エチ研TOP
Home > 体験談 > 【痴漢】いつもとは逆方向の電車に乗…
投稿:2016-09-17(土)05:11

【痴漢】いつもとは逆方向の電車に乗った時の話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:12,568回)
大阪府/フェチ大臣さん(40代)からの投稿

先週の話です。

この日は仕事の関係でいつもとは逆方向の大阪市内へ向かう電車に乗りました。

時間は朝の8時前、一番混み合ってる時間帯です。

車内はやはりサラリーマンの比率が高く、女性は高◯生から50代位のオバサン達まで年齢層はバラバラです。

今までも何度か乗ったことがある電車で、運が良ければ可愛いOLにピッタリとくっつくことが出来てました。

この日もくっつけるかが楽しみで、まずは乗る前の列に好みの女の子が並んでいないか、少しだけホームを歩きます。

うーん、普段乗らない電車なので、好みがいるのかも分からない。

今日は年齢層も高いしイマイチ。

諦めて観察した中ではマシな方の30代位のノースリーブを着たOLと同じ車両に乗りました。

人混みに押されるようにそのOLの側に近寄ろうとしましたが、慣れた感じで奥の方に逃げていってしまいました。

あーあ、今日はいいことないなと諦めて、ぼぉーっとおっさんに囲まれながら窓の外の景色を見てました。

5分ほどして次の駅に到着。

可愛い子が入って来ないか少しだけ期待。

すると、いました!列の一番前に好みのOLさんが!

ストレートロングで派手な感じが一切しない可愛い系の清楚な感じ。

25歳前後で背は160無いくらいのやや細身、胸は小ぶり、Bカップ位でしょうか。

巨乳よりも控えめな方が好みの俺にとってはベストな感じです!

列のおっさん達に紛れながら、彼女も電車の中に入って来ます。

俺も押されながらなんとか彼女に近づこうと必死です。

上手いこと、彼女にピッタリと後ろに付くことに成功!

一瞬股間が彼女のお尻に触れましたが、少しだけ間にスペースが出来ます。

彼女の前は小太りのおっさんなので、胸が当たらないように必死で腕組みしてます。

(背中に胸が当たるのも好きですが、今日は後ろで正解)

下はチェックのパンツに、上は白の薄手のレースのブラウス、中は白のキャミ。

薄手のブラウスなので、ピンクのブラのストラップがキャミの横から出てるのがハッキリと見えます。

着衣フェチ、下着フェチの俺には堪らなく最高の後ろ姿です。

しかも一番好きなピンクのブラ。

お尻を揉みたい衝動にかられますが、大声を出されて痴漢で捕まって人生を無駄にはしたくないので触れる程度にとどめます。

まずは手の甲でお尻に触れてみます。

細身なので、お尻にも肉が付いてなく硬い感じなのが少しだけ残念(笑)

電車の揺れに合わせて、甲でお尻の肉の部分を押したり、割れ目に沿って少しだけ動かしたり・・・手のひらは明らかにバレそうなので、手の横の部分でパンティラインを探します。

あった、あった。

パンティラインとお尻の境目を押し当てます。

顔の直ぐ前には艶のある綺麗な髪の毛が。

微かにシャンプーの淡い香りが匂って来ます。

香水やコロンも付けてないようで、匂いは髪の毛から漂うシャンプーの香りだけです。

ここにも彼女の清楚さが表れています。

視線を下げるとブラウス越しにはピンクのブラ紐。

手の感触にパンティラインを感じながら、大きく深呼吸して香りも堪能です(笑)ほんの5分ほどして次の駅に到着です。

乗り換えの有名な駅なのでここで彼女ともお別れかと思うと残念ですが・・・。

彼女は一旦降りましたが、また乗ってきます!

俺と一緒に終点まで行くのかぁ~また後ろに回り込まないと!

その時彼女はじっと俺の顔を見てます。

ヤバい、やっぱりバレてたか!

睨むようでもなく、ただ顔を見てた感じもしましたが、真後ろはさすがにマズいかと少しだけ遠慮。

満員電車の中、お尻に触れるには難しい右斜め後ろに立ちました。

見つめられた顔、可愛い!

清楚な普通な感じはやっぱり最高です。

お尻に触れるのは我慢して、斜め後ろからキャミとブラ紐を見てます。

すると・・・肩越しにブラウスの前の部分にわずかに隙間が出来ているのに気づきました!

なんとか必死で覗き込みます。

やったぁ♪

白のキャミからピンクのブラのカップが出てるのが見えます!

カップの上の部分には白のフリルの飾りがついてる可愛い感じの好みのブラです。

胸は小さいので、遠慮がちにブラに収まってる感じ。

谷間もハッキリとはしてませんが、左右のおっぱいがブラに収まっている感じはやはり最高です。

しかも、肌も白くて綺麗だし、白のキャミとピンクのブラ、控えめなおっぱいの膨らみとのコントラストを見てると胸とアソコがキュンとなります(笑)

この間わずか3分、後は終点に着いたら、再度お尻に降れるだけです。

到着。

人混みに押されながら、彼女のお尻に振れることに成功!

今度は手のひらでお尻全体を押すように!

ほんの10分位でしたが、全てが好みの感じ。

もちろん、その日のおかずになりました!

車両を覚えてるし、また機会があれば出会うことを期待してます!

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告