エチ研TOP
Home > 体験談 > 会社の飲み会の席に妻がコンパニオン…
投稿:2015-08-10(月)04:52

会社の飲み会の席に妻がコンパニオンとして現れた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:17,721回)
山形県/H好きさん(30代)からの投稿

妻が私に隠れてバイトを始めた事は薄々知っていました。

見覚えのないブランド製のバックや財布・・・貢物?・・・浮気?を疑いましたが夫婦仲は良く、いまだに夜の営みも盛んだったんです。

そんな時、妻が友人と一緒にバイトを始めたことを知りました。

平日の昼間の仕事ということは風の噂で聞いていたので、まぁ好きにさせようと思っていたんです。

「先輩、聞きました?来週飲み会するらしいですよ」

「あぁ、課長が決めたらしいな。中途採用の中島の歓迎会なんだろう」

「そうなんですよ。課長ノリノリですよ!またコンパニオン呼んで・・・」

「好きだからなぁ課長」

「先輩だって、奥さんいるのにエッチなこといっぱいやってたじゃないですか?」

「結婚しているやつ何人いると思うんだ」

「そうですね、先輩も参加ですよね?」

「当たり前だろ」

「じゃ、これで8人決定!」

「全員じゃないのか?」

「お子さんいる人達は忙しいみたいですよ・・・色々と」

車で30分程の小さな温泉宿で飲み会は行われることになりました。

建物は古く、料理もこれと言って珍しい物が出る訳でもない旅館ですが、唯一コンパニオンとの楽しい一時を、見過ごしてくれる良心的な旅館でした。

会社を早めに切り上げ、目指すは温泉宿。

宿の前には根本様御一行と書かれ、会社名は伏せている様でした。

部屋割を見れば課長と一緒の部屋で、後輩の根本の名前もありました。

課長が選んだらしく、エッチ好きを集めたんでしょう。

浴衣に着替えた私達は早速温泉に浸かり、一足先に部屋でビールを飲みながら宴会時間を待ったんです。

「そろそろ行くか?」

課長の言葉に私達も別室の宴会場へ向かい始めました。

それぞれの席に座り、宴会が始まると課長から軽めの挨拶と新人の挨拶があり、乾杯で宴会が始まったんです。

そろそろコンパニオンが入ってくるというタイミングで課長が皆に手渡したのは仮装用のマスクでした。

目と鼻を覆ったSMクラブでも使いそうなグッズです。

「顔が分からない様に、これを付けて楽しもう」

課長がコンパニオンを楽しみにしている事は知っていましたし、ちょっと変わった性癖の持ち主だということも職場のみんな知っていました。

「先輩、似合ってますよ」

「全く課長も好きだなぁ」

「でもこれで顔はバレません」

そんな仮面を付けた男達の中へ、不思議そうな表情を浮かべるコンパニオンの女性達が入ってきたんです。

ひざまずき、1人1人挨拶する女性の中に、見覚えのある女性。

なぜこんな所に妻が・・・?

しかも妻は課長に手招きされ、課長の隣に座ったんです。

仮面を付けている私に妻が気付くはずもなく、課長にお酌を始めていました。

「先輩、課長、彼女のこと気に入ったみたいですよ。手招きして独占する気ですね」

「・・・・」

「先輩聞いてます?」

「あら、皆さんどうして仮面付けてるんですか?」

「仮装パーティってところかな?」

「そうなんだ、私達も仮装してくれば良かったなぁ」

根本とコンパニオンが盛り上がる中、私は課長の隣に座る妻が気になって仕方ありません。

仮面を外して妻に・・・そう思っても、課長の機嫌が損なわれる・・・。

色んな葛藤が心を巡り、ただ酒で誤魔化すしかなかったんです。

宴会が始まって1時間が過ぎた頃には、コンパニオンにも酒が飲まされ、男女が程よく乱れ始めていたんです。

課長は妻を独占し、肩を抱きかかえる様にしながら胸元から中を覗き込んでいるんです。

妻も酒が入り、足元が緩み始めていた為、ミニスカートの奥にパンティが見えていました。

他の男達も妻のパンチラを覗き込んでみていて、怒りと嫉妬で狂いそうでした。

そんな私にコンパニオンが近づいて来て

「無口なんですね」

と抱きついてきて、終いには股間を握られていたんです。

「あら、結構大きいのね!」

「おいおい!勝手に触っちゃ・・・」

「先輩、彼女のアソコも触ってあげないと・・・」

「もう、エッチなのね。仮面の中はどうなっているのかしら?」

妻の事が気になりながらも、どうする事も出来ず、もう目の前のコンパニオンと楽しんだ方が良いと思ったんです。

1次会を終え、妻は課長に手を握られたまま2次会の部屋に連れて行かれました。

結局2人のコンパニオンが部屋に呼ばれ、私達のいた部屋で2次会が始まったんです。

別部屋の4人は既に部屋に戻り、私達4人に2人のコンパニオンで飲むことになったんです。

部屋に戻ると課長のテンションは高まり、妻は上着を脱がされた上にシャツのボタンまで外されていったんです。

色白な肌に大きく前に突き出した胸!妻はEカップもあり男好きなムチムチした体型でした。

酒で酔っていた妻は笑顔で課長に応対し、やがてスカートも脱がされパンストまで課長に脱がされていったんです。

目の前で妻の肌がさらけ出される度にハラハラして気が気ではありません。

いつも見慣れた妻の裸体がこんなにも初々しく見えたのは初めてでした。

妻は課長の前に座らされ両手で抱きかかえられる様にされながら、やがて課長の手が妻のパンティの隙間へと這っていきました。

指先は既にマンコに押し込まれ、クイクイと動かされているのか、妻の表情も上気がかっているようでした。

隣では根本がもう一人のコンパニオンに抱きつき、胸を揉んでいるし、もう1人もコンパニオンのアソコへ指を指し込んで楽しんでいたんです。

1人酒を口にする私に、隣の彼女が

「彼女が気になるのかしら?」

と言いながら唇を奪われたんです。

「先輩ばっかりズルいですよ」

「お前だって楽しんでるんだろ」

「そうだけど・・・」

そんな中、遂に妻の唇が課長によって汚されたんです。

明らかに舌まで入れられ、妻も困惑した表情です。

もう目の前に居るのは妻ではない!

そう思うしかなく・・・私もコンパニオンのマンコへ指を這わせ楽しむことにしました。

息を荒らす女性、気づけば妻も全裸にされ、課長のチンポを舐めさせられた上に、課長にマンコを舐められ、指を何本も刺し込まれていました。

「本番は駄目ですよ」

「いいじゃないか、ここまで来たんだし・・・」

「そこまでは・・・そんなことするなら帰ります」

「分かったよ」

彼女達のもプライドがあったのか、繋がることだけは避けられましたが、妻はその後、後輩や同僚にも体中を舐められ、マンコに指を何度も刺し込まれ、ヒィヒィと声を上げていました。

妻が部屋のトイレに入ったのを見計らい、私もトイレに押し入ると仮面を外したんです。

「あなた!?・・・どうして??」

「お前だって何してるんだよ!」

「ごめんなさい!友達がどうしてもって言うから今日代わりなの!」

「初めてじゃないだろう!?」

「う・・・うん、でもこんなことはいつもないのよ」

「今日のところは目を瞑るけど・・・」

「ちょっとダメ!入れないで・・・」

「もう限界だよ、お前の姿見ていたら我慢出来なくて・・・」

「もう早く逝ってよ」

トイレで私は妻のマンコへ挿し込み、お尻へ精液を噴きかけたんです。

妻は申し訳ないといった表情のままチンポを綺麗にしてくれました。

トイレから出た妻は、脱ぎ捨てられた下着や服を着始め、帰りの準備をしていました。

未練が残る課長はそんな妻の太腿にしがみ付き、愛おしそうに俺のチンポが入れられたマンコへ指を指し込んで臭いを嗅いでいました。

「本日はありがとうございました」

丁寧に挨拶して妻達は部屋を出て行きましたが、私1人が満足し、他の3人はモヤモヤした気持ちのまま寝床に付いたんです。

帰宅した私は妻に事情を聞きましたが、コンパニオンは昨日で二度目だったらしく、もう二度と仕事はしないと言ってくれました。

妻が他人に弄ばれる姿は、異常な嫉妬と興奮が湧き上がるんですよ。

もうコンパニオンはして欲しくないですが、もし、課長や根元が我が家を訪れたら・・・。

ちょっと期待してしまいます。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告