エチ研TOP
Home > 体験談 > いつも使う風俗店で知り合ったアラフ…
投稿:2015-08-29(土)01:58

いつも使う風俗店で知り合ったアラフォーの人妻

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:17,111回)
東京都/アベッチさん(40代)からの投稿

数年前のことです。

風俗好きな俺がいつも使う店に行った時のこと。

指名している女性は予約が続き、かなり待たないと空きがなく、しかも短時間しか無理という状態。

いつも受付にいる店員にポラロイド写真を見せられたのがマキさん。

170cm近い高身長でアラフォのナイスボディ。

顔は少し残念な感じはあるが、エロさはかなりのものと説明された。

ハズレなら次は無いだけと頼む。

結果として、顔はハズレだがエロとコミュニケーションは大満足。

身体は年齢なりに崩れはあるが、胸もまだ垂れることなく、85D90の大きなお尻は熟女らしいムチムチと62という細目なウエスト。

かなり前に少し風俗で働いたというだけあってテクもある。

今回は旦那のリストラだかでパートでは足りなくなって風俗らしい。

特筆は潮吹きが激しいのとアナル好きということ。

会った時には顔で判断してしまうのが、やはり風俗会話から俺の自宅にかなり近い場所に住んでるのが判明する。

しかもかなりの酒好きで、この時も俺が最後だったからかビール2本を飲んだ。

人妻、熟女店は本番確率高いが期待はしなかった。

抜く為だからそれなりにサービスしてもらい、こちらも行為はする。

マキさんアナル出来るが別料金だし、俺もたまにしてみたいかな程度。

フェラをされ、69で中に指を入れてる時にマキさんが突然腰を震わせ、叫ぶようになり続けてるとフェラをやめて

「ダメ!本当に我慢できない。出ちゃう漏れちゃう!」

顔を少しずらし、中指と薬指を曲げてGスポットを触り続けるとマキさんが絶叫し、身体を反らせビュッビュッとおれの胸に潮吹き。

俺は顔にかかるのが嫌かなと考えてM字に開かせ、座らせ、指を入れてまた掻き回すと

「また出る!」

今回はAVのように勢い良く飛ばし、一瞬放尿?ぐらいの量だった。

マキさんが

「潮?オシッコ?わからないぐらい初めてこんなに出たよ」

とグッタリしている。

以前からたまに潮吹きはあるが、オシッコお漏らしや少量でこんなには出たことないし、マジに快感で逝ってしまったと。

またフェラをして回復させた息子を見ながら

「付ければいいか・・・お願い入れて」

ゴムを被されてしまい、騎乗位で挿入上で動くマキさんが

「バック好きだから変わって」

バックから入れて腰を掴み、激しく突きまくるとまた絶叫系の声を出し、腰をマキさんも振り感じまくる。

俺も限界に近いし、時間もあるからそのまま突きまくりゴム付きで中に発射する。

俺もマキさんは大満足でグッタリしていたが、やはりタイマーがすぐに鳴る。

シャワーを使い、着替えてお互いに残りのビールを飲み、タバコを吸い終了。

半月ぐらい後にやはり店舗に行くが、今回は指名した相手が家族事故で急遽帰宅。

(メールで連絡されてたから知っていたのだが)

予約確認の電話を店にすると同じようなことを言われ、キャンセルになる。

店近くに居たのでどうするか考えていた時に、偶然マキさんが前を通り声をかけられた。

「お店に行くの?」

俺はキャンセルになり、悩んでると伝えると

「私たぶんアガリだからこの後会いません?」

「前回話した悩み相談したいし・・・」

「旦那居ないから朝帰りでかまわないし」

とりあえずメアドを交換して少し先の公園で連絡待ち。

仕事無しならそのまま公園で待つ約束をした。

10分ぐらい待つと、終わりで向かうとメールがある。

公園で合流して近くのコンビニでツマミとビールなどを買い込み、近くの綺麗なホテルに宿泊で入る。

部屋に入ると二人とも服を脱ぎ、ガウンになってお風呂にお湯をためる。

買い込んだビールで乾杯しまずは真面目に相談にのる。

話をしていると早くも2本目を開ける。

話も一段落したあたりでどちらともなくキスをしていた。

そのままお風呂に入り、身体を洗い、かなり大きい浴槽を泡風呂にして抱き合い、キスをしていると感じてきたマキさんは俺を立たせフェラをはじめる。

前と違い、かなり激しくジュボジュボと音を出し、胸を自分で揉む。

くわえていたのを外し

「我慢できない・・・触って」

と浴槽の縁に座り足を開く。

シャワーを股間に当てるいたずらしながら指を中に入れると、すでにヌルヌルビショビショ。

指を曲げ、Gスポットを引っ掻くようにいじりキスをすると、首に手をまわすように抱き付き、身体を震わせ感じている。

「また・・・これ凄いよ!感じる、出ちゃう」

ウワァ〜と叫ぶとまた勢いよくオシッコのように潮吹きをするが、今回はさらに完全なお漏らしもしてしまった。

身体を震わせながら

「こんなに吹くのは俺さんだけなんだけど。あの日以来上手いお客さんだとかなり吹くのが増えたよ!でも違うの、不思議」

ベッドに移動すると四つん這いにさせ、また激しく指で掻き回すとまだ出るのかぐらいに潮吹き。

喘ぐスイッチが入ったマキさんは俺のを握り、自分で濡れた所に擦り挟み生で入れてしまうと

「中に出さないで!奥を壊れるぐらいに突き上げて欲しいの・・・」

「旦那が浮気してるのわかったから私は俺さんとしちゃう」

上になって腰を激しく動かし、俺を見つめながら胸を揉んで感じまくる。

下から言われたまま突き上げると、マキさんは早くも逝ったようで俺の方に倒れこむ。

バックに変えてお尻だけ付きださせ入れてアナルを指で弄ると

「指入れてください、アナル感じます」

指先を入れて動かすと、ギュッと指を締め付けるアナルに連動するようにオマンコも動くというか締まる。

こちらもかなりの興奮してるから逝くのが遅めになったのかマキさんは2、3回絶叫し反り返り逝った。

俺が我慢できなくなり、どこに出すかマキさんに聞くと

「抜いてオマンコにかけて!私変態だから好きなの!アナルなら出していいのに!オマンコにかけて!」

腰を掴み、深く入れて突いてから抜き、マキさんに見てろと言ってかけてあげた。

マキさんは

「オマンコに俺さんの精子かけられた・・・温かいのたくさんかかけられた・・・」

「お風呂で流してきたらまた入れてください」

精子を流してきたマキさんはベッドに座り、M字開脚して自らオマンコを指で開きクリを弄る。

顔の前に萎えたのを出すとクリを弄りながらフェラをはじめる。

「私は旦那以外に最近また仕事で何人ともセックスしてアナルに入れて感じる変態だから妊娠以外は何でもするからセフレになってください」

「やはり風俗してるとダメですか?」

俺は答えずに喉の奥まで入れてから、ホテル備え付けのゴムを無言で被せた。

その間もクリを弄らせたが、四つん這いにさせてアナルに根元まで入れた。

マキさんはアナルに入れられると、堪えるような呻き声を出すが痛がりはしないし感じてる。

そのままゆっくり出し入れをしてると、マキさんはかなり感じるらしく、四つん這いから顔をベッドに埋め、喘ぐ。

試しに指をオマンコに入れて掻き回すと

「逝っちゃうからダメ!」

と叫びながら潮を吹き、アナルで締め付けながら何度も続けて逝った。

締め付けられ、俺もまた出した。

そのままベッドに倒れこむが、潮で濡れたベッドは冷たくて二人して笑う。

ガウンを着て、またビールなどを飲んでいると、疲れと酔いで眠くなり、二人はベッドの濡れていない所で抱き合い2、3時間寝た。

朝の4時頃に俺が起きるとマキさんも反応して起きた。

恥ずかしさもあるのか、マキさんは抱き付いてきたので抱きしめキスをすると舌を絡めた。

「俺さんの都合でいいし、お店に来たら後でお金返すから」

俺は頷くだけにして、帰る時間を確認してから風呂のお湯をまた溜める間に約束をさせた。

俺以外とセックスするなら生では入れさせない。

他に気に入る男が出来たならすぐに俺は別れるから、教えること約束するというので俺は半立ちのを口に入れて勃起させた。

お湯が溜まったから風呂に行き、浴槽に二人で入り身体を撫でる。

また感じているマキさんに後ろから生で入れる。

酔いも覚めているがマキさんは感じまくる。

「俺さんのチンポがキモチイイ・・・生だと凄く感じます・・・逝きたいです」

それから考えてなかった言葉が

「仕事のことあるからピルを飲みだしたから中出しでいい・・・信じて欲しい、まだ中出しはさせたことない」

「俺さんだけに中出しして欲しい」

「アナルは中出しされちゃったの・・・無理矢理入れられて生でされちゃった」

聞かされた俺は妙な興奮があり激しく腰を動かす。

マキさんは何か反応が違い我慢してる。

「おかしい、潮吹きしそう」

俺は奥にグリグリと押し込み抜けそうになるぐらいからまた奥にを繰り返した。

「逝く逝く・・・」

叫ぶと背中を反らせてからジワーと潮が出たあとビシャビシャと吹きながら逝った。

俺も初めてのハメ潮吹きだから驚きで中に出していた。

時間があるからシャワーで流して着替えホテルを出てタクシーで一緒に帰った。

マキさんの自宅は徒歩10分程度の所だった。

続きは気が向いた時にまた投稿します。

■続き
マキさんとはそれなりに続けていた。

前回の風俗店を辞めて他に移るというメールがきて数日ぐらいに近所のレンタルビデオ店で偶然マキさんと会った。

彼女は子供が借りたDVDを返却が終わり、出てきた時に入ろうとした俺と遭遇した。

子供たちは帰宅していて彼女から飲みに誘われた。

Tシャツにジーンズで薄化粧のマキさんは主婦を感じさせた。

すぐそばの居酒屋で二時間ぐらいのあいだに、辞める理由と次の店舗を聞かされ、翌週土曜日が最後だから最後の客として来て欲しい、時間はPM12時あがりだからそのまま宿泊してくれたらホテル代金は出して朝までまた抱いて欲しいと頼まれた。

あの後何度か誘われて仕事の後に抱いていたから。(ホテル代金を彼女もちでした)

当日夕方に電話してみるとやはり指名している女性を言われたが、時間が合わないからと嘘をつき、10時過ぎからと言うとマキさんと何人か名前を言われて悩むようにマキさんを頼むと、1時間だけなら入れると言われ予約した。

時間を潰す為にパチンコをするが、こんな時は座って即大当たりし連チャンする。

2〜3千円が止めた時には8万円近くに(最後までやれば更に増えたはず)なり、受け付けに駆け込み、支払い済ませてホテルに入る。

普段は使わない綺麗で人気なホテルの広い部屋で露天風呂がある高い部屋。

メールでマキさんに連絡してビールを数本買ってきてもらう。

部屋に来たマキさんは、喜ぶより高い部屋だから少し怒る感じだった。

俺が払うと言うと安心していた。

時間が短いから何もしないでよいが、一度戻る時にして欲しいことを伝える。

帰りにブラとパンツを脱いでこの部屋に置く。

清算を終わらせたら俺に電話してして近くのコンビニにそのまま買い物をする。

私物?のローターとアナルバイブを必ず持ち帰り、ローターは店を出る時に股間に当たるようにしておき、リモコンは俺に渡す。

買ってきたビールを飲み、一応でシャワー浴びさせ、マキさんが戻る時に食事と言って外出した。

この時マキさんに媚薬を飲ませました。

店の前までノーブラ、ノーパンのマキさんを送る。(この日は少し暑いぐらいだったので薄いニットのロングスリーブで白とタイトな膝より上の丈ミニ、黒いパンスト)

よく見ると乳首がわかる感じでした。

清算が終わり、自宅に電話する感じで俺と話してますが俺は言葉責めです。

待ち合わせたコンビニ前でリモコンをもらい、確かめると音はわかりませんでしたが反応は凄かった。

そのまま胸を揉んで、乳首をハッキリさせてからコンビニでゆっくり買い物。

レジで支払いをさせる時もローターは強弱させ、動かし続け反応を楽しみます。

コンビニ出てからは、もう歩きながら胸を触り、まわりに見られてると言うと歩けなくなるぐらい。

スカートの中に手を入れると膝辺りまで垂れているようです。

ホテルに戻り、受付前とエレベーター待ちでは腰を抱え、ローターを強く動かし、すれ違う人にわかるぐらい反応をさせて、エレベーター内ではキスとニットを捲り胸を揉みます。

部屋に戻り、ドアをロックするとマキさんは崩れ落ち、俺の前でブルブル震えながら

「ムリ・・・オカシクなってる・・・欲しい、これを入れて」

ジーンズを脱がし、パンツの上から握り締め、触り、脱がし、フェラをします。

勃起しかけてるのを奥まで含み、舌を絡ませてヨダレを垂らし舐めます。

勃起したのを確認すると、自分でスカートを脱ぎ、お尻を突きだしてオネダリです。

ドアに向かい手をつかせ、パンストを破りバックから入れてヌルヌルのローターをアナルに押し付けると

「逝く!逝く!逝く!」

と叫びながら腰を振ります。

ドアにもたれ掛かるマキさんから抜いて、そのまま露天風呂があるバルコニーに連れていき、目隠しのある手すりに掴まらせ後ろからまた入れる。

「ァア〜凄い逝く!感じる!アベさんの硬いのが奥に・・・」

外なのわからずに叫び腰を激しく動かします。

完全に我を忘れて

「◯◯さんより硬くて違う場所に・・・感じる」

「一番キモチイイ場所に当たる・・・そこを突いて・・・漏れちゃう!」

「いいの・・・中に出して」

逝ってしまい崩れ落ちました。

抱えてベッドに寝かせ、俺はAVを見ながらビールを飲んでマキさんの回復を待ちます。

媚薬といっても多少興奮するぐらいのはずですが、マキさんはかなり効いたようです。(たぶん自己暗示やシチュエーションもあるでしょう)

しばらくして起き上がったマキさんにビールを飲ませ、喉を潤わせると自分から服を脱ぎ捨て、俺に抱き付き身体を舐めキスをしてきました。

「朝まで変態淫乱なマキとセックスして」

そう言うとオマンコを俺に擦り付けてます。

鞄からローションを取り出し、二人の股間に垂らし、スマタしながら備え付けのゴムを被せ、マキさんはアナルに入れます。

「アナルに入れて欲しかったの・・・アベさんのがアナルに入って感じる」

上になって腰を回し、出し入れします。

そのまま正常位にしてクリとオマンコをいじらせると、反応してギュッと肛門が締め付け、不覚にもあっというまに射精してしまった。

マキさんは脚をからめ抜けないようにします。

「媚薬凄いね!全身が敏感」

「次はオマンコの奥に出して」

スイッチが入り、淫乱な本性が出たのかしたいことを言います。

俺も聞き返し、

「◯◯さんとしたんだ?生?アナル?」

「旦那とはアナルしてた?」

「他にもセフレ作って◯◯したんでしょ?」

マキさんは必死に弁解します。

セフレは居ないが店外デートしてた。

◯◯さんは若くてイケメンで、指名するからゴム付きで毎回してたがアナルはしてないし、上手くないからマキさんがリードしてた。

今日も俺の前でロングで入ってくれたから最後は生でしたいと頼まれたが拒否した。

旦那とはしてたが、最近はレスて触られてもない。

言い終わると俺が押し倒し、オマンコに生で入れて激しく突き上げてまた聞きます。

「旦那は仕方ないが、お客とのこと嘘ついてるならこのままやめて帰る」

激しく動き、胸を握るように揉むとドMなマキさんが我慢できずにあえぎ、感じまくりハメ潮吹きという状態になる。

「帰らないで・・・ウソ、ごめんなさい」

「デートした時に酔わされて生でしたが中出しはない」

「◯◯だから断れなくて毎回してたが病気はない」

「アベさん以外は店でoptionアナルした客しかいない」

結局指名客の3人と店外デートして、1人は生、◯◯さんを含め10人以上とセックスしていた。

生でしていた相手は認めないが、愛人として付き合ってるかなり裕福な人のようです。

◯◯さんは客で生でしてると感じました。

そこまで言わせたので優しくすると、怒ると思ったマキさんは泣きそうになりながら謝ります。

安心したのかまた感じだしたマキさんに目隠しでタオルを巻き、ベッドサイドの鏡に姿を写し、俺とマキさんの携帯で動画を撮り、中出しで逝く姿を保存しました。

朝方、明るくなるぐらいまで寝てしまいました。

マキさんに触られて起きると、冷静になりきれないマキさんは朝立したのをフェラしてます。

明るくなったが露天風呂に二人で入ると、自分からまた入れたマキさんは声を我慢しながら感じてる。

我慢させるのも無理だから部屋に戻り、ベッドに手をつかせバックから入れて耳元で

ッチなPR

ッチな広告