エチ研TOP
投稿:2015-07-01(水)03:00

【寝取られ】中学校の教師である嫁が複数の生徒たちの性奴隷状態だった

この体験談のシリーズ一覧
1:【寝取られ】中学校の教師である嫁が複数の生徒たちの性奴隷状態だった
2:【盗み聞き】妻が自分とのセックスでは我慢できずに夜な夜な太いディルドでオナニーしていた3:【寝取らせ】妊婦である妻が少しずつ暴走し始めていた4:嫁が寝取られ、フラフラになっていた僕を嫁の姉が慰めてくれた5:前妻で悲しい目に遭ったのに、消えない寝取られ願望6:些細なことがキッカケで嫁とケンカして仲直りするまで
7:産休に入った嫁の言葉を試すために、痴漢師達に連絡を取った8:自宅に帰ると20歳くらいの可愛い清楚な女の子が座ってた9:【寝取らせ】喪服の嫁がお通夜終わりにラブホでハメ撮り10:養子縁組した男の娘である優香と公園の茂みでアナルセックス11:妻の陣痛が始まって病院に向かっていたら車にはねられた12:娘の優香(男の娘)が最近僕を避けるようになった13:夜這いしたら息子の嫁だった14:寝取らせ目的で、妻と一緒にボートに乗れる公園に行った15:男の娘の優香の、本当の母親と妹に結婚を報告しに行った16:息子の実の母親が、お礼に何でもしますと言ってきた17:バレー部時代のユニフォームを着た妻とアナルセックス18:男の娘で息子である優香が、朝ちゃんと結婚式をあげる19:優香が愛し過ぎて抱き続ける日々20:52歳だけど40歳くらいにしか見えない優香の母親とセックス21:3ヶ月前から黒人のデカマラに寝取られていた妻22:メイド服を着て出迎えてくれた由美とそのままイメプレに突入23:どんどん性欲が増していっている妻24:【レズ】妻も存在を知らなかった実の妹が僕を訪ねてきた25:義妹との身体の相性が怖いぐらい良すぎる26:嫁の寝取られを見ながら義妹と中出しエッチ27:妊娠した妻の友達と不倫28:【男の娘】優香がほかの男に抱かれたと聞かされた29:妻がママさんバレーのコーチにセクハラを受けてた30:【NTR願望】会員制スナックの客たちに妻をレイプさせた31:妻の由美は引っ越し当初から町内の人に寝取られていた32:妻の由美よりも愛してしまった義妹の由香里も寝取られていた33:デカチンポに種付けされたがる由香里34:【母子相姦】自分の異常な性癖のルーツは自分の母親との関係にあった35:自分が寝取った人妻に好意を寄せる中◯生とヤラせた話36:義妹の由香里が見知らぬ男たちに中出しさせまくっていた37:後藤真希似のヤンキーと危険日に中出しを賭けた援交勝負
広げる
本文(累計閲覧数:6,298)
名無しさん(30代)からの投稿

妻と結婚して5年目に妻を寝取られてました。

僕は35歳で普通の会社員。

妻の桂子は38歳で中学校の教師をしてました。

子供は中々出来ず、夜の営みも結婚当初は頻繁にしてましたが、最近は全くありませんでした。

ただ夫婦仲は良くて、休みの日は手を繋いで一緒に買い物など行ってました。

妻は少しポッチャリしてましたが、歳の割りに若く見えましたし、服装も可愛らしいロングスカートに白タイツや肌色のパンストなどで、清純派でした。

そんなある日、妻が早朝から休日出勤で出かけた日がありました。

僕は妻を見送った後、たまには家事の手伝いでもしようと思い、洗濯をしようと思いました。

洗濯機の中の洗濯物を分けて出してると、見た事のない黒のスケスケのTバックと網タイツのガーターパンストが妻の衣類の中に隠す様に包められてました。

僕は一瞬固まってしまいましたが、すぐに脳裏には妻が浮気をしているのではないかと疑いました。

妻は下の毛がかなりの剛毛で、アナルまでビッシリと生えているので、Tバックは履きたくないといってました。

妻の浮気・・・僕は怒りよりも僕の知らない淫ら妻がいてるのではという妄想で、頭がいっぱいになりました。

するとTバックの股部分に、ヌルッとした感触が指に伝わってきました。

僕はその部分をゆっくりと見てみました。

そこには、精液らしき体液が付着してました。

僕の中で、妻の浮気がほぼ確定した瞬間でした。

なのに僕は、以前観た寝取られのAVを思い出し今までにない興奮を味わいました。

とりあえず、洗濯はやめておこう。

妻に感づかれないように平然を装っておこうと決めました。

ただ、妻の下着などが収納されてる引き出しだけは見ておこうと思って、急いで二階の寝室に行きました。

僕はドキドキしながら、引き出しを開きました。

愕然としました。

穴開き下着やヤラシイTバックばかりで、奥を探ればバイブなどもありました。

タイツ類も見た事のない物ばかりに変わってました。

僕は引き出しを閉めた時にある事に気づきました。

あの精液が付着してた下着は昨日履いてたんじゃないか?

他に下着は見当たらなかった。

そこで今朝の出来事を思い出しました。

僕が朝起きた時に、妻は家のドアを開けて入ってきました。

僕は

「早朝から出掛けてたの?」

と聞くと妻は

「おはよう、コンビニに行ってたの」

と言ってました。

実際は夜中に出掛けて、出勤前に帰ってきたのではと考えました。

実際、妻は出勤する直前まで洗面所でゴソゴソしてたので。

それに僕は一度寝ると中々起きないので、妻が夜中に出掛けても気付きません。

とりあえずしばらく様子を見ようと決めましたが、その日の夕方には妻の浮気をハッキリと知ることになりました。

夕方過ぎに、妻から電話がありました。

僕は平然を装って

「はい」

と言うと

「アァァ、あなた。ごめん。今日帰るの遅くなりそうなの。ハァハァ」

「そうなんだ。わかった。なんか息が荒いね。大丈夫?」

「うん、ちょっとバタバタしてるから。アァァもうダメ。イカなくちゃいけないから、電話切るね。ハァハァ」

「わかった。頑張ってね」

「うん」

明らかに妻の感じてる喘ぎ声でした。

そして不意に携帯の液晶を見るとまだ通話中でした。

僕は一気に興奮が高鳴り、携帯を耳にあてました。

すると、僕の知らない淫ら妻の喘ぎ声がハッキリと聞こえてきました。

「アァァ、イッちゃうイッちゃう。もっと桂子のグロマンコえぐってぇぇぇ。アッイグゥゥゥ」

僕はショックを通り越して興奮し過ぎて自分でも気づかずに、ギンギンに勃起した物をシゴいてました。

「先生、淫乱過ぎだって」

「そうそう、旦那と電話しながらバイブ突っ込んだままヨダレ垂らしてる姿とか本当にヤバい」

「学校でおれらの第二の母って言われてる先生が、こんな淫乱ってことをみんなが知ったらショックやな」

「せやな。でもオレ達の肉便器には変わらないし、元をただせばタカユキが先生を調教したのもあるけど、先生の素質が良かったんやろ」

「確かに。先生。もうすぐ先生の愛しのタカユキが来るから、それまではしっかりと、おれらのチンポの相手してくれよ」

「うん。チンポちょうだい。桂子の危険日グロマンコに若くて濃い精液いっぱい流し込んで」

「昨日の夜中から20発は中出ししてるやん。妊娠させて欲しいん?」

「うん、妊娠させて。桂子をいっぱい孕ませて。ずっと3人の肉便器でいさせて」

「じゃ〜たっぷり中出ししてやるよ。ほら股開け。ぶち込むぞぉ」

「アァァ、チンポ入ってきた。旦那のチンポより太くて硬いチンポダメェェ。イグゥゥゥ」

そこで僕は電話を切りました。

今の会話を聞いてた間に、2回も射精してしまった自分が情けなくもあり、言いしれぬ興奮に支配されてる自分にも気づきました。

その後、妻が帰ってくるまでの間に色々な事を考えました。

離婚するべきなのか、それとも寝取られを味わいたいのか。

結果、僕は寝取られを味わいたいと思いました。

それは、世間からすれば間違いだと思います。

でも、僕は妻を愛してる事を寝取られで再確認しました。

だから、この寝取られをむしろ楽しんでやろうと思いました。

結局、妻が帰ってきたのは日付けも変わった深夜1時過ぎでした。

「おかえり。遅かったね」

と普段通りに接しました。

「うん、本当にごめんね。晩ご飯どうしたの?」

「コンビニ弁当で済ましたよ。ケイちゃんの分も一応あるよ。食べる?」

「ありがとう。でも疲れてたからシャワー浴びて寝るよ。明日も昼前から部活の顧問で行かないと駄目になったから」

「そっか、大変だね。早くシャワー浴びて休みなよ。おれは先に寝るから」

「うん、ありがとう。おやすみ」

と言うと僕にキスをしてきました。

さっきまで若いチンポをしゃぶってた口でキスをされたと思うと、僕はすぐに寝室に上がり、妻のTバックの匂いを嗅ぎながら激しく自慰をしてしまいました。

しばらくすると妻が寝室に上がってきて、僕の横に入ってきて眠りにつきました。

5分もしないうちに、妻は深い眠りにつきました。

僕は妻を起こさないように、静かにベットから出て洗面所に行きました。

帰ってきた時の妻は普段通りの服装でした。

洗濯機の中を見ても白のタイツと上着が入ってるだけでしたが、包まれた上着を取り出すと生臭い匂いを放つベトベトになってる紫の穴開きTバックとベチョベチョに濡れてるガーターパンストが出てきました。

僕は妻が一体どんな犯され方をしたのか妄想しながら、ベトベトになってるTバックをギンギンに勃起したムスコに擦りつけながら、自分の精液をTバックに、ぶちまけました。

その後、衣類を元に戻して寝室に静かに戻りました。

明日の部活の顧問も嘘だと判ってました。

妻は吹奏楽部の顧問なんですが、今の時期に発表会やコンクールが無いのも知ってましたし、そういう時期にしか日曜日に練習しないのも判ってました。

そして次の日、妻は昼前に出て行きました。

僕は恐らくまた妻から電話があると思ったので、あえて尾行などはしませんでした。

そして案の定、夕方に妻から電話がありました。

「はい」

「・・・」

「もしもし?」

「ハァハァ、ダメ、タカユキの極太チンポ早くちょうだい。もう頭がおかしくなりそう」

タカユキ「桂子には旦那がいるじゃん。旦那のチンポしゃぶればいいやん。教師が、15歳の子供のチンポ欲しがるのは問題やろ」

という会話が聞こえてきました。

タカユキという男の子と後ろの方で、クスクス笑ってる他の子供の声も、聞こえてきました。

タカユキ「桂子は、そんなに俺のチンポが欲しいの?入学したての頃に、おれが先輩とエッチしてるのを見つけた時は凄く怒ってきたけど、おれが先輩のマンコからチンポを抜いたら、チンポ見てビックリしてたっけ。その後、先輩だけを帰らして、先輩のマン汁だらけのチンポに、むしゃぶりついてきたもんな。その後生ハメ中出しを自分から懇願してきて、おれがイクまでに10回連続でイッた筋金入りの淫乱教師やもんな。二回もおれの子供を孕んでは中絶もしたしな」

「こんな極太チンポ見た事なかったし、あたまの中は、タカユキさんに犯されたい気持ちしかなかったの。タカユキさんにメチャクチャに、犯されてたいしあなた無しじゃ生きていけないの。お願いします。桂子の剛毛グロマンコに、タカユキさんの極太チンポを突っ込んで、淫乱熟女を孕ませて下さい」

僕は愕然としました。

完全に妻の心も体もタカユキに奪われてる事も、妻が2年も前から寝取られて、2回も、孕まされていた事も。

でも、それでも僕は電話を切る事が出来ずにいてました。

むしろ電話を、切らないで欲しいとさえ思ってました。

タカユキ「じゃ〜とりあえずしゃぶって」

「はい。ジュルジュル。ジュパ?ジュルジュル?タカユキさんのチンポおいひぃ。タカユキひゃん。だいしゅき、あいひてるぅ」

あれだけショックな事を聞いても、妻の卑猥なフェラの音を聞くなり僕の興奮は一気に頂点に達してしまいました。

タカユキ「桂子のフェラは最高。そんなにもおれのチンポが欲しいの?旦那はどうするん?」

「旦那いらない。旦那のチンポじゃもう満たされない。タカユキさんの女になりたい」

タカユキ「じゃ、金輪際旦那とはエッチをするなよ?それに次孕んだら産め。いいな桂子?」

「ふぁい。旦那とはエッチしません。タカユキさんの子供孕んで産みます。だからタカユキさんの極太チンポをハメてください」

タカユキ「よし、じゃ仰向けになって股開け」

「チンポ、チンポ、タカユキさんのチンポ入れて」

タカユキ「ほら味わえ」

「アァァァァァァ、タカユキさんの極太チンポ。桂子の剛毛グロマンコに、ダメェェイグゥゥゥ桂子イグゥゥゥ、アァァァァァァ。もう旦那じゃ無理ダメェェイグゥゥゥ桂子を孕ませてぇぇぇ」

電話はそこで切れました。

ショックなはずなのに、僕は妻を寝取られた会話で連続射精さえしてましたし、あの電話もタカユキがわざと掛けてきたのだと判りました。

もう僕も妻も越えてはならない一線をハッキリ越えた事を悟りました。

結局、妻はその日帰ってきませんでした。

次の日の早朝に帰ってきました。

妻はしんどくなって学校で眠ってしまってたと言ってました。

僕もあえて何も言いませんでした。

その次の週末、タカユキは大胆な行動に出てきました。

自宅に連れ2人を連れて、日曜の朝からやってきたのです。

妻も驚いてましたが、僕が

「上がってもらいなよ。生徒が訪ねてきたんだから」

と言うと、妻も無言で頷いて3人を自宅に招きいれました。

「いらっしゃい。ゆっくりしていきなよ。ケイちゃん、おれ仕事があるから書斎に行くよ」

「うん」

少し緊張してるのか妻はソワソワしてました。

そして僕は二階に、上がり書斎に、入るフリをして二階の廊下で息を潜めてました。

下の、会話がハッキリと聞こえる場所で耳を澄ましました。

「どうしたの?いきなり来るからビックリしちゃった?」

タカユキ「桂子、チンポしゃぶって」

「おれも」

男2「おれも」

そうするとベルトを外してズボンを脱ぐ音が聞こえました。

「アァァ駄目、上に旦那がいるのにチンポ見たら我慢出来ない」

そして一階のリビングで、妻の淫らで下品なフェラの音が響きわたりました。

僕は、こっそりと下の様子を見ました。

タカユキ「あぁ、桂子のフェラ最高。ほらっ一発目は顔にぶっかけるぞ」

そして他の男も

「あ〜イクっ」

と声を出しながら、妻の顔や衣類の胸元に若い精液をぶっかけてました。

妻はぶっかけられた精液を指で掻き集めながら、ジュルジュル音を立てながら、舐めまわして

「濃い精液美味しい。桂子のグロマンコにもタカユキさんの精液いっぱい飲まして。他の子は桂子のアナルで我慢してね」

と言い聞かしてました。

「アナル?」

妻がアナルまで開発されてるのに更に興奮しました。

そして、僕に聞かせるかのようにタカユキ達は激しく妻を犯し出しました。

タカユキ「ほらっ、二階の旦那に聞こえるように言ってみろよ」

「ダメェェイグゥゥゥ、チンポ狂いの熟女イグゥゥゥ、旦那にバレてもいいから、もっとグロマンコとアナルをえぐり犯して」

タカユキ「ほらほら、腰動かせよ。チンポ抜くぞ」

「イヤァ、チンポ抜かないで、もっとチンポ欲しい。タカユキさんのチンポ欲しい。みんなのチンポで、桂子を壊して」

タカユキ「桂子、旦那に聞こえるように言ってやれよ。お前の本性を」

「あなた、私あなたの粗チンじゃ満足出来ないの。若くてカリが、大きくて、青筋にたった極太グロチンポじゃないとイケないの。夜中に我慢出来なくて家を抜け出しては知らない男の人やホームレスのチンポに公衆便所で犯されてたの。アァァァァァァダメイグゥゥゥ、イッヂャウゥゥゥ、桂子はタカユキさんのチンポじゃないと生きていけないの」

その後、何時間も妻は犯され続けて気付けば日付けも変わってました。

僕は静かに下に降りていき、リビングで変わり果てた妻を見ました。

全裸で、大股を開いたままマンコとアナルに極太プラグが突き刺さってる白目を剥いた妻を。

そして、うわ言でタカユキさんのチンポ欲しいと何度も言ってました。

そんな全身が精液まみれの妻を、僕は見るに耐えかねて突き刺さってたプラグ二本を抜きました。

するとマンコから、ゴボッと音がすると同時に大量の精液が溢れ出てきました。

アナルのプラグを抜くと、勢いよく妻の便が噴き出しました。

僕は妻の便を掃除して、横で妻と寝ました。

翌朝、目が覚めると妻はおらず、それ以来妻を見ませんでした。

ただ、家を出てから数ヶ月過ぎた時に、家の近所をウロウロしてた妊婦の妻を見たと知り合いが教えてくれました。

僕は会社に三日間の有給を取らしてもらい、妻を探しました。

そして、三日目に妻を保護したと知人から連絡が来ました。

急いで妻の元に行くと、妻は痩せ衰えていて、とても健康な妊婦の姿ではありませんでした。

急いで妻を病院に連れていき、治療を受けさせました。

幸いにもお腹の子も妻も大事には至りませんでした。

会社に連絡をいれて、事情を説明して有給を延ばしてもらいました。

その日は、僕も病院に泊まり妻の手をずっと握ってました。

妻は付き添っているのが僕だと気付くと、泣きながらずっと謝り続けてきました。

結局、あの後タカユキ達の元に行くも散々犯されたあげくに、タカユキ達の先輩に売り飛ばされて、仕事に行く事も出来ずに朝から晩まで何十人にも代わる代わる犯されて、最終的に捨てたらそうです。

貯金を崩しながら何とかその日その日を過ごしてたそうですが、どうする事も出来ずになってきて、知り合いに宿を提供してもらう度に、宿代代わりに身体を犯される日々に心身ともに限界を迎え、無意識に家の近所まで帰ってきてたそうです。

ただ、僕に会わせる顔がない。許されない事をした。

今になって、本当に愛してるのが誰かと気づいた。

妻は泣きながら何度も死のうと考えたそうです。

でも、お腹の子には罪は無い。

毎日が苦しくて、いつも人気が無い場所で泣いてたと。

僕も妻に全てを話しました。

浮気も気づいてた。

妻が淫らに犯されてる事に異常なまでに興奮し何度も自慰してた事も。

だから僕に責める権利は無いと。

ただ、やり直せるならお腹の子と3人でもう一度やり直おそうと伝えました。

妻は泣きながら何度もありがとうございますと言ってました。

正直、色々な事を精算しなければならないし、大変な道のりだと思います。

ただ、寝取られを許してしまってた僕の罪もこれから妻と一緒に過ごしていく事で、少しずつ償っていきます。

続き:【盗み聞き】妻が自分とのセックスでは我慢できずに夜な夜な太いディルドでオナニーしていた

- 終わり -

サイト新着記事(外部)