エチ研TOP
Home > 体験談 > 別れるだけじゃ気が済まず浮気した彼…
投稿:2016-09-04(日)12:23

別れるだけじゃ気が済まず浮気した彼にお仕置きを

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:13,865回)
かなえさん(20代)からの投稿

彼の浮気発覚

別れてやろうと思ったけどただ別れるだけじゃあたしの気が済まない

お仕置きしてやろう

何も知らない彼が帰ってきました

いつも通り振る舞いお風呂入り食事すませベッドに入りました

一緒にベッド入ると疲れてるのかすぐに寝ました

暫く様子見、完全に熟睡中

こっそりベッド抜け出し紐を取りにいきました

寝室に戻り彼の手を縛りました

彼はまだ起きません

ぱんつを脱がしおちんちんをくわえました

フェラしてるとおちんちん起ってきた

なんだ?と言って彼起きました

『何やってんだ、んっ身体が動かない』

縛られてるの気づきました

『何してるんだ、ほどけ』

『あなたあたしが何も知らないと思ってるの?』

『なんの事だ?』

しらばっくれます

浮気の証拠つきつけた

それは誤解だと言い訳します

言い訳なんか聞きたくない、はっきり言え

正直に話しました

話した後ごめんと謝るけど怒り収まらない

『この腐れちんぽが』

汚い言葉言いました

おちんちんをしごきました

『やめろ』

『やめろって言いながらちんぽ起ってるじゃん』

しこしこ、しこしこ

『あああ、出る』

くわえてまたしこしこ

んっと言って口に出した

彼のお腹にぺっと吐いた

まだまだ

またおちんちんをくわえた

ふにゃふにゃおちんちんがまた口の中でおっきくなる

『まだ出せるね』

またしごきました

『もうやめてくれ』

おちんちんしごきます

『あああ、また出る』

今度はくわえず手でしごいて出させました

またどろっと出した

手についたので彼のお腹に擦り付けた

『はあはあ、もう勘弁してくれ』

くわえても元気にならない

『もう無理だ』

とことんやってやる

彼のお尻に指入れた

中でグリグリしてるとおちんちん起ってきた

『まだ元気じゃん』

『頼む、許してくれ』

『他の女にはやるのにあたしは相手できないのか?』

更にしごいた

あああと言っていったようだけど三連続になると少ししか出なかった

彼はぐったりしてる

今夜は許してやるか

『じゃ、おやすみ』

『ほどいてくれないの?』

『ほどいたら仕返しされるからほどかない』

『しないからほどいてくれ』

『嫌です』

下に布団敷いて寝た

朝起きた

『おはよ、寝れた?』

『こんな状態で寝れるか』

おちんちんくわえた

口の中で元気になる

『朝からやめろって』

『そう言ってるわりにちんぽ起ってるじゃん』

手でしごいた

『やめろって』

彼の顔を見ながらおちんちんしごいた

『あああ、出るっ』

どろっと出した

『あはは、ビュッと飛ばないね』

『お前バカか?』

『あなたがそうさせたんでしょ』

手についた精子をお腹になすりつけた

『仕事行かなきゃ』

『今日は休め』

『無理だ』

あたしが電話してあげる

彼の仕事場に電話して熱が出たので今日は休みますと連絡しました

これで今日は休みだね

腹減った飯食いたいと言うのでキッチンまで手縛ったまま行かせました

椅子に座らす

『このままじゃ食べれない、紐ほどけ』

ほどく訳ないじゃん

彼の体を椅子に縛りつけた

何するんだと怒鳴る

あたしが食べさせてあげる

パンを口に入れた

ちくしょうと怒りながらも食べる

コーヒーも飲ませてあげた

『トイレ行きたいからほどけ』

何かに理由つけて紐をほどかそうとする

『ここですれば?』

『できるか』

『なら我慢しなさい』

暫く我慢してたが限界きたみたい

『すまん、もう限界。頼むからトイレ行かせてくれ』

風呂場から洗面器持ってきた

はい、これと言って足元に置いた

マジか?と洗面器見る

『床に出すなよ、出したら舐めらすぞ』

『お前本気か?』

『うん、本気。どうするの?』

にやにや笑いながら彼を見た

ちくしょうと言いながら洗面器におしっこした

『はい、上手にできましたね』

彼が睨んでる

『いっぱい出ましたね』

『うるせえ』

『そんな口の言い方でいいのかな?』

『後片づけしてください』

『よく言えました』

おしっこをトイレに流し風呂場で洗面器洗いました

『さあ、この浮気ちんぽにお仕置きしましょうか』

おちんちん握ると起ってきた

しこしことしごく

『もうやめてくれ』

無視してしごき続ける

あっと言ってどろっと出した

出しすぎたのか、あまり勢いよく飛ばないしちょっと薄い気がする

彼を椅子に縛りつけたまま家事を済ます

彼はぼ~としてあたしを見てる

少しやりすぎたかな、でもまだあたしの気が済まない

お出かけするよ

椅子からほどいた、手はまだ縛ったまま

彼に軽く上着を羽織らせて車に乗る

もう彼はあたしの言いなりになってる

助手席に乗せてシートを倒した

車走らせながらおちんちんしごいた

あああと言って体びくんとなる

いったんだろうけど精子が少ししか出ない

あ~と言って彼ビクビク痙攣してる

まずい、やりすぎた

急いで家に帰りました

『大丈夫?』

『ああ』

なんとか歩けそうなので肩貸して寝室まで行き紐をほどきベッドに寝かせた

『お休み』

朝起きると彼はもう起きてた

『ほんと、ごめんなさい』土下座して謝る

『許してあげる、でも二度目はないからね』

女怒らすと怖いよ

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告