エチ研TOP
Home > 体験談 > 幼稚園から小◯校まで同じだった幼馴…
投稿:2016-10-13(木)12:30

幼稚園から小◯校まで同じだった幼馴染の女の子

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:14,290回)
お尻フェチさんからの投稿

私には幼稚園から小◯校まで同じだった幼馴染の女の子がいます。

その娘をMとします。

私は小◯校を卒業するまでMの体を触りつづけてました。

初めてMの体を触ったのは幼稚園の年中の時でした。

教室の中で絵本を読んでたらMに手を引っ張られ、園庭に出ることになったのです。

そこで、家の形をした遊具の中に入るといきなりキスをされました。

どうやら私の事が好きだったのですが、当時私は頭の中が混乱していたのですがMの方が体が大きかったのでなすがままにされてました。

するとMが

「お尻、触ってみる?」

と言ってきたので、触ってみたらとても柔らかいお尻でした。

それ以来、私はMのお尻の虜になってしまいました。

おっぱいはまだその当時はぺったんこであまり触らなかったのですが、おまんこもよく触ってました。

私達はその後幼稚園を卒園するまで人の目を盗んではそういう事をしていました。

小学校に上がってからはクラスが別々だった事もあり、しばらく疎遠になっていましたが6年の時に同じクラスになり、また親密になっていきました。

ある日、図書室で本をよんでいたらMが私に近づいてしました。

するとMが

「幼稚園の時、覚えてる?昔は仲良くしてくれたよね・・・」

と言いながら泣き出してしまったので私が

「また同じクラスになれてよかったね」

と言ったら抱きついてきました。

その頃私はすでにもうエッチな事に興味を持っていたのでMに

「体、触ってもいい?」

と聞きました。

するとMが

「好きなだけ触ってもいいよ」

と言ってくれたので恐る恐るお尻を触りました。

当然ですが、幼稚園の頃とは比べものにならないぐらい大きくなってお餅のように柔らかかったです。

おっぱいも膨らんでで優しく揉みました。

乳首の辺りを触ると

「あん、はぁ・・・」

という甘い声も出てきました。

パンツを下げておまんこも見て見てるとそこはもうジャングルのように陰毛が生い茂ってました。

それからは休み時間にはいつもこうやって触りあっていました。

それから小◯校を卒業してからはまた疎遠になっていましたが高◯を卒業した去年に偶然再会しました。

今度は私の方から触ってもいいか聞いたら笑顔でいいよと答えてくれました。

ちょっと太ったためか小◯校の時よりもお尻やおっぱいがさらにグレードアップして柔らかくなってました。

その後Mの家にお邪魔した僕は我慢できなくなったのでMに挿入していいかときいたらこれもいいよと答えてくれたのでセックスしました。

正直Mの中は優しい暖かさで包まれてて、とても気持ちよかったです。

今年、Mとは正式にお付き合いするようになり将来は結婚しようと思っています。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告