エチ研TOP
Home > 体験談 > 欲求不満が募り、寝ている10歳の息…
投稿:2017-04-02(日)02:54

欲求不満が募り、寝ている10歳の息子に…

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:9,831回)
あかねさんからの投稿

私は、息子と二人で暮らす普通の家族でした。

息子が5歳のころに夫を事故で亡くしました。

生活は昔していた仕事に戻り夫の残してくれたお金もあり不自由はありませんでした・・・ひとつをのぞいて。

私は、性欲が強いのか毎日のようにオナニーをしています。

昔はそれほどではなくむしろなかったくらいです。

そもそも私の処女を奪ったのも夫でした。

夫は毎日私とセックスしたがり結婚してからも回数は減るどころか増えるばかり。

そのせいもあり私はエッチが好きな女になってしまいました。

夫がいなくなってからは一人でオナニーをするしかなく、息子は寝かして自分の部屋でオナニーする日々。

でもある日私の性欲が我慢できなくなるときがきました。

それは息子が10歳、私は33の時です。

私が仕事から帰った時、時刻は午後の五時半。

この時間には息子は学校から帰って家にいる時間です。

私はそんな時間になぜかムラムラしてました。

それも昨日仕事に疲れ息子が寝た時に私も一緒に寝てしまい、毎日していたオナニーをしていませんでした。

なんとか仕事が終わるまで耐えましたが帰る途中で性欲が爆発。

私は帰ったら息子に隠れ短めにオナニーをする決意でした。

そして家に帰ると息子が帰っていましたが物音しませんでした。

私は息子の名前を呼びましたが返事はありません。

少し心配した私はすぐに居間にいきました。

すると息子は居間のソファーで寝ていました。

その時は夏で息子はプールに行っていたのでそれが疲れたのか家に帰りすぐに寝ていたみたいでした。

いつも元気な息子も疲れたのか、かわいい寝顔で寝ていました。

その時、息子の下半身を見ました。

なんと息子のアソコが膨らんでいました。

その時には息子は一人でお風呂も入っていたので膨らんだものは一度も見たことはありません。

私は興味と性欲に勝てず、つい息子のズボンとパンツを下ろしました。

そこにはお世辞にも大きいとはいえませんが可愛く子供らしい包茎ちんぽがありました。

まだ毛はなくキレイなパイパンちんぽでしたが、私にとって久しぶりに見るちんぽで、しかも息子のでもありさらに興奮してしまいました。

私は右手を自分のアソコに、左手を息子のアソコに添えました。

そして息子のアソコの皮をつまみ上下に動かしました。

すると皮を下げるときに息子のピンク色の亀頭が少し見えました。

私はそれだけでアソコを濡らしてオナニーを始めていました。

その時、私は「お互いの性処理のため」と頭で言い訳をして息子をおかずにしました。

そして1分いじった時に息子の体がピクピクと痙攣しはじめ、その次に、ドピュとちんぽから何かが出ました。

精液と思いましたがそれは透明で粘りも少なめな物でした。

あとに考えると息子はまだ精通してなく、どちらかと言うと潮吹きに近いものが出たみたいでした。

私はその汁を舐めその味を感じるとピクピクと絶頂していってしまいました。

長くなりましたがありがとうございます。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告