エチ研TOP
Home > 体験談 > 初めて彼氏ができた娘の優花の初体験
投稿:2016-06-16(木)04:51

初めて彼氏ができた娘の優花の初体験

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:19,328回)
名無しさんからの投稿

前回の話:17歳で母になった娘の優奈

「えっ、本当ですか?・・・うれしいな♪」

2学期に入って間もないある日のこと。

優花にとって、初めて恋人ができた瞬間でした。

相手は、ずっと優花が憧れ、優奈に失恋したサッカー部のイケメン男子の涼太です。

彼は学校でも女子生徒に人気があり、小さなファンクラブもできていました。

178㎝と長身で、その体格を買われてフォワードをしていました。

そんな涼太が1年の1学期の昼休みの時間帯に優奈の教室を訪れ、かねてより想いを寄せていた優奈に告白したのです。

優奈の教室は、シーンとなりました。

ところが・・・、

優奈「ごめんなさい。優奈にはずっと前から片想いの人がいます。今は、その人しか見えないんです・・・。本当にごめんなさい!」

優奈は深く頭を下げ、教室は悲鳴に包まれました。

涼太はガックリとうなだれ、静かに教室を出ていきました。

優奈が、人気者の告白を断った。

それがきっかけで、優奈へのイジメが始まりました。

教科書やノート、ついにはカバンまでもが隠されたり落書きされたり、放課後に呼び出され、女子生徒10名に殴る蹴るの暴行されたことも。

そんなイジメが4か月続きました。

優奈は、体にアザを付けて帰ったこともあり、夜になると連日のように私のベッドに入り、泣き崩れました。

イジメは、隣のクラスにいた美希ちゃんによって止められる10月まで続いたのです。

涼太の失恋を聞いた優花が、1年の2学期から猛然とアタックを始めました。

ところが、失恋直後の涼太は相手にしませんでした。

ところが、事態は少しずつ変わっていきます。

優花は涼太のファンクラブに入り、少しずつ距離を小さくしていきました。

152㎝と小柄な優花は、彼とグループ交際を始めたのです。

高◯に入ってもグループ交際は続きましたが、2年の夏休みが終わったある日、優花は涼太に告白されました。

身長差が20㎝以上の、凸凹カップルの誕生です。

最初は登下校時に仲良く並んで歩いていました。

それが、手をつないで歩くようになっていました。

日曜日になると、二人は駅で待ち合わせをしてデートを始めました。

1週間が過ぎた頃、膝丈スカートが当たり前だった優花に変化が・・・。

恥ずかしいからと、中◯生になって避けていたミニスカートを穿くようになりました。

最初は、デニムで膝上5㎝程度。

そして、優花は紺色で膝上10㎝のフレアースカートを彼からもらい、デートのたびに着て行くようになりました。

そして、デートを始めて2週間。

優花はファーストキスを経験します。

涼太「優花、可愛い。今度はエッチしてみよう」

優花は顔を赤く染め、静かに頷きました。

9月21日の夕方、制服姿の優花は涼太の家に連れて行かれ、部屋で激しく抱き合いました。

涼太「優花。好きだ。優花が・・・ほしい」

優花「私・・・、初めてなんです!優しくしてくださいね」

涼太「うん!」

そう言って、優花をお姫様抱っこしてベッドに運びました。

仰向けになった優花に、涼太がゆっくりと体を重ねます。

優花「好き♪ああ、好き♪」

優花は、ゆっくりと涼太の背中に手を回します。

二人の唇が重なり、次第に激しくなります。

涼太は、優花の制服のチェックミニスカートにゆっくりと手を差し込みました。

涼太「優花、濡れているよ」

優花「ああ、恥ずかしい・・・」

涼太はゆっくりと唇を離して、優花のブラウスのボタンを外して行きます。

そして優花の上体を起こし、ブラウスを脱がせました。

真っ白なブラジャーが、涼太の前に現れました。

優花「恥ずかしい・・・。82㎝のAカップなんです・・・」

涼太「優花。優花の3サイズ、聞いてもいい?」

優花「はい。153㎝で、82、58、84です・・・」

涼太「この体。独り占めしていいんだよね」

優花「はい。お願いします・・・」

涼太はゆっくりと優花のブラジャーを外しました。

優花「ああ・・・。見られてる・・・」

涼太はゆっくりと優花の体を倒して行った。

そして、ゆっくりと優花の乳房の中心を口に含んだ。

優花「ああ・・・。ああ・・・。あっ・・・」

涼太はゆっくりと優花の乳首を舌で弄ぶ。

舌で優花の乳房を舐め回し、ハアハアとあえぐ優花を少しずつ頂点に誘導する。

そして、今度は左の乳房にも。

優花「ああ・・・。ダメ・・・」

優花は、ゆっくりと涼太の股間に手を回した。

優花「あっ・・・。硬い・・・。大きい・・・」

だけど、涼太の愛撫で頂点に一気にかけ上がる。

優花は意識を失い、顔を横に向けた。

意識を失った優花の間隙を縫い、涼太は優花のスカートをめくり上げ、ゆっくりとパンティを外した。

そして、自ら制服を脱ぎ、裸になって優花のあそこに指を入れた。

優花「んん・・・。あん・・・」

優花のぎこちない喘ぎ声。

優花のあそこからは、たくさんの愛液が溢れてきた。

やがて、優花は目を覚ました。

涼太「優花、入るよ」

優花「うん」

ゆっくりと、涼太は優花の中に入っていました。

優花「あっ・・・。痛い・・・」

涼太「優花、止めようか?」

優花「お願い・・・、続けて・・・」

涼太は、ゆっくりと挿入を続け、優花は痛みに耐え続け、やがて優花は涼太を受け入れた。

涼太「優花。入ったよ。全部入ったよ」

優花「うれしい♪優花、女の子から女になれたんだね♪」

涼太「優花、動くよ」

優花「うん♪」

153㎝の優花の上で、ゆっくりと動き始めた186㎝の涼太。

優花「ああ・・・、あっ・・・、ああ・・・」

涼太「痛い?」

優花「痛いんだけど・・・、だいぶ楽になったかな。なんかね・・・、気持ち良くなってきたよ♪」

涼太「優花。体位、変えるよ」

優花「うん・・・」

涼太は結合を浅く変え、ゆっくりと優花の体を反転させた。

優花は、ゆっくりと四つん這いの体勢になった。

そして、涼太は優花のヒップをつかみ、ゆっくりと挿入した。

優花「あっ・・・、あっ・・・、涼太さん・・・、好き♪」

正常位から、今度はバックだ。

そして、ゆっくりと涼太が動き始める。

優花「気持ちいい♪ああ・・・、気持ちいい♪」

涼太は優花の脚の付け根に手を回し、少しずつ動きを早めた。

優花「ああん・・・、あっ・・・、深く突かないで・・・。あん・・・、あん、あん、あん、あん・・・」

優花の体を性感の波が襲い、優花は激しく顔を左右に振った。

そして、ゆっくりとベッドに落ちた。

涼太はゆっくりと優花の体を裏返し、ゆっくりと抱きしめて体を反転させて優花を上にした。

優花は、制服のチェックミニスカートと白いハイソックスだけになっていました。

涼太は体を起こして対面座位となり、ゆっくりと優花にキスをする。

しばらくして優花の意識が戻り、初めてのディープキス。

そして、涼太が上体を倒して騎乗位になった。

優花はゆっくりと体を上下に振った。

優花「気持ちいい♪気持ちいい♪ああ・・・、奥まで、奥まで届くよ。熱いよ。熱いよ」

そして、涼太はゆっくりと優花の中に射精し、優花は涼太の体に自分の体を預けた。

優花「すごい・・・、良かった。まだ、体がピクピクしてる・・・」

涼太「これで、優花と本格的な交際ができるね。優花。高◯を卒業したら、結婚しよう!」

優花「本当ですか?」

涼太「うん。約束だよ」

優花「うれしい♪涼太、大好き!」

涼太「高◯3年の3学期には、本格的に子作りを始めるからね。3人ぐらい産む覚悟を持ってほしいんだ」

優花「はい♪」

二人は激しく抱き合い、もう一度ディープキスを交わした。

涼太のベッドのシーツには、優花の初めてを示す赤い染みが残っていました。

続き:【最終回】いつまでも優奈と一緒に・・・

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告