エチ研TOP
Home > 体験談 > エロい雰囲気が我慢できなくて女友達…
投稿:2016-05-23(月)11:19

エロい雰囲気が我慢できなくて女友達とエッチしちゃった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:27,903回)
ミリオンさん(30代)からの投稿

前回の話:コンビニで働いてたときに知り合った黒髪の子と車の中でセックス

3歳年下の女友達とエッチしちゃった。

その子は昼は事務、夜はスナックで働くバツイチもともとは旦那と友人関係だったけど、付き合いが長くなるうちに奥さんのほうと遊ぶようになっていた。

うっすら茶髪でロングストレート。

身長は165センチと高めでCカップ。

よく神田沙也加に似てると言われてたので、以後、沙也加とします。

沙也加は、離婚後ほとんど休むことなく働いていた。

自由な時間は日曜の午後くらい。

月に1回か2回、子どもも一緒に買い物や外食するくらいの友人家族や恋人に間違えられることもよくあったけど、あくまでも友人。

下心などは全くなかった。

土曜の夜に沙也加のスナックに飲みに行ったとき、沙也加は胸の谷間が見える服とミニスカにガーターベルトの網タイツ。

沙也加「俺くん、お客さん居ないし、少し早いけど店閉めちゃうから、たまには2人で飲もっか」

そう言うと沙也加は店のドアを閉め、看板を消した。

これで店内には本当に2人きり・・・。

沙也加「俺くん、どうして彼女作らないの?」

「え?彼女いるよ?」

沙也加「えw知らなかった!!日曜よく遊んでくれるから、彼女いないのかと思ってたのにー」

「彼女は平日休みだからねー」

沙也加「俺くんさ、子ども好きだし、俺くんが旦那だったらいいなーって思ってたんだよー?」

「彼氏通り越しちゃったwいきなり旦那なの?wてか、沙也加が彼女なら嬉しいけど、気持ちだけありがとね」

沙也加「じゃあ今夜だけ彼氏になって?」

突然キスされた。

「沙也加、酔っ払ってる?」

沙也加「少しね。ずっと俺くん好きだったよ」

そう言うと、もう一度キスをしてきた。

「俺も沙也加のこと好きだよ?友達としてね。でも、いくら友達でも、こんなことされたら俺も我慢できなくなっちゃうよ」

沙也加「いいよ。絶対誰にも言わないから・・・エッチ・・・しよ?」

沙也加の頭を抱き、お互いに舌を絡ませてキスをした。

沙也加の唾液と俺の唾液を交換するキスに、激しく興奮してしまった。

沙也加「ん・・・ふぅ・・・キス・・・気持ちいい・・・キスだけなのに濡れてきちゃったよ・・・」

「俺もキスだけで、勃起しちゃったw」

淫靡な雰囲気になってしまった店内で、少しでも茶化してないと自分が壊れてしまいそうなくらい、沙也加はセクシーだった。

服を脱がせることなく胸に触れる。

沙也加のドキドキが伝わってくるようだった。

併せて俺もドキドキしていた。

これからする行為と越えてはならない一線を越えてしまうことに。

「沙也加ってキス好き?俺は好きだけどw」

沙也加「好きだよ?キスしながらイチャイチャするの大好き」

クチュクチュとキスをしながら、俺は沙也加のミニスカの中に手を入れた。

湿度が高いのが感覚でわかるくらいになっていた。

パンティをずらして、直接沙也加のマンコに触れる。

沙也加「あ、誰かにさわられるの久しぶり・・・」

愛液が俺の指に絡みつく。

「沙也加、すごい濡れてる・・・」

沙也加「俺くんのもすごい勃ってるよ」

沙也加「ねぇ、見てもいい?舐めたくなっちゃったよ・・・」

俺の返事を聞く前に、沙也加は身を滑らせるように屈むと、俺のベルトを外してパンツからチンポをとりだした。

沙也加「すごい勃ってるね・・・なんかヌルヌルしたのでてるよ〜」

指先で亀頭を擦りながら笑顔で沙也加はフェラチオを始めた。

沙也加「ん・・・ん・・・ねぇ・・・気持ちいい?」

「当たり前だろ。1回出しちゃいたいくらいだよw」

沙也加「出しちゃいなよ?飲んだげる・・・」

「じゃあ、ちょっと我慢してくれる?」

俺は沙也加の頭を掴み少し乱暴にフェラチオさせ、そのまま射精した。

沙也加「ビックリしたよ!あんな風にされたの初めてwでも、俺くん、私でイッちゃったねw」

「沙也加くらいの美人でイかないほうがおかしいよw」

「ところで本番しちゃってもいいの?ゴムないけど?てか、する気マンマンだけどw」

沙也加「誘ったの私だし、外に出してくるるなら、生でもいいよ?それとも責任とってくれる?w」

「お前怖いわwまぁ、いいや。ソファーに座って足開いてみて」

パンティのわきから、生チンポを沙也加にハメる。

「沙也加、お前いいもん持ってのねw外出し間に合わないかもw」

沙也加「俺くん責任とってくれるなら中でもいいよーw」

薄暗い店内で、着衣のままのセックスなにかBGMは流れているようだったけど、俺と沙也加のぶつかりあう音と息づかいでかき消されてしまっていた。

「沙也加イクよ!」

沙也加「いいよ!沙也加もイク!!」

沙也加がイッたのを見計らって、俺は沙也加に2度の口内射精沙也加は俺の精子を飲み干すと、エッチしちゃったね・・・と笑っていた。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告