エチ研TOP
Home > 体験談 > 先輩の嫁が酔い潰れているところを夜…
投稿:2013-07-20(土)04:00

先輩の嫁が酔い潰れているところを夜這いして

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:67,123回)
名無しさんからの投稿

ちょっと前、職場の先輩の家で夕飯を呼ばれた時の話。

奥さんや子供さんに迷惑だろうな…と思いつつも、酒が入ると話も弾む。

奥さんも娘さんを寝かせた後しばらく付き合ってくれたが、酔って先に部屋へ戻ったんで、俺と先輩の2人で深夜まで飲み明かした。

男2人だと話題もシモに広がる。

俺は半年くらい前に彼女と別れたんだが、給料が安いから風俗にも行けない。

「右手が恋人だとやっぱ溜まりますよ〜」

みたいな事言ったんだ。

すると先輩が

「10年もしたら性欲を持て余してた頃が懐かしくなるよ」

と笑う。

先輩は40歳過ぎだが、子供が生まれてから奥さんとレスになったそうだ。

隠れてたまに通ってた抜きサロも、金がもったいなくて次第に足が遠のいた。

その後は自家発電で処理してたが、30代半ばくらいからそれも減ったんだと。

「気が付いたら、2〜3週間くらい抜いてなかったりするんだよな〜」

ちなみに俺は25歳。

彼女がいた頃は

「レスって何?」

だったし、今も禁欲3週間はちょっとあり得ない。

まあ個人差が大きいんだろうけどさ。

先輩はここ6〜7年、奥さんとは年1回あるかないかだという。

「だいたい、あの古女房じゃチンチン立たないだろ?」

「いや先輩、俺に同意を求められても困るんですけどww」

先輩宅には何度か行ってたから、奥さんも前から知ってる。

40手前くらいかな。

確かに平凡と言うか、華のある美人じゃないが、それなりに可愛らしい感じの人。

いくら可愛くても毎日顔を会わせてたら飽きるのかもしれんけど、年1回あるかないかじゃ奥さんが可哀想だろう、というのが正直な感想だ。

先輩が言うに、女性は母親になると性欲が急激に薄れるらしい。

どうしても"お勤め"的な感覚になるのか、誘っても奥さんが乗り気じゃない。

たまにしても感じてる風じゃないんで、まぁ別にいいか、となったそうだ。

夫婦仲が悪いわけじゃなく、むしろ仲睦まじい印象だったから意外だった。

夫婦関係がセックスだけじゃないってのは、そうなんだろうけどさ。

先輩夫婦の性生活を聞きながら、何だかムラムラしてきたのは覚えてる。

先輩はあまり飲めないんだが、その日は結構なペースで日本酒を空けた。

やがて限界が来たらしく

「お前もその辺で適当に寝ろや」

と言うと、2人で飲んでたリビングでごろ寝。

暑い季節だったし、奥さんがあらかじめタオルケットと枕を置いてってくれてたから、俺も雑魚寝するつもりだった。

先輩は早々に高いびきをかき始める。

俺も酒瓶を片付け、寝る前にトイレへ。

出すものを出してスッキリして居間へ戻る途中、寝室の前を通りかかった。

暑かったせいか、それとも先輩が来ると思ったのか、入り口が少し開いてる。

何の気なしに中を覗くと、奥さんが1人で寝てた。

娘さんは子供部屋らしい。

奥さんはタオルケットを腹にかけ、あっち向きで横になってる。

太股くらいまでのロングTシャツが捲れ、パンティーが少し覗いてた。

さっきまでのムラムラが再び頭をもたげ、なんか下半身がムズムズしてきた。

今から思うとだが、酔って気が大きくなってたんだろうな。

俺はドアの隙間から体を滑り込ませ、寝息を立てる奥さんに近づいた。

ロンTがヨレヨレなのは寝巻だし、当たり前か。

パンティーは白らしい。

暗がりの中、白くむっちりした脚が視線を捉えて放さない。

そっと手を伸ばして太股を撫でると、柔らかくて堪らない手触りだ。

ここで理性のタガが外れたんだろう。

俺は横を向いた奥さんの背中側に寝ると、背後からそっと手を伸ばし、Tシャツ越しにオッパイを触った。

それほど大きくない。

せいぜいBくらいか。

それでもプニプニ柔らかい。

思いきってロンTの裾から手を差し込み、手の平にナマ乳を包んでみる。

「…んもう、ダメよぉ…」

どうやら寝ぼけてるみたい。

丸いオッパイは手の平にすっぽり収まるサイズ。

吸い付くような手触り堪能してから、先端の乳首を摘んだ。

指先で転がすと少しずつ硬く大きくなってくるのが分かる。

「…ダメだって、もう…起きちゃうでしょ…」

娘さんの事らしい。

まだ半分寝てるのか、俺の事を先輩だと思ってるようだ。

オッパイ全体を絞るように揉み上げながら、完全に硬くなった乳首をクリクリ。

爪の先で引っ掻くように刺激すると、息が荒くなって

「あ…あん…」

と声が漏れる。

入る時にドアを閉めたんで、明かりは窓から入る月と街灯の光だけ。

網戸は小さく開いてるが、風はない。

全身が少し汗ばんできた。

奥さんの下半身に手を移動し、パンティーの腹の部分からそっと差し込んでみた。

ゾリっとした陰毛をかき分けると、割れ目はじっとり湿った感触。

これは汗かな。

クリトリスを探し当て、表面を撫でるように指先をコチョコチョ動かす。

奥さんは太股をよじらせてたが、気持ち良くなってきたらしく脚を少し開いた。

クリを撫でながら中指で探ったら、トロッとしたお汁が溢れてるのが分かる。

俺は手早くパンティーを脱がせた。

奥さんはまだ分かってないのか、寝ぼけた声で

「んもぉ…するのぉ…?」

とブツブツ言いながらも嫌がらず脱いだ。

股間に戻した指先でクリ攻めを再開したら

「あ…ああ…」

と喘ぎ声。

中指と薬指を膣に浅く挿し込んで掻き回すと、次から次へと愛液が漏れる。

もしかしたら奥さん、この辺でいつもと違うと思い始めたのかもしれない。

それでも俺が反対側の手を脇から差し込み、オッパイをいじりながら股間攻めの強度を上げたら、

「あぁぁぁぁ…!」

と悶えながら身をよじらせた。

「やだ…もう…イク…イキそう」

切なげな声がどうしようもなくエロい。

片手はオッパイ全体を揉みながら、指先で乳首を摘んでひねり上げるように刺激。

もう片手は親指でクリを弾くように撫でながら、挿入した2本指で膣をこね回す。

奥さんは

「ああぁ…ううぅ…」

呻き声を漏らし、体をビクっと震わせてイッた。

あっちを向いた奥さんの体が、荒い呼吸に合わせ上下に動く。

俺は片手で股間を優しく愛撫しながら、もう片手で手早くズボンと下着を脱いだ。

獲物を求めるチンコは勢い良く反り返り、亀頭が先走り液でヌルヌルしてる。

酔いと興奮で歯止めを失ってた…と言うのは、後で取って付けた理由だ。

グッタリした奥さんの片脚を持ち上げるように広げると、ドロドロに濡れた膣口に勃起の先端をあてがい、横になったまま腰を突き出す。

ズルっという感触とともに、硬い肉棒が体内に埋め込まれた。

「へっ…?だ、誰っ…?」

チンコの感触で、先輩とは別人だと完全に気付いたらしい。

奥さんは向こうへ逃げようとジタバタしたが、入れてしまっているのでもう手遅れ。

俺は柔らかな体を後ろからかっちりとホールドし、腰を前後に動かし始めた。

「いやっ!やめ…あぁぁぁぁっ!!」

叫び声を上げる奥さんの口を手で押さえ、俺はピストン運動を続けた。

子供を1人産んでるが、長くご無沙汰だったせいか、締め付けはかなり強い。

それ以上にヌメっと言うかザラっというか、中の感触が堪らん。

チンコを抜き差しするたび、俺の脳髄から快楽物質が大量分泌される。

「うううぐぐぐ…ううぅぅ…」

自宅の寝室で、旦那以外の男に犯されてるとハッキリ自覚したんだろう。

声が漏れないよう、奥さんは自分から枕を口に押し当てた。

横になってのバックだから動かしづらかったが、構わず全力で突き立てた。

時折、奥さんが

「うぐぐぅ…」

と呻きを漏らし、体を震わせる。

小さくイッたらしい。

俺はさらに激しくストローク。

後ろから抱きかかえた腕に奥さんがしがみつく。

「いぐうぅぅ…」

くぐもった声が漏れ、奥さんがビクビクっと全身を痙攣させた。

本格的なエクスタシーに襲われたみたい。

竿を締め付ける力がグッと強まった。

次の瞬間、深く挿し込んだチンコの先端から勢いよくザーメンが噴き出した。

奥さんは半分気を失ったように、ぐったり横たわってる。

仰向きにしてロンTを脱がせたら、暗がりの中に白い肢体が浮かび上がった。

丸くて形の良い小さめのオッパイに、少し弛んでるがくびれたウエスト、そこそこ肉厚なヒップラインからムッチリ伸びた太股…どれもエロ過ぎる。

アラフォー女は初めてだが、全身が震えるような興奮に見舞われた。

俺はシャツを脱ぎ捨てて全裸になり、柔らかな胸に正面からむしゃぶりついた。

乳房全体を揉みながら舐め回し、硬く張った乳首を口に含んで吸い立てる。

奥さんは正気を取り戻したらしく、

「ダメ…」

とか言いながら抵抗するが、俺の頭を掴む手に力が全然入ってない。

乳首を甘噛みしながら膝を使って奥さんの両脚を広げ、股間に指を差し込む。

さっき注ぎ込んだザーメンと愛液を塗り立てるようにクリを撫で回すと、奥さんが

「ああぁ…」

と切ない声を上げ、俺を掴む手から完全に力が抜けた。

片方の乳首を吸いながら、もう片方の乳首を指先でひねり上げ、股間に這わせた指先でクリと膣を同時攻め。

奥さんはタオルケットを噛みながら、

「くううぅぅ〜〜〜っ」

と悲鳴のような声を上げて全身を何度もバウンドさせた。

1発出してもチンコは硬いまま。

そう言えばここ数日、オナニーしてなかったな。

正面から奥さんの両膝を広げ、正常位の体勢になると、チンコを膣に当てる。

ズルリ…ザーメンと愛液が潤滑油になったのか、1回目より抵抗なく入った。

俺に組み敷かれながら、奥さんは嫌々するように顔を横に振る。

窓から薄明かりが漏れ入るだけだが、泣いてるようにも見える。

奥さんも自分を犯してるのが旦那の後輩だと、この時点で完全に認識したはず。

この期に及んで顔を隠す気もなかったけど、先の事は全然考えてなかったな。

ジュブジュブジュブ…腰を突き立てるたび、結合部からエロい音が漏れる。

奥さんはタオルケットの端を噛んだまま、

「うん…うん…うん…」

とヨガる。

1発目はハメるのに夢中だったが、改めてアソコの感触の良さに驚いた。

膣の粘膜が吸い付くような絡みつくような抜群のフィット感。

俺もそれなりの数の女にハメてきたけど、群を抜く気持ち良さだった。

一度大イキして感度が上がったのか、奥さんも完全にモードが入ったらしい。

カリが膣内を擦れるたび、俺も気持ち良いが、奥さんも堪らないみたいだ。

気持ち良いからさらに腰を振る。

2人して完全に快感のスパイラル状態だった。

小さなエクスタシーのたび膣がビクっと締まる。

そして訪れた2度目の大波。

奥さんは高速ピストンする俺の腰に両脚を絡め

「ううぅ〜〜ううぅぅ〜〜!!」

タオルケットの端を咥えたまま狂ったように頭を振った。

俺も我慢できず、またまた奥深く挿し込んだまま2発目の射精を迎えた。

俺の体の下で荒い息を吐く奥さん。

何だか無性に色っぽく思えて、キツく抱き締めると唇を重ねた。

奥さんは最初こそ顔を背けたが、構わずキスすると応じてきた。

貪るように舌を絡めてると、挿入したままのチンコに力が漲ってくる。

組み敷いた体勢で腰を動かし始めたら、奥さんが泣きそうな顔で

「ダメ…うちの人が起きちゃうから」

と呟いた。

言われてみればここは先輩の寝室。

大胆不敵にも程があるってやつだ。

俺は勃起を引き抜くと服を着た。

ベッドから離れようとすると奥さんが腕を掴んできた。

えっ?と思って振り返ったら、奥さんが抱き付いて唇を押し付けてきた。

忍び足で部屋を出ると先輩が鬼の形相で…というのが定番の展開だが、幸い先輩はリビングで高いびき。

寝室に居たのは1時間くらいか。

股間がネトついて気持ち悪かったが、我慢して横になりタオルケットを被った。

ウトウトしてると、寝室から奥さんが出てきて風呂場に向かう音が聞こえた。

翌朝、いくら二日酔いでも寝不足でも、先輩宅で寝坊するわけにはいかない。

何とか起き出して先輩と2人、奥さんが作ってくれた茶漬けをかき込んだ。

奥さんは俺達の朝食に付き合いながら、平然と

「昨日は随分遅くまで話してたみたいじゃない」

なんて言ってのける。

こっちはドキドキなのに、さすが主婦は度胸が据わってるなーと感心してたら、テーブルの下でそっと俺の手を握ってきた。

いきなりで焦ったが、それでその気になるのが俺の悪い癖。

先輩がトイレに立った隙に誘ってみる。

「よかったら今日、さっきの続きしません?」

「な、何言ってんのよ〜」

ちなみにこの日は休日。

とりあえず携帯番号とメールアドレスのメモを渡す。

自分から仕掛けてきたくせに、赤くなって視線を泳がせる奥さんが可愛かった。

「じゃあ午後1時、○○駅前の駐車場にいますんで」

ッチなPR

ッチな広告