小さい頃の話や付き合ってる人の話をした。

エリは幼馴染の同級生と高校時代から付き合ってると教えてくれた。

オレも自分の彼女の事を話したりしたんだが、そのうち急に酔いが回ったような感じがして疲れがドッと出た。

そこでオレはゴロンと仰向けに寝そべった。

何か枕の代わりになるようなものを探していると、エリがトントンをオレを叩く。

エリ「枕を探してるんでしょ?」

オレ「あぁ、そうだよ」

エリ「それならここにあるじゃん!」

そう言ってエリは自分の太股を指差した。

ダメだ・・・そこに頭を乗せたら理性がぶっ飛んじゃう・・・と思ったけど、酔いや疲れ、そして何よりもエリの魅力に抵抗出来なくて頭を乗せた。

エリは正座した状態でその太股にオレは頭を乗せている。

エリの大きい胸が目の前に迫っている。

改めて間近で見るとすぐにでもしゃぶりつきたくなるような胸だった。

しばらく他愛のない話をしていたけど、

「この枕はまた太い枕だなぁw」

なんてからかうと、エリは

「○○ちゃん、ひっど〜い!!」

なんて言いながらオレの顔を覗き込んだ。

近づく顔と顔、お互い目を合わせたまま無言だった・・・もう我慢の限界だった。

オレとエリはどちらともなく顔を近づけキスをした。

エリの唇は少し厚く、凄く柔らかくて気持ち良かった。

もうオレの理性なんてどっかにぶっ飛んでしまい、もう欲望のままにキスをした。

どのくらいキスをしてたかなんて憶えてない。

舌と舌を絡ませてるとエリは

「うっ、うっ・・・」

と声を漏らす。

唇から首筋、そして耳へと舌を這わせるとますます声が大きくなってきた。

その声や素振りは、あまり経験が無いような感じでそれがまたオレを興奮させた。

オレはエリのワンピースの上から胸を揉んだ。

胸を揉む度にエリは

「あっ・・・」

とか

「うっ・・・」

と声を漏らした。

無我夢中な時でも、エリは大きな声を出しちゃヤバいって感じてるらしく、声を出すのを我慢しているのが可愛かった。

そんなエリに対してオレはもう我慢が出来ずワンピースを脱がしにかかった。

背中のファスナーを降ろしてから下着姿にさせた。

意外とオバサンくさい下着だった。(葬式だから当たり前か・・・)

本当なら下着も1枚ずつ焦らしながら脱がせればいいんだろうけど、その時のオレはぶっ飛んでたから一気に全裸にまで脱がせた。

直に見るエリの胸は大きくて、ゆっくり揉んでみるとマシュマロみたいに柔らかかった。

エリにオレの服を脱がせてもらってお互い全裸になった。

オレはエリの胸を揉み、むしゃぶりつくように乳首を舐めた。

そ〜っと下に手を伸ばし指で触ってみるとエリのそれはもう濡れ濡れだった。

エリは声を押し殺しながら

「○○ちゃん・・・○○ちゃん・・・」

とオレの名前を呼んでいる。

オレは舌でエリの体を舐めながら下へ下へと下がって行く。

ついにエリのアソコまで辿り着き、クリに舌を這わせると、エリは一段と大きな声で

「○○ちゃ〜ん!!○○ちゃ〜ん!!」

とオレの名前を呼んでいる。

エリのアソコは少し匂いがした・・・確かに朝からず〜っと同じ格好だったし働きっぱなしだったからな。

でも、使ってない部屋の匂いや古い畳の匂い、そしてエリの匂い・・・それらが混ざって何ともイヤらしい感じがした。

エリはまだオレの名前を呼んでいる。

さすがにこの声の大きさじゃまずいな・・・と思い、ちょっと考えてからオレのズボンからハンカチを取り出して咥えさせた。

エリは一瞬ビックリした様子だったけど、理解したらしく必死にハンカチを噛んでいた。

しばらくそのまま舐めてたら、エリは満足したようだった。

今度はオレのもやってもらおうと思い、ハンカチを外して、

「オレのも気持ち良くして」

って言うと、エリは

「私あんまり上手じゃないけど・・・」

って言って咥え始めた。

確かにエリが言う通り決して上手じゃなかった、ちょっと痛かったしw

でも、エリの厚い唇が妙に気持ち良かったな。

オレはもう我慢出来なくなり、またエリの口にハンカチを咥えさせて、エリに入れた。

エリは

「う〜っ!!・・・う〜っ!!」

と必死にハンカチを噛んで声を押し殺している。

オレが上になって腰を振る度エリの大きな胸も揺れた。

エリはオレにしがみついてきて、相変わらず声にならない声を上げていた。

それからエリをうつ伏せにしてバックで突いた。

クチャ、クチャ・・・とイヤらしい大きな音がした。

今度はこっちの音の方が心配になったけど、もうどうでもいいやと思い腰を振り続けた。

そしてそのままオレもフィニッシュ・・・エリの背中へ精子をぶちまけた。

ティッシュを探したけど、そんなものは無く、さっきのハンカチでお互いの物を拭いた。

それからまた抱き合いキスをした。

キスをした後、もう帰ろうという事になった。

オレがパンツを穿こうと、パンツを太股の辺りにまで持ってきた瞬間・・・

「姉ちゃん!!○○ちゃん!!何してんの!?階段のトコに2人の靴があったから・・・」

反射的に振り返るオレとエリ、そこには当時小◯生だったエリの弟が・・・。

しまったぁ〜っ!!靴かぁ〜っ!!と心の中で叫びながら太股の所で止まったパンツをずり上げたオレ。

あの時は血の気がサーっと引きました・・・。

後日、弟の事を聞いたら何してたのか分かってないみたいでした。(助かった・・・)

エリと関係したのはこの1回だけで、エリは当時の彼氏と結婚して今ではママになってます。

しかし、今現在当時のエリの面影は全くと言っていい程無くなっており、出産してからブクブクと太り、あの大きかった胸より腹の方が出ているような始末です。

もう2度と関係を持つ事は無いでしょう・・・。

- 終わり -

ッチな広告

サイト新着記事(外部)