エチ研TOP
Home > 体験談 > 親が経営する書店で店番やってたら明…
投稿:2015-07-01(水)04:00

親が経営する書店で店番やってたら明らかに未◯年の子が18禁本をレジに持ってきた

この体験談のシリーズ一覧
1:親が経営する書店で店番やってたら明らかに未◯年の子が18禁本をレジに持ってきた
2:書店で店番してたら露出好きのトモヨと知り合いになった3:書店で店番中、レジで露出好きなお客さんにフェラされた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:13,476回)
康生さん(20代)からの投稿

俺の家は中規模の書店経営。

営業時間は朝10:00から夜の10:00まで。

俺が◯学生の頃から夕方から閉店まで店番やらされてた。

最初は嫌々やってたけど店番俺一人なのでエロ本見放題(笑)

そんな感じで店番してたある夜のこと。

閉店30分ぐらい前に女子◯生らしき女の子が一人で入ってきた。

他に客はいない。

店内を軽く一周したあと雑誌三冊持ってきた。

見ると18禁のエロ雑誌。

女の子を見たけどどう見ても未◯年。

「お客さん、18才以上ですか?」

女の子「そうですよ」

「一応決まりなので身分証を見せてください」

女の子「今持ってません」

「なら売れません」

女の子「そこんとこなんとかできませんか?」

「ほんとは何歳?」

女の子「16才です」

高◯生か。

女の子「いつもおじさんがいてなかなか買えなかったの、君なら売ってくれると思って。おねがい」

「じゃ、特別に」

女の子「ありがとう」

喜んで買って帰った。

数日後、またあのお姉ちゃんが夜買いにきたと思ったらまた三冊持ってきた。

いつも買うのは露出物の写真雑誌。

このお姉ちゃん露出好きなんかな。

それからも度々買いに来てたが、ある日の夜、またあのお姉ちゃんが来た。

おおお?

すげえミニスカでタンクトップ姿。

お姉ちゃん「いつも売ってくれるお礼」

と言ってミニスカ捲った。

ノーパンだよ、うっすらと毛が見えた。

お姉ちゃん「あたしがいつもなんの雑誌買ってるのか知ってるでしょ」

「うん、知ってる」

お姉ちゃん「あたしこんな趣味があるんだよ」

そう言ってタンクトップ脱いだ。

ぼよ〜んとおっぱい出た。

もっとじっくりみたかったが、奥から

「そろそろ店閉めろよ」

と親父の声お姉ちゃん慌てて服を着た。

お姉ちゃん「またね」と言って店出ていった。

あいつ何者だ?

数日後、またお姉ちゃんやってきて、雑誌二冊買って帰り際に

「今度お姉さんとデートしよ」

と言ってきた。

えっ?どうゆうこと?

お姉ちゃん「君、いつ時間空いてる?」

「あ〜えっと・・・◯◯日なら暇かな」

お姉ちゃん「じゃ、その日デートしよ」

勝手に決められた。

お姉ちゃん「朝10時頃、◯◯公園で待ち合わせね。楽しみだね」

そう言って帰った。

約束の日、公園に行ったら少し早めに着いた。

ベンチに座ってると後ろ姿から

「よっ」

と声と同時に肩を叩かれ、振り返るとお姉ちゃんがいた。

お姉ちゃん「おはよ」

「うん、おはよ」

お姉ちゃん「名前言ってなかったね、あたし、ともよ」

「康生です」

ともよ「ならこうちゃんと呼ぶかな」

なんかガキ扱いされてるみたいだな。

ともよ「じゃ、遊びに行こうか」

ともよはまたミニスカとタンクトップ姿。

「お姉ちゃんまたノーパンか?」

ともよ「今はちゃんと穿いてるよ」

今は?

なんか意味ありげな発言。

「どこ行くの?俺あんまり金持ってないけど」

ともよ「今日はあたしのおごり、遠慮すんな」

とりあえずゲーセンに行く事にした。

適当に遊び、プリクラ撮ることに。

ボックスに入ったら、中でいきなりパンツ脱ぎだした。

「何してんの?」

黙ったままパンツを脱ぎ、タンクトップも脱ぎ、スカートも脱いだ。

素っ裸だ。

ともよ「撮るよ」

裸のままで俺に抱きつき、頬っぺたにキスしてきた。

そんな大胆なともよにドキドキしながらもしっかり見せてもらいました。

えへへと笑う。

ともよ「びっくりした?」

うんうんと頷く。

タンクトップ着てミニスカ履いた。

床にパンツ落ちてる。

「パンツ履かないの?」

ともよ「履かない」

「それまずいんじゃない?」

ともよ「いいよ、今からノーパン」

大胆だな。

「お尻見えるぞ」

ともよ「屈まなきゃ大丈夫っしょ」

「いや、やばいって」

ともよ「小心者だな」

「頼むから履いてくれよ」

ぶつぶつ言いながら穿いた。

ミニスカだからパンツは少し見えそう。

二人で歩いてると何人もの人達がともよを見るけど、ともよは平然と歩く。

ハンバーガーショップで昼食を済ませ、ショッピングセンターの服売り場に。

服を数着取り、試着室に。

中で着替え中。

ともよ「こうちゃんちょっと見て」

と中から声がした。

カーテン少し開け、中を見ると、ともよ素っ裸。

ともよ「どうだ」

「どうだって何やってんだ、素っ裸じゃん」

えへへと笑う。

「試着してないやん」

ともよ「試着は口実、裸になってこうちゃんに見てもらいたかった」

「なんでこんなところでするんだ」

店員が近づいてきた。

店員「お客さま、どうかされましたか?」

慌ててカーテン閉める。中からともよの声。

「こうちゃん、後ろのチャック閉めれないから手伝って」

えええ?

店員「どうぞ、手伝ってあげてください」

「はぁ・・・」

店員が離れていったので試着室に入った。

「何考えてんだ?」

し〜という感じで人差し指を俺の口に当てる。

ズボンの上からちんぽを触ってきた。

ともよ「おっきくなってるね」

そう言ってキスしてきた。

キスしながら馴れた手つきでベルト外し、ズボンを脱がす。

パンツも脱がされちんぽを直に握る。

少ししごいたあと、座りこみ、ぱくっと咥えられた。

「何やってんだ」

ともよ「声出すと店員さん来るよ」

声を押し殺す。

試着室で全裸のともよにフェラされてる。

あっと言う間に口に出してしまった。

戸惑うことなくゴクンと飲んだともよ。

ともよ「早いなあ、もしかして童貞?」

「そうだよ」

ともよ「そっか、ならフェラも初めてだな」

「うん」

ともよ「可愛いねえ」

「うるせえ」

急いで服着た。

結局何も買わず売り場を出た。

その後、適当にうろつき夕方帰宅する事に。

朝に待ち合わせした公園まで帰ってきた。

ともよ「今日は楽しかったね」

「うん」

ともよ「また会ってくれる?」

「うん」

ともよ「次はこうちゃんの童貞いただくよ」

「うん」

ともよ「うんしか言わないね」

「色々ありすぎて訳わからん」

ちゅっとキスしてきた。

ともよ「このままあたしと付き合っちゃう?」

「いいの?」

ともよ「いいよ」

「年下だよ?」

ともよ「それでもいいよ。こうちゃんのこと好きだったから」

「いつから?」

ともよ「店に買いに行った二回目ぐらいから。だからわざとノーパンで言ったりしてこうちゃんの気を引こうとしたの」

こうしてともよと付き合うことになった。

ともよにしっかり童貞奪われた。

続き:書店で店番してたら露出好きのトモヨと知り合いになった

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告