エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 彼女に睡眠薬を飲ませてオヤジにヤラ…
投稿:2011-05-24(火)05:00

彼女に睡眠薬を飲ませてオヤジにヤラせてた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:7,175回)
名無しさんからの投稿

彼女とぼちぼち別れる様な雰囲気になりかけた頃、一人でたまたま居酒屋にて知り合った中年の親父と別の話で意気投合して会話が弾んでいる時、その別れ話を話すとなぜかお金でやらせてくれないかとの相談を受けました。

もちろん当人同士顔しかわからず互いに偽名にて会話をしました。

一定の満足のいく条件だったので快く引き受けました。

問題はどうするかです。

たまたま近々温泉に行こうなんて話していたので、事前に温泉を決めてその親父に場所を指定して待機願いました。

連絡は全てメールにて行いました。

僕自身もやっぱり抜きたいので、まずは到着後温泉に入る前に仲居さんの挨拶後プレイ開始です。

今回はプレイの様子も盗撮することを計画しました。

バックに小さな穴をあけビデオカメラをセットしました。

僕は超パンティストッキングフェチです。

彼女も知っているので会う時は必ず薄手の茶系パンストを履いてきます。

もちろんガードルはつけません。

まず座布団を敷き洋服を一枚一枚カメラに写る様に脱がしていきます。

もちろんパンストの状態でつま先の三日月に股の切り返し真ん中の縦線等なぞる様にもてあそび全てを脱がさず脚にパンティパンストを絡めます。

ブラを取り濃厚なオ○ンコ開始です。

途中のフェラも正常位でのピストンも全てカメラに写る様な体勢で行いました。

特にピストン中はゆっくりの出し入れも行い白濁液まみれの棒もよく映し出される様にしました。

そうこうしてあえなく発射です。

さて本題の親父へのバトンタッチですが、風呂上がり部屋食にしてゆっくり食べて飲んでいました。

時間も経過し料理をさげてもらい濃いめのお酒を飲んでいました。

その中へ睡眠薬を入れ、寝るのを待ちました。

数十分後寝ました。

熟睡を確認してメールを親父へ送り親父の登場です。

私は襖隔てた隣にいて酒を飲みながら襖を少し開けてプレイを覗いていました。

親父のプレイはまず全身の臭いを嗅ぎ足先から耳までしゃぶりついていました。

その時点で親父の棒はビンビンです。

乳房を揉みほぐし唇に下を無理矢理入れ片手でオ○ンコを触っています。

数分後顔の位置をずらしやや暫く性器を舐め回し狂った様に女を味わっています。

唾液まみれの性器になったところで自らのペニスを挿入です。

もちろん当日は安全日とわかっているので、別料金で生入れ生出しを許可しています。

もちろん膣内の精子は清掃してもらいますが。

親父は正常位で時折挿入シーンを見ながら鼻息荒立てて髪の臭いを嗅ぎディープキスをしながら腰の動きが止まり十秒間位射精していました。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告