エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 毎回同じ女店員さんのところでAVを…
投稿:2014-07-13(日)00:00

毎回同じ女店員さんのところでAVを借りてたら

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:110,751回)
名無しさんからの投稿

毎回同じ女店員のところでAVを借りてみたところ、

女店員「AV借りる時は絶対に私のところに並びますよね」

「えっ?」

女店員「あ、思わず本音がポロっと出ちゃいました」

「ああ、AVだけに?」

女店員「そうですね」

「ていうか、店員さんのとこに並んじゃうのはたまたまですよ」

女店員「ふーん」
女店員「それにしても、3日に1回ぐらいのペースで来てますね。飽きないんですか?」

「いやあそれほどでも」

女店員「こんなにも毎回借りて大丈夫なんですか?」

「元気があり余ってるんですよ。ていうかボクの体の心配してくれたんですか?」

女店員「私はお財布の心配をしただけなんですけど」

「そっちですか」

女店員「他に別の意味があるんですか?」

「いやいや!ありません!」
「それに1人で借りてるわけじゃありませんからね」

女店員「そういえば、友達と一緒に来たりしてますね」

「そうなんですよ。ボクはそれに付き合わされてるだけ、みたいな?」

女店員「その割にはアダルトコーナーから1時間ぐらい出てきませんよね?」

「友達と相談してるんですよ」

女店員「相談?まさか皆でこんなものを見てるんですか?」

「違いますよ」

女店員「私の中のあなたの評価がさらに落ちるところでした」

(ナニを想像したんだろ、この人)

「ボク寮に住んでるんですよ」

女店員「そういえばこの店のそばに大学の寮がありますね」

「そうそう。そこに友達も結構いるんで、皆で借りたのを交換したりしてるんですよ」

女店員「じゃあ、別に皆で見てるわけじゃないんですね」

「さすがにそれは気持ち悪いでしょ」

女店員「こんなものを貸し借りしてる時点で、結構気持ち悪いです」

「この方がお財布に優しいでしょ!」

女店員「はいはい、分かりました。それにしても・・・・・・」

「なんですか?」

女店員「毎回借りてくものが企画物か、ある女優さんのだけですね」

「そ、それは・・・・・・」

女店員「まあ、男の人はこういうものが好きですもんね」

「り、理解してもらえて嬉しいです」

女店員「それで?」

「へっ?」

女店員「期限はどうしますか?」

「えっと、一泊二日で」

女店員「お友達と貸し借りするのに一泊二日で大丈夫ですか?」

「・・・やっぱり二泊三日でお願いします」

女店員「はい、分かりました。じゃあ期限は守ってくださいね」

「はい!」

(ヤバい!ジト目ってああいうのを言うんだな!)
(首絞めとかお漏らしさせる系とか好きだったけど)
(今度はちょっと違うのも借りようかな)

「お前おせーよ。なにあの店員さんと喋ってたんだよ」

「秘密。ヤバイわ超可愛いわー惚れたわー」

「お前、口利いてもらえた女全員に対してそう言ってるよな」

「違う違う。マジで可愛い」

「まあ確かにあの店員さんは可愛かったな。ていうかお前なに借りたの?」

「これとこれ」

「またこの女優かよ。後は『即ズボッ』って・・・・・・」

「うるせーな、お前こそパンストがどうとかOLがどうとかつまんねーわ」

「企画物よりマシだわ」

「はっ!?企画物の良さが理解出来ないとは情けない」

「語るな、気持ち悪いから」

「お前にはオレの趣味のよさは分からんだろうな」

「ていうかさ、毎回あの店さんところに並ぶんだったらさ、今度行った時レンタルビデオ店でエッチするやつ借りろよ」

「ああなるほど!お前天才だな!じゃあ今から即効で抜いてまた借りてくるわ!」

「そこまでするか」

「またレンタルしに来ました!」

女店員「・・・・・・」

「どうかしましたか?顔が引きつってますよ?」

女店員「・・・・・・レンタルしにきたんですか?」

「はい!後、これ返却お願いしますっ」

女店員「まだ、さっきの借りてから20分も経ってませんよ」

「だってうちの寮ここから5分もないんですよ?」

女店員「そういう事じゃなくて・・・もう見たんですか?」

「はい!今回のは外れだったんでまた新しいのを探しに来ました!」

女店員「・・・・・・そうですか。今回は選ぶのが異様に早かったですね」

「もうタイトルで即決しましたから」

女店員「・・・・・・」

『レンタルビデオの店員さん強引にヤッちゃいました』ってタイトルで選んだけど)

女店員「へぇ・・・」

(ちょっと顔が赤くなってる)

女店員「・・・・・・」

(さあ、どうなる!?)

「大丈夫ですか店員さん?何だか顔が赤いですよ?」

(ここでキメ顔でダンディな声でこう質問すれば・・・・・・)

女店員「・・・・・・サイテー」

「え?もう一度言ってもらっていいですか?」

女店員「最低だって言ったんです!」

「いっ!?」

(恥ずかしくて顔を赤くしたのではなく、怒って顔を赤くしたのか!?)

「違うんです!聞いてくださいっ!」

女店員「何を聞けって言うんですか?どう考えてもこれって・・・・・・」

「・・・・・・これって?」

女店員「その・・・・・・アレです・・・・・・と、とにかく最低です・・・・・・」

(ほっぺが赤くなってる上にちょっと目が潤んでる。なんかイイな)

女店員「・・・・・・7泊8日ですね」

「え?」

女店員「レンタルの期限の話です」

「な、何で勝手に一週間にしちゃうんですか?」

女店員「これまでのやり取りから察してください」

(うわ、これ本気で怒ってるヤツだ)

「聞いてください!あなたはきっと誤解をしているんですっ!」

女店員「一体私が何を誤解してるんですか?」

「本当はこんな事は言いたくなかった!だけど・・・・・・!」

女店員「早く言いなさい」

「はい。実はそのDVDはボクのツレから借りてこい、と言われたものなんですよ」

女店員「・・・・・・それで?」

「ソイツがどうしても、レンタルビデオ店のお姉さんとチョメチョメするのが見たいっていうから・・・・・・」

女店員「つまり仕方なく、って事ですか?」

「はい!ボクはAVなんてどうでもいいんですよ!」

女店員「ふーん、じゃあ1つ聞きますけど、毎回その手のものを借りる度に私のところへ並ぶのは何でですか?」

「え?」

女店員「わざわざ私のところへ足を運んでくれてますけど、どうしてですか?」

(このジトっとした目つきがまた堪らないっ!って、そうじゃなくて!)

「それも、実は毎回友達に脅されていて・・・・・・」

女店員「あくまで自分は悪くない。そうおっしゃるんですね」

「ええ。ボクは身も心もスプラッシュして真っ白ですからね。あはは・・・」

女店員「・・・・・・」

(さすがにこの言い訳はキツいか?)

女店員「分かりました」

「し、信じてくれるんですか?」

女店員「正直どうでもよくなってきました」

「よかった、本当によかった。信じてもらえなかったら、もうここには来れませんでしたよ」

女店員「信じなければよかった」

「もう遅いですよ」

女店員「はいはい。せっかくなのでこれを渡しておきます」

「!!」

(まさかメアド!?いや、ケータイの番号か!?)

「・・・・・・これ何ですか?」

女店員「クーポンです」

「なんだ、クーポンかあ」

女店員「何が不満なんですか?5枚借りても1000円でおさまるようになるんですよ?」

「まあそうですけど」

女店員「何をガッカリしてるんですか?」

「いえ、何にもです。ただ、自分は改めて馬鹿だなぁと思いました」

女店員「よく分かりませんけど。はい、DVDになります」

「はい、また来ます」

女店員「あなたは貴重なお客様ですが、一週間は来ないでもらえる嬉しいですね、私が」

「くうぅ〜」

(毒舌だ!これもなかなかいいなあ)

「お前のせいで嫌われるとこだったじゃねえか!」

「はあ?」

「何であんなもん借りさせたんだよ?」

「お前まさかマジで借りにいったの?」

「当たり前だろ!オレはオトコの中のオトコだぞ」

「さすがに引くわ」

「ああもう!本当に嫌われるかと思ったわ」

「いや、絶対に嫌われてるからなお前。ていうか、お前俺のDVDごと返してんじゃねーよ」

「あ、それはごめん」

「お前もビデオ屋の店員じゃなくて、これから始まるサークルの先輩とか狙えよ」

「イヤだね」

(一週間かあ。長いなあ)

一週間後。

「お前、早速ビデオ借りに行こうってすげえな」

「いいからさっさと選べよ。特別に千円クーポンを使わせてやるから」

「オレはもう前もって選んであるけど。お前は?」

「ちょっと待って。まだ決めてない」

「・・・・・・腹いてーな。悪いけどこれ借りといて。先に寮に戻るわ」

「じゃあ、財布忘れたから千円貸して」

「ほい。そのかわり、千円貸すからオレが3枚な」

「それぐらいは許してやろう」

「店員さん、オレが来ましたよ」

女店員「・・・・・・」

「ちょっと、何でそんなにムスっとしてるんですか?」

女店員「きっちり一週間後に、しかも私のシフトの時を狙いすましてくるんだな、と思って」

「だってもう店員さんに会いたくて会いたくて」

女店員「はいはい。で、今日もこういうのなんですね」

「前にも言いましたよね?ボクが好んで借りようとしてるわけじゃないって」

女店員「ふーん」

(相変わらず股間がキュンとする氷のような瞳だぜ!)

女店員「そういえば1つ、謝らないといけない事がありました」

「ほう、それはいったい?」

(まさか!冷たくしてゴメンね、実は私あなたの事が・・・・・・みたいな展開か!?)

女店員「一週間前に渡したクーポン、今日使いますか?」

「もちろん!店員さんがくれたものですからね!」

女店員「へえ」

(あれ?何で今回はニヤっとしたんだ?」

女店員「実はあなたにクーポンを渡した時、言い忘れた事があったんです」

「言い忘れた事?」

女店員「それ、実は5枚で、じゃなくて4枚で千円だったんです。ごめんなさい」

「なんだ、そんな事か。気にしないでくださいよ」

女店員「一応、私のミスなので。本当は謝りたくないですけど」

それなら大した問題じゃないな。

・・・いや、でも待て!今オレは千円しか持ってないっ!つまり、この5枚の中から一枚減らさなきゃダメなのか。

まあでもアイツのを一枚減らしゃいいか。

でもなあ、今回は金借りてるしな・・・そうなると、オレは自分のAVを減らさなきゃいけないのか・・・イヤだなぁ。

せっかく一週間ぶりに借りるんだし、今回選んだ2枚は両方ともよさげだしなぁ。

女店員「随分悩んでますね」

「ええ、まあ・・・・・・」

女店員「友達のビデオなんて適当に選べばよくないですか?」

「いやいや。だってこの中にはボクの選んだ作品もありますし・・・・・・あっ」

女店員「やっぱりね」

(まさかこの店員さん、オレをハメたのか!?この人じゃなくて!オレがハメられた!?)

女店員「返却はいつになさいますか?」

「当日で」

女店員「はい、当日ですね・・・当日!?と、当日ですか?」

店員が一瞬素になってた。

「と、友達のだからこそですよ!」

女店員「5枚もあるんだから、適当に選んでもいいじゃないですか」

「ぐっ!ボクをハメたんですね・・・・・・!」

女店員「こんな簡単な手に引っかかるとは思いませんでしたけどね」

「そ、それでもボクは認めませんよ。証拠はないんですからね!」

女店員「私は素直な人が好きです」

「実はボクもAV借りようとしてました!」

女店員「素直ですね」

「はい!やっぱりウソはいけませんよね!?」

女店員「あ、あの・・・・・・顔が近いです・・・・・・」

「あ、すみません」

女店員「あの店員さんのビデオも、やっぱりあなたが自主的に借りたんですね?」

「はい、そうです・・・・つい出来心で」

女店員「やっぱりサイテー」

「ち、違うんです。ボクは店員さんの恥ずかしがる顔が見たくて、つい」

女店員「もっとサイテーです」

「ですよねー」

(勢いにまかせて全部ゲロっちまった。もうおしまいだ)

女店員「エッチなビデオが好きなら、この店に時々そういう女優さんが来たりしますよ?」

「マジですか!?」

女店員「ええ。ああいう人って自分の出演してる作品を借りにくるみたいです」

「すげえ!」

女店員「急に元気になりましたね」

「そりゃあもうね!もうこの店ににずっと張り付いてますね!」

女店員「絶対にやめてください」

「またまた・・・本当はボクに来てほしくてその情報を教えてくれたんでしょ?」

女店員「いいえ。急に元気がなくなって、不気味に思ったからです。勘違いしないでください」

「じゃあそういう事にしておきますよ、へへへ」

男(ちょっと待った。なぜそんなAV女優が来るなんて事をこの人は知ってるんだ?男ならともかく女って、AV女優にに興味ないよな?ま、まさかこの人・・・・・・)

女店員「何ですか?汗ビッショリですけど、大丈夫ですか?」

「早まらないでください!」

女店員「な、何ですか!?肩を掴まないでください!あと顔近いですっ!」

「店員さんみたいな美人がAVに出るなんて!せめてキャバクラの方がいいですよっ!」

女店員「はい?」

「ご両親も、店員さんがAV出てるって知ったら悲しみますよ!?」

女店員「あの、さっきから何を勘違いしてるんですか?」

「だって、AV女優が来たら、その人がAV女優だって分かるっていうから!」

女店員「あのねぇ、違います。同じバイトの先輩が教えてくれるの、いちいち」

「・・・・そ、そうなんですか。ですよねえ」

女店員「ていうかなに?その手のビデオに出そうな人に見えるって事、私は?」

「め、滅相もございません!」

女店員「別にいいですけどね。あなたにどう思われても」

(そりゃあそうだ。AVに出演だなんてなぁ。でもこの人がAV女優だったら、それはそれで興奮するなあ・・・・・・)

女店員「・・・・・・1人で何ニヤニヤしてるんですか?」

(いやしかし、それだと何だか寝取られたような気分だな。画面越しに犯される店員さん。そして何もできずに、ナニするオレ)

「うううぅ・・・・・・」

女店員「何で今度は涙目になってるんですか?」

(しょせん童貞では男優には勝てないという事か!くっそ!)

女店員「顔が怖いんですけど。聞いてますか?」

(もう風俗デビューしようかな)

女店員「もしもーし・・・・・・えいっ」

「ふわぁぉ!?な、何するんですか!?」

女店員「ちょっと首に手を当てたぐらいでオーバーですよ」

「ボ、ボクは首が弱いんですからねっ」

女店員「聞いてませんし、聞きたくもありません。というか急にどうしちゃったんですか?」

「すみません、なんか自分の世界に入ってました」

女店員「まあなんでもいいですけど、今回の期限はどうしますか?」

「7泊8日じゃなくていいんですか!?」

女店員「なんかもうどうでもよくなりました」

「・・・・・・じゃあ、2泊3日あたりにしようかな」

女店員「分かりました、はい」

「どうも」

女店員「たまには違うものも借りてくださいよ」

「うーん、熟女モノとかですか?」

女店員「そうじゃなくて!」

「じゃあなんですか!?」

女店員「いかがわしいビデオじゃなくて、普通のものを借りてくださいって事です!」

「あっ、そういう事か」

女店員「もう・・・・・・」

「じゃあ、せっかくだし今度お勧め教えてくださいよ」

女店員「・・・・・・別にいいですけど」

「やったあ!」

女店員「あの、もう少し静かにしてください」

「あ、すみません」

女店員「言っておきますけど、私は変なものはお勧めしませんからね?」

「大丈夫ですっ!エロに関しては店員さんに勝てると思いますから」

女店員「別に勝負してませんし」

「じゃあまた来ます!」

女店員「はいはい、気をつけて帰ってください」

「みーやびなすぷらっしゅ!」

「うるせえな。ビデオ見たいから帰れよ」

「そう言うなよ!オレあの店員さんと結婚するわ!」

「・・・・・・お前、あの店員さんの事なんも知らねーじゃん」

「は?知ってるし!知らない事とかねーし!」

「じゃあ何を知ってんだよ」

「可愛いって事だろ。背があんまり高くないって事」

「で?」

「多分年の差はほとんどないはず」

「名前は?」

「そういや知らないわ。ていうか何も分かんないや」

「何も知らねえじゃん。まあ、あっちもお前の事なんも知らねえだろ」

「いーや、少なくともオレのAVの趣味は知り尽くしてるはずだ」

「・・・・・・」

「そう嫉妬しなさんなって」

「呆れてんだよ」

「まあお前にはサークルがあるだろ、な?」

「俺もお前も同じサークルだろうが」

「大丈夫だって。オレはあの店員さん一筋だから」

「へいへい。あ、でも店員さんはお前の名前は知ってるんじゃない?」

「何で?」

「カード見りゃ分かるだろ。それに、お前って名字変わってるし」

「確かに!という事は、こりゃあゴールインまであと少しだな!」

「言ってろばーか」

「ははは!今のオレに怖いものはない!3日後が楽しみだぜ!」

3日後。

女店員「あっ、本当に今日も来たんですね」

「こんばんは。今日は雨強いですねぇ・・・って、何で店員さんが外にいるんですか?」

(しかも私服だ。か、可愛い・・・・・・!)

女店員「もしもし、また自分の世界に入ってますよ」

「す、すみません。あまりにも素晴らしいものを見てしまったせいでうっかり・・・どうして今日は私服なんですか?」

女店員「雨が凄く強いでしょ?」

「そうですね。風もありますし」

女店員「こんな天気じゃお客さんも来ませんし、もう帰っていいって店長に言われちゃったんです」

「そ、そんなあ。ボクが来た意味ないじゃないですか」

女店員「ふふっ、残念でしたー」

「う、嬉しそうですね」

女店員「はい、何だか清々しい気分ですね」

「じゃあこれから帰りって事ですか?」

女店員「ええ、そうなんですけど」

「?」

女店員「傘、忘れちゃって・・・・・・」

「!!」

キュピーン男「なるほど。つまり、傘を忘れて現在どうやって帰ろうか困っている・・・そういう事ですね?」

女店員「そういう事になります。というか、急に声が凛々しくなったのはなぜ?」

「ははは、声だけはイケメンってよく言われるんですよ」

女店員「誇らしげに胸張ってますけど、それ褒められてませんよ?」

「気にしないでくださいっ!それよりこんな雨の中、店員さんみたいな美人が傘もなしに帰るのは危険っっっ!」

女店員「大袈裟な。大丈夫ですよ」

「いや!ダメだダメだダメだ!」

女店員「ダメだって言われても困ります」

「安心してください。家まで送ってきますよ」

(今のオレ超かっこいい!)

女店員「お断りします」

「ははは、遠慮しないで・・・・・・え?ボクと相合傘出来るチャンスですよ?」

女店員「結構です。さようなら」

(なんだなんだこの変わりようは?そして、相変わらず上目遣いのジト目にキュンとしちゃう!)

女店員「ついでに、あなたと相合傘とかお断りです」

「じゃあ分かりました!マネージャーみたいに傘を差す役をやります。あ、もう自分は全然濡れていいんで!」

女店員「もっとお断りします」

「はっはっはー、そうかそうか・・・・・・って、これでもダメなんですか!?」

女店員「単刀直入に言うと、あなたに私の家がバレるのがイヤなんです」

「そういう事か!」

女店員「言っておきますけど、私のあなたに対する信頼度は限りなくゼロですから」

(なぜオレは今までAVしか借りてこなかったんだ!?いや、でもよくよく考えると、オレに家までついてこられると困るという事は・・・ひょっとしてこの店員さんは、1人暮らしなのか!?それだ!オレがいくら人畜無害なジェントルマンでも!)男(1人暮らしの女性なら、警戒するに決まっている!)

「ふふふふ、なるほど。分かりましたよ、店員さん」

女店員「・・・・・・何がですが?」

「ワタクシの推理が正しいとすれば、あなたは1人暮らしですね?」

女店員「な、何で分かったんですか?」

「男の勘ですよ。こうなったら絶対にあなたを家まで送らせてもらいますよ!」

女店員「イヤです!下心丸出しじゃないですか!」

「なに言ってるんですか!ボクはジェントルマンですよ!女の人に手を出した事なんてありません(事実童貞だし)」

女店員「・・・・・・」

(おや?これはひょっとしてイケるのか?)

女店員「やっぱりいいです。あなたに送られるなら喜んで雨に濡れて帰ります」

「チキショー!こうなったら意地でも返しませんよ!」

女店員「大声で叫んじゃっていいですか?」

「どうぞお帰りくださいまし」

(これが現実・・・・・・!現実はAVのようにはイカないのか!?こうなったら、せめてこれだけでも!)

「店員さん」

女店員「な、何ですか?」

「傘、どうぞ」

女店員「え?」

「オレと帰るのがイヤなら、せめてオレの傘と帰ってくれませんか?」

女店員「えっと・・・・・・」

男(き、き、決まった!ヤバイ今のオレイケメンすぎるっ!)

女店員「・・・・・・」

(ん?なんか間違えたか?って、これじゃあ傘だけ貸して、オレは帰らなきゃダメじゃん!傘に店員さんを寝取られてどうすんだよ!)

「遠慮しないでください。オレの傘も店員さんと帰った方が喜ぶと思いますし」

女店員「そうなんですか?」

「そーなんです!」

女店員「それじゃあ・・・・・・」

「いやぁ、やっぱりこの傘も店員さんの方が似合うなぁ!」

女店員「これ、ただのビニール傘ですよね?」

「馬子にも衣装ってやつですよ!」

女店員「・・・・・・」

(睨まれたけど、何かオレまずい事言ったのかな?)

「それじゃあ帰ります。風邪引かないように気をつけてくださいね」

女店員「・・・・・・ぁ、あの・・・・・・」

「うん?」

女店員「あなたはジェントルマンなんですよね?」

「はい」

女店員「よく考えたら、私ったら自意識過剰だったかも」

「へ?」

女店員「ジェントルマンだったら、女の私を家まで送ってくれますよね?」

「!?!?!?!?!?!?」

女店員「もし・・・もしよかったら。私を家まで送ってくださいませんか?」

「喜んでー!!!」

(あわわわわわわわわ)

相合傘ってこんなにからだがくっつくんだな。

女店員「あ、あの・・・」

「は、はいっ!?」

女店員「大丈夫ですか?」

女店員「さっきから鼻息は荒いし、呼吸は浅いし・・・・・・」

「も、問題ありませんっ!」

女店員「それならいいんですけど」

「・・・・・・」

女店員「・・・・・・」

「・・・・・・」

(頭が真っ白だ。店員さんに触れてる部分ばかりに意識が・・・・・何でここに来て言葉が出てこないんだよ)

女店員「濡れちゃいますね」

「え?」

女店員「相合傘って結構濡れるんだなって思って」

「そ、そういう事ですか。そ、そうですね、濡れますよねー」

女店員「こういうのは初めてで。何だか歩きづらいし、予想してたのとちょっと違うかも」

「今すぐボクが出ます!」

女店員「ダメです」

「いえいえ!ボクをわざわざ家に送るという任務につかせてくれたその御恩に報いたいのです!」

女店員「ふふっ・・・どういうキャラですか、それ」

(ウケた!?笑った顔も・・・・・・くううぅ!可愛いいい!)

ッチな広告

ッチなPR

ッチなPR