エチ研TOP
Home > 体験談 > 大学院生の彼女はちょっと変わった性…
投稿:2015-06-13(土)01:00

大学院生の彼女はちょっと変わった性癖の持ち主だった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(2ページ目)

「いいとこに当たって気持ちいー」

ペニスの上側の付け根辺り、骨盤があって固い部分がありますよね。

どうやらそこにクリトリスを擦りつけているようでした。

オレの足を固定するのもポイントがずれないようにしているからだったのでしょう。

これをすると絶頂を迎えるのがかなり早いようで、

「んっ、ごめん1回イクね・・・」

と言いながら彼女は腰の動きを早める。

これ、正直に言うとオレはあまり気持ち良くない。

上下の動きが少なく、サオ自体が刺激されないからだ。

かなりもどかしいのだが、彼女の気持ちよさそうな顔を見るとそうも言えない。

小さくブルっと震えて、彼女は後ろに倒れこむ。

激しく動いたからか息遣いも荒い。

「早いですね(笑)」

オレが話しかけると彼女は薄っすら目を開けたが動こうとはしない。

ここぞとばかりにオレは彼女を後ろ向きにし、バックでの挿入を試みた。

前述した通り、オレは尻フェチでバックが好きです。

彼女のお尻の肉がオレの動きに合わせて波打つ様子はほんとに興奮します。

「何してるのー。私がイかせてあげるから」

そう言って彼女は再びオレを仰向けに押し倒し、今度は両手をオレの両手首に置き、オレの動きを封じた。

オレより背が高いと言っても所詮は女、その気になれば動く事もできるが、そうすることはしませんでした。

彼女はそのままオレの乳首を舐める。首が少しきつそうだ。

少し小さくなりかけていたオレのペニスは、その刺激で再び硬直を始める。

オレが抵抗しないのが分かると彼女は手を離し、唇をオレの乳首から下半身の方に移動させた。

ペニスを根元まで口に含み、舌だけでオレの亀頭を刺激する。

彼女の指はオレの乳首に添えられている。

親指と中指で乳首の周りの皮膚を広げる。

表現が難しいですが、乳輪がピンと張った感じです。

そうすると乳首の感度がかなり良くなるんです。

彼女は敏感になったオレの乳首を人差し指で転がす。

吸い上げるようにしながら、彼女の頭が上下運動を始めた。

これは彼女の得意技で、オレもかなり好きなプレイの1つでした。

そこまで来ると大概オレのペニスは限界になっていました。

「入れてよー」

オレはこの辺りでいつもお願いをする事にしていた。

あまり早く言っても逆効果だからだ。

そのまま続けられ、挿入前に射精させられる事もしばしばだったし・・・。

「じゃ、入れるからね・・・」

上手くいくと、彼女はオレの上に乗り、膣に導いてくれる。

入れるときの癖なのだろうか?

溜め息のような声を発しながらオレのペニスを自分の中に差し込んだ。

今度は彼女は前屈みの体勢になる。

膝をくっつけて足を閉じたような格好だ。

足を閉じた状態の方が締りが良いし、中で引っかかる感じがして気持ちがいいことを彼女は知っているのだ。

彼女はオレの胸に手をつき、腰を上下に動かす。

スクワットみたいできつそうだが、

「そんなことないよー。気持ちイイでしょ?」

と言ってくれる。

確かにかなり気持ちいい。

それでも眉間にしわをよせる彼女を見ていると、つい手伝いたくなる。

彼女のお尻に手を回し、下から押し上げるようにして上下運動をサポート。

彼女もかなり楽なようだ。

「イきますけど・・・」

オレがこういうと、中にいいのか、外なのか彼女が答えてくれる。

「今日は外ね」

彼女はそのままオレの乳首を舐め始め、一気にペニスに血液が送り込まれる。

彼女の腰の動きも早く、深くなり、オレは射精を迎える。

結構ぎりぎりまで入れているのでドキドキするのだが、それもまた良い。

上下の動きとタイミングが合わず、少し中に出てしまう事もあった。

今思えば危ういが・・・。

彼女はペニスを引き抜くとオレの股の間に座り、両手でペニスを握る。

抜いた瞬間くらいに少し射精しているのだが、彼女はそれを搾り取るようにしごき始める。

「んー、気持ちよさそー」

彼女は言いながら手のスピードを上げる。

彼女の液とオレの精液が入り混じったヌルヌルの中で、オレのペニスは激しく射精する。

彼女はオレがイった後も、しばらくしごくのを止めない。

これは付き合いだした当初から変わらない悪癖だ。

刺激が強すぎるし、くすぐったくなる。

しばらくすると、彼女はオレに身体を寄せて重なり合ってくる。

体勢が体勢なのでオレの腹の上は精液まみれ。

だが彼女はそれを意に介した様子も無く抱きついてくる。

そして、そのままシャワーも浴びず、二人で眠りにつくのです・・・。

そんな日がほとんど毎日続いていました。

しかし、いつか終わりは来るものです。

彼女の修士論文も無事完成し、院を修了する事になりました。

彼女は就職は決まっていませんでしたが、とりあえず実家に帰る事になっていました。

遠恋をするのは無理だと二人とも分かっていました。

今後の事については何も話さないまま、引越しの準備をしては、SEXの繰り返し。

今まで通りです。

彼女が旅立つ日、二人で空港に向かう途中にホテルに寄りました。

最後のSEXをする為です。

いつものように始まり、彼女が上に乗ります。

彼女が動き始めるとオレの顔に水滴が落ちてきました。

彼女が泣いていたのです。

涙を流しながら彼女は言いました。

「イかないでね・・・。これ終わったら逢えなくなるから・・・」

オレも涙が流れました。

その後、空港に着くと学科の友達や先輩、教授達が集まっていました。

特に別れに言葉とか、贈り物をした記憶はありません。

それから一度も会っていませんが、結婚して、子供もいると風の噂で聞きました。

今となっては彼女の幸せを祈るのみです・・・。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告