エチ研TOP
Home > 体験談 > 教室でオナニーしてるところを隣のク…
投稿:2014-11-15(土)09:00

教室でオナニーしてるところを隣のクラスの女に見られて脅された

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:22,123回)
名無しさんからの投稿

高校時代の思い出。

放課後、部活で汗をかいたから麦茶を飲もうと思ったけど、カバンの中に水筒が入ってなくて、

「あぁ、教室に忘れたんだな・・・」

と思って、友達に言わずに教室へ戻った。

教室で水筒を発見して戻ろうとした時に、目の前に女子の体操服があった。

その体操服は、オレはそんなに好きでもなかったけど、結構可愛いを女子のヤツだった。

そして、無性にそれでオナニーをしたくなって、廊下へ出て周りをキョロキョロ見て誰もいないことを確認してからしこり始めた・・・。

で、しばらくオナってたら出そうになって、そこでオレは気づいた。

・・・ヤベェ・・・向こう側の音楽室から見られてる・・・。

オレの教室は2階だったんだが、女子が1人、明らかに俺を見てる・・・。

その女子は驚いたような顔をして、その後微かに笑っていた・・・。

焦ったオレはズボンをさっと上げ、体操服を元の位置に戻して、走って部活へ戻った。

もちろん、見られた事が気になって部活に集中なんて出来なかった。

次の日、学校へ行くと下駄箱に手紙が入っていた。

一瞬、「ラブレターか?」なんて思ってドキドキしたがもちろんそんなはずもなく、内容を見た瞬間オレは青ざめた。

「Dear○○君、昨日は見ちゃったよ〜♪○○君ってそんな趣味があるんだ〜♪この事誰かに言っちゃおうかなぁ。もし言って欲しくなかったら、今日の帰りに○○君ちに行ってもいい?返事は昼休みに私に言いに来て。佳奈」

多分こんな感じだったと思う。(記憶は曖昧)

どうしようか迷った挙句、従うしかないっていう決断に至った。

・・・そして昼休み。

気分は進まないまま、隣のクラスの佳奈の所へ行った。

「いいけど・・・オレんち何もねぇし・・」

と言ったら

「ホント!?じゃあ、一緒に帰ろうね〜」

と上機嫌で答えてきた。

そしてオレが教室を去ろうとすると、佳奈と佳奈の友達が話してるのが聞こえてきて

「ねぇ、○○君と何すんの?」

「んー?秘密ー」

なんて言っていた。

とりあえず、昨日の事をバラす気は無いようで、ほっとして教室へ戻った・・・。

佳奈はわりと綺麗な方だったけど、芸能人の誰に似てる〜とかはなかった。

そして部活を終え、帰ろうとしていたオレを佳奈が追っかけてきた。

というかずっと佳奈はオレが部活をしていたのを見ていたわけだが。

非常にやりにくかったし、友達にも冷やかされて気分は最悪。

そんなんじゃないのに。

気まずい雰囲気から始まって、佳奈が話し掛けてきた。

「ねぇ、○○って何であんな事したのー?彼女とかいないのー?」

「べ、別にいない・・・だから・・やったんじゃん・・・」

オレが恥ずかしそうに下を向いて歩いてると、彼女をニヤニヤすながらオレを見て笑っていた。

「ウフフ・・・ふーん・・・飢えてんだー可愛いー」

「・・・・うっせぇよ」

必死で格好つけるオレ。見られた時点で格好悪いのに。

「ふーん・・・じゃ、私の体操服かしてあげよっか?」

「・・・は?な、何言ってんだよ。馬鹿じゃねぇの」

「飢えてんでしょー?貸してあげるから、ほら」

差し出される体操服。止まるオレ。

「だから、何でそうなんだよ・・・つーか、こんなトコで体操服出すなよ。怪しすぎるだろ・・」

まだ人の眼が気になる年頃。それでも佳奈は

「受け取らないんだ〜。じゃ、誰かに言っちゃおうかなぁ・・・」

「とにかく、どうせオレんち行くんだから、渡すならそこでやってくれ」

結局欲しかったオレ。でもなるべく格好つけて。もう十分格好悪いのに。

「マジ!?受けとるの!?これでまた秘密が増えたねぇ・・・」

ニヤニヤする佳奈。

そうこうするうちに家に着いた。

もちろんこの時間だ。親がいるに決まってる。

彼女なんて連れて行ったことのない俺がこんな時間に連れて行くと怪しい、怪しすぎる。

だからまずオレが帰って、佳奈は裏の窓から入る事に決定。

2階まで上がるまで、心臓が飛び出るほどビクビクしていた。

そして、部屋に着く。

「何で私のこと紹介してくれなかったのー?」

「どう紹介すんだよ・・・彼女じゃねぇだろうが・・・」

「あはは、確かにそうだ。オナニー見せただけだもんね〜」

ニヤつく佳奈。もうどうにでもなれ・・・。

ニヤついてる佳奈を横目に、オナニーという言葉に敏感に反応するオレ。

佳奈はさらに二ヤつく。

「なにー?照れてんの?高2にもなって。あ、もしかして、○○って童貞?」

「・・・違う。童貞なわけねぇじゃん」

必死に誤魔化すオレ。もちろん、この時童貞だった。

「あはは、分かりやすいー。何なら私が相手してあげよっか?」

ドキっとして返事に困っていると、母の声が一階から

「ご飯だから早く降りてらっしゃーい!」

恥ずかしい・・・とりあえず佳奈はここにいる事になった。

飯を食い終わって、素早く部屋に戻る。

そこには、オレのエロ本を読む佳奈の姿が・・・しかも、女子◯生モノ。

終わった・・・オレ。

「ふーん・・・やっぱ○○ってエロいんだねー・・」

さっきまでのテンションとは裏腹に、えらくテンションの低い佳奈。

しかも微かに顔が赤い。

どうせならさっきまでのように笑ってくれた方が良かった・・。

「・・・やらせて・・・あげよっか・・・?」

「・・・はぁ?いいよ。別に・・・」

「なに言ってんのー!我慢は良くないって!我慢は!」

覆い被さられるオレ。

「な、冗談止めろよ!切れんぞ!」

「慌ててるー!やっぱ童貞みたいだねー、じゃ、触るよー?」

征服のズボンの上から股間を触ってくる佳奈。

もうダメだ、オレ・・・初めて女に触られる感覚。

それは別に大したものではなかった。

しかし、その触られているという行為自体がオレの感情を昂ぶらせた。

「どう?気持ちいい?」

「別に・・・」

「ふーん・・・つまんないの・・・・」

佳奈は手をどけてしまった。

「・・・・」

しばしの沈黙。そして、

「キ、キスをさせてくれ・・・」

とうとう言ってしまったオレ。情けねぇ・・・。

「なにー?キスもした事ないのー?んー・・・どうしよっかなぁ・・・?」

佳奈のわざとらしい返答に、オレは我慢が出来なかった。

次の瞬間、佳奈を抱いてキスをしていた。

「や、ちょっと・・・」

1分程のキス。もちろん、唇を合わせるだけの。

瞑っていた目を開ける。

・・・ヤバイ、佳奈と目が合った・・・。

すぐに佳奈から離れる。

「ごめん・・」

「んー・・・いいけど、別にー?何なら、も、もっと凄いしてあげるよー?」

それを聞いた瞬間、また佳奈の唇を塞いでいた。

「ん・・・」

30秒くらいのキスの後、佳奈が舌を入れてきた。

「!!」

その舌の感触に驚くオレ。

元々唇フェチであったためか、かなり興奮する。

でも、自分で佳奈に入れる事はしなかった。

情けないオレ。しばらくして、唇が離れる。

「興奮しすぎだってー、キスぐらいで。次からは気をつけてよー。鼻息がこそばゆいんだから」

そんな落ち着いてられねぇっつーの・・・。

この時点でオレはもう完全にHまでOKだと思っていた。

佳奈も言ってたし。

「・・・なぁ・・・させてくれよ・・?な?」

「んー・・・ダメー」

「な、何でだよ、いいじゃん!」

子供みたいにねだるオレ。格好悪い。

「んー・・・だって下に親がいるんでしょー?さすがにやばいんじゃない?それに○○、コンドーム持ってんの?」

「ん・・・イヤ、持ってないけど」

「じゃあ、無理じゃん、初めから」

「マジかよー・・・我慢できねぇ・・・」

この時ばかりは親を恨んだ。

「じゃあ・・・見せ合いっこしようか?」

「はぁ?何の?」

「その・・オナニーの」

「!・・・つーか、それだったらHでも一緒じゃん・・・」

「だからー、コンドーム持ってないんでしょ?○○」

「そうだけど・・・見せ合いって・・・今更だけどさ、お前はいいの?オレなんかで?」

「んー・・・別に○○のこと嫌いじゃないし・・・それに、我慢出来ないしね・・・」

「何が?」

「その・・・要するにやりたいの!私も!バカじゃないのー・・・これだから童貞君は・・・」

「・・・・じゃ、じゃあ・・・やろうか?」

「カーテン閉めて、外から見られたら恥ずいじゃん」

カーテンを閉める。

そして、オレはズボンのチャックから股間を出した・・・佳奈がマジマジとオレのティンポを見ている、恥ずかしさで大きくなるティンポ。

「うわぁ・・・結構大きいんじゃないの?これって・・・」

ちなみに、実際は普通サイズである。

ココから推測するに、佳奈はそんなに多くの人とやった事がなかったのだろう。

「な、なぁ・・・そっちも・・・」

「あ、うん・・・オッケー」

佳奈がスカートを上に引っ張り上げる。

パンツはなんかフリフリのやつだったのを覚えている。

「オッケー?」

「ぬ、脱がないのかよ?」

「そこまではねー、さすがに。それに脱がなくても女は出来るし」

「な、何だよそれ、卑怯じゃねぇか・・」

見たいがために格好悪いオレ。しかし、

「じゃあ、やめよっかー?」

「ま、待て!分かったって・・」

もちろん、恥ずかしいからオレはしごけるはずがなかった。

佳奈の露わになったパンツを見ていると

「始めてよー、早く。やめちゃうよ?は・や・く!!」

しょうがなくしごき始めるオレ。

佳奈はオレを見ながら、足を閉じて触り始めている。

ちょっと待て・・・見せないってのは反則じゃないのか?

不満だらけのオレ、佳奈を見ながら必死で右手を動かし続ける。

佳奈は足を閉じてはいるが、微かに隙間からパンツが見えている。

そして、彼女は自分の前で、自分の秘所を触り続けているのだ。

興奮しないはずがない。

時折、目が合う。目をそらしてしまうオレ。

マンガやビデオならここで

「どこが気持ちいいんだ?」

などと言えるのだが、言えるはずがない。

目を逸らし、また見て、それを繰り返す。

佳奈もどうも同じ事をしているようだ。

「んー・・・ん、・・・はぁ・・・」

佳奈が微かに声を上げ出した。

一方オレはその様子をじっと見て、手を動かし続ける。

佳奈の顔が少し赤くなっている。

「ん・・はぁ・・・」

佳奈は声を出すのを我慢しているようだ。

まぁ、声を出されても困るのだが。

その我慢している表情や仕草がオレの性欲を掻き立て、ついにオレは言ってしまった。

「なぁ・・・胸だけでいいから・・・触らせてくれ、な?」

佳奈はキョトンとした表情でオレを見る。

「い、いいけど・・・」

言葉につまりながらも

「じゃ、じゃあ、アンタのも触らせてよー」

と言う佳奈。

「ん、あぁ、いいけど・・・オレが先でいいか?」

「いやー私が先ー、っていうか、下は大丈夫なの?本当に・・・」

「多分大丈夫だと思う、いつもオレの部屋になんか来ねぇし」

「ん、じゃあ・・・」

ゆっくりオレに近づいてくる佳奈。そして待ちに待った接触。

ゆっくり、ティンコの先を撫でる。

「固いねー・・・っていうか本当にでかくない?今まで見たのはこんなんじゃなかったわよー?」

そう言いながら、オレの顔を見上げ、

「・・・ねぇ、どこが気持ちよくなんの?」

・・・やった・・・やった!!ついに待ちに待った手こきだ・・・心臓バクバクのオレ。

っていうか、この時は本当に死にそうだった。

その、あまりに気持ちよすぎて。でも、まだ強がるオレ。

「んだよ、ヤった事あるんだろ?その、触った事くらいあるだろ?」

強気に出るオレ。

「・・・当たり前じゃない。でも、人によって感度とか違うでしょー?触るところによってー?」

ここでオレは確信した。

ッチな広告