エチ研TOP
Home > 体験談 > 痴漢されていた巨乳の美人妻を助けた…
投稿:2015-10-19(月)01:03

痴漢されていた巨乳の美人妻を助けた結果

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:18,245回)
東京都/名無しさん(20代)からの投稿

先日の話です。

私は電車通勤なのですが、前からよく顔を合わせる胸の大きい綺麗な女性がいるんです。

見た目は私よりちょっと上に見えるので人妻だと思うんですが、ある日、その女性の近くに吊り革を持って立っていました。

すると、

「すいません・・・」

とその女性が声をかけてきました。

なんだろう?と思って女性の後ろの方を見ると、その女性、痴漢行為に合っているではありませんか!

よく「痴漢電車」なんていうビデオを見たことはあったのですが、本物を見てしまいました。

その女性に痴漢をしていた男の手をつかみ

「何やってんだ!」

と大勢いる電車の中で騒いでしまいました。

そのとき駅にちょうど着いたものだから、私の手を振り切り、男は逃げて行ってしまいました。

追おうと思ったのですが、私も会社があるものですから深追いは出来ませんでした。

私が降りる駅に着くと、痴漢に合っていた女性も降りてきて

「今日は本当にありがとうございました」

とお礼を言われました。

それだけでも良かったのですが、

「今日のお礼に、何かご馳走したいので、夜会っていただけませんか?」

と言われました。

私も悪い気はしなかったので(ちょっと下心を持ちながら)待ち合わせし、その場を分かれました。

夜になり、時間になったので、待ち合わせの場所へ向かいました。

すると、着替えてきたのか朝とは違う服装で、胸元のバックリ開いたセクシーな服を着て待っていました。

眼のやり場に困るくらい大きな胸で、服から胸がはみ出しそうでした。

名前も分からなかったので、名前を聞くと

「ゆかりです」

と紹介されました。

私も簡単に自己紹介をして、彼女にちょっとオシャレな居酒屋に誘われました。

いい具合に酔ってきた頃

「実は最近主人に抱いてもらってなくて、淋しいの・・」

と突然の告白。

「おれ、あなたのこと綺麗だなって思ってて、抱いてみたいなって思ってたんですよ」

と間髪入れずに言うと

「私も、あなたのことが気になってて・・だからお礼方々、お誘いしたの」

私も彼女も体がうずいて、我慢できなくなったので、二人でそのお店を出ました。

ホテルに誘おうと思ったら、逆に

「もう濡れてるの。抱いて」

とな。

二人でホテルに入りました。

バスタブにお湯を張って待っていると、ゆかりは豊満な胸を恥ずかしそうに、隠しながら脱ぎ始めました。

俺も硬くなるチ○ポを隠しながら、服を脱ぎました。

さすがに、服を着ていても分かるくらい豊満な胸。

ブラを脱いだところで、

「オッパイのサイズはいくつ?」

と二人でお風呂に入りながら聞いてみると

「103cmのHカップなの・・・大きすぎて恥ずかしいの・・」

「そんなこと無いよ!俺のチ○ポも喜んでるよ!」

といきり立ったチ○ポを、彼女の前に差し出した。

すると、オッパイでチ○ポを挟みながら、フェラをし始めました。

自分でも自信がある、太いチ○ポなのですが、俺のチ○ポがすっぱり隠れてしまいました。

俺のチ○ポが見えなくなったのはは初めてでした。

亀頭部分しか出なかったのですが、丹念に舐めてくれました。

揺れる水面、揺れる胸、そしていやらしくピチャピチャと喰わえる小さな口。

もう我慢できなくなり、風呂で洗うのもそこそこにし、ベットに移り抱き合いました。

ゆかりの秘部に触ると、糸を引いて、俺を迎える準備が出来ていました。

コンドームを探していると

「生で入れていいよ」

と嬉しいお言葉。

気が変わらないうちにと、ゆっくり挿入していきました。

「あっ、太いからちょっと痛い!」

と悲痛な叫び。

俺も一気に挿入したい気分を抑えながら、ゆっくりゆっくりと腰を動かしました。

そのうち、ゆかりのマ○コも俺の太さに慣れてきたのか、だんだん感じ始めました。

「あっあっあっ・・・あなたのチンチン気持ちいい!」

顔に似合わない卑猥な言葉。

俺のチ○ポを包みこみ、吸い付くような、ゆかりの膣。

愛液で俺の動きはスムーズです。

座位になり腰を動かすと、彼女の子宮が俺の亀頭にコリコリとぶつかります。

(あ〜気持ちいい〜)

そんな思いを堪能していましたが、俺も射精感が近づいて来たので、

「俺、イキそうなんだけど・・・」

というと、

「もうちょっと待って!子宮にあなたのオチンチン擦れて気持ちいいの!」

「だってこのまま動かしてたら、抜くタイミングが・・・」

と言うと

「良いの!このままもっと激しく動かして!中に出しても良いから!」

と哀願してきます。

こうなったらシメたもの。

こんな巨乳の美人に中出しなんて滅多にありません。

「中はマズイだろう?子供できちゃったら」

と心にも無いことを言うと

「あなたの子供なら・・子供が出来ちゃってもいい!あっぁぁぁぁ・・・イック〜!」

ゆかりは一人で果ててしまい、太ももが痙攣していました。

俺ももう我慢できなくて

「イキそうだ!どこに出す!?」

と聞くと

「中で出して!私の中にいっぱい出して!来て〜〜!私ももう一回イク〜〜〜!」

俺も

「あ〜ゆかりのマンコの中にいっぱい出すからなっ!うっっっ〜・・・・」

二人同時に快楽の絶頂を迎えました。

こんなに気持ちの良い射精は久しぶりでした。

チ○ポを抜くと、白濁の精子がゆかりの膣の中から出てきました。

「また、いっぱい私の中に出してねっ・・・^^」

そんな言葉が彼女から・・・。

お互いにまたSEX出来る、都合の良い日を確認して、ホテルを出ました。

旦那さんには悪いですが、こんな巨乳美女を放っておくのはもったいないので、俺が旦那の代わりになって彼女を満足させてあげたいと思います。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告