エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 彼女に紹介された姉は高校時代の同級…
投稿:2015-07-20(月)02:00

彼女に紹介された姉は高校時代の同級生だった

この体験談のシリーズ一覧
1:◯学生とヤッた友人が膣痙攣を起こして助けを求めてきた2:友人の彼女を含めた女子◯学生たち2人を相手に3P3:友人とダブルデートしてラブホでパートナーを交代4:J◯の彼女とその友達で露出プレイやアナルセックスに興じた5:雑誌コーナーで立ち読みしてたらいきなりチンコをギュッと掴まれた
6:彼女に紹介された姉は高校時代の同級生だった
7:彼女とSMプレイをしたことを話すと、あたしもやってみたいと言ってきた彼女の姉8:夜は◯学生の彼女と、昼は彼女の姉とエッチやりまくり9:彼女の姉と野外でノーパン露出プレイ10:姉ともエッチしてたのがバレて、全て話したら妹も混じって姉妹で3Pすることに11:彼女の親友が嫉妬して、やたら俺を誘ってきた12:彼女と女友達、彼女姉を交えてはちゃめちゃな4P13:彼女と女友達、彼女姉を交えてはちゃめちゃな4Pの続き14:姉のしほと協力して◯学生二人にSMプレイ15:何でも受け入れるドM女の◯学生16:二人の◯学生と同級生、誰が一番好きかはっかりしろと言われた17:昼は姉と、夜は姉妹で露出プレイした18:えりちゃんが入院、病院内でこっそりエッチした19:同室の女の子はM女だった20:入院患者二人と野外でエッチした21:病室でまりとセックスしてたらしほに見られた
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:23,744回)
しんさん(20代)からの投稿

前回の話:雑誌コーナーで立ち読みしてたらいきなりチンコをギュッと掴まれた

俺の彼女は◯学生。

彼女のみよちゃんが、姉に会ってもらいたいと言うので会うことになった。

夕方、みよちゃんちにお呼ばれされた。

見た感じ豪邸で裕福な家。

みよちゃんと一緒に玄関から入った。

「ただいま、連れてきたよ」

「おかえり」

と声が聞こえ、奥から姉がくる。

「こんばんは、お邪魔します・・・あっ!」

「あれ?しん?」

「しほ?」

驚いた。

出てきたのは高校のときの同級生だった。

みよちゃん「お姉ちゃん知り合いなの?」

しほ「知り合いってゆうか、高校のときの同級生」

みよちゃん「えええ?」

みよちゃんも驚いてる。

しほ「みよの彼氏があんただったとはねえ」

「みよちゃんの姉がお前ってのもびっくりだ」

しほ「詳しいことは後で聴くから、まあごはん食べなよ」

飯食べてみよちゃんが風呂に入った。

しほが後片付けしながら

「のちほど話し聞くよ」

と言った。

みよちゃんが風呂から出てきた。

しほ「ちょっとしんと話したいから、今夜は少しだけ二人にしてね」

みよちゃん「うん、分かった。二階に行ってるね」

とてとてと二階に上がっていった。

しほ「まあ一杯飲め」

とビールを出す。グイっと飲んだ。

しほ「聞かせてもらおうか」

出会いのなれそめを話した。あの膣痙攣の話はうまく誤魔化して。

しほ「で、当然みよとやったんでしょ?」

「まあな」

しほ「処女だった?」

「処女じゃなかった」

しほ「そうか、初体験の相手は誰だろね」

みよの様子見てくると言って二階に上がる。

降りてきた。

「みよちゃんは?」

しほ「もう寝てる」

そう言いながら俺の横に座って、いきなりキスしてきた。

「何してるんだ?酔ったか?」

しほ「少しね」

またキスしてくる。

「やめろよ、一応お前の妹の彼氏だぞ」

しほ「高校時代、あんたのこと好きだったんだぞ」

爆弾発言、知らなかった。

しほ「告白しようにも勇気なかったし、もたもたしてたら彼女できてるし」

ソファに俺を押し倒した。何度もキスしてくる。

いつのまにかスエットのズボンを脱いでる。

ピンクのパンツが見えた。

「何する気だ?」

しほ「一度でいいから抱いて」

「みよちゃんが起きるぞ」

しほ「大丈夫、あの子寝たらなかなか起きないし」

上着も脱いだ。ブラ着けてなかった。

でかいおっぱい。

キスしながら器用にベルトを外す。

ズボンとパンツ脱がされた。

すうっと顔下げてちんこを咥えた。

みよちゃんごめん、ここまできたら止まらねえ。

じゅぽじゅぽと頭上下に動かす。

(おう、なかなかうまいな)

ちゅぽんと離し上に跨がってきた。

ちんこに手を添えてまんこにあてがう。

んっと言って腰沈めた。

しほ「はあはあ、ああん」

腰を上下に動かす。

ぐちゅぐちゅとエロい音。

下からでかいおっぱいを揉んだ。

上下運動から前後運動に、クリをこすりつけるように動く。

しほ「んんん、いい、ああん」

グリグリこすりつけながら

「い、いくう〜」

ビクビクビクとなっていった。

「ハアハア」

と言いながら倒れこむ。

「俺まだいってない」

くるっと反転し、しほを抱いてちんこを入れた。

しほ「あああ、すご〜い。もっと奥まで入れて」

ズンズン突いた。

しほ「あん、だめ、またいっちゃう」

「俺も出そう」

しほ「中で出していいよ」

グイグイ突く。

しほ「あああ、いくう」

ビクビクとなるのと同時に中で出した。

しほ「はあはあ」

「中で出したけど大丈夫なんか?」

しほ「今日は大丈夫・・・だと思う」

「思うじゃ、不安だな」

しほ「あんたに責任取れなんて言わないよ」

少し休んだ。

「そろそろ帰るわ」

しほ「泊まっていかないの?」

「いや、なんか気まずいし。それに明日お前は仕事でみよちゃんは学校行くだろ」

しほ「あたしは明日休み、みよも具合悪いと連絡して休ます」

姉がすることか。

しほ「今夜の事は、みよには絶対秘密だからね」

言えるか、絶対喋らない。

しほ「みよの部屋で寝れば?」

「いいのか?」

しほ「年上の人と付き合ってるって聞いたときは少し不安だったけど、相手があんただったから安心した」

「まあな、お前ともやったし」

しほ「またする?」

「機会あればね」

しほ「やっぱバカだな、またやる気かい」

「てめえが誘ったんだろ」

しほ「わはは、まあいいからみよの部屋に行きや」

「ああ、おやすみ」

しほ「はいはい、おやすみ」

みよちゃんの部屋に入る。

みよちゃんグッスリ寝てる。

ベッドに入りみよちゃんの横に寝た。

可愛いパジャマちゅっとキスした。

朝起きたらびっくりするだろうな。

翌日の事はまた書きます。

続き:彼女とSMプレイをしたことを話すと、あたしもやってみたいと言ってきた彼女の姉

- 終わり -

この体験談のシリーズ一覧
1:◯学生とヤッた友人が膣痙攣を起こして助けを求めてきた2:友人の彼女を含めた女子◯学生たち2人を相手に3P3:友人とダブルデートしてラブホでパートナーを交代4:J◯の彼女とその友達で露出プレイやアナルセックスに興じた5:雑誌コーナーで立ち読みしてたらいきなりチンコをギュッと掴まれた
6:彼女に紹介された姉は高校時代の同級生だった
7:彼女とSMプレイをしたことを話すと、あたしもやってみたいと言ってきた彼女の姉8:夜は◯学生の彼女と、昼は彼女の姉とエッチやりまくり9:彼女の姉と野外でノーパン露出プレイ10:姉ともエッチしてたのがバレて、全て話したら妹も混じって姉妹で3Pすることに11:彼女の親友が嫉妬して、やたら俺を誘ってきた12:彼女と女友達、彼女姉を交えてはちゃめちゃな4P13:彼女と女友達、彼女姉を交えてはちゃめちゃな4Pの続き14:姉のしほと協力して◯学生二人にSMプレイ15:何でも受け入れるドM女の◯学生16:二人の◯学生と同級生、誰が一番好きかはっかりしろと言われた17:昼は姉と、夜は姉妹で露出プレイした18:えりちゃんが入院、病院内でこっそりエッチした19:同室の女の子はM女だった20:入院患者二人と野外でエッチした21:病室でまりとセックスしてたらしほに見られた
広げる

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告