エチ研TOP
投稿:2017-04-06(木)05:24

俺が童貞でデカチンで手術で剃毛したことを知り、チアダンス部の先輩が逆ナンしてきた

この体験談のシリーズ一覧
1:俺が童貞でデカチンで手術で剃毛したことを知り、チアダンス部の先輩が逆ナンしてきた
2:チアダンス部の先輩相手に童貞を卒業したその後の話
本文
富山県/名無しさん(20代)からの投稿

大学1年の時にチアダンス部の先輩相手に童貞を卒業した話です。

今から3年前は大学1年生で野球部でした。

高校の時から寮生活で童貞でした。

容姿はタレントの照英に似てると言われます。

夏休みに実家へ帰省しました。

飛行機の中で右の下腹部が痛くなったが、飛行機の中なので、痛さに耐え我慢しました。

空港に着き、すぐに病院に行き入院になりました。

我慢し過ぎて、普通の盲腸よりひどい状態でした。

すぐに緊急手術を行い、1週間後に退院できました。

その後、東京の大学に戻りました。

数日後、野球部の同期が居酒屋で快気祝いをしてくれました。

仲間A「青木(俺の名前です)、下の毛を剃ったのか?」

仲間B「今は、盲腸なら剃らないだろう?」

「剃ったよ!我慢し過ぎて、普通の盲腸じゃなかったから」

仲間「まじか?どこまで剃ったんだよ?」

「腿から上だよ。腹も産毛は剃ったよ」

仲間「誰が剃ったの?」

「看護婦だよ」

仲間「若い看護婦か?」

「30歳ぐらいかな」

仲間「青木のでかいチンコを触れた看護婦は喜んだろうな!(笑)」

「バカなこと言ってんなよ!こっちは痛さを我慢するのに必死だったよ!」

仲間「剃るついでに、童貞もお願いすれば良かったのに!、青木は男前だから受けたはずだよ」

「本当に、痛かったんだぞ!電車なら途中下車して病院に行けたのに」

仲間「そうだよなあ・・、ところで童貞は、いつ卒業予定だよ?」

仲間「青木と佐野だけだぞ、童貞は」

「しょうがないだろう寮生活だったから」

仲間「寮生活だと付き合えないよな」

「そのうち風俗に行こうと思ってたけど、毛を剃られたからなあ」

仲間「逆に、珍しがって歓迎されるよ(笑い)」

それから10分後に、隣の仕切りから見覚えのある女性が出てきて

先輩「青木君、入院してたの、これは退院祝いとして使って」

と言って5千円を差し出した。

(見覚えあるけど、誰だっけ?名前は、後から仲間に聞けばよいと思った)

「ありがとうございます」

先輩「青木君、みんな期待してるから、風俗とか気をつけて行動しないと困るわ!」

「!、すいません」

(余計なお世話だろ)

先輩「あとで、ここに連絡くれる?」

と連絡先が書かれたメモを渡し、店を出て行った。

彼女が店を出てから仲間に聞くと

「見覚えがあるけど、誰だっけ?」

仲間「お前、名前も知らずに返事してたのかよ!」

「だって、名前を知らないと言ったら、怒られそうだから、後で聞けばいいと」

仲間「チアダンス部の吉村さんだよ!キャプテンだぞ!試合で応援してるのに怒られるぞ!」

仲間からは、少し古いけどセクシータレントのインリン・オブ・ジョイトイ似だと聞かされる。

「1年だから、知らなくてもしょうがないだろう、怒られそうだなぁ」

仲間「青木が風俗に行くとか言ったから、説教するために呼ぶんじゃねぇ?」

自分の部屋に戻ると吉村さんにメールを入れた。

明日の夕方に一緒に食事をすることになりました。

会うことは内緒にするように言われた。

翌日、怒られる覚悟で待ち合わせ場所に向かいました。

「昨日は、退院祝いありがとうございました」

先輩「いいのよ」

なんか機嫌悪そうだなぁと思った。

後をついて歩いていくとアパートだった。

先輩「青木君、人目に付かないように私の部屋で話そう」

「はい・・・」

早く帰りたいと思った。

部屋に入ると食事とお酒が用意されていた。

先輩「じゃあ乾杯しよう!」

「はい!」

「乾杯!」

「乾杯!」

緊張をほぐすために飲み慣れてない酒を積極的に飲むことにした。

最初は、お互いの高校時代の話しをしながら時間が経っていった。

酔いがいい感じで回ってきて、緊張がほぐれてきた。

説教するなら早くしてほしいと思った。

早く解放されたい。

「あの~、今日、自分を呼んだのは風俗とか軽はずみな行動をしようとしたことですよね」

先輩「え!・・・まぁ・・・そうよ!」

なんだよ今の間は。

「反省してますから、そろそろ帰ってもいいですか?」

先輩「ちょっと待って!もう少し飲んでから話すわ」

「???」

何を企んでいるんだ?と思った。

彼女は、立て続けに2杯、ワインを一気飲みすると、

先輩「青木君、昨日の居酒屋での話し、全部聞こえたの」

「えぇ・・・反省してます」

先輩「青木君、本当に童貞なの?」

「!・・・はい?」

(変なこと聞くなよ、聞こえたくせに!)

先輩「私が相手をしてもいいわよ」

「!!!、いえ、あの~自分で相手を見つけますから」

先輩「何で私じゃダメなの?」

「同じ運動部の先輩ですから・・・」

先輩「私に恥をかかせる気?」

「え!・・・野球部の先輩に知れたらヤバイですし・・・」

先輩「2人の秘密にすればバレないでしょう、それに4年だから、もうすぐ引退よ」

「あの~手術をする時に、色々とありまして、人に見せられる状態ではないですし・・・」

先輩「知ってるわ!毛を剃ってんでしょう!私、ぜひ見たい!、それに大きいんでしょ」

「え!(嘘だろう!)」

もう無理だ逃げられない!と思った時甘えた声で「青木君!」と言って唇を重ねてきた。

あ~、こんなことされたら無理だ!先輩は色気があり過ぎる!

キスが終わると

先輩「青木君、私がしてあげるから、こっちに来て」

と言って風呂場に案内された。

シャワーを浴びるように言われた。

シャワーを浴びて上半身裸のバスタオル姿になり、ベッドで先輩を待ちことになった。

ついに童貞を卒業かと思った。

ソープで卒業するより、ましだから文句を言えない。

バスタオル姿の先輩がベッドに入ってきた。

先輩「私が相手をするから、風俗に行ったらダメよ!わかった?」

「・・はい」

先輩は俺の上に跨り、バスタオルを取ると俺の手を取りオッパイに押し付けた。

続けて前かがみになりキスをしてきた。

初体験の俺は、すぐにフル勃起になった。

キスが終わると俺の顔にオッパイを押し付けた。

細いわりに大きめのオッパイをは柔らかくてステキだった。

先輩は喘ぎながら

「青木君、好きっ!」

その後、俺の股間へ移動し、バスタオルを外した。

慌てて隠そうとしたが遅かった。

彼女「やだぁ、おおきい!居酒屋で話してた通りなのね」

俺のポコチンを手で触りながらじっくり観察しながら

先輩「ツルツルでステキ!」

「え!・・・」

俺のポコチンを舐め始めた。

あまりの気持ちよさにビックリした。

ヤバイ!出そうになってきた。

「先輩!出そうなんで止めて下さい!」

先輩は止めずにフェラチオを続けたので口内射精をしてしまった。

ポコチンをウエットティッシュで丁寧に拭くと身体を重ねてきた。

先輩「青木君が上になって、入れて!私がフォローするから」

「わかりました」

AVビデオを思い浮かべてやるしかないと思った。

「あっ、先輩コンドームが無いですけど?」

彼女「大丈夫よ出しても。心配しないで」

安全日かとホッとした。

正常位で先輩がポコチンを掴みながら、挿入を手助けしてくれた。

ゆっくりと奥まで挿入した。

先輩「あああああん、すごい!ああああん、大きいのね!ああああん・・・」

初めて挿入するとポコチンが締め付けられ、すぐに出そうになった。

ヤバイと思ったので、一度、抜いた。

先輩「どうして、やめたの?ひどいよ!」

「すいません!いきなり出そうになったので」

彼女「私ね、名器と言われたことがあるの。チアダンスのトレーニングで締りが良くなったみたい」

「そうですか・・・」

(比べたことがないから、わからないよ)

先輩「出してもいいから、はじめて!青木君もすごく良かったよ!」

お酒を飲んで、感覚を鈍らせてから再開した。

挿入すると先輩は「ああああん」と身体を反って悶えた。

膣の締めつけに耐えながら腰を前後に振った。

先輩「あああん、青木君すごいよ!あああん・・・こんなの初めて、ああああん」

先輩は身体を反ったり、頭を左右に振ったり悶え方がエロくて、我慢の限界が近づいてきた。

先輩「あん、もうダメ、あんあんあん・・・イキそう!ねえ出して、あんあんあん・・・」

「はい、わかりました・・・ん~ん・・・あっ!!!」

先輩「あんあんあんあん、あっ!!!・・・ああああん・・・」

膣内に射精すると先輩はビクッと身体を反り逝ってくれた。

しばらく抱き合ったまま時間が経過した。

先輩「青木君、すごく良かったよ!本当に初めてだったの?」

「もちろんですよ!AVビデオを思い出しながら夢中でやりました」

先輩「それで今度は、いつ会える?」

「え?また会うんですか?」

先輩「やだ!今回で終わりにしようとしたの?」

「はい、童貞を卒業するために相手をしてくれたと思っていましたから」

先輩「ダメよ!これからもずっと会ってくれないと!」

「先輩は、他にも彼氏はいないのですか?」

先輩「私が二股かけてると思ってたの?」

「いえ・・・」

先輩「今までは、そういう事があったのは認めるわ。でもこれからは青木君と真剣に付き合いたい!」

「・・・・・」

先輩「だから、また会って?」

「わかりました」

先輩「ありがとう!青木君、好きよ!」

と言って濃厚なキスをしてきた。

吉村先輩は見た目通りにセクシー系で男好きな感じの人でした。

うまく断り切れずに付き合い始めた感じでした。

その後のことは機会があれば投稿します。

続き:チアダンス部の先輩相手に童貞を卒業したその後の話

- 終わり -

サイト新着記事(外部)