エチ研TOP
Home > 体験談 > 後藤真希似のヤンキーと危険日に中出…
投稿:2016-03-27(日)11:59

後藤真希似のヤンキーと危険日に中出しを賭けた援交勝負

この体験談のシリーズ一覧
1:【寝取られ】中学校の教師である嫁が複数の生徒たちの性奴隷状態だった2:【盗み聞き】妻が自分とのセックスでは我慢できずに夜な夜な太いディルドでオナニーしていた3:【寝取らせ】妊婦である妻が少しずつ暴走し始めていた4:嫁が寝取られ、フラフラになっていた僕を嫁の姉が慰めてくれた5:前妻で悲しい目に遭ったのに、消えない寝取られ願望6:些細なことがキッカケで嫁とケンカして仲直りするまで
7:産休に入った嫁の言葉を試すために、痴漢師達に連絡を取った8:自宅に帰ると20歳くらいの可愛い清楚な女の子が座ってた9:【寝取らせ】喪服の嫁がお通夜終わりにラブホでハメ撮り10:養子縁組した男の娘である優香と公園の茂みでアナルセックス11:妻の陣痛が始まって病院に向かっていたら車にはねられた12:娘の優香(男の娘)が最近僕を避けるようになった13:夜這いしたら息子の嫁だった14:寝取らせ目的で、妻と一緒にボートに乗れる公園に行った15:男の娘の優香の、本当の母親と妹に結婚を報告しに行った16:息子の実の母親が、お礼に何でもしますと言ってきた17:バレー部時代のユニフォームを着た妻とアナルセックス18:男の娘で息子である優香が、朝ちゃんと結婚式をあげる19:優香が愛し過ぎて抱き続ける日々20:52歳だけど40歳くらいにしか見えない優香の母親とセックス21:3ヶ月前から黒人のデカマラに寝取られていた妻22:メイド服を着て出迎えてくれた由美とそのままイメプレに突入23:どんどん性欲が増していっている妻24:【レズ】妻も存在を知らなかった実の妹が僕を訪ねてきた25:義妹との身体の相性が怖いぐらい良すぎる26:嫁の寝取られを見ながら義妹と中出しエッチ27:妊娠した妻の友達と不倫28:【男の娘】優香がほかの男に抱かれたと聞かされた29:妻がママさんバレーのコーチにセクハラを受けてた30:【NTR願望】会員制スナックの客たちに妻をレイプさせた31:妻の由美は引っ越し当初から町内の人に寝取られていた32:妻の由美よりも愛してしまった義妹の由香里も寝取られていた33:デカチンポに種付けされたがる由香里34:【母子相姦】自分の異常な性癖のルーツは自分の母親との関係にあった35:自分が寝取った人妻に好意を寄せる中◯生とヤラせた話36:義妹の由香里が見知らぬ男たちに中出しさせまくっていた
37:後藤真希似のヤンキーと危険日に中出しを賭けた援交勝負
38:1◯歳の春香を種付けされるまで
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:90,787回)
名無しさんからの投稿

前回の話:義妹の由香里が見知らぬ男たちに中出しさせまくっていた

ある日、僕は一人の女の子と出会いました。

見た目は、ヤンキーだけど中身は素直で笑顔の可愛い女の子です。

春香:1◯歳(ヤンキー娘)
身長168のDカップ
スタイルは細身で抜群
髪はロングで茶髪
顔は後藤真希に似てます。

僕はある時、珍しくエッチをするのに疲れ果ててました。

ここ最近、毎日のように仕事が終わってから、典子、愛美、母親の誰かとエッチをしてから、自宅で由香里とエッチが当たり前になっていましたし、稀に優香夫婦と3Pもしてました。

そんな毎日に疲れて、僕は身体も精神も休ませようと思ったので、週末に誰とも連絡を取らずに一人ドライブに出掛けました。

ドライブの途中コンビニに立ち寄って、辞めてたタバコを買いました。

そして大きな運動会公園に車を停めて、公園をブラブラと散歩してました。

久しぶりの一人のノンビリとした時間が楽しくて仕方ありませんでした。

途中にあったベンチに座って、僕はタバコに火をつけて、一緒に買った缶コーヒーを味わいました。

しばらくベンチに座ってノンビリとしてると、スカートの丈が足元ぐらいまある紺色のセーラー服を着た茶髪の女の子が歩いて来ました。

僕は内心、今でもあんなヤンキーがいてるんだと関心をよせていました。

するとヤンキー娘が僕の方に近づいてきて

ヤンキー娘「おじさん、火貸して」

と言ってきました。

僕はあまり関わりたくなかったので、黙ってライターを貸してあげました。

ヤンキー娘「ありがとう」

見た目の割に、ちゃんと礼を言うんだと少し感心してると、ヤンキー娘は僕の隣に座って足を組みながら、タバコを吸い始めました。

長いスカートとカカトを踏み潰してるローファーの間から、チラッと見える黒パンストの足首が妙にフェチ心をくすぐったのを覚えています。

しばらくするとヤンキー娘の方から話し掛けてきましたが、内容は(笑)

ヤンキー娘「おじさん、さっき私の足元見てたでしょ?足フェチ?パンストフェチ?」

「えっ?あ〜両方かな。気付いてたんや」

ヤンキー娘「かなりガン見してたよ(笑)」

「マジで?ごめんな」

ヤンキー娘「別に減るもんじゃないしいいよ。っていうか今履いてるパンスト売ってあげようか?もう四日履きぐらいになるけど(笑)」

「えっ!?援交の誘いか?っていうか洗濯しろよ(笑)」

ヤンキー娘「履きこんでる方がウケがいいから。五千でどう?脱がせたいなら一万」

「ふ〜ん。結構いい値段やな」

ヤンキー娘「そりゃ普通の手渡しじゃなくて、生脱ぎだからね。どう?」

「う〜ん、折角やけど遠慮しとくわ。それに援交なんかを娘がしてるって知ったら、親が悲しむぞ」

するとヤンキー娘はしばらく黙りこむと

ヤンキー娘「私、親いないし」

「えっ?」

ヤンキー娘「私が小さい時に離婚してて、母親が双子のお姉ちゃんを連れて出て行ったし、父親も一年前に死んじゃった。親戚もいてないから、私は天涯孤独の身なの」

「ごめん。いらんことを言ってしまったな、、、じゃ援交で生活してるのか?」

ヤンキー娘「父親が残してくれた貯金と生命保険と援交で生活してる」

僕はこの子の話しを聞いてて、優香の辛かった日々の生活と被らせてました。

しばらく僕が黙り込んでしまっていると

ヤンキー娘「おじさん暗いよ(笑)じゃ〜気分転換に私と勝負してみない?」

「勝負?」

ヤンキー娘「そう!私とこれからホテルに行ってエッチするの。制限時間は三時間で、その時間内に私を五回イカせるの。もし無理だったらホテル代とは別で五万!もし五回イカせれたら、お金はいらないしホテル代も私が払うよ。しかも三回イカせれたら、四回目から生ハメで、おじさんの出したいとこに出していいよ。もちろん、18歳のピチピチギャルの超危険日マンコに中出しを決めるのもOK!おじさんの精子を18歳の女子高生に、いっぱい流しこめるよ。それと特別に私が今着用してるブラとパンツとパンストもあげる」

「えらい大きく出たな。余程の自信があるんやな」

ヤンキー娘「ヘヘッ、私今までエッチでイッた事ないの。私のアソコってかなり名器みたいで、男の人は私をイカせる前に弾切れになっちゃうみたい(笑)どう?勝負してみない?」

休暇のつもりでしたが、僕はこの子の勝負を受ける事にしました。

ここまで言ってきてる子の誘いを断るのは失礼だと思いましたし、何よりほっとけない気持ちもあったので。

僕はヤンキー娘を連れて車に戻りました。

ヤンキー娘「へぇ〜、いい車に乗ってるんだね」

そんな会話をしながら、ドラッグストアに寄ってコンドームを購入してからホテルに行きました。

ホテルの部屋に入ってから

「そういえば名前は?」

ヤンキー娘「あっ、自己紹介まだだったね(笑)。私は田畑春香だよ。よろしくね」

「いい名前やな。おれは山本健太。よろしく」

自己紹介を終えると春香はベットの上に座って、僕に横に来てとジェスチャーしてきました。

僕が横に座ると春香はキスをしてきました。仄かに香る香水の匂いが僕好みの甘い香りでした。

そして徐々に舌を絡めていくと、春香はズボン越しに僕のチンポを摩ってきました。

春香「もう立ってるね。おじさんの結構大きくない?」

「さぁ(笑)」

春香は手慣れた手つきで僕の服を脱がしていくと、あっという間に全裸にさせられました。

春香「うわっ、やっぱり大きいね(笑)ちょっと楽しみ」

「もう何人ぐらいとしてるん?」

春香「う〜ん、中三からしてるから大人数だね(笑)」

「マジかよ」

春香「うん。私の初体験は援交だったし、彼氏とか作った事もないよ」

そういうと春香は床にしゃがみ込んで、僕のチンポの先っぽを舌先で、ペロペロと舐めながら涎を垂らしてヌルヌルになってくると、先っぽを咥えながら手コキをして、激しく上下にピストン運動をしてきました。

「アァッ、ヤバい。めっちゃ上手いな。ハァハァ、アァッ」

ジュルッ、ジュルジュル、クチュクチュ、クチュクチュ、ジュルジュル、ジュルジュルジュルジュル

「ハァハァハァハァ、イキそう、このまま出してもいいの?」

春香はフェラと手コキを続けながら頷いたので、僕は春香の口の中で射精をしました。

春香「ジュルジュル、ジュルッ、ハァハァ、おじさんの精子って濃いね(笑)よく言われるでしょ?超濃厚だった。こんな精子を中出しされたら、私ヤバいわ(笑)」

予想以上の春香のフェラに僕は放心状態でした。

春香「アハッ、おじさんは一発が限界かな」

「ハァハァハァハァ、春香のフェラって本気でヤバいな。ハァァァ、燃えてきたわ。おれ、かなり絶倫の方やから覚悟してな」

春香「えっ!?絶倫なの?マジ?」

僕は身体を起こして、春香をベットに押し倒しました。

春香は僕が絶倫だと知って、少し動揺をしてました。

春香「因みにさ、何発ぐらい出せるの?」

「さぁ〜数えた事ないけど、エッチをしてる時間にもよるけど、7〜8発は出せるよ」

春香「ウソッ!?ヤバ過ぎだよ!奥さんも大変そう」

「かもね。でも嫁以外でもセフレが何人かいてるから、毎日嫁さんだけとしてるわけじゃないよ」

春香「えっ!?じゃ毎日違う人とも?そんなん絶対にタフじゃん(笑)ちょっと勝負辞めない?」

「ムリ(笑)」

僕は逃げ腰になってる春香に舌を絡めながらキスをしてから制服を脱がしました。

上下お揃いの淡いブルーのサテン生地の下着と黒パンストだけの姿にすると、僕はブラを上にズラして乳首に吸い付きました。

チュパ、チュル、チュッパ、チュパ、チュパ

レロレロ、レロレロ、レロレロ

春香「アァァ、ハァァァ、気持ちいい、おじさん、やっぱり上手いね。アァッ」

「乳首を甘噛みされるのが好きなんやな。春香ってSっぽく見せてるけど、実際はドMやろ?」

春香「ハァハァ、んんっ、そんな事ないよ、アァッ、ハァハァ、アァァァァ、ダメッ、ハァハァハァハァ」

僕は乳首を甘噛みしながら、パンストと下着の中に手を突っ込んで、ベチョベチョになっている春香のマンコを弄りました。

「もうこんなにも濡らしてるやん。っていうか春香はパイパンなんやな」

春香「ハァハァハァハァ、そうだよ、天然産のパイパンだよ(笑)アァッ、ハァハァハァハァ、おじさんの指の動き気持ち良過ぎ、ハァハァハァハァ」

乳首の甘噛みと焦らすようなマンコの弄り方で、春香は徐々に身体をウネウネさせながら、目をトロ〜ンとさせてきました。

僕はパンストから手を抜くと、春香の下着とパンストを脱がして、下着のクロッチ部分を春香に見せました。

「ほらっ、春香のマン汁が下着にベットリついてる」

春香「ハァハァハァハァ、こんな濡らしたの初めてかも、ハァハァ」

僕は春香をマングリ返しのポーズにしました。

春香「キャッ、恥ずかしいよ!こんなんAVじゃん。アァッ、ハァハァ、おじさんに舐められてるのが丸見え、、、アァッ、ダ、ダメッ、ハァハァハァハァ、ヒャァァァァ、クリちゃんダメッ、アァァァァ」

「どしたん春香、自信満々だったわりには喘ぎまくってるやん。この調子だと春香の超危険日マンコに中出し出来そうやな」

春香「ハァハァハァハァ、ま、まだイッて、、、アァァァァ、ダメェェェ、クリちゃん噛んじゃダメェェェ、アァァァァ、ハァハァハァハァ、ヤバいよ、何かイッちゃいそう」

僕は限界が近づいてる春香のマンコを更に激しく舐めながら、アナルに人差し指を入れました。

春香「ギャッ、ダメェェェ、アナルはダメェェェ、ハァハァハァハァハァハァハァハァ、もう無理!イッちゃう、イッちゃう」

春香の下半身が激しく揺れると、アナルがギュッと締まると、春香は少し白目を剥いていました。

「春香はアナルもいけるんやな。後で、アナルも楽しませてもらおうかな。とりあえず、まず一回やな」

春香「ハァハァハァハァハァハァ、ど、どうしよう、ハァハァ、気持ち良過ぎて何も考えられないよ、ハァハァハァハァ」

「まだまだ、これからやで」

僕はベットの上に春香を立たせました。

春香「ハァハァ、何するの?」

僕は春香の乳首を舐めながら、マンコに右手の中指と薬指を入れて、ジワジワと春香のマンコの中を弄りました。

春香「アァァ、ハァハァ、アァッ、いい、そこ気持ちいいよ、ハァハァハァハァ」

何となく春香の感じるスポットがわかると、僕は右手を激しく動かして、潮を吹かせました。

春香「アァァァァ、ダメェェェ、ぎもぢぃぃ、アァァァァァァ、イッちゃう、またイッちゃう、アァァァァァァ、ダメッ、止めて、ハァァァ、まだまだイッちゃうぅぅ」

春香は必死に立ち続けながら、ベットがベチョベチョになるまで、潮を吹き続けました。

数えれただけでも春香は最低三回イッてました。

僕は春香の潮まみれのマンコに吸い付いて、自分のチンポをシゴきました。

「ジュルッ、春香の潮まみれマンコ最高やわ。もう春香は四回イッてるから、これで生ハメ確定やな」

春香「ハァハァハァハァハァハァ、う、うん。もう、おじさんの勝ちでいいから入れて。おじさんの生チンポを入れて。私、初めて潮吹いちゃった」

グチュグチュに濡れてる春香のマンコに僕はチンポを、ゆっくりと挿入していきました。

「アァァ、本当に名器やな。ヤバい。入れただけで、もうイキそうなほど気持ちいい」

春香「アァァァァ、すっごく気持ちいい。おじさんの生チンポ大きくて、ハァハァ、春香のマンコが拡がってるぅ。ハァハァハァハァ、ダメッ、またイッちゃいそう。ハァァァ、マンコが敏感になりすぎて頭が変になる」

乱れたロングの茶髪と虚ろな目をした春香の表情は妖艶な感じが漂っていて、1◯歳の女の子とは思えないほどのエロさが感じられました。

そんな春香を見つめながら、僕は正上位で春香の身体を感じてましたが、春香の名器は僕のチンポを締めつけながら絡みついてきて、綺麗な天然のパイパンは僕のチンポで拡がってるマンコを見せつけて射精を促すようでした。

「ハァハァハァハァ、アァッ、春香イキそう。うぅぅ、出すよ!春香のマンコに出すよ」

春香「ハァハァハァハァ、出してっ、春香のマンコに出して!もうイキっぱなしなの!春香のマンコ壊れちゃった。アァァァァァァ、ダメッ、おじさんに中出しされるって考えたら、またイキそう!アァッ、イッちゃう、イッちゃう、おじさん一緒にイッてぇぇぇ」

激しく頭を振る春香を見ながら、僕は春香の子宮をめがけて一番奥に射精をしました。

春香のマンコは僕の残り汁を最後の一滴まで搾り取るような感覚でした。

僕は春香のマンコからチンポを抜いて、スマホの無音カメラで、春香のマンコなどを撮影しました。

イキ疲れた春香は僕の行動に気づくはずもなく、ベットの上で大きく股を開いて、僕の精子をマンコを垂れ流しながらグッタリとしてました。

僕は春香に声を掛けましたが、完全にダウンしてしまい僕は暇を持て余していたましたが、春香から貰える下着類を吟味しようと思いました(笑)

まず四日履き黒パンストの匂いを嗅いでみると、春香の体臭の匂いがしました。

それから股の部分を匂ってるみると、アンモニアの匂いでした。

そして極めつけは爪先でした。

鼻を突くような強烈に蒸れた刺激臭に襲われましたが、この時点で僕のチンポは完全に復活をしてました。

下着類も同様でしたので、四日履きはしてる物だとすぐにわかりましたが、下着のクロッチ部分の匂いは爪先よりも強烈なアンモニア臭でした。

春香には言いませんでしたが、春香のマンコを舐めてた時やたらとアンモニアの匂いがしたので、原因は下着だったのかと一人で納得をしてました。

すると

春香「変態(笑)」

僕の行動を見てた春香が声をかけてきました。

「うわっ!?起きてたん?」

春香「うん(笑)男の人って下着とかの匂い嗅ぐの本当に好きだよね(笑)」

「まぁね(笑)」

春香「私の匂いで勃起してるの?っていうか本当に絶倫だよね。中出ししてから5分ぐらいしか経ってないのに、もう復活してる」

「後二時間は時間あるしな。たっぷりと出させてもらうよ」

春香「ハハッ、本当にスゴイね。でもルール変えてもいいかな?」

「えっ?どう変えるの?」

春香「時間を無制限にして、おじさんの気が済むまで春香のココをオナホ扱いにするっていうのはどう?」

春香はベットの上に座りながら股を開いて、自分でマンコを拡げながらいってきました。

「マジで?いいの?オナホ扱いやったら全部中出しするで」

春香「いいよ!私の身体を好きにして。私ね、おじさんのチンポの虜になっちゃったみたい(笑)」

春香は照れながら笑顔で話してました。

「妊娠しても知らんで」

春香「いいよ。自分で言ったんだし。それに妊娠しても迷惑は掛けないよ。一人で産んで育てるから。不思議だけど、おじさんの赤ちゃんなら妊娠してもいいって思える(笑)今日、会ったばかりなのにね(笑)」

春香の言葉に僕は出会ったばかりの18歳の女の子の言葉で、僕は罪悪感的なものを感じながらも心のどこかで、18歳の身体を玩具のように扱って孕ましたいと思ってもいました。

それから僕と春香は何時間も互いの身体を求め合いました。

春香の身体は更に敏感になっていくと、チンポを出し入れする度に、潮を吹き零すようになり終わらない絶頂に意識を何度も飛ばしてました。

そして何度も春香を抱いていくうちに、春香は名器なだけではなく、春香の身体と僕と身体は相性が抜群なのを知りました。

結局、僕は春香のマンコの中だけで射精をして計10発の中出しをしました。

春香は何回イッたのかすら分からなくなっていました。

ホテルを出た頃には、時計は既に22時前になっていました。

春香の下半身はガクガクになっていて、僕に下着とパンストをプレゼントしたので、少し寒いとボヤいてました。

その後、春香と遅めの晩御飯を食べて家に送りました。

春香の住むアパートの前に車を停めて。

春香「今日はありがとう。本当に楽しかったし気持ち良かった」

「こちらこそ、ありがとう」

春香「あのね、携帯の番号とか聞いてもいいかな?また会いたいんだけど、、、」

「こんな、おじさんで良ければ喜んで」

春香は嬉しそうな顔をしてましたが、なぜか車を降りようとはしませんでした。

暫く黙りこむと

春香「おじさん、、、帰らないと駄目だよね?」

「ん?なんで?どうかしたんか?」

春香「今晩、泊まっていかない?一緒にいたいの、、、やっぱり駄目だよね。ごめん。忘れて」

「寂しくなったんか?」

春香は俯いたまま頷きました。

僕は春香の頭を撫でながら

「近くにあったコインパーキングに車を停めてくるから、温かいコーヒーの用意しといてくれる?」

春香は僕の言葉に泣きじゃくりながら何度もありがとうと言っていました。

ここで一旦終わります。

ありがとうございました。

続き:1◯歳の春香を種付けされるまで

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告