エチ研TOP
Home > 体験談 > 昼は姉と、夜は姉妹で露出プレイした
投稿:2015-07-28(火)01:00

昼は姉と、夜は姉妹で露出プレイした

この体験談のシリーズ一覧
1:◯学生とヤッた友人が膣痙攣を起こして助けを求めてきた2:友人の彼女を含めた女子◯学生たち2人を相手に3P3:友人とダブルデートしてラブホでパートナーを交代4:J◯の彼女とその友達で露出プレイやアナルセックスに興じた5:雑誌コーナーで立ち読みしてたらいきなりチンコをギュッと掴まれた6:彼女に紹介された姉は高校時代の同級生だった
7:彼女とSMプレイをしたことを話すと、あたしもやってみたいと言ってきた彼女の姉8:夜は◯学生の彼女と、昼は彼女の姉とエッチやりまくり9:彼女の姉と野外でノーパン露出プレイ10:姉ともエッチしてたのがバレて、全て話したら妹も混じって姉妹で3Pすることに11:彼女の親友が嫉妬して、やたら俺を誘ってきた12:彼女と女友達、彼女姉を交えてはちゃめちゃな4P13:彼女と女友達、彼女姉を交えてはちゃめちゃな4Pの続き14:姉のしほと協力して◯学生二人にSMプレイ15:何でも受け入れるドM女の◯学生16:二人の◯学生と同級生、誰が一番好きかはっかりしろと言われた
17:昼は姉と、夜は姉妹で露出プレイした
18:えりちゃんが入院、病院内でこっそりエッチした19:同室の女の子はM女だった20:入院患者二人と野外でエッチした21:病室でまりとセックスしてたらしほに見られた
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:16,864回)
しんさん(20代)からの投稿

前回の話:二人の◯学生と同級生、誰が一番好きかはっかりしろと言われた

平日の午前中、しほに呼ばれた

しほの家に行く

平日なのでみよちゃんは学校に行ってていない

『何の用だ?』

しほ『この前の結果聞かせて』

三人を一人づつ相手してえっちした話か

先ずえりちゃん

あの子はとにかく可愛い

少しハードプレイしたけど、守ってあげたい、優しくえっちしたい。そんな女の子

みよちゃん

かなりハードなプレイでも受け入れる

◯学生にしては大人ぽい感じ

彼女として受け入れてもいいかな

しほ『で、あたしは?』

『怒らないか?』

しほ『あんたの答え次第』

言うべきか

しほ『怒らないから言ってみ』

『ズバリ、M奴隷!』

ガンと頭どつかれた

『怒らないって言ったじゃん』

しほ『叩かないとは言ってない』

『今はみよちゃんを彼女らしく思ってるけど、先の事はまだわからん。お前と一緒になるかも』

その言葉にほわ〜んとなる

(取り扱い簡単だな)

『でも、今はM奴隷!』

またどつく、いてえな

しほ『なんでそんなあんたが好きになったんだろね』

『今からデートしよう』

しほ『今から?夕方みよが帰ってくるけど』

『みよちゃんには帰り迎えに行くとメールしとけば』

分かったと言ってメールする

しほ『着替えしてくる』

二階に上がるしほのあとついて俺も部屋に入った

服を物色

これがいいと言って一着だした

白いワンピースっぽい服

透け透けで下着が見える

しほ『これ?下着見えるよ』

『なら脱いだらいいじゃん』

しほ『無理、無理。だってこれ部屋着だよ』

『いいから、裸になってこれ着て』

裸になって服着た

乳首がぽちっと出てる

しほ『やっぱまずいんじゃない?』

『車乗ってるだけだから大丈夫。それとも何か?俺の命令聞けないの?』

命令って言葉でしほの身体がピクンとなった

『しほは俺の何だ?』

しほ『え、エム奴隷です・・・』

『なら命令聞け』

しほ『はい』

そのまま、透け透けのワンピース着た

乳首をつねる

『あん』

いい声だ

出かけるぞ

外に出た

駐車場まで歩く

近所のおじさんに会った 

『あら、こんにちは。彼氏さんとお出かけですか?』

チラチラとしほを見る

しほ『はい、そうです』

『涼しげな格好ですね』

しほ『はあ』

しほがちらっと俺をみた

(助けて)と言いたげな様子

『すみません、ちょっと急いでるんで』

しほの手を握ってささっと歩きだした

しほ『見られたじゃん』

『でも、ちょっと嬉しかったんじゃない?』

しほ『うん』

車に乗ったときしほの携帯にメール

しほ『みよから、学校終わったら近くの公園で待ってるって』

分かった、それまでデートしよ

軽くドライブする

コンビニに寄った

『一リットルパックの牛乳買ってきて』

しほ『この格好で?』

『そうだよ』

しほ『車に乗ってるだけって言ったじゃん』

『命令だ』

しほ『はい、行きます』

店には沢山客がいる

しほは入って行った

10分ぐらいで出てきた

ハアハアと言いながら車に乗る

顔赤い

『どうだった?』

しほ『人いっぱいいてみんなあたし見てた』

しほのまんこさわった

しほ『ああん』

濡れてる

『見られて感じてるのか?濡れてるぞ』

しほ『はい。感じてます。ぞくぞくしました』

人気の無い駐車場に車停めた

『お尻出して』

身体傾けてスカート捲りお尻出した

後ろからカバンとりポンプ式の浣腸器取り出す

牛乳パックを開け先を中に入れて、もう一方をアナルに刺した

しほ『きゃっ、何?』

ポンプをぎゅっ、ぎゅっと握る

しほ『あああ、入ってくる』

振り返って見た

しほ『それ何?』

『ポンプ式の浣腸器』

しほ『そんなもんまで用意してるの』

ぎゅっぎゅっと握る

しほ『んんん』

一リットル全部注入

しほ『なんでこんなとこで浣腸するのよ』

『おもしれえから』

しほ『出ちゃう、どうしよう』

『車内で出すなよ』

しほ『トイレは?』

『ここには無い』

しほ『あ〜もう出ちゃう』

『車から降りてそこで出せば?』

しほ『誰も来ないよね』

『たぶん、でも早くしないと来るかも』

あ〜もう、だめ

ドア開けて降りて、シートに手着けてお尻つきだしてぶしゃあと噴射

『あああ』と言いながら、ぴゅ〜ぴゅっひゅと出してる最中

一台車が入ってきた

しほ『あっ、車来ちゃった』

『早くしろ』

しほ『まだ出てる』

運良く?悪く?その車、俺の横(三台分ぐらい空けて)駐車した

『おい、見ろあれ』

『何だ?女がけつからなんか出してるぞ』

しほ『やだ、見られた』

まだ、ぴゅっぴゅっと出してる

『変態女か』

『浣腸されてるみたい』

会話丸聞こえ

『早く乗れ』

ちょろちょろ出してるしほの手を掴んで車に乗せた

しほ『やだやだ』

『早くドア閉めろ』

何とかドア閉めてダッシュで逃げた

しほは泣いてる

『ごめんなさい、車汚しちゃった』

『仕方ないさ、俺も来るとは思わなかったし』

タオルで拭いてる『ごめんなさい』と何度も呟きながら・・・

なんとか落ち着いた

しほ『ああ、ビックリした』

『そろそろみよちゃんのお迎え時間じゃない?』

時計見る

しほ『そうだね、迎えに行きましょ』

公園に行った

もうみよちゃん待ってた

みよ『おそ〜い、何してたの?』

しほ『ごめん、みよ。待たせたね』

みよ『あれ、お姉ちゃんその格好』

透け透けのワンピース

みよ『ああっ、お兄ちゃんと何かしてたんでしょ』

『いや、まあね。えりちゃんは?』

話そらした

みよ『えりちゃんは先に帰ったよ。今日は遊べないからって。それよりねぇ、なんかしてた?』

まだしつこく聞く

『あとで話すよ。とりあえず車乗って』

は〜いと言って後部座席に乗った

みよ『お兄ちゃん』

ん?後ろ見た

ば〜ん制服のスカート捲った

可愛いパンツ見せた

『あれ?いつもノーパンじゃないの?』

みよ『今日は生理だからパンツ履いてる』

『ブラジャーは?』

みよ『おっぱいちっちゃいから着けてないって何言わすの』

自分から言ったんやろ

みよ『だからお姉ちゃんと何してたの?』

しつこい、もう何したか教えてやった

すご〜いと感激してる

あたしもやりたいと言った

生理だから今日はなんもできないとしょぼくれた

お兄ちゃんとお姉ちゃんがするのを見たいといいだした

『みよちゃん、今血いっぱい出てる?』

みよ『そんなにいっぱい出てないけど、なんでそんな事聞くの?』

『ちょっとパンツ貸して』

みよ『いいけど。匂い嗅ぐの?』

そんな事するか!

みよ『お兄ちゃんならやりそう』きゃっきゃ笑う

『そんな事しないからちょっと貸して』

いいよっと言ってパンツ脱いだ

血出てるならタオル敷いといて

股にタオルはさんだ

しほ『あんた何するの?』

しほにキスしながらまんこいじった

みよ『あ〜いいな、あたしもキスして』

『後でいっぱいしてやるよ』

まんこをいじる

くちゅくちゅ濡れてきた

しほ『んふ、ここでえっちするの?』

じゅうぶん濡れたとこで手をのけた

しほ『もっとさわって』

『みよちゃん、そこのカバン取って』

カバンからバイブ取り出す

しほのまんこに入れた

しほ『きゃっ、何入れたの?』

『どこでもバイブ〜』猫型ロボット風に言った

ッチなPR

ッチな広告