エチ研TOP
Home > 体験談 > コタツで寝ているヤンキーの姉に興奮…
投稿:2016-10-17(月)09:56

コタツで寝ているヤンキーの姉に興奮して

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:24,196回)
愛知県/少年時代さん(40代)からの投稿

※改訂版をいただきましたので載せ替えました。

当方、小学6年の頃の体験談です。

当時、高◯2年のヤンキーな姉がいました。

色白でグラマー、身長は160ぐらいだったと思います。

美人で近所、学校でもよく知られた存在でした。

冬は居間にコタツを出し夕方、学校から帰宅すると速攻でコタツに入り寝ながらTVを見る事が習慣になってましたが、姉もそれは一緒でいつの間にかTVを見ながら二人して寝てしまう事が殆どでした。

ある日の事、コタツが熱いので温度を緩めようと遠赤のダイヤルSWを触ろうとすると姉の方向にあり、コタツに潜って切り替えようとしたら姉は生足にパンティーが丸見え状態でスカートはもろにまくれ、横向きになって寝ていた。

目が釘づけになってその光景を凝視してましたが、少々触っても大丈夫かな?と足でお尻に故意にぶつけてみて様子を伺うと起きない!

これ幸いと今度は手を伸ばしてお尻やら太ももを撫でまわして一人興奮して遊んでいました。

日増しにもっと触りたい!実際に舐めてみたい!!と思うようになったある日、思わ幸運な日がやってきました!

その日は姉が学校帰りに夜遅くまで遊び、22時ぐらいに帰宅するとご飯を食べ、満足したのかそのままコタツでうとうとと眠ってしまいました。

かなりお疲れだったみたいで大きなイビキをかいて片方の足をコタツから出して仰向けで寝ています。

もっと深く寝ろと心の中で祈るような気持ちで30分ぐらい経って試しに足で触ってみると反応なし。

今度は肩を手で揺らしてみても熟睡中!

不意にネエチャンと声を掛けてもイビキをかいて無反応。

そこまで確認したら少しコタツを移動させ両足が出るぐらい寄せ布団が掛かる程度にした。

鼻息も荒く興奮しながら片方のかかとに手を添え少しづつ大きく開かせ、もう片方の足も同じように開かせていった。

スカートをはいているので足の間から潜り込めるように引っかかりを無くし少し膝辺りまでたくし上げました。

(当時は長スカートが主流)

試しに震える手で膝から内ももパンティー越しにアソコの部分まで直接触って手と指で這っていき女体を体感した。

肉付きのいい内もも、足の付け根の窪んだ箇所を軽くつねったり爪で掻いても反応なし!!

いける!!いよいよだ!!

緊張と興奮でドキドキと心臓の鼓動が体感するぐらい耳鳴っている状態で少しづつ大股開きにした姉の股間に顔を潜り込ませていった。

真っ白で肉付きのいいキレイな太もも、奥に見える薄手のピンク色のパンティー、嗅いだこともない大人の女の匂いに酔いながら更に奥のほうに潜り込んでいった。

当時は当方、小柄で顔が姉の太ももの高さと同じぐらいでした。

頬に内ももが触るぐらいまできた時は舌を出して舐りそのまま股間の奥に口と鼻が届いた時は大げさにも死ぬぐらい興奮したように感じました。

パンティーから少しハミ出た陰毛を舌でなぞりそのまま足の付け根のキワドイ部分へ舐めムシャ振り肉付きのいい内ももに吸い付いた。

(まだこの当時はマン〇にあまり関心がなかった)

姉も全くイビキをかいて熟睡して起きないし行為の最中に甘噛みしたりして更に足を開かせパンティーの端からマン〇に指が届くように侵入して直接触ってみたり鼻を押し付けて匂いを思いっきり嗅いでいました。

でもこの頃は女性器がどうなっているのか全く分からなかった。

M字開脚とかはなくひたすら大股開きにして顔を埋め内ももと足の付け根辺りにムシャ振りついてました。

それだけでも大変な興奮です。

なにせ女体に対しての接触は初体験なのですから!!

所々きつく吸い付いて赤くなっていましたがこれは後になって焦りました。

そうこうしている内に姉にムシャ振り付ながら興奮と極度の緊張でギンギンになったアソコを床に擦り付けていると今まで感じたこともない感覚がアソコを襲いそのままパンツの中に本当に10~20回分?ぐらいの精液を初射精してしまいました。

射精時は姉のアソコに口を強く押し付けてました。

一回で10回以上ぐらい射精が持続して続いたと思います。

この時は死ぬかと思うぐらいの快感で今となっては何か薬物を使用しないと絶対に到達できない快感でした。

パンツの中を確認し白い物に驚いてトイレに行きティシュではなくトイレットペーパーでふき取りました。

アソコはジーンとして動かすのもこそばゆいい感覚がかなり長い間続いていましたね。

性欲は少し収まったけどまだ舐めたり吸いついたりしたいと思う気持ちがあり手の平に太ももを載せ互いに押し付けるようにしてムシャ振りついたりパンティーの股の部分アソコギリギリまで寄せて舐め吸い付いたりしその後40分ぐらい悪戯した。

陰毛が口に入ってしまい取出すときにパンティーの股間部分を舐めて取り出したりしてました。

初めて快感を知りもっと射精したいと思ったけどこの時は天にも昇る快感の後か2度目は出来なかった。

子供が寝ている大人の女を好きに悪戯する事の行為に興奮した過去のお話です。

その後は1時間後ぐらいに姉の肩を強制的に揺り動かして起こし風呂に入って自室で寝てました。

マスターベーションを覚えたのもここからです。

後は姉が就職するまで寝ている間に気持ちいい思いをさせてもらいました。

でもさすがに挿入とかまではやらなかったですが・・・以上

続き:コタツで寝ているヤンキー姉への悪戯2

- 終わり -

前後の話
次の話(2016-10-18 16:09:30)クラスメイトのおっぱい

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告