エチ研TOP
Home > 体験談 > 修学旅行で学校のマドンナ的女性の胸…
投稿:2012-10-13(土)05:00

修学旅行で学校のマドンナ的女性の胸チラを見れた話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,000回)
名無しさんからの投稿

私が中◯3年の時でした。

修学旅行に行った時の夜、私を含めて4人の男子と女子2人でトランプをする事になりました。

男子は部活が一緒だった4人組で、女子はうちの部のマネージャー1人とその友達1人でした。

その友達というのが学年のマドンナ的存在の美少女で、ひと際目立つ女の子でした。

身長が160cmくらいあって、色白で、目が大きく、細い綺麗な足が印象的でした。

その美少女とトランプするとなって、たかがトランプとはいえ、俺達4人は俄然張り切っていました。

大富豪というゲームをやりました。

ゲームに勝ったものが大富豪になるのですが、大富豪は座布団2枚高いところに座れるルールで、なおかつ、次のゲームのトランプを配るのも大富豪というルールでやっていました。

最初は男子の一人が勝ちました。

次にそのマドンナが勝ちました。

次のゲームでマドンナがトランプを配ろうとした時、私は気づきました。

マドンナのTシャツが少し大きめで、ちょっと弛んでいたためか、座布団に座った状態でトランプを配ると、Tシャツの中が覗けるんじゃないか、と。

そして、マドンナが配り始めると、Tシャツの奥が見えました。

なんと、白い胸の谷間はもちろんの事、ピンク色の乳首が丸見えでした。

私はまだ純情だったので、ドキドキしました。

もうアソコはビンビンです。

とにかく気づかれないように凝視しました。

そして、私はとにかくトランプに負けて、マドンナに大富豪を続けさせなければと考えていました。

回りの男達を見ると、やはり思春期の男子は皆同じ事を考えているようで、完全にマドンナの乳首に釘付けです。

そして、男子4人はそれから、トランプに誰も勝とうとしませんでした。

私達は負け続け、勝つのはマネージャーかマドンナでした。

マドンナが勝って、トランプを配り始めると男子4人はジッとマドンナの胸の谷間を見ています。

それが一時間続きました。

終わってから、マネージャーは、男子はトランプが弱いと言っていましたが、男子はそんな事に構わず、皆一斉にトイレに駆け込み自分でしていました。

純情時代の思い出です。

- 終わり -

前後の話
次の話(2012-10-13 06:00:00)職場のマドンナがエリートと結婚する

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告