エチ研TOP
Home > 体験談 > 家族旅行先に、無断で障がい者の彼と…
投稿:2016-06-29(水)12:06

家族旅行先に、無断で障がい者の彼と母親が付いてきていた

この体験談のシリーズ一覧
1:公園で子供たちと遊んでいたら、障がい者らしき中年男性がチラチラこちらを見ていた2:近所の公園で露出した興奮が忘れられず、またあの公園に出向いていた3:夫と子どものすぐそばで、障がい者の彼に疼くアソコを見せつけた4:近くのショッピングセンターで、公園で知り合った障がい者の彼の姿を見つけた5:公園で知り合った障がい者の彼の家に招待されることになった6:公園で知り合った障がい者の彼と一度だけ遊園地でデートすることになった
7:障がい者のマサシさんが塞ぎこんでいると聞き、もう一度会ってみることにした8:息子を連れて再び障がい者の彼の家に訪れることになった9:母親に頼まれて障がい者の彼とその友達の3人で花見に行った
10:家族旅行先に、無断で障がい者の彼と母親が付いてきていた
11:障がいを持つマサシさんを地元の祭りに連れて行くことになった12:障がい者のマサシさんとそのお友達にキャンプ場で身体を好き勝手された13:障がい者のマサシさん達とまたキャンプ場に行くことになった14:久しぶりに会った私の友達のすぐそばで、障がい者のマサシさんが15:障がい者のマサシさんに手マンされているところを夫の友人に見られてしまった16:息子の通う幼稚園での催しに、障がい者とのふれあいという項目があった17:障がい者のマサシさんと映画デートをお母さんに頼まれてしまい…18:【サンタコス】マサシさんのお母さんからクリスマスを一緒に過ごさないかと誘われて19:障害者のマサシさんの父親から家を買う事になったが、それがキッカケで父親にも淫らな姿を見られる事になった。20:マサシさんの父に全てを知られ肉体関係に進展してしまった
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:29,217回)
千葉県/AYAさん(30代)からの投稿

前回の話:母親に頼まれて障がい者の彼とその友達の3人で花見に行った

障がいを持つマサシさんの母親に仕組まれ、私はマサシさんとその友人(フミオさん)の3人で近所の山で花見をする事に・・・。

マサシさんは友人に私との性的関係を教えており、拒めない状況に友人の肉棒を受入れ彼らの玩具となってしまいました。

その後、2度もマサシさんに呼出され(母親からの招かれ電話)、彼の部屋で私はマサシさんと友人(フミオさん)の性処理をさせられた上に、玩具で体中を弄ばれたんです。

5月連休、私達家族は県内にある温水プールのある施設に1泊で出掛ける事にしていました。

そんな矢先の出来事、マサシさんの母親から電話があり連休に家に遊びに来て欲しいという内容でした。

家族旅行と重なっていた事もあり、事情を説明すると母親は"何処に行くの?何処に泊まるの?"と色々聞かれ、仕方なく教えてしまいましたが、正直嫌な予感もしていたんです。

旅行当日、私達は車で目的地の宿泊施設へ向かいました。

連休だった事や、天気が良く暑かったので多くの人が訪れていました。

子供は夫にお願いし、プールで待ち合わせた私は更衣室に入り持って来た黄色いビキニに着替えたんです。

急いで着替えを済ませた私は夫達の元へ向かい、一緒にプールに入り楽しみ始めました。

1時間程が過ぎた頃でしょうか?

人混みの中に、ちょっと違和感のある男性の姿・・・。

浅瀬で子供の様にバシャバシャと水渋きを上げていたのはマサシさんだったんです。

間もなく、私の姿に気づいたお母さんが私の元へ近づいてきました。

「あら、綾香さん・・・家族旅行?」

「えぇ、お母さんもどうしたんですか?」

「マサシがプールに行きたいって言うから・・・」

嫌な予感は的中してしまいました。

お母さんは私の話を聞いてここに来たに違いありません。

見知らぬ女性と話す私に夫達が気付き、近寄ってきたんです。

「知り合い?」

「ん〜ちょっと・・・」

「息子がいつもお世話になってます・・・綾香さんにはお世話になりっぱなしで・・・」

お母さんは自分の息子が障がい者である事を告げ、色々な悩みを聞いてもらったり時には世話を手伝ってもらっていて大変助かっていると、夫に説明したんです。

お母さんの話が上手で人の良い夫は完全に信用し"大変ですね!妻で良ければ・・・"と答えていたんです。

勿論、私がマサシさんの性処理をしている何て話す訳もなく、夫も想像すらしていないでしょう。

少しするとマサシさんが私の姿に気づいてニコニコしながら近寄ってきました。

「あっ彼は・・・公園で会った事が」

「そ・そうなのよ!公園で会った人なの」

「あら、旦那さんもマサシに会った事があるの?」

「えぇ、一度だけですけど・・・」

そんな中、お母さんが夫に語りかけ始めたんです。

「今日も息子がプールで遊びたいって言うから連れて来たんだけど、夫は仕事で来れなくなるし、大変で・・・」

「1人では大変でしょう」

「そうなの!目を離すと居なくなるし、私も年でしょ・・・泳げないしね、溺れても助けられないわ」

「ん〜それは心配ですね!綾香、お母さんと一緒に彼の面倒を見てあげたら・・・」

「えっ・・・でも・・・」

「タクは俺が遊んでやるから大丈夫だよ」

「そうだけど・・・」

夫は子供と手を繋ぐとお母さんに頭を下げ、違う場所に向かってしまったんです。

お母さんも

"じゃ、綾香さん後はお願いね・・・私はちょっと休んでいるから・・・"

そう言い残し、施設奥のショッピングモールへと姿を消しました。

仕方なくマサシさんの監視をしようと思った瞬間、マサシさんの手がお尻に触れアソコを触ろうとして来たんです。

「マサシさん!他のお客さんも居るのよ、ここじゃ・・・」

辺りの人に気づかれない様に私はマサシさんの手を引き、プール隅の水深が深い(胸辺り)場所に移動を始めたんです。

そんな私の心境を感じる筈も無く、マサシさんは息を荒らし私の陰部を弄り股間を熱くさせていました。

「マサシさん、もう終わりにして・・・誰かに知られたら」

「うぅぅぅぅん・・・も・もう少しだけ・・・」

「お願い・・・それ以上弄られると私も限界なの・・・」

「うぅぅぅぅ・・・いっぱいヌルヌルしているぅ・・・オシッコしたくなったの?」

「あぁ〜、そうなの。プールじゃ駄目でしょ・・・だからもう止めて・・・」

「き、気持ちイイんでしょ、もっとしてあげる・・・」

ここ数か月、マサシさんが興奮状態になると何を言っても聞いてくれる事はなく、私はただ彼が満足してくれるのを待つしかなかった・・・いいえ私が彼を拒めなくなっていたんです。

息を荒らす彼の指先がビキニサイドから入り込むと、既にヌルヌルしたマンコは簡単に彼の指を咥え込んでしまいました。

「あぁ〜マサシさん・・・こんな所で・・・」

「あ・綾ちゃん・・・き・気持ちいいんでしょ」

「ハァハァ・・・もう十分でしょ、もう満足でしょ・・・」

「僕もスッキリしたいよ・・・」

「こんな所じゃ・・・」

彼の股間に触れると大きく反り立ち、プールから出れば辺りの人達に変な目で見られるに違いありません。

辺りを見渡すと直ぐ側に排水口らしき所があり、水が吸い込まれるのを感じました。

彼と向き合うと、私は彼の股間を握り彼は私のマンコを弄りながら彼を逝かせる事にしたんです。

「マサシさん、ほら思いっきり出して・・・」

「うぅぅぅぅ・・・出ないよ・・・」

「お願い、他の人に気づかれちゃうから・・・」

「うぅぅぅぅん・・・も・もう少し・・・」

全く出る気配がない状況に、私は意を決し彼の前に潜り口に咥え込んだんです。

直ぐに出る筈も無く、私は息継ぎをすると直ぐに潜って彼の物を咥るを繰り返すと、彼は私の口内へと精液を吐き出し、仕方なく呑み干しました。

水の上に顔を出すとスッキリした表情を浮かべるマサシさんの顔の他に、近くで様子を見ていた中◯生らしきぽっちゃり体格の男性がニヤニヤしながらいやらしい視線で私を見ていました。

"見られちゃったの?"

一気に顔が火照り、更に怪しく思われたに違いありません。

"いつから見てたの?・・・何処まで見られたの?"

心臓は激しくなり、1人焦っていましたが、マサシさんは全く。

理解出来ない様子で、更に陰部へ手を伸ばして来ていました。

「マサシさん、他の人が見てるの?もう止めて」

「うぅぅぅん・・・」

小声でマサシさんにお願いしても聞いてくれません。

中◯生とは言え、いい大人がこんな所でエッチな事をしていた事を知られたくなかったんです。

何とか誤魔化そうと、マサシさんが障○者で強引に触れて来て困っている素振りをする事にしました。

「もう何度言っても聞いてくれないんだから・・・障○を持っているから仕方ないわね」

「うぅぅぅん」

中◯生もマサシさんが障○者である事は理解した模様で、私が彼の面倒を見ていると感じたに違いありません。

私の中では少しだけ中◯生を誤魔化す事が出来きたと思いながらも、水面下ではマサシさんにマンコを弄られ続けいやらしい汁を溢れさせているのが事実でした。

"もうお願い・・・弄らないで・・・"

そう思った瞬間、中◯生がゴーグルを付け水中に消えて行ったんです。

"マサシさん!見られちゃう・・・もう指を離して・・・"

そう思った時、マサシさんがビキニをズラシ更に指を増やしてしまったんです。

中◯生には私の陰毛を始め指を咥えるいやらしいマンコまで見えている事でしょう。

水上からも直ぐ側に中◯生が近づいている影が見えていました。

少しすると息継ぎをする為、中◯生が水面に顔を出しニヤニヤしながら私を見て来るんです。

目を合わせる事も出来ないまま俯いていると、中◯生はまた水中に潜り、更に近くで陰部を見ている様でした。

中◯生とは言え、真近で陰部を見られる事に異常な興奮が湧き上がり、アソコは大量の汁を溢れさせていました。

そして、マサシさんの指に交じり中◯生の指が陰部を弄り始めた事を感じていたんです。

何も抵抗出来ない私に中◯生はビキニを膝元へ引きづり下ろし、アナルにまで指を指し込んで来ました。

息を荒らし声を押し殺しながら、私は中◯生とマサシさんの指で逝かされたんです。

"このまま中◯生にまで・・・"

そう思った時、中◯生を呼ぶ声が・・・。

父親に呼ばれ中◯生は名残り惜しい表情を浮かべながら"誰にも言わないから・・・"と言い残し、父親の元へと歩いて行きました。

その後、私はマサシさんとプールを出て椅子に座りながら飲み物を飲んでいると、お母さんが戻って来ました。

「綾香さん、助かったわ・・・マサシも綾香さんと一緒で良かったわね」

「うぅぅぅん・・・」

「お母さん、初めから計画的だったんでしょ?」

「偶然よ」

「そんなはずないわ、私が旅行に出掛けると言ったら詳しく聞いていたじゃない」

「そうね、でも綾香さんだって悪いのよ!マサシにあんなこと教えてしまって・・・」

「それは・・・」

お母さんの言葉に返す事が出来ませんでした。

そして夫達が合流するとお母さんの口から想像もしなかった言葉を聞く事になるんです。

「そろそろ俺達は部屋に戻ろうか。お母さん達はどうします?」

「私達も部屋に行こうかしら・・・」

「部屋って?お母さん帰るんじゃ・・・」

「疲れたから、今日はここに泊まろうと思って・・・」

「予約してないんでしょ・・・」

「ん〜さっきフロントで聞いたら空き部屋があるから大丈夫だって・・・」

「そ、そんな・・・」

「その方がいいですよ。お母さん1人で車運転じゃ、疲れるし事故でも起こしちゃ・・・」

「あら旦那さんったら・・・優しいのね」

「いや〜当たり前の事を言っただけですよ」

「謙遜する辺りも男らしいわ・・・優しくてカッコいい旦那さんで、綾香さんが羨ましいわ」

その後もお母さんは夫の事を褒め、すっかり上機嫌になった夫はマサシさんの着替えまで手伝ってあげた様でした。

そして一緒にフロントに向かうと更に驚いた事が起きたんです。

お母さんが受け取った部屋の鍵が、私達と同じ階の直ぐ近くだったんです。

お母さんは予めフロントに私達の部屋を聞き出し、直ぐ近くを選んだに違いありません。

「あら偶然かしら・・・同じ階なのね」

「本当ですね、部屋も近いじゃないですか」

「せっかくだから夕食も一緒に・・・」

「えぇ私達は別に良いですよ。なぁ綾香」

「えっ・・・えぇ」

フロント近くのエレベーターの乗ると、お母さんは夫にベッタリで息子の手まで繋いでいて、まるで私とマサシさんが一緒になる様に仕向けている様でした。

案の定、夫達の後ろで私はマサシさんと並んで立っていましたが、マサシさんは背後から手を伸ばしスカートの中へと這わせていたんです。

"夫達が居るのに・・・"

そう思いながらも彼が止めてくれる筈もありません。

ただ声を押し殺し夫達にばれない様にするのがやっとでした。

互いに別々の部屋に入りホッとしたのも束の間、お母さんが夕食の誘いに部屋を訪れて来て、急いで浴衣に着替えた私達は一緒に食事をする部屋に向かったんです。

食事が始まると間もなく、お母さんは夫の隣に座り話し上手に夫を盛り上げると、酒を飲ませ始めました。

上機嫌だった夫のペースも早く、食事を終える頃には夫は良い感じに酔っていました。

「あなた大丈夫?」

「あぁ〜ちょっと飲み過ぎたかなぁ・・・」

「もうこんなに飲んで・・・」

「綾香さん!旦那さんは私が・・・あなたはマサシをお願い・・・」

「でも・・・」

夫と息子はお母さんに連れられ部屋に向かい、私は後を追ってマサシさんと歩き始めたんですが、エレベーター近くでマサシさんがトイレに行くと言い出し、私達は少し遅れて部屋に戻る事になったんです。

トイレから出て来たマサシさんを待って私達はエレベーターに入りましたが、マサシさんは私の浴衣の中に手を入れてアソコや胸を触って来ていました。

「マサシさん、こんな所で、止めて・・・お願い」

「うぅぅぅん、でもやりたいよぉ・・・」

「今日は我慢して・・・夫達もいるの・・・お願いだから・・・」

「や、やだよ・・・我慢できないよ・・・」

「そんなこと言わないで・・・見られたら、もう終わりよ・・・マサシさんとも会えなくなるよ」

「うぅぅぅん、あ、会えないのは、や、やだよ」

「だったら、今日は・・・」

エレベーターの扉が開いた時には、私の浴衣は乱れ肌が大きく露出させられた状態でしたが、運良く他の人は居ませんでした。

浴衣を直し、部屋に向かうと夫はお母さんと一緒に酒を飲み、息子はTVでアニメを見ていました。

「遅かったなぁ、お母さんも一緒に飲みたいって言うから、付き合ってたよ」

「綾香さんもどう?マサシは飲めないから、ジュースね」

「あなたそんなに飲んで・・・」

飲み始めて1時間も過ぎる頃には、夫は完全に酔っ払い壁に寄り掛かる様にダウンし、息子も少し前から近くの布団に横になりながら、お母さんに添い寝する様に眠りに就いていました。

そんな中、私の背後に抱きつく様にしながらマサシさんが私の浴衣の合わせ目から手を伸ばし胸を鷲掴みしていたんです。

「マサシさん!家族が居るのよ・・・もう止めて・・・」

「うぅぅぅん・・・少しだけ・・・」

「あら綾香さん、私達の部屋でゆっくりして来ていいのよ・・・」

「そ・そんな・・・お母さんマサシさんに言い聞かせて・・・お願いよ」

「そうなったらマサシに何言っても聞いてくれないわ・・・綾香さんが悪いのよ」

「そ、それは・・・」

「あ、綾ちゃん・・・ぼく我慢出来ないよ・・・」

マサシさんの手は胸から陰部へ移動し始め、下着の中へと入れようとしていたんです。

浴衣の帯は解け、浴衣は前が完全に開いた状態でした。

夫が目を開ければ、全てが終わってしまう・・・それだけは避けたかったんです。

「マサシさん、別の部屋に行きましょう・・・」

「うぅぅぅん・・・」

お母さんから鍵をもらった私は、少し離れたマサシさんの部屋に向かう事にしました。

マサシさんは私の背後に抱き付き、全く離れてくれません。

乱れた浴衣を直す事も出来ず、裸体を曝け出した。

状態で部屋を出る事になったんです。

「マサシさん・・・お願い手を離して・・・部屋に行ったら何でもしてあげるから・・・」

「綾ちゃん、おしっこ漏らして気持ちいいんでしょ・・・」

「違うの・・・それは・・・」

マサシさんに昼間から弄られた身体は凄く敏感になっていて、既に汁が溢れ太腿まで流れ出す程でした。

早くマサシさんの部屋に行かなければ・・・そう思いながらもマサシさんに抱きつかれ、指でクリを刺激された状態では早く動く事すら出来ませんでした。

何とか部屋の扉を開け中に入ろうとした瞬間、向かい側の部屋から出て来るの声が聞えたんです。

間一髪だったんでしょうか?後ろを見る事も出来ないまま私は部屋に押し込まれる様に入りました。

心臓がバクバクする中、私は玄関先で浴衣を脱がされ全裸のまま、マサシさんにマンコを舐められたんです。

四つん這いで這う様に部屋に向かった私は、布団の上で彼の怒り狂った肉棒を咥えました。

「うぅぅぅぅ・・・綾ちゃん気持ちイイよ・・・」

「マサシさん、こうして欲しかったんでしょ」

「うぅぅぅん・・・もっといっぱい舐めて・・・」

「分かったわ・・・マサシさん満足して・・・」

「あ、綾ちゃんのも舐めてあげる」

彼の上に私が重なると彼は私のマンコを激しく吸ったり舐め始め、私は息を荒らすと同時に喘ぎ声が出てしまい、誤魔化す様に必死に彼の肉棒を咥えながら、彼の舌使いに逝かされたんです。

「ハァハァ・・・マサシさん、もう激しく舐めないで・・・もう敏感になって変になっちゃうわ・・・」

「綾ちゃんのおしっこ美味しいよ・・・いっぱい出て・・・き・気持ちいいんでしょ」

「マサシさん・・・そんなに激しくされたら・・・また逝っちゃう・・・」

息を荒らし力が入らない私を横目に、マサシさんは私の上に跨り硬くなった肉棒を濡れ捲るマンコへ押し込むと激しく腰を動かし始めたんです。

やがて"うぉ〜うぉ〜・・・で・出ちゃうよぉ〜"と奇声をあげだしたんです。

「ま・マサシさん・・・中には出さないで・・・本当に子供出来ちゃうわ・・・お願いぃ〜」

「あ・綾ちゃん・・・」

そう言いかけた瞬間、肉棒が"ニュルッ"と抜け、お腹に精液が噴出したんです。

"良かった"と思った時には私も限界が訪れ、息を荒らしながら絶頂を迎えていました。

三度も逝かされた私は布団の上で、息を荒らしグッタリするしか出来ません。

そんな中、マサシさんが部屋の隅に置いていたバックから大人の玩具を取出して来たんです。

ッチな広告