エチ研TOP
Home > 体験談 > 会社の飲み会後に、北川景子似のパー…
投稿:2016-07-31(日)04:28

会社の飲み会後に、北川景子似のパートの人妻さんを寝取りました

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:53,079回)
名無しさんからの投稿

この間の話です。

私は40才のバツイチで、今は派遣社員として工場で働いてます。

もう2年半になろうかという時期なので、そろそろ次の派遣先を探してもらっています。

基本的に長くても3年しか居ない為、そんなに深い付き合いをしても仕方ないので、歓迎会や親睦会は全て断ってきました。

先日、ウチの部署だけの飲み会があり、例によって不参加で断っていましたが、パートの女性から、

「たまには参加してみませんか?」

と誘われた。

もう他の派遣先に移るつもりでいるから、最後くらい顔だけでも出しておくか、と思い、参加することに。

当日、会場に行くと、

「おぉ〜!本当に来た〜!」

「うわ〜、初めて見た〜!」

と、レアモノ扱いだった。

あちこちの席から次々に引っ張られ、最終的に女性陣の席に。

「Tさん、お疲れ様です」

同じフロアで働いているMさんが、ビールを持って隣に来た。

「あぁ、お疲れ様です」

ビールを頂き、お返しのお酌。

「工場以外で見るのって初めてです」

「うん、さっきから散々言われてます」

「一緒に飲みましょうよ?いつものお礼に、私、付き合いますから」

「?気にしないでいいのに」

Mさんは、34才の人妻さん。

細身でスタイルは良い。

似ている訳では無いが、系統的には北川景子のようなシュッとした美人だ。

いつもの作業服姿とは違い、ヒザ丈くらいのスカートに、白いキャミソール(?)の上から、薄いブルーのカーディガンを羽織っていた。

いつものお礼というのは、Mさん達女性陣は、最終検査をしているが、品物が詰まったコンテナは重く、検査台に載せるのが大変そうなので、手が空くと、代わりにコンテナを持ち上げたり、検査台の周りを掃除したりしているのだが、その事らしい。

いろんな事を話していると、いつの間にか一次会はお開きに。

「Tさん、二次会行きましょう?」

「俺はいいよ。それよりこの辺で、カラオケかネットカフェってない?」

「少し歩けばどっちもありますけど・・」

「俺、車で来たから。代行は高いから、朝まで時間潰してから帰るよ」

「せっかくなのに・・もっと話しましょうよ」

「う〜ん。それより、皆に置いてかれてるよ?」

Mさんと話している内に、他のメンバーは先に行ったようだ。

すると、MさんにLINEが来た。

MさんがLINEを見せて来た。

「どこ?Tさん連れて、いつものとこに来て」

「皆、待ってますよ?」

続けてLINEが来たが、Mさんは慌てて隠した。

ただ、チラッと見えたのは、

「せっかく二人にしてあげた・・」

とか書いてあったが、見てない事にした。

Mさんはメッセージを送って、

「Tさんは帰った事にしました」

と言った。

「ゴメンね。さ、皆と合流してきたら?」

「私も帰るねって送っちゃった」

「・・・ん?・・・」

「カラオケ行きません?時間潰しに付き合いますよ」

「いやいや、いいよ!大丈夫だから」

「私が付き合うの、イヤですか?」

「イヤじゃない。でも旦那さん待ってるでしょ?」

「旦那は一昨日から中国出張です。だから、朝まで付き合います!」

「そうなの?じゃ二人で二次会だ」

「はいっ、こっちです!」

Mさんは酔ってるのか、テンションが高かった。

カラオケボックスは、運良く角部屋だった。

今までの素振りやLINEから、ヤレそう、という感じはあった。

何曲か歌ったあと隣に座り、

「朝まで付き合って大丈夫?明日の仕事は?」

「もちろん休みです」

「じゃ大丈夫だね」

そう言って軽くキスしてみた。

嫌がる事もなく、黙って俺を見ていた。

続けてキス。

舌を入れると返してきた。

しばらくキスしながら、足に手を置いて、軽く愛撫すると、少し息が荒くなった。

「せっかくだし、場所変えようか?」

Mさんは黙って頷いた。

車で10分位行くと、ホテルがある。

酔いはあったが、車を走らせた。

「シャワーでも浴びる?」

「・・はい・・あ、先にいいですよ・・」

「いや、俺は後でいいから。先に入りなよ」

Mさんを先に入らせた。

ホテルの案内を読んでいたら、レンタルグッズのページがあり、コスプレのレンタルがあった。

二着まで無料と書いてあった。

ミニスカチャイナとOL制服を頼んだ。

チャイナを持って風呂へ。

脱衣カゴには脱いだ服と黒の下着があった。

チャイナを置いて浴室へ。

ちょうどMさんは体を洗っていた。

恥ずかしがるより、驚いたようだった。

「キャッ!ビックリした・・・」

勃起したチ○ポも隠さずに、後ろから抱きつき、腰に手を回した。

「・・アン・・」

Mさんは軽く声をあげた。

ゆっくり胸に手を這わせると、

「フフッ、ここで?」

と言いながらシャワーをかけた。

「まさか。本番はベッドだよ」

「ここでもいいですけどね・・」

ボディソープを手に取り、優しくチ○ポを洗ってくれた。

「・・アァ、・・気持ちいいよ・・・」

いつも工場で会う人が、裸で俺のチ○ポを洗っている。

普通に有り得ない光景に興奮した。

Mさんはチ○ポを洗いながら、私の乳首を責めてきた。

チロチロと舌が動き、軽く噛んだりされた。

「・・ウゥッ、・・それ・・気持ちいい・・・」

「フフッ、これからですよ?・・」

ボディソープを洗い流すと、当たり前のように跪き、チ○ポを口に含んだ。

「・・アァ・・いいよ・・」

ネットリとサオをしゃぶり、玉袋をサワサワと撫で回された。

「・・あんまりすると、出しちゃうよ?・・」

「・・いいですよ。また後で、たっぷりと勃たせてあげますから・・」

そう言うと、一気にスピードが上がった。

ジュポジュポと音を立てて、激しく頭と手を動かしてきた。

「・・!・・じゃあイクよ!・・アアァッ・・」

チ○ポを抜いて片手でMさんの頭を掴むと、Mさんは顔の前で激しくチ○ポをしごいた。

Mさんの右頬辺りに勢い良く精液がかかった。

「アン、・・いっぱい・・・」

出し終わるまでチ○ポをしごいて、もう一度優しく咥えてくれた。

シャワーから上がると、

「ねえ、これ着てくれない?」

チャイナを取ってMさんに見せた。

「やだ、変態っぼい。別にいいですけど・・」

と笑いながら着ようとしたので、

「ちゃんと下着もつけてよ」

と、黒の下着を渡した。

「も〜、本当に変態っぽいですよ・・」

「ただのフェチだよ。あっちで待ってるから」

そう言って先に部屋に戻った。

タバコを吸っていると、

「お待たせしました。・・どうですか?」

濃いグリーンに金の刺繍のミニスカチャイナ。

Mさんはポーズを取って、

「似合ってますか?・・」

くるりとターンした。

私は腰に巻いたバスタオルを外した。

すでに8割方は勃起したチ○ポを見せた。

「もう?本当に好きなんですね・・」

私に近づき、下から優しくチ○ポを撫で上げ、キスをして、ゆっくりと舌を絡めてきた。

しばらくキスに応えてから、後ろを向かせ、壁に手を付かせた。

「もっと尻を突き出して」

「・・こうですか?・・」

腰をくの字に反らしながら、Mさんは尻を突き出した。

「ゆっくりスカートを捲りあげて」

「・・はい・・・」

ゆっくりと腿の付け根が見えて、やがてムッチリと丸みを帯びた、黒のショーツが露になった。

完全に勃起したチ○ポをしごきながら、Mさんに近づいた。

「・・セクシーですか?・・」

「触ってみてよ?硬いだろ?」

Mさんは、また下から撫でるように触ると

「・・凄い・・さっきと同じ位・・」

「そのままスカート捲ってて」

その場にしゃがみ込むと、荒っぽくショーツをずり下げた。

「・・キャッ、・・アァ・・」

驚きの声が上がると同時にMさんのアソコを舐めあげた。

「アン、いきなり・・アァ・・もっと・・」

腰をくねらせて、Mさんは声をあげた。

腕を前に回して、クリを刺激しながら執拗にアソコを舐めあげた。

「アアッ、それ・・イイッ、・・アッ・・」

Mさんの足が小さく震えた。

立ち上がるとチ○ポをアソコに当てて、少し上下させ、チ○ポの先端を濡らした。

何も言わずに、腰を掴んで一気にねじ込んだ。

「アアッ・・アッアッ・・凄い・・アアッ」

パチン、パチンと音を立て、激しく突いた。

「アアッ、Tさん、凄い・・もっと・・」

背中のファスナーを下ろして、チャイナを一気に捲り下ろした。

黒のブラごと胸を鷲掴みして、さらに突いた。

「Tさん、凄い・・アアッ・・アアッ・・」

さらに激しく突きながら、ブラを少し捲ると、ボロンと胸がこぼれた。

「凄い・・レイプされてるみたい・・アアッ」

一度チ○ポを引き抜くと、チャイナも下着も全て剥ぎ取ると、Mさんをベッドで四つん這いにさせた。

間髪入れずに、またバックから激しく突いた。

「アアッ・・もうダメ・・凄い・・」

尻を掴んで激しく腰を打ち付けた。

「アアッ、ダメ・・ダメ・・アアアッ・・」

Mさんがビクッと大きく震えたと同時に、チ○ポを引き抜くと顔の前に突きだした。

四つん這いで顔をあげたMさんの口へ射精した。

Mさんは口で全て受け止めた。

「Tさん、凄い・・気持ち良かったです・・」

「ちょっと乱暴だったかな?ゴメンね?」

「そういうプレイだったんでしょ?またシャワー浴びて来ますね?」

下着やチャイナを拾いあげ、シャワーへ行った。

バスタオルを巻いてソファーに座り、タバコを吸っていると、Mさんの声が。

「こっちはどうですか?」

見ると、次はOL風の衣装に着替えていた。

白のブラウスにチェックのベスト。

黒(紺?)のタイトスカートだった。

「似合います?」

「うん、凄く似合ってる」

「フフッ、こっちもちゃんと着てますからね?」

そう言って、ブラウスの胸元をはだけ、スカートを少し捲りあげると、黒下着の上下がチラッと見えた。

「あの・・Mさん、なんか楽しんでない・・・?」

引かれるかも、と思っていたが、結構ノリノリな感じに、少し驚いた。

「コスプレって初めてですけど、なんか、意外に楽しいですね」

ニッコリ笑うMさんが可愛いかった。

Mさんは私に近づくと、そのまま私に跨がってきた。

「今度は私も楽しませて下さいね・・」

キスしながら私の股間に手を伸ばして、チ○ポを優しく触って来た。

「・・ンンッ、・・」

「・・また大きくなってきましたね・・」

片手でチ○ポを触りながら、もう片手で乳首も刺激してきた。

「・・Mさん、いいよ・・」

「・・うれしい・・じゃあ・・」

脚の間に跪き、バスタオルを剥ぎ取られた。

「何もしちゃダメですよ・・」

そう言うと、フェラを始めた。

ゆっくりと奥まで咥えこんで、唇でしごくように、ゆっくり引き抜いた。

ッチなPR

ッチな広告