エチ研TOP
Home > 体験談 > 彼氏にセーラー服を来てほしいと言わ…
投稿:2013-06-15(土)03:00

彼氏にセーラー服を来てほしいと言われて

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:3,714回)
名無しさんからの投稿

初めてコスプレしながらエッチしたのは17歳の時でした。

元々ビジュアル系バンドが好きでコスプレしていた私。

ライブの時はコスプレが当たり前。

そんな私にとって、コスプレは日常みたいなものでした。

彼もそんな私を物凄く可愛がってくれました。

そんな彼とゴロゴロしていた日曜日、彼が急に囁いてきました。

「セーラー服を着たセレナ(私)が見たいな」

そう言われ、ドキッとしちゃいました。

でも、大好きな彼のため。

私も久々にセーラー服を着てみたかったので、◯学生の時の物を引っ張り出してきて着てみました。

もちろんスカート持ってぶりっこお姫様ポーズ。

すると突然彼が後ろからぎゅーって抱き締めてきました。

「セレナ、可愛い」

そして首筋にキス。

首から耳にかけて弱い私は思わず感じちゃいました。

「やめて、セーラー服が汚れちゃうよ・・・」

「セレナ、我慢できないよ」

そう言って、彼は私の胸をさわさわしてきます。

コスプレしているこんな私に興奮している彼を思うと、ちょっと嬉しくて愛おしくなっちゃって、拒めませんでした。

「ベッドじゃなきゃ嫌だよ・・・」

私にはこう言うのがこれが精一杯でした。

ベッドに私を連れて行った彼は、ブラとパンティだけ上手に脱がして、セーラー服は脱がしてくれません。

「ちゃんと全部脱がしてよ」

「これがいい。◯学生のセレナとしたいんだ」

なんて言う彼。

そう言われて、私もちょっと興奮しちゃいました。

彼は私のおっぱいをチューチュー吸って、まるで子供のよう。

でも私はそんな彼に感じさせられちゃいます。

「あ・・あ。気持ちいいよ・・・」

あそこが濡れ濡れになっちゃって、大事なセーラーが汚れないかちょっと心配になっちゃいました。

なので、挿入後は騎乗位。

彼がいっぱい興奮してくれたので、私もいっぱい上で動いてあげました。

私が動くと彼から吐息が漏れて、うふ、彼が本当にお馬さんみたい。

彼はいつもより早く出しちゃいました。

しかもいっぱい。

でもとっても満足。

時間よりも中身のあるエッチ。

幸せでした。

- 終わり -

前後の話
前の話(2013-06-14 23:00:00)娘の中学校周辺に現れた変質者

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告