エチ研TOP
Home > 体験談 > サッカーの教え子の母親と車の中で生…
投稿:2016-03-02(水)01:30

サッカーの教え子の母親と車の中で生エッチ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:28,963回)
ゆしんさん(30代)からの投稿

前回の話:神社の境内でサッカーの教え子の母親のおっぱいを・・・

前回の話が思っていたより反響があったようなので続きを投稿してみようと思います。

あれからHさんとのメールはまた普通の連絡メールに戻りました。

相変わらずの連絡メールだったので

「もうないかなー」

なんて思ってた時に、たまたまサッカーのコーチの飲み会がありました。

かなり飲まされてフラフラしながら歩いて帰宅する時にHさんに

「久々のコーチ飲みで酔ってまーす!」

ってメールしてみたら

「お酒飲めていいなー。酔って転ばないようにねー」

なんてメールが来たかと思ったら

「どこにいるの?」

とメールが来たので

「○○公園ら辺ですよー。来てくれてもいいですよー」

なんて言ってみたら車でHさん登場w

Hさん「そこの酔っ払いさん、どちらまで?w」

なんて言われたので、

「どこでもいいでーす」

とか返したら、

Hさん「じゃあ、後ろ乗って?いい所連れてってあげるから」

と言われました。

頭の中では良い所って言ったら・・・ですよね?とか考えていたら予想外の所に連れて行かれました。

そこは・・・よく子供達が試合に使ってるグラウンドw

なんで?って思ってたらHさん、運転席から俺が座ってる後部座席へ移動。

横に座ったと思ったら急に濃厚なキスw

酔っ払って酒臭いのに舌をグリグリ突っ込んできました。

そのまま5分位キスされていましたが、途中からキスだけで感じ始めたようで

「あぁ、んー、あぁ」

と喘ぎ始めた。

されるがままでしたが、Hさんの大きな乳房を揉み始めたら

「ずっと触りたかった?もっと触って」

と言いながら俺の股間を撫で始めました。

「あぁ、硬い。硬いのなんて久しぶり」

と言われチャックを下ろされてしまいました。

そこで俺もスイッチが入ってしまい、ブラのホックを外して初めてHさんの生乳を見ました。

Hさんの生乳は子供2人産んだとは思えないぐらい大きく柔らかかったです。

乳輪はピンクで乳首は干し葡萄まではいきませんが、それなりに肥大して赤かったです。

その乳首にむしゃぶりついたら、

Hさん「あぁ、いい!気持ちいい!もっと吸って!噛んで!」

と言いながら天井を向きながら喘いでいました。

噛んだ瞬間が凄くて

「ひゃぁ!ダメ!ダメ!」

と言いながらくねくねと動いていました。

動きながらもHさんは俺の息子を激しくパンツ越しにしごいてきました。

そろそろこちらも下をと思っていたら、

Hさん「もう我慢できない!もうダメ!」

と言いながらスルスルっとスキニーとパンツを脱いでしまいました。

脱いだらすぐに横になり足を広げて

「もう入れて!お願い!」

と言いながら待っていました。

俺はすぐに入れようとはせずに息子を使ってクリをこすってあげました。

するとHさんは

「ねぇ、お願い!焦らさないで!ちょうだい!」

と足を広げるだけではなく手で膝を抑えてM字にしてきました。

かなり切羽詰まっているようで、もっといじめたくなってしまいましたw

「じゃあ、行きますよ!」

と言いながら1回だけ奥まで入れてすぐに抜きました。

入れた瞬間に足が伸びて

「んぁぁっ!」

と声をあげました。

Hさんの中はもうヌルヌルで良く絡みついてきました。

Hさん「なんで?もっとしてほしいの。ずっと待ってたのに」

と言いながらくねくね動いていました。

さすがにかわいそうになり、もう一度入れてガンガン突き上げました。

突き上げ始めると

「いや、あぁ、ダメ」

を連呼したかと思えば

「硬い!硬い!もっと!もっと!」

とピストンを促してきます。

ただ酒を飲み過ぎたせいかなかなか逝きそうな気配がなかったので正直に

「俺、逝けないかも」

と言ったらHさんは起き上がり跨ってきました。

運転席と助手席の頭部分に両腕をかけて跨り、Hさんが動き始めました。

動き始めから

「あぁん、あぁ、ずっと入れてたい」

と言いながら腰を振ってきます。

途中で上着をめくり始め、大きな乳房を出して乳房も大きく揺れていました。

大きな乳房はHさんが腰を振るたびに俺の顔に近付いてきたので、鷲掴みにして乳首を舐めたり噛んだりしながら腰を振らせていました。

腰を振らせて10分ぐらいでおれは限界間近だったのでHさんに

「やばい!そろそろいく!」

と言ったら

「出して!出して!私もいくから出して!」

と言われました。

ですが、さすがに人妻の中に出す勇気はなく、Hさんが逝ってからは下から突き上げて出そうになる前に抜き、Hさんの頭を抑えて口の中に注ぎこみました。

注ぎこんでからHさんは口を抑えていましたが、飲み込んでしまいました。

Hさん「あぁ、濃い。こんなに濃くて粘っこいのは久しぶり」

と言って俺に寄りかかってきました。

その後、Hさんはそそくさと服を着始めました。

その時に言ったのが

「中に出しても良かったのに。今日は大丈夫だったから」

と言いました。

Hさん「人生初の中出しはまた今度だね」

と言って運転席へ戻りました。

戻ってからは普通の会話をして自宅付近まで乗せてもらいました。

「ありがとうございました。おやすみなさい」

と言うと、

Hさん「酔ってるしスッキリしたからよく眠れそうでしょ?また今度はゆっくりね」

と言いながら帰って行きました。

今回も駄文失礼いたしました。

反響があれば続きを書きたいと思います。

続き:【不倫】教え子の母親が昼休みにうちにきて・・・

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告