エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 行きつけのスナックで働き出した彼氏…
投稿:2016-10-24(月)00:14

行きつけのスナックで働き出した彼氏持ちの女に托卵した話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:19,350回)
ゲス極まりチンポさん(30代)からの投稿

行きつけスナックに、老け顔でポッコリ腹、服装はフリフリ少女系と年齢不詳なクミコが働き出しました。

40歳近いと思ってたら俺より下の31歳で、彼氏が居るとか何とか。

久しぶりにママとラブホテルでSEXして後、ママがパンツ履きながら

「クミちゃんアンタが好きだってたわよ。誘ってみれば(笑)」

「彼氏居るってたよ」

「あの子バカだから(笑)」

「うん、話してバカっぽいもんな(笑)でもいいのかい?」

「彼氏と上手く行ってないみたいだし…じゃあまり遅くなると旦那怪しむから(笑)」

と帰りました。しばらくして

「クミちゃんラーメン食べて帰ろうか」

ママと3人でラーメン屋へ、ママが

「後はお二人さん仲良くね(笑)」

「ママやだ~、お二人さんでってぇ♪」

「良かったわね~クミちゃん誘ってもらって○○君後は宜しくね(笑)」

とママは先にラーメン屋を出て行きました。

ラブホの前で

「クミちゃん彼氏と結婚するだろ、ヤッパマズいか?」

「大丈夫大丈夫、入ろう(笑)」

クミちゃんに手を引かれラブホに入ると

「シャワー浴びて来るね♪」

ベットからガラス越しに見えるクミちゃんの裸はポッコリ腹の寸胴で思いのほか巨乳で、チラチラ俺を見てニコニコしてました。

俺も裸になり浴室に入って行くとシャワーをかけてくれ、石鹸を手に付け背中から!

前を向くと「大~き~い♪」と扱かれ、勃起しだすと石鹸を洗い流しベットへ。

俺が仰向けになると迷う事なくチンポをシャブってきました。

ママより遥かに上手く、尻を引き寄せ顔に跨がらせクンニ、どれだけ使い込んだのかビラビラは黒く伸び、マンコ自体淫水妬けで黒ずんでました。

クミちゃんを仰向けに巨乳巨チクビをレロレロチュパチュパ。

巨チクビを直ぐ勃起させ、うるさいほど喘ぐクミちゃん。

ゴムを着けようとしたら

「着けなくて良いよ…生でして」

と、四つん這いにしてバックから初結合。

正常位座位騎乗と逝く逝くクミちゃんを正常位で

「クミちゃん出すよ…中に出すよいいね!…」

「出して中に出して~」

嫁入り前の程良く閉まるマンコに渾身の中出し射精、見てくれの割にはSEXは最高でした。

仕事が終わり、直ぐクミちゃんのアパートに行きSEXしてクミちゃんを店に送る3ヶ月弱、週4日はSEXしてました。

式2日前、ラブホで最後のお泊まりSEXでした。

またスナックはママ1人になり、

「あんな子でも居ないと寂しいもんだわね…」

「そんなもんかね~…久しぶりに行く?」

と俺からママをラブホに誘いました。

それから2年くらいしてクミちゃんが旦那と子連れでスナックに来てました。

○○団地に住み近くのストアでパートしてるとの事で、一度ストアに午後寄ってみました。

「もう直ぐ帰る時間だからちょっと待ってて♪」

団地の一画に古い一軒家が並ぶ市営住宅が有り、その一軒に住んでました。

子供は保育園に預け、旦那が帰りに迎えに寄って連れ帰ると、その子供は俺と関係して直ぐ妊娠した俺の子供だと言ってました。

「あと2人は欲しいんだけど出来ないのよね~家の種あるのかしら?(笑)」

「何だったら俺が作ってやろうか?(笑)」

旦那が帰る夕方まで一段と太ったクミちゃんに3発種付けしてやりました。

平日週1位でパート上がりのクミちゃんと種付けSEX!

2ヶ月してクミちゃんの生理が止まり、検査した結果妊娠でした。

デブな腹は6ヶ月位してやっと膨らんだのが分かるようになりましたが、一切構うことなくSEXしてました。

予定日過ぎても陣痛も無くSEX!

一週間過ぎてSEXしてると陣痛が始まり、クミちゃんはタクシーで1人産院へ。

分娩室に入り、5分での大安産だったと退院後に電話が有りました。

専業主婦で退院2ヶ月後「緩いね~」ってアナルを使うようになりましたが、射精はマンコに種付け。

子供が6ヶ月になると、上の子と保育園へ預けてしばらくの間の有閑主婦だったクミちゃん!

家の中ばかりのSEXにも飽き、外で青姦。

妊娠中公園河原原っぱ駅道端etcと嵌め歩き、3人目を出産避妊処置を施し打ち留めに。

今は逢ってせいぜい月2~3回。

俺のDNAを産んでくれたし、SEXは毎回手抜き無しガチ遣りです。

夏川で素っ裸になり水浴びSEXしてたらいつの間にか釣り人が対岸から見てるのに気づかず遣ってました。

始める前には居なかったのにいつから見てたのか?

2発目中出ししたら対岸で石に腰掛けタバコを吸いながら見てました。

釣り人の一言

「鮎が逃げるから川に入らないようにね!」

逃げるように車に戻り住宅に帰り、

「見られたね」

「見られちゃったね」

何か興奮して始め、帰り旦那の車とすれ違うというニアミスを侵し「アブね~」と反省。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告