エチ研TOP
Home > 体験談 > 仲良くなったJ◯に駅構内でアソコを…
投稿:2014-05-26(月)05:00

仲良くなったJ◯に駅構内でアソコを露出させる罰ゲームをやらせた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:11,274回)
名無しさんからの投稿

僕はカラオケ店でバイトしています。

ある日、15時でバイトが終わる事になっていたのですが、終わる間際に注文が入ったので部屋にドリンクを持っていくと、2人組の女子◯生がいました。

2人ともどちらかというと清純なタイプで可愛い子でしたが、そのうちの1人が特に可愛く、制服のミニスカートから見える綺麗な色白の太股が堪りませんでした。

ちょっと我慢出来なくなってしまい、ついつい声をかけてしまいました。

バイトが終わるとすぐに2人がいる部屋に行き、その後はしばらく一緒に加わってカラオケを楽しみました。

2人の名前は優希ちゃんと直子ちゃんで、僕がタイプの子は優希ちゃんです。

2人とも高校2年生の17歳でした。

歌っている最中に気がついたのですが、どうも優希ちゃんはあまりカラオケ慣れしていないらしく、結構音を外します(笑)

その後、3人で点数勝負をしたのですが、やはり最下位は優希ちゃんでした。

僕はふざけて最下位の優希ちゃんに罰ゲームとして、駅で皆にパンツ見せてほしいと頼みました。

2人ともこの類の話にはあまり抵抗がないらしく、2人は僕の要求が冗談だと思い込んで笑っていました。

しかし僕は本気です。

とりあえず店を出て、直子ちゃんは違う電車で帰るみたいだったので見送り、僕は優希ちゃんと一緒に駅まで行きました。

本当は自転車で来ていましたが、さっきの罰ゲームがあるのでウソをついて一緒に駅のホームまで行きました(笑)

一緒に歩いていても優希ちゃんのミニスカートから露出されている足が本当に堪らなかったです。

スタイルも良く、顔も小顔で黒髪のセミロングがとてもよく似合っています。

ホームに付くと、僕は躊躇せず優希ちゃんに言いました。

「じゃあ罰ゲームしようか?」

優希ちゃんは

「え?」

という顔をした後、笑いながら出来ないと言ってきました。

「だって最下位だったじゃん。パンツ見せなくちゃ!」

「えぇ〜!そんなの無理だよぉ〜!」

「ダメ!」

と僕が少し強く言うと、優希ちゃんの顔が強張ってきました。

「本当にこんな所でやるの?」

僕は大きく頷きました。

「ここでスカート捲るの?」

「捲らなくていいから、足開いてしゃがんでよ!」

「・・・・・」

僕の豹変ぶりに優希ちゃんは言葉が出ないようでした。

優希ちゃんは恐る恐る向かい側のホームに向かってしゃがみ込みました。

しかし恥ずかしさのあまり足がほとんど開いていなかったので、僕はすぐに注意をしました。

「もっと足開かなくちゃダメだよ!ちゃんとパンツ見せて!」

「えぇ・・・こう?」

優希ちゃんは恥ずかしがりながらも、足を開いてくれました。

僕は女子◯生のこの格好が何よりも好きで、早速正面から優希ちゃんの下半身を確認させてもらうと、薄いピンク色のパンツが丸見えでした。

それに綺麗な足が丸出しになっていて、かなり興奮してしまいました。

向かい側のホームからも何人かの男性が優希ちゃんに気が付いていました。

「もういいでしょ?恥ずかしいよぉ〜!」

数分ぐらい露出させたところで、優希ちゃんが僕に言ってきました。

僕は最初これで終わるつもりでしたが、可愛い優希ちゃんを見ていたら変な欲が出てきてしまい、気が付くと優希ちゃんにこんな事を言っていました。

「今度はパンツ脱いでやろうか?」

「!!・・・そんなのムリっ!!絶対ダメ!!」

優希ちゃんは少し怒った口調で僕に言ってきました。

しかし、興奮している僕は何がなんでも優希ちゃんにパンツを脱がせたいと思いました。

「大丈夫だよ!ちょっとだけだから!ね?いいでしょ?パンツ脱いでよ!」

「ムリっ!もうやめようよぉ!」

「やってくれるまで帰さないよ!すぐ終わるから!優希ちゃんのオマンコ見せてよ!」

「変な事言わないで!」

優希ちゃんの顔が赤くなっていました。

こんなやりとりが続きましたが、最後は半ば無理矢理優オッケーさせました。

駅のトイレでパンツを脱いできてもらい、準備は整いました。

「じゃあしゃがんで!」

「本当にちょっとだよ・・・。あんまり見ないでね・・・」

優希ちゃんはその場にゆっくりとしゃがみ込みました。

足もそこそこ開いてくれたので、早速股間のチェックです。

若々しい綺麗なオマンコがピッタリと閉じて佇んでいました。

毛もかなり薄く、割れ目が丸見えでした。

本当に肌の綺麗な子で、オマンコまわりも黒ずんでいる事なく、色白の綺麗な肌色でした。

「もういいでしょ?ねえ!もういいでしょ?」

優希ちゃんは落ち着きなく僕に言ってきました。

僕は目の前にいる可愛い女子◯生に徹底的な恥ずかしい思いをさせたくなってしまい、さらに過酷な事を要求しました。

「じゃあ開こうか?」

「これ以上足開くなんて無理だよぉ!」

優希ちゃんはなにか勘違いをしているようでした。

「足じゃないよ!」

「・・・え?」

優希ちゃんは訳が分からないようで、不安そうに僕の顔を見ていました。

僕は優希ちゃんの可愛い顔に向かって言い放ちました。

「オマンコ開いて!」

優希ちゃんは僕の顔を見ながら唖然としていました。

しかしすぐに我に返ったようです。

「・・・いや!絶対ムリっ!」

優希ちゃんは自分の横に置いているバッグを手に取り、股間を隠しました。

「もうオマンコ丸見えなんだから開いたって変わらないじゃん!」

「今だって恥ずかしいの!絶対にいや!」

「大丈夫だよ!ちょっとだけ!ね?いいでしょ?ほらまずはバッグどかして!」

「そんなの信用出来ないもん!パンツ見せるだけって言ったくせにこんな事させて・・・」

優希ちゃんは少し泣きそうな声になっていました。

しかし、ここまで来て引き下がるわけにはいきません。

とりあえず、なんとかバッグだけは股間からどかしてもらい、再び優希ちゃんにはオマンコを露出してもらいました。

「じゃあ次の電車来たら開こうか?」

「いや!勝手に決めないで!」

「やるまで帰さないよ!ずっとこうやってオマンコ見せてるの?早く開いてくれないからさっきからかなり見られてるよ!ちょっとで良いって言ってるんだから、開いちゃえばすぐ終わるじゃん!どっちが恥ずかしいか考えなよ!」

僕はしゃがんでいる優希ちゃんの肩に手を置いて、立ち上がれないように押えました。

自分でもメチャクチャな事を言っているのは十分に分かりました(笑)

「・・・約束してくれる?電車来たらちょっとやるだけだよね?」

「約束するよ!やってくれるの!?」

優希ちゃんは小さく頷きました。

僕は堪らなく興奮しました。

線路を挟んで向かい側にいる人たちは何人か優希ちゃんに気が付いていて、さらけ出された優希ちゃんのオマンコを唖然として見ていました。

そして向かい側のホームに電車が来るアナウンスが流れると、優希ちゃんは心なしかソワソワし始めました。

「電車が入ってきたら同時にオマンコ開くんだよ!両手でしっかり開いてね!」

「・・・うん・・・本当にちょっとだよね?」

優希ちゃんは再確認するように僕に言ってきました。

そして電車がホームに入ってくると同時に、優希ちゃんの両手が股間に持っていかれました。

僕は優希ちゃんの後から見ていたので股間がどうなったのかは分かりませんが、向かい側の電車に乗っている人の何人かが優希ちゃんに気が付き、指を差しているのが分かりました。

優希ちゃんもそれに気が付いたようで、恥ずかしさのあまり目をそらしていました。

僕はポケットから携帯を取り出すと、カメラモードに切り替えました。

優希ちゃんの後ろからこっそりと近づき、しゃがんでいる優希ちゃんのお尻の下からゆっくりとカメラを持った腕を入れこみました。

そして間髪いれずにシャッターを押しました。

カシャッ!という音と共に優希ちゃんの体がビクッと動きました。

優希ちゃんはどこからその音が発したのかが分からず、オドオドしながら辺りをキョロキョロしていました。

全く見えない優希ちゃんの股間を後から手探りで撮ったわけですが、優希ちゃんの股間から引き抜いた腕に持っている携帯を目にした瞬間、目を見開いてしまいました。

僕の携帯の画面には恐る恐る開かれた優希ちゃんのピンク色のオマンコとアナルがドアップで写っていました。

多少ピンボケもあり、全部は写っていませんが色や形はよく分かります。

「ねえ・・・もういいでしょ?」

夢中で携帯を見ている優希ちゃんが僕に言ってきました。

僕は返事をしました。

「ダメだよ!まだまだやるよ!」

「・・・何で?約束でしょ!」

優希ちゃんは自分の股間から両手を離すと、自分の横に置いてあるバッグで再び股間を隠そうとしました。

僕は優希ちゃんのその手を掴み、それを妨げました。

「離して!もう帰るの!」

「ちょっとこれ見てよ!」

僕は携帯を取り出し、さっき撮ったオマンコの写真を優希ちゃんに見せると、優希ちゃんの顔が凍りついたようになっていました。

「・・!・・なにこれ!?なんで?」

「さっき開いてる時に優希ちゃんの股間の下から腕突っ込んで撮っちゃった!気付かなかったでしょ?(笑)」

あのシャッター音はそれだったのかと、優希ちゃんは理解したようでした。

「お願い!それ消して!」

「じゃあもっとオマンコ開こうか?」

「いや!早くそれ消して!」

「学校にばらまいてもいい?」

僕は自分が最低な事をしていると分かっていましたが、もうやめられません。

「最低・・・何でこんな事するの?・・・」

優希ちゃんは泣きそうになるのをぐっと堪えていました。

泣かれるとちょっと辛くなってくるので好都合でした。

「開いてくれれば何もしないよ!それに開いてるところ俺生で見てないし!(笑)」

「何でここでなの?誰もいない所じゃダメなの?」

「ここでやるからスリルあって楽しいんじゃん!ほら細かい事言ってないで早く開いてよ!」

「・・・だって・・・恥ずかしいよぉ・・・」

「だからもうさっきからオマンコ丸見えだって!開いたって優希ちゃんの綺麗なオマンコの中身が剥き出しになってクリトリスとか膣口が丸見えになるだけじゃん!」

優希ちゃんはあまりに卑猥な言葉を浴びせられて唖然としていました。

しかし、この顔がなんとも言えなく可愛いです。

「このまま帰れば写真を学校中にばらまかれて、これからずっと恥ずかしい思いするよ!今開いちゃえば恥ずかしいのは今日だけだよ!どうする?それでもやらない?」

「・・・・ホント最低!・・・・やるしかないんでしょ・・・」

優希ちゃんは小声で答えてくれました。

「本当に!?オマンコ開いて優希ちゃんの恥ずかしい所全部見せてくれるの!?優希ちゃんの小陰唇見えちゃうね!(笑)」

優希ちゃんはバカは相手にしないといった感じでした。

次の電車が来ると、優希ちゃんは再び両手を股間に持って行きました。

僕は今度は隣で優希ちゃんのオマンコが開かれる瞬間を見ている事にしました。

「そんなに見ないで!」

「いいから気にしないで開いて!思い切り開くんだよ!さっきのじゃダメだからね!」

優希ちゃんは歯を食いしばるような顔をすると目を瞑り、オマンコの割れ目にあてがった両手の指をゆっくりと左右に広げました。

ピタッと閉じていた、まだまだ幼いオマンコがゆっくりと開かれる瞬間を目に焼きつけました。

しかし、優希ちゃんの指には力が入っておらず、さっきと同じぐらいしか開かれていません。

中身の鮮やかなピンク色は確認できますが、まだまだ膣が見えるには至っていません。

僕の希望としてはクリトリスを完全に剥き出し、小陰唇を始め、尿道口を丸見えに、そして膣までもがパックリ開いてその奥までが見えるぐらいに開かせたいんです。

「もっと開いて!」

優希ちゃんは無言で指に力を入れると、さらにグイッと開きました。

さっきよりは開かれてクリトリスは合格といったところでしょうか。

しかしまだまだです。

「優希ちゃんって処女?」

「・・・何でそんな事聞くの?関係ないでしょ!」

「いいから正直に答えて!」

「・・・・・違う・・・・」

「じゃあもっと開けるでしょ!」

優希ちゃんはさらに気持ち広げてくれましたが、まだまだです。

痛いかどうかは知りませんが、見ていてもっと開けるのは分かります。

「あぁ〜もう分からない子だなぁ!ちょっとオマンコ開いてる指触るよ!」

「えっ!?ちょ・・・ちょっと!やめて!」

僕はオマンコを開いてる優希ちゃんの両手の指を掴むと、さらに左右に広げていきました。

やはりまだ余裕があるようで、みるみるうちにオマンコの中身がさらけ出されていきます。

「ちょ・・・ちょっと!い・・・痛い!やめて!」

優希ちゃんの体がビクっと動いたので、この辺が限界かと思いました。

「このまま押えてるんだよ!次はオマンコ裂けても知らないよ!」

僕は優希ちゃんの指を離すと、開かれたオマンコをじっくりと見ました。

僕の希望通り、小陰唇がピチピチに開かれていて、尿道口が見えていました。

極めつけは優希ちゃんの幼い膣です。

思い切りオマンコを開いているので、その影響で膣口もパックリと口を開けています。

広がった穴を覗けば子宮まで見えるかもしれませんが、ここではそこまで出来そうにないので諦めました。

その後は優希ちゃんをそのままひたすら放置です。

指を差されて見られようが、携帯で写真を撮られようが知った事ではありません。

ただただこの可愛い女子◯生をひたすら辱めたい一心でした。

僕も携帯を取り出して、どさくさにまぎれて優希ちゃんの限界まで開かれたオマンコを写真に撮りました。

だんだん優希ちゃんの抵抗する気力も薄れてきて、無抵抗になってきました。

「ごめんね、優希ちゃんのオマンコが綺麗すぎて我慢できずに撮っちゃったよ」

優希ちゃんは返事をしませんでした。

そして辺りも暗くなってきたその時でした、向かい側のホームに3人の男子高◯生が来ました。

大きなバッグを肩にかけていて、どうやら部活の帰りのようでした。

よく見るとその男子達の着ている制服が優希ちゃんと同じものでした。

優希ちゃんは見ず知らずの人間達に、自分のオマンコを見られている事に既に半分諦めていて、ずっとうつむいているので男子達の存在に気が付いていないようでした。

もちろん僕は意地悪をしてその男子達の存在を優希ちゃんには教えませんでした。

そして当然のごとくその男子達は優希ちゃんに気が付きました。

そのあまりの光景に、3人共指をさして唖然としていました。

しかし、すぐに唖然とする気持ちも興奮が勝ったようで、携帯を取り出すとすぐに写真を撮り始めました。

それに優希ちゃんは全く気が付かずにひたすらオマンコを開き続けています。

男子達ははしゃぎながら携帯を優希ちゃんから離しませんでした。

もしかしたら動画で撮っていたのかもしれません。

同じ学校だと向こうも気付いているらしく、誰だよ!みたいな話をしている感じでした。

向かい側に電車が来るアナウンスが流れたので、僕は優希ちゃんの肩をポンポンと叩いてあげました。

優希ちゃんはゆっくりと顔をあげました。

「あの男子達は優希ちゃんと同じ学校だよね?」

「え?・・・・!!・・・いや!!」

優希ちゃんは久しぶりに我に返ったように声を出すと。

今までにないぐらいに焦りながら、慌てて両手で股間を覆い隠しました。

「どうしたの?」

優希ちゃんのその反応に僕は聞きました。

そして向かい側の男子達を見ると、優希ちゃんを見て驚いている感じでした。

ッチなPR

ッチな広告