エチ研TOP
Home > 体験談 > 単身赴任先にいた大人しい事務員
投稿:2016-06-29(水)02:42

単身赴任先にいた大人しい事務員

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:22,077回)
名無しさんからの投稿

単身赴任先に真子という36歳の事務員がいた。

何て言うか物静かな女性でほとんどしゃべらないし定時になれば帰ってしまう。

周りも私生活がわからないらしい。

だけど胸はあるし短めなスカートからはむっちりした太ももが。

エロさがあるのに何故周りはてを出さないしむしろ怖いとか。

こっちに来てから性欲を満たす女性もいないしで毎日短目でむっちりした太ももに欲望が溜まりだしたのは男なら。

暫くして、飲み会に行った時でした。

大人しくたいして会話もせずに真子が居て、二次会は参加せずに帰ってしまう。

二次会に参加して帰るときに真子はコンビニにいるのを見つけて出て来たのを見て声をかけた。

「お疲れさまです」と立ち去ろうとする真子に「うちが近いから来ない?」と誘うと黙って立ち止まると「いこ」と押すようにしてあるいた。

正直美人じゃないけど体は間違いなくいいししばらくそういうのがご無沙汰でしたし。

黙ってタクシーに乗せて会話もせずに部屋に。

中に入り黙っていわれるがままで背後から抱き締めておっぱいをさわるとなかなかある。

ベッドに座らせて耳に吸い付きながらブラウスを脱がすと黒ブラでホックをはずすと形も綺麗な胸が現れてしかも乳首も綺麗だし。

撫で回すと「ん!ンッ」と感じてきて乳首に吸い付きました。

「ん!ンッンッ」と吐息を漏らす彼女は抵抗もなく黙って寝かされて俺は久しぶりに女を味わいました。

「ンッ・・・ンッ・・・ンッ」と相変わらずの真子の反応でしたが、スカートを捲りパンティは濡れていてなかなかいやらしい。

無抵抗で無サービスだけど生身の女は久しぶりで俺は服を脱ぎ足を開かせて真子に生入れ。

「ンンッ!ンンッ!」と声は大きくなるが無抵抗で市かも締まり今までで一番いい

キツキツに締め付けて真子の揺れるおっぱいを撫で回しながら入れました。

ンンッ!ンンッ!と声をあげる真子に突き上げていくと程なくして限界になり、ギリギリで真子の下腹部にばらまき。

黙って寝ている真子はそのまま黙って横たわりました。

「気持ち良かった?」と聞くと頷くだけ。

そしてもう一発させてもらい帰りました。

呼んだらヤれると連絡先を交換してそれからは仕事の終わりに誘うと断らず部屋に来てはさせてくれました。

フェラもしないしマグロでしたが締まりは抜群で性欲が高まれば呼んでいた。

三ヶ月したある日「今日はうちに来ませんか?」初めて部屋に誘われた。

いってみたら部屋中ピンク

ラブホテルかというくらいピンクでした。

黙ってベッドのある部屋にいくとテレビがあり彼女はテレビをつけたら「いゃぁ!やめて!」写ったのはレイプされてるDVDでした。

ふたりの男に押さえつけられて嫌がる女が男に押さえつけられて中出しされ、黙ってじーっと真子は見ていてもう一人が犯している。

「やめて!助けて!」と嫌がる女に二人目も容赦なく中出していた。

俺も見ていて気づくと真子は自分でスカートの中を触って吐息を漏らしていた。

うるうるしながらDVDを見ていた。

もしかしてM

ベッドをみたら色んなサイズのバイブがあり彼女は使って

「もしかして今みたいなのが好きなの?」と聞くと股間を触りながら「強引なのしてみたい」と。

初めての自己主張がレイプか。

だけど余程言えないんだろうな?と思うと妙な興奮が。

そして真子に「ねぇ・・・会社の制服ある」と聞くと頷き、彼女は着替えてきた。

ブラウスにスカート姿で現れた。

ブラウス引きちぎるかもと話すと「いいよ」

じゃぁこっちに来てと立たせて抱きつき「真子ちゃん一発やらせろよ」と乱暴に胸を

「やめてください」と抵抗する真

「だれもいねぇしさ・・・いい乳してんじゃねぇかよなぁ」と乱暴に胸をまさぐりました。

「やめて!」と抵抗する真子をベッドに投げ捨てました。

のしかかると「楽しもうぜ」と話すと真子は「やめてください!」と。

ブラウスのボタンを外そうとしたら「やめて!」と必死に押さえる真子の手を払い、ブチブチとボタンを力ずくて引きちぎり。

「いゃぁ」と言う真子の胸に貪りつきました。

「吉田さんやめて!」と真子に「こんないやらしい体してんじゃねぇか?短いスカート履いてさ?男が欲しいんだろ!」と。

「吉田さんやめて」と話すが乳首は立ってるし吸い付きながらスカートの奥を触れば濡れ寝れ

パンティを脱がしてクンニして強引に。

「ダメ!ダメ!」と嫌がる真子に入れたらキツキツで更に中が強く締めたり緩んだり。

「感じてるじゃねえか!」とおっぱいを鷲掴みして腰を強く打ち付けていった。

「アンッ!やめて!お願い!」真子は抵抗しながら感じていたり

「いいだろ!ほら」と打ち付けてSのスイッチが入りました。

「アンッ!アンッ!」遂に感じる真子

中は締めたり緩んだりだがキツキツになる。

「段々締め付けてきてるぜ」と話すと「違う!違う!」と。

そして射精感に「出したくなった」と激しく突き入れると「中に出さないで!お願い!」「うるせ!」と手を押さえつけながら激しく突き入れると中は加圧してくる。

「出すぞ!」と話すと「やめて!」と抵抗するが押さえつけて発射。

中に出すと「いゃぁ!」といいながらビクビクと真子は痙攣していた。

ぐったりしている真子に「気持ちいい?」と聞くと笑顔でキスされた。

セックスした後には信じられないくらい喋りだしてきた。

彼女は小学校6年の時に見知らぬ男にレイプされて、高◯時代にも先輩二人にレイプされたらしい。

そのあとに彼氏は一人二人出来たらしいが普通のセックスでは満足出来なくなっていたらしい。

レイプの力ずくのセックスに快感を覚えてしまったらしく、アダルトのレイプを見ながら自分が犯されているのをバイブで味わっていたらしい。

「何でこんなにバイブあるの?」と6本はあり形も大きさも違う。

顔を真っ赤にしているのでみたら・・・桜井、吉田、佐藤、そして池田って

みんな男性社員の名前が・・・まさか全員と

焦り出すと「だれともしてないけど、想像の中では全員とした」とか。

俺の名前が書いてあるバイブは細目で長い。

「これが俺?」と聞くと「長そうだったから」と。

彼女は仕事の用事で近づいてきた男をオカズに毎夜オナニーをしていたらしい。

スカートを短くするとみんな見てくるらしくそれが快感だとか。

セックスしてとねだる真子を四つん這いにさせて突き入れて両手を後ろに回し二発目。

「わかってくれるんだ」と嬉しそうに話していた。

「あたしみてヤりたいって思った?」と聞いてきたので「そりゃぁエロイじゃん短いスカートで太もも出してきて、更にブラウスも結構パツンパツンだからおっぱいが形がわかるしさ」と話すと「変態」といいながら嬉しそうにしていた。

ドSチックなセックスを繰り返して行きました。

両手を後ろに回しフェラをさせて飲ませたり

手錠をかけてとか

三年くらい繰り返して転勤で終わりました。

それから二年くらいし結婚らしいですが、まともなセックスが出来てるのかは

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告