エチ研TOP
Home > 体験談 > 買い出しに行った友達が、ギャルにな…
投稿:2015-10-20(火)11:53

買い出しに行った友達が、ギャルになってた同級生を連れて戻ってきた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,995回)
名無しさんからの投稿

20歳くらいのときかな。

高校卒業してから、同級生と集まったときに三人で友達の部屋で集まってた時に、買い物に行った友達が

「コンビニで会ったから連れてきた」

と満里奈を連れてきた。

「おひさ!」

現れたのは金髪茶肌のギャルになった満里奈でした。

短いスカートを履いて、ギャルになっていた。

「変わんないねぇ!」と満里奈は座り、お酒を出したら飲みだした。

昔話に花を咲かせたが、みんなは満里奈のスカートからパンティが丸出しになり見つめていた(笑)

しかも満里奈は意外にも巨乳でみんな胸元も見ていた。

そしてエロ話になり、友達は満里奈の胸を誉めた。

「満里奈デカいな?」と話すと「まぁ…」と笑いながら話す満里奈。

「Eカップだよ」と。

スゲー、ヤバイとみんな誉めたが友達が「触らして」と話すと満里奈は「ダメだよ」と。

しかし酔った友達が手を伸ばして「でけぇ」と話すと俺も触りました。

柔らかで重さもある。

「ちょっと」と言いながらも三人にさわられた満里奈。

「満里奈最高だな」と誉めながらも三人は満里奈を見ながら考えてた事は一緒。

友達が胸の頂点を撫で回すと

「ンッ…ちょっと…」

プックリと乳首が浮き出てきた。

「ンッ…ダメ」

満里奈は話すが三人の手に揉まれて満里奈が感じてきていた。

「満里奈…やろうよ」と囁くと「三人なんて」と話すが「俺らもうカチカチ」と話すと俺は満里奈に股間を触らせた

「やだぁ!ちょっと」と話す満里奈だが、股間を触りもう片方の手で友達のを触っていた。

もう一人の友達は満里奈の背後に回り鷲掴みにして、胸元のチャックを下げたら派手なブラが。

「ちょっと」と困惑する満里奈だが、友達は背後に回りながらプチっとブラを外すとポロンと張りも大きさも抜群のバストが露に。

そして満里奈はベッドに寝かされて三人に舐め上げられた。

「ンッ…アン…」満里奈は左右のバストを舐められスカートの中を触られて喘ぎだした。

友達が指で満里奈を濡らすと

「チンポ見たい」と満里奈に言われて三人が目の前に。

「やだぁ…○○の長い」と満里奈はいきなりしゃぶりつき、もう一人のを握り扱き「○○のはエラが張ってる」、そして俺のを見ると「あつしのぶっとい」と満里奈はしゃぶりつきました。

何本しゃぶったかわからないがめちゃくちゃ上手い。

そして友達が「どれが最初がいい?」と聞くと「わかんない」と。

そして俺のをしゃぶりつく満里奈に背後から迫るのは連れてきた友達。

たぶん連れてきたので優先権を得たのはわかっていた。

そしてしゃぶりつく満里奈が「ンンッ!」と声をあげると背後から友達が挿入をした。

「満里奈の気持ちいい」と話すと満里奈のむっちりしたヒップを掴みながら突き上げた。

「アン…いゃン!」と満里奈はフェラを出来なくなり、友達が寝かせてはめていた。

「アン!アンッ!」と麻里子はオッパイを揺らし喘ぎ、友達と俺は順番を待ちながら二人でじゃんけんし負けた。

その間にはめた友達が激しく突き上げて「ウッ!」

満里奈に中出し。

「ちょっと!中に出したらヤバイでしょ!」と怒るが、二人めが満里奈に。

「ダメだからね!」というが手遅れ。

目の前で快楽を味わっていたのを見ていたらシタクナルノガ牡の性で、友達も激しく突き上げて「ウッ!」

「アンッ!ダメ」というが満里奈の中で。

そして俺はそんな満里奈をよそに入れたら中はヌメネメし二人のでヌルヌルに。

「中はダメだからね!」とは言えきつめで締まりが良くて気持ちいい満里奈の中で出してみたいのが性です。

激しく突き上げて徐々に高まると覆い被さり満里奈に中出し。

キュッキュッと本能か締め付けて来て最高だった。

優等生で真面目だった中学の満里奈とは真逆な姿に興奮してしまった。

「もう…ダラダラじゃない?」と満里奈は話すが「最高だな!」とか「こんないい女だとは」と誉めちぎりました。

風呂に行った満里奈を三人で追いかけてお代わりを繰り返した。

翌朝起きたら昼になっていて満里奈も雑魚寝。

みんなで起きて着替えて解散した。

そしてそれから二週間して三人に満里奈を混ぜて飲みそしてヤりました。

しかし、中出しは絶対ダメ!したらレイプされたって警察に言うからと厳しい満里奈。

そしたら「みんなの飲まして」と。

聞いたら満里奈はザーメンが好きらしい。

「みんな味が違うから」

そしてリバース式に最初に俺は満里奈にいれて、揺らしたオッパイを触りながら射精を満里奈の口元で。

口を開けて舌を出す満里奈の出すと「苦いね?」と笑いながらしゃぶりつきました。

そして友達二人も満里奈の口元でばら蒔き飲ませると「おいしいよ」と笑いながら飲み干した。

俺のは苦めの濃い目、友達のは甘めの薄目で、友達一人は甘いと。

満里奈にいれては飲ましてを繰り返した。

それからも満里奈はザーメンの味を飲みたいと集まり三人で。

しかし、満里奈は一年後に妊娠し結婚した。

相手はなんとその中の一人。

満里奈と個別にセックスをしたらしいが、満里奈に中出しをしたらしい。

こんな女と結婚したらと思ったが、したら最後。

青ざめた友人は結局結婚してしまった。

たしかにスタイル抜群締まりも抜群で美人なら誰もしたいが。

溺れたのが敗けでした。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告