エチ研TOP
Home > 体験談 > 【援交】もう会えないと思っていた天…
投稿:2015-01-12(月)08:00

【援交】もう会えないと思っていた天使すぎるJ◯と再会

この体験談のシリーズ一覧
1:【援交】電車で天使のような可愛いJ◯に一目惚れして、ある日勇気を出して告白した
2:【援交】もう会えないと思っていた天使すぎるJ◯と再会
3:【援交】天使のように可愛いJ◯とカラオケボックスでセックスをした4:【援交】可愛すぎるJ◯に遠隔ローターでいたずらして、アイドルのコスプレさせた状態でエッチした5:天使すぎるJ◯が彼氏と公園で青姦している現場を目撃してしまった6:いつも援交していたJ◯が卒業するので最後に思う存分ヤッてやろうと思った
7:援交で付き合っていたJ◯が、最後だからと自宅を訪ねてきた8:援交で付き合っていた、天使のように可愛かった子の妹にも援交の話を持ちかけた9:【援交】天使のように可愛いJ◯にテニスウェアを着せてエッチなことをした10:【援交】美人すぎる姉妹2人と同じ日にセックスをすることになった11:【援交】天使すぎるテニス部美少女に顔射しまくって写真を撮った12:【援交】天使すぎるJ◯とのセックスシーンと豪快な潮吹きをカメラで隠し撮りした13:【援交】女子◯生に目隠しさせて剃毛シーンを隠し撮りした14:【援交】美人すぎる専門学生の結菜と久しぶりにHするために東京まで行った15:援交を辞めたいと言ってきたJ◯との最後のセックスで中出しした16:高◯生の妹の方と付き合い始めたのに姉の結菜と援交を続けることになった17:【テニスウェア】付き合ってるJ◯1年の綾菜と公園で青姦をした18:J◯1年の綾菜にアイドルのコスプレをさせてハメ撮りをお願いした19:【姉妹丼】専門学生の結菜とJ◯1年の綾菜とついに3Pをした20:仕事の都合で東京にいる結菜と1ヶ月間一緒に住むことになった21:援交を辞めるつもりと告白してきた結菜に、電車の中で痴漢プレイをした後に公園のトイレで犯した22:AKB向井地美音似の彼女と久しぶりにセックスをした後に別れを告げられた23:元カノになった綾菜の制服が盗まれたらしく、10万円を用立ててくれたら何でもすると言ってきた24:【逆レイプ】別れた彼女にベッドに拘束され、復縁を迫られた25:彼女とエロプリを撮った後、セーラー服のコスプレをさせてエッチした26:彼女公認で元カノの綾菜と再び付き合うようになった27:【修羅場】彼女の母親に縄で縛られ、半ば無理やりセックスしていたら綾菜が家に帰ってきた28:同棲することになった綾菜が中年の痴漢に襲われた29:結菜と綾菜にフラれ、違う女子◯生と援交をすることにした30:【第1章完結】結菜の20歳の誕生日に想いを伝えようと東京へ向かった31:【第2章東京編】同棲を始めた結菜の喘ぎ声が隣に聞こえる勢いでセックスをした32:パティシエール姿の結菜と閉店後の店内でセックスをした33:結菜にセックスを拒まれるようになったある日、以前援交をした萌恵から連絡が来た34:結菜との同棲生活が上手くいっていたある日、萌恵から妊娠したとの連絡がきた35:萌恵香とデートした後にギャルに変身した結菜とデートをする事になった36:同棲している結菜から突然アパートを出て行って欲しいと言われた37:初めてAVを観た結菜が股間をぐしょ濡れにしていたので自らオナニーをさせた
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:85,330回)
名無しさんからの投稿

前回の話:【援交】電車で天使のような可愛いJ◯に一目惚れして、ある日勇気を出して告白した

春になってから、あの天使すぎるJ◯は俺と一緒の電車にはもう乗らなくなっていた。

彼女の学年は聞いていなかったが、この季節であればおそらく高校を卒業してしまったと考えるべきであろう。

俺は通勤電車の中で度々彼女の事を思い出していた。

やっぱりできることならもう一度会いたい。

女子◯生でなくなっていても彼女の可愛いさに変わりはないのだから、何処かで会えないものかと思っていた。

ある日、会社が終わり俺はいつものように帰りの電車に乗っていた。

あのJ◯が通っていた高校が最寄りにある駅に電車はゆっくりと到着した。

ふと何気に反対ホームに立っているJ◯に目が止まった。

あのJ◯に似たハーフツインの髪型にした子が立っていた。

ハーフツインの髪型のJ◯くらいいくらでもいるだろうと思ったが、よく見るとあれは・・・!?

「!!」

間違いない!あれはどう見てもあの天使すぎるJ◯ではないか!?

俺は幻覚を見ているのかと何度も目を疑ったがあれは絶対にそうだ!

その時電車はゆっくりと発車し始めてしまった。

俺はずっとそのJ◯を見えなくなるまで眺めていたが、できれば今すぐにでも降りて彼女に話しかけたかった。

でも俺はてっきりもう高校を卒業したものとばかり思っていたので、彼女の制服姿には本当に驚きとそして嬉しさもあった。

とにかく彼女はまだ高◯生だったんだ。

しかし、どうして今までと反対のホームに立っていたのだろう・・・でもこれであの駅にこれからも彼女はきっと現れるに違いない。

そう思った俺は次の日に会社を早退し、学校の下校時間が始まる前に彼女の高校が近くにある駅で待ち伏せすることにした。

夕方になると近くの高◯生がちらほらと駅にやって来るようになった。

俺はさりげなく、且つ目を光らせて彼女が現れないか様子を伺っていた。

もはや完全に盲目のストーカーと言ってもよかったかもしれない。

もう日が暮れて辺りが少し暗くなり始めた時、昨日彼女がこの駅に現れたのはたまたまだったのかと半分諦めかけていた。

その時、遂に彼女が姿を現したのである!

彼女は女友達と3人で歩いて来たため、さすがに今すぐに声をかける訳にはいかなかった。

少し距離を置いて俺は彼女が乗る今までの帰りとは逆方向の電車に乗った。

すると、彼女はある駅に到着すると友達と別れて1人で電車を降りた。

俺も後を追って電車を降りるが、そこは俺がいつも通勤で降りている会社の最寄駅だった。

何でこの駅で降りたのかはわからないが、これで1人になったのでタイミングを見計らって俺は声をかけた。

「ねぇ、久しぶりだね」

J◯はちょっとビックリしたように振り向いた。

J◯「・・・誰でしたっけ?」

「えっ?俺だよ俺!まさかもう忘れたとは言わないよね?」

J◯「・・・あぁ・・・」

相変わらず素っ気ない反応だった。

「なに?まさかあんまりにも男に声かけられてるから覚えてないとか言わないよね?」

J◯「・・・てか何でここにいるんですか?まさかずっと後をつけてきたとか?」

内心ドキッとしながら俺は、

「い、いや違うよ。俺ここの駅の近くにある会社で働いてるんだよ。たまたま帰りに見かけたからさ」

ちょうど上手い言い訳ができた。

「俺てっきりもう高校卒業しちゃったんだと思ってたんだよ。全然前に乗ってた電車に乗らなくなったからさ」

J◯「私、前に3年だなんて言いましたっけ?」

「いや、そうは聞いてなかったけど・・・てか今はこの駅から通ってるの?」

J◯「そんなことあなたには関係ないじゃん、それじゃ」

俺は思い切ってまたこう切り出した。

「お願いだ!もう一回前みたいなことしたいんだ!もちろん払うものは払うから!」

J◯はしばらく考えるように立っていた。

J◯「・・・・・そうなんですか・・・いいですよ」

素っ気なく彼女は答えた。

「本当に!?嬉しいよ!」

J◯「でも今回はもっと多く貰わなきゃダメだからね」

「そ、そうなの?いくらならいいの?」

J◯「10出せるならいいですよ」

「!?」

またこの子は強気な事を言ってきたもんだと思った。

しかし以前どこかのオヤジに10貰ったと言ってたので、もうこの子の相場はこれが普通なのかもしれない。

「・・・わ、わかった!じゃ10出すから頼むよ!今からでもいい?」

J◯「別にいいですけど、でもこの辺ラブホとかないですよ?遠くまで行くのは嫌ですよ」

確かにそうだった。

俺の会社近辺は駅前に少し店があるくらいで何もない田舎だった。

その時俺は、駅前に普通のビジネスホテルがあることを思い出した。

俺はJ◯に

「ビジネスホテルでも大丈夫?」

と聞くと。

J◯「別にバレそうな場所でなければいいですよ」

と言ってきた。

俺はすぐそのビジネスホテルに電話をして聞いてみた。

するとツインの部屋に空きがあるとの事ですぐに入室できることも確認できた。

「よし!」

しかし、ビジネスホテルにはラブホテルのような休憩などというものはない。

しかもシングル部屋では2人の入室もできないので、高額なダブルを宿泊という形で予約することになってしまった。

でもこれも仕方ない、彼女とやるためだ。

とりあえずやる事が済んだら彼女だけ帰して俺は一泊すれば会社も近くだしそれでいいだろうと思った。

そして俺は今回彼女に渡す金額を近くのATMで下ろし、それからホテルへと入った。

ラブホテルとは違い、殺風景な部屋ではあったがこれで彼女と思う存分セックスができるのなら文句はない。

するとJ◯は

「ごめん、今日はする前にシャワー浴びさせて、汗いっぱいかいてるから」

と言ってきた。俺は

「そっか、別に構わないよ」

と言うと彼女は制服のまま浴室へと入っていった。

なんだ、外で脱がないのかとちょっと残念だった。

彼女がシャワーを浴びている音が聞こえてくる中、俺はこれからまたあの子とやれる実感と喜びをひしひしと感じていた。

ここで少し話は逸れるが、俺は今まで生きてきた30年間で彼女は2人しかいなかった。

1人は学生時代、もう1人は2年くらい前まで付き合っていた年上の女がいた。

その年上の彼女とは3年くらい付き合っていた。

もちろんセックスは一通りのことはやっていたし、何より彼女は年が年だったので結婚の事を考えていたのだ。

俺も当時は好きだったし、結婚の事も考えてはいたのでそうなればセックスはもはや子作りも兼ねていた時もあった。

だから普通に中出しも何回もしていたが、運が悪かったのか何か原因があったのかはわからないが子供はできず、そのうち彼女とは別れてしまったという過去がある。

前回J◯とした時はなんだか無我夢中でただ腰を動かす事ばかり考えてしまったが、もし今度やれる時はもっといろんな事をしてやろうと思っていたので、それがこれからできると思うと楽しみでしょうがなかった。

J◯がシャワーを浴びている時、俺は部屋に置いてあるJ◯の学生カバンに興味がいった。

どんなものが入っているんだろう?

俺はこっそりとカバンのファスナーを開けて中身を確認しようとした。

だが特にこれと言った物は入っていない。

教科書数冊にちょっとしたコスメが入ったポーチや鏡などが入っていた。

その時、一冊の小さい手帳のような物を見つけ、俺はその手帳を開いてみた。

プリクラが何枚か敷き詰められたように貼られていた。

まだ彼女がかなり若い頃と思われるものもあった。

昔は髪が短かったようだが、その頃から可愛いさは今と比べても変わりはないが幼い顔をしていた。

そしてある1枚のプリクラに彼女が同じくらいの年齢の男と一緒に写っている物があった。

これは彼氏なのか?それとも元彼なのか?

ちょっと気になった。

そして手帳の後ろの方のページにいくと、友達やら色んな人の電話番号が記されていた。

今時にしては珍しい。

携帯を無くした時などに備えてしっかり記録しているのだろか?

そうこうしているとJ◯がシャワーから出てきそうだったので俺はカバンを元に戻した。

J◯は脱いだ制服や下着を持ってバスタオルを巻いて出てきた。

J◯「あー髪すごい濡れちゃった・・・ドライヤーあるよね?」

彼女のトレードマークとも言える長いハーフツインの髪はビショビショに濡れていた。

「ドライヤーならそこにあるから乾かした方がいいよ、じゃ俺もシャワー浴びてくるよ」

俺がシャワーを浴びている間、彼女が髪を乾かすドライヤーの音がしばらく聞こえたがそのうち静かになった。

俺は腰にタオルを巻いて浴室を出ると、彼女は奥のベッドに布団を深々とかけて向こう側を向いて寝ていた。

俺はそっと彼女の背後に寄り添うように布団に入った。

向こう側を向いている彼女の身体をゆっくり仰向けにした。

小さい顔にくりっとした二重の目、可愛い小さな唇にドキッとする。

そしてさっき髪を乾かす時に髪を解いたらしく、髪はストレートになっていた。

初めてみるツインテール以外の髪型だったが、ストレートヘアーもこれまたとびきり可愛いかった。

俺は彼女の顔をしばらく見つめていた・・・いや、見惚れていたといった方がいいだろう。

すると彼女は

「なに?」

とちょっと迷惑そうな顔をした。

「ねえ、君今話題になってるアイドルの橋◯環奈に似てるよね?」

するとJ◯は鼻で笑い

「もしかしてアイドルオタク?」

と言われてしまった。

「ち、違うよ!でもあの子凄く可愛いじゃん。てか似てるって言われたことない?」

J◯「あー・・・よく言われるよ」

「やっぱりなー!」

J◯「やめてよ、私あんなに可愛いくないし・・・」

いや、俺の中では少なくとも同等、むしろそれ以上に本気で可愛いと思っていた。

「そういえば俺、君の名前知らなかったな・・・教えてよ?」

J◯「教えたって本名じゃないかもしれないよ?」

「そうなの?わかった、じゃカンナちゃんにしよう!」

するとJ◯はまた鼻で笑った。

「なに?やっぱり嫌?」

J◯「そう呼んでくる友達がいるからさ・・・ちょっとおかしかった・・・」

なんか同じ布団の中でこんな他愛もない会話をしているのがまるで本当のカップルのようで凄く嬉しかった。

こんな幸せな時間がずっと続けばいいのにと思っていた。

そして俺は気になる質問をぶつけてみた。

「ねぇ、今彼氏はいるの?」

J◯「彼氏がいてこんなことしてたらそれこそ最低だよ」

「そっか・・・でも付き合ってた彼氏くらいはいるんでしょ?」

J◯「もうだいぶ前に別れたよ・・・」

「同級生?」

J◯「そうだね・・・」

多分あのプリクラに写っていた男がやっぱりそうだったんだろうな、と思った。

「そうなんだ、オジサンと同級生ならどっちが好き?」

J◯「なにそれ・・・」

「やっぱりオジサンの方がセックスは上手かったのかな?」

俺は余計な事を言ってしまった。

すると、

J◯「私、ほんとはオジサンとなんてしてないよ・・・ただ実際そういうオジサンに声かけられたことはあるけど・・・ただそれだけ」

「えっ!?じゃ10貰ったっていうのは?」

J◯「実際それだけ払うから頼むって言われたけど、断ったよ」

「てことは援交は、もしかして他にもしてないの?俺が初めてだったとか?」

J◯「そういうことになるね・・・」

「じゃ、今までしたのは元彼と俺だけってことになる?」

J◯「だから何ですか?別にどうでもいいじゃないですか・・・」

「でも実際10貰ってなかったのに俺はやっぱり今日10払わないといけないんだ?」

J◯「それでいいって言ったんだからいいでしょ・・・」

俺はちょっと複雑だった・・・彼女の言ってる事なんかどこまでが本当でどこまでが嘘かなんてわからない。

でももし言ってる事が本当だとすればやはり10は高すぎるし、平気でそれを言ってくる彼女はちょっと何か訳でもあるのか?

本当に天使のような姿をした悪魔にも思えた。

すると、

J◯「ていうか早くしないの?私そんなに時間ないから、やっぱり払えないっていうなら帰るよ」

「あ、ゴメンゴメン、大丈夫だよ」

もうとりあえず10は払うって自分も腹をくくっていた訳だし、とにかく楽しませてもらおう、そう思った。

そして俺は彼女に最初は優しくキスをした。

ゆっくり舌を入れると、前回は拒絶していたJ◯はぎこちなく舌を絡めてきた。

なんだか凄く嬉しかった、彼女は俺を素直に受け入れようとしてくれているのか?

俺は前回は我武者羅になっていたが今回はじっくり攻めようと思っていた。

しばらくキスをして首筋を舐めた後、俺は布団を除けた。

バスタオルを巻いていた彼女だが、下半身はタオルがはだけていて毛並みのよいマン毛が露わになっていた。

俺はバスタオルを取り払った。

彼女は軽く胸を隠しながら少し身体を縮めていた。

そういえば前回は彼女の制服を着せたままやったので、彼女の全裸を見るのは初めてだった。

改めて見ると凄い華奢な身体をしていたんだと思った。

肌も色白で綺麗だ、胸の大きさはそれ程でもないがとにかくウエストのくびれは最高だった。

もう彼女の全てが欲しい!と思った俺はここからスイッチが入ってしまったのである。

今回は冷静にやろうと思っていたのだがもう理性を抑える事はできない。

俺は彼女の身体中を舐め回していた。

かなり変態チックな行動だったが、J◯はくすぐったいのか感じているのかはわからないが、時々声を上げながら身をくねらせている。

そして俺はJ◯のマンコにもむしゃぶりついた。

ジュルジュル!っと音を立てながら舐め回すと、

J◯「やだっ・・・そんなとこまで・・・恥ずかしい・・・あ・・・ああんっ!」

J◯のマンコから愛液がどんどん出てくる。

普通に考えればマン汁なんて美味い訳はない。

しかし、これほど可愛いJ◯のマン汁は美味しく感じてしまうほど俺は彼女の愛液をすすっていた。

そして俺は彼女のマンコに中指と薬指を入れた。

昔元カノにもやったことがあるがこの指の動きできっとJ◯は・・・数回俺は指を巧みに動かすとすぐにJ◯のマンコからピュッ、ピュッっと液体が吹き出してきた。

J◯「ああんっ!ああああっ!ダメっ!ダメっ!ああああああっ!!」

予想以上に早く潮を吹き出した。

俺はまだいけると思いさらに指を動かした。

J◯「ああああっ!ヤバいっ!ヤバいよっ!ああああああっ!!」

J◯のマンコからさらに勢いよく液体が吹き出し放物線を描く。

ベッドの上はビショビショになっていた。

そしてもうJ◯はぐったりとしていた。

俺は横になっている彼女の口にチンポを入れた。

まだ虚ろな彼女はまともにフェラはできないでいたので俺は自分で腰を動かし、彼女の口の中でチンポを出し入れした。

出し入れする度に可愛い彼女の頬が俺のチンポに合わせて膨らむ姿がいやらしかった。

俺は一旦チンポを抜き、彼女を起こすとチンポを握らせてしごかせたら、ぎこちなく彼女は手を上下に動かした。

ッチなPR

ッチな広告