エチ研TOP
投稿:2017-02-12(日)03:52

パンチラで男子の視線を集められることに気付き、行き過ぎた承認欲求で破滅しました

本文(累計閲覧数:11,247)
咲栄さんからの投稿

私は中学の時のスカートめくりで男子にパンツを見られてから、パンチラとかで視線を集められることを知りました。

全校集会でわざと三角座りをして、前からパンチラをしたり階段の踊り場で屈んで見せたりしていました。

みんなが私を見てくれてる、そう思うとたまりません。

ですが、それでいいのも高校まででした。

大学に入り、私服になって今までよりもパンチラがしやすくなったので、少人数の写真同好会で同じようにパンチラを見せていると自然と私を囲んでくれるようになります。

(オタサーではないですが姫のようでした)

ですが、2年生になって部に新しく新垣結衣に雰囲気の似たM子が入ってから少し変わってしまいました。

私はそこまで顔が良いわけでもなかったのですが、パンチラだけで支持を得ているようなものです。

そこに可愛いM子が入ってきて立場に不安を覚えたのですが、その子は想像以上の爆弾でした。

女子校出身のせいなのか、胸元がかなり緩いのです。

Aあるのか?というくらい貧乳でブラをしていなかったため、話しているときや写真の整理をしている時なんかは私も恥ずかしくなるくらいの胸チラ乳首チラで、少しずつM子の周りに集まるようになってしまいました。

(なんとかして人気をもどさないと…)

ですが私は胸はDもあったので、谷間はいけても胸チラまでは自然には見せられず、乳首なんてもってのほかです。

だけどパンチラでは絶対に勝てない…。

そこで思いついたのが「写真で裸を見せる」ということでした。

私達は学園祭で各々写真を撮り、それをまとめて皆で選び、1枚のアルバムを作っていたのですが、私は写真の中に彼氏とのハメ撮り写真を混ぜておきました。

写真選別当日、部長の元に写真を一度集めて誰の撮ったものか分からなくしてから皆で選んでると、案の定ハメ撮りが出てきました。

しばらく気付かないふりをして周りの男子がそれを手にとり始めると私は

「待って何で混ざってるの!?見ないで!!」

とショックなフリしてハメ撮り写真を回収しました。

男子の下半身は大きく盛り上がっていました。

相変わらずのM子の胸チラは人気はありつつも、見慣れて勃起自体はあまりしなくなっていたので私の勝ちだと確信しました。

男子は私を見るときに写真を思い出してしまうでしょうからパンチラや軽く胸を当てるだけでも破壊力は抜群になるはずです。

ですがここで誤算がありました。

回収したハメ撮り写真が一枚足りません。

あまり探すと数を元から知ってるとバレそうなので途中で切り上げましたが、その後は写真の行方で頭がいっぱいでした。

その彼氏とは未だに付き合っているし、同じ大学だったので誰かの手に渡るのはまずいのです。

選抜は無事に終わり、結局見つからなかったので元から混ぜ忘れてたんだと安心して解散しようとすると、部長に呼び止められました。

部長は最初に全部の写真を集めて混ぜる際にハメ撮り写真に気付き、ポケットに入れていたのです。

「この写真の相手、Yだよね?」

「…はい」

「じゃあこの写真が同好会で晒されたって教えてあげないと」

「すいません…それだけはやめてください…」

「この写真すごくいいね、僕も撮りたいから同じようにしてくれる?」

写真があるので断れません。

私は部室で部長とセックスしてハメ撮りをされましたが、約束通り写真を返してもらえました。

その時は彼氏のを取り返す一心で受けましたが、後になって部長とのハメ撮り写真が残ったことに気付きました。

彼氏に見せられると余計にマズい物ができてしまい、結局私は部長のいいようにされました。

彼氏以上にセックスをし、命令されて青姦や露出プレイまでいき、ノーブラワイシャツで同好会活動までやりました。

結果私は痴女認定されて、部内の男子に性的にしか見られなくなりました。

脅迫こそされないものの、ノーブラの時などの写真が部内で撮られまくり、もうかつてのウブな活動雰囲気はなくなってしまいました。

気持ちが大きくなった部長はM子の胸チラも盗撮し、それをネタにM子とも関係を持っていたそうです。

M子は結局学校をやめてしまいました。

今となっては思い出して少し興奮しますが当時はかなりの苦痛でした。

度を過ぎた行動は性しか生まないと知りました…。

- 終わり -

サイト新着記事(外部)