エチ研TOP
Home > 体験談 > 特急列車のデッキで凄くラッキーな偶…
投稿:2016-12-18(日)10:49

特急列車のデッキで凄くラッキーな偶然に巡り会えた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:30,441回)
名無しさん(20代)からの投稿

先日、特急電車に乗っていたときの話です。

自由席が満席で、指定席の券も取っていませんでしたので、デッキに乗っていました。

疲れてきてしゃがんでいたところ、A駅に電車が停まりました。

すると、A駅で乗ってきた女子◯生が、僕の前に来ました。

肩までかかった黒い髪、深い緑色のブレザー、紺と薄い水色のチェックのスカート、黒のストッキングと黒の革靴の、背が小さくて背中にリュックを背負った女子◯生でした。

この制服は、○高◯か。

田舎ゆえに、この高◯の生徒なら、多分僕と同じ駅で降りるなという推測がつきました。

女子◯生は電車が発車するやいなや、僕と対面するかたちで僕の目の前でしゃがみこみました。

ストッキングを履いてるから油断してるのか、足が少し開いていて、お股が見えました。

(そのときはまだ、パンツの色まではわかりませんでしたが)

彼女は何かの本を読むのに夢中になっていて、僕が正面からスカートの中をチラチラ見ているのに、全く気づきません。

そもそもデッキには数人しか人はいないのに、女子◯生は僕の1メートルぐらい手前の至近距離に来て、しゃがみこんでいます。

まあまあかわいい女の子ということもあり、かなりドキドキしました。

彼女は本に集中しているので、僕は彼女のスカートの中をチラチラどころか、じーっと見つめました。

また、彼女が気づくように、時々彼女の顔もチラチラ見て、スカートの中と顔を交互に見まくりました。

すると、女子◯生がちらっと僕の顔を見ました。

そしたら彼女、驚くことに軽く僕に会釈しました。

僕も咄嗟に会釈し返します。

この御時世に、なんていい子なんだ。

僕は彼女のことが好きになりそうでした。

それからしばらく、僕が降りるT駅に着くまで、僕は女子◯生の少し開いた足の中をじっくり楽しみました。

T駅に着きます。

やはり彼女も、ここで降りるようです。

女子◯生はリュックに本を入れ、リュックを背負って僕に背を向けて立ちました。

そのとき彼女を見ると、リュックを背負ったさいにスカートの後ろがリュックに引っ張られて上にめくれて、何とお尻(ストッキング)が丸出しになりました。

すかさず僕は、しゃがみこんで靴紐を触るふりをしつつ、彼女のお尻を眼前でチェック。

ストッキングに透けていたのは、パンツのふち(周囲)にヒラヒラの花ビラみたいなレースがついている、白色っぽいパンツでした。

正直、勃ちました。

しかし、僕が女子◯生のパンツの色を認識したと同時くらいの時に、彼女はスカートを直しました。

そして、スカートを直しながら彼女は、後ろにしゃがんだ僕をチラッと見ました。

僕は急いで目を伏せました。

覗きはバレたことだろう、きっと。

しかし、女子◯生は良いものを見せてくれました。

本当に感謝しかありません。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告