エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 【レイプ】夜道を歩いていると、黒髪…
投稿:2015-11-07(土)01:37

【レイプ】夜道を歩いていると、黒髪の清楚な美人が目の前を通り過ぎた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:141,382回)
名無しさんからの投稿

俺は欲求不満だった。

性欲も金も得るため、犯行を繰り返していた。

そして今日も獲物を見つけた。

彼の目の前を黒で長めの髪をした美人が通り過ぎた。

暗がりの中、一瞬見ただけで間違いなく美人だと思った。

大学生くらいだろうか、後ろからつけるとふわりとしたミニスカを穿いており、細身で華奢な感じでもある。

清純そうに思える。

マンションに入っていくのをついていき、エレベーターに入ったところで、後ろからナイフを突きつけた。

彼女は身体を硬直させた。

そして肩を抱く。

「分かってるよな?」

俺は彼女がエレベーターで下りると後ろからぴたりとついていった。

彼女は部屋の前で止まる。

「部屋の中に金目のものがあるだろ、それをよこせ」

彼女は財布を取り出し、札を取り出す。

二万円だ。

ありったけの金のようだった。

「これで帰って・・・」

声はちょっと震えていた。

だが、気丈さもあるようだ。

「おいおいそれぽっちじゃ満足しねえよ。部屋の中の金よこせ」

ぼんと押す。

彼女の後に俺は入る。

部屋に入った途端、後ろから抱きつく。

電気を点け、そして顔元にナイフを突きつけた。

彼女は縮み上がっている。

「その可愛い顔、傷物にしたくなかったら、エッチさせてよ」

ぐいぐいと彼女を押して部屋の中にどんどん入っていく。

「金ねーんならそれくらいさせろよ。俺を怒らせるなよ」

語気強く言いながら、ナイフを押し当てつつ居間を横切りベッドの前に立たせる。

彼女の身体は強張りつつも、抵抗はほとんどしてこない。

「一回だけ、一回だけだから」

そう言って押し倒した。

彼女は怯えながらこちらを見上げてくる。

それがとても可愛かった。

こんな美人だとは思わなかった。

目鼻立ちが整っていて、目もくりりとし、その可憐さに俺のテンションは上がった。

(マジ可愛い!可愛い!綺麗!)

「お・・・・・・お金なら・・・・・・おろしてきますから」

俺は思わず笑ってしまった。

「おろすぐらいならその分セックスさせろ」

そしてベッドから降りて立ち上がる。

「自分で脱いだ方がいいだろ、全部脱げ」

彼女は起き上がって辛そうに俺を見る。

「早くしろ、俺を怒らせるとどうなっても知らんぞ」

ナイフを突きつける。

「やめてください・・・・・・、お金なら・・・・・・」

彼女は弱々しく言う。

「さっさと脱げよ。ぶっ殺すぞ」

彼女を数回どつき、

「殺すぞ」

「顔に傷つけるぞ」

と脅した。

おずおずと辛そうに服を脱ぎだす。

全裸になった。

すらりとした手足と、形の良い胸。

そして綺麗な肌だった。

俺はスマホを取り出し、撮って行く。

彼女は胸を隠したり、顔を隠したりしたが、そのまま撮った。

「隠すな」

語気強く言った。

彼女は怯えた顔でそれに従い、胸も秘所もさらけだして、気をつけの姿勢をとった。

それを何枚か撮った。

スマホをしまうと、俺も裸になった。

「楽しませてね。ねえちゃん」

彼女の肩に手を乗せる。

怯えと嫌悪感を示し、目を背ける。

俺はゆっくりと押し倒した。

彼女は目をあらぬ方向へ向け、緊張しきって身体を硬直させていた。

「一回言いなりになってくれればいいからな」

形のいい胸を揉み、そして唇を近づける。

彼女の目が潤んだ。

可憐な唇に口付けをする。

しかし、10秒後、

「おい、舌で相手しろよ」

と怒りながら俺は言った。

固く口が閉ざされていたのだ。

すぐにまた唇を重ねる。

次は舌を絡めてきた。

彼女の身体は震えていて、それもまた俺を興奮させた。

こんな可愛い娘とキス出来るなんて。

ちゅぱ・・・・・・ちゅぱ・・・・・・。

しばらくキスを続けた。

俺は唇を離し、ペニスを彼女の顔に持っていく。

「舐めろ」

戸惑いを見せた。

口を少し開き、

「早くしろ」

と俺が言うと、怯えた顔でこちらを見た。

彼女は躊躇いがちに口に咥え、数回頭を上下させた。

「もういいだろ」

ペニスを抜く。

そして彼女の秘所にあてがう。

「あ、あの、中で出さないでください」

彼女が慌てて言った。

「じゃあ、顔に出すからな」

彼女は怯えた表情で頷いた。

そして目をきつく閉じた彼女の顔を見ながらゆっくりと挿入した。

ぱんぱんと、激しく思いのまま突いた。

それは相手のことなどお構いなしのものだった。

彼女はひたすら目を閉じ、耐えている様子だった。

抵抗はほとんどない。

抱きついたり、キスをしたり、胸を揉んだりした。

「おい、舌で相手しろっつっただろうが!」

彼女は唇を噛み締め耐えているのであった。

またキスをすると、口を開けてくれた。

そこにするりと舌を滑り込ませ、彼女の舌と絡め合わせる。

彼女の身体はすべすべで、綺麗な肌をしていた。

最高だった。

出そうになったので、慌てて抜いて彼女の口に持っていく。

彼女は目を開けた。

あまりの気持ちよさに俺は感動した。

彼女の美しく可憐な顔に汚いものがかかった。

目を閉じ、口を歪めながら受け止める。

「ふう、良かったぜ」

彼女は声を上げて泣き出した。

俺はトイレに行き、それから冷蔵庫を漁りに行った。

もしこの瞬間に、ベッドの近くの床にある彼の上着のポケットからナイフを奪われたら形勢は逆転していただろう。

だが、俺は絶対に彼女はそんなこと出来ない、と考えていた。

俺に怯え、逆らえず、一刻も早く終わるようにと祈りながら従順にしていた彼女が、そんな危険を侵すわけがない。

このまま帰ってくれるよう祈るので精一杯なはずだ。

冷蔵庫から、チーズを取り出し食べた。

「他に何もねーのか」

彼女はティッシュで顔を拭きながら、ベッドの上に座ったまま俺を見た。

目は涙で溢れていた。

「お前が作れってことだよ」

彼女は驚いたような顔をして、次によろよろと立ち上がった。

「はい・・・・・・わかりました・・・・・・」

顔にこそ言葉にこそ出しはしないが、どうしてまだ帰ってくれないのだろう、と彼女の目は語っている。

だが怖くて言えないのだ。

まず彼女は顔を洗った。

まあ、しょうがないか、と思う。

彼女が作ったのはラーメンだった。

カップラーメンではなく、袋ラーメンである。

「お前の分も作れよ」

と言っておいた。

卓に並ぶと、食事を始めた。

彼女は食欲が湧かないようで、箸を持ったはいいものの、口に入れようとしない。

「食えよ。君が全部食わなきゃ俺の食事も終われないじゃん」

彼女は口に運んで食べ始めた。

俺はテレビを点けて、笑いながら食べていた。

その横で、彼女はどんな気持ちでいただろう。

結局彼女は、ほとんど食べなかった。

「大丈夫?食欲ないの?」

そう聞くと、彼女は頷いた。

「じゃあ、コーヒーある?」

「はい、あります」

彼女は立ち上がった。

彼女はコーヒーを注ぎながら、

「あの、牛乳入れますか・・・・?」

と訊いてきた。

「ああ」

コーヒーを二人して飲むと、俺は言った。

「おまえ学生?」

彼女は頷いた。

「やっぱりか、学生証見せろ」

震える手で差し出してくる。

入学直前に撮ったのであろう。

大抵こういう写真は微妙に写るのだが、美人だった。

「写真映りいいじゃん」

スマホで学生証を撮った。

「さて、お金をもっとくれるって言ったよね」

「はい・・・・・・」

彼女は消え入るような声で俯いて答えた。

「おろしてくるって言ってたよね」

「はい・・・・・・」

「君は二万円くれたけど、それじゃ足りないからその分身体で支払ったってことなんだけど」

「は・・・・・・はい」

「じゃあそのおろしてくる分いらないからまたヤラせて、と言ったら?」

彼女は顔を強張らせ、悲痛そうな顔を浮かべた。

「その・・・・・・おろしてくる代わりのエッチだったんじゃ・・・・・・」

「誰が一回だけのセックスで足りるつったよ!?」

彼女は蒼白になった。

「一回だけって・・・・・・」

「それは君が可哀想だと思ったからだよ。一回が限界かもって。でも、一回だけなんて言い方、一回だけ我慢すればだなんて感じで、割と余裕そうじゃない。君がまさか簡単に知らない人とエッチ出来ちゃう淫乱だなんて思わなかったから。淫乱は淫乱らしく俺を楽しませろ」

彼女は眉を顰めた。

「そ・・・・・・そんな・・・・・・!」

「まだ大丈夫そうだから、もっと相手してよ。最初に言ったけど、俺を怒らせるな。顔に傷つけてやるぞ」

彼女はくすんくすんと泣き出した。

本当の理由は彼女が美人で可愛いので、一回じゃとてもとてもという理由だった。

「ぐすっ・・・ぐすっ・・・お願いです。中に出すのはやめてください・・・・・・」

中出しさえしなければいいというのである。

もはや再びセックスを強いられるのは避けようがない。

逆らうと危険、だがせめて中で出されるのは防ごうというのだ。

「やっぱり簡単にエッチさせてくれるんだね。中に出さなきゃいいってわけ?」

彼女は俯いた。

「外に出してください」

「ゴム使わなくていいの?生でしていいの?」

俺は笑いながら言った。

彼女は顔を上げる。

「ゴム使ってくれるんですか?」

ちょっとした希望を見出したかのような表情だ。

「ゴム嫌いなんだよね俺」

彼女はがっかりした顔をする。

「じゃあ、口でイかせろ。中出しが嫌なら」

「はい・・・・・・」

俺はペニスを彼女に見せ付ける。

先程のセックスで汚れている。

彼女は無表情でそれを見つめると、綺麗な手で握った。

可憐な口で咥え、頭を上下させる。

ゆっくりとした動きだった。

眉をひそめて奉仕をしている。

「おい、音立ててやれ」

彼女は咥えながら頷いた。

じゅぴ・・・じゅぱっ・・・・・・じゅぷっ・・・・・・。

「いいぞ・・・・・・」

なかなかのものだった。

「上目遣いだ」

怯えた目がこちらと目線を合わせる。

その征服感はたまらないものがあった。

怯える美人と目と目で見つめあうというのは、まさに奴隷を手に入れたかのようだ。

頭を撫で、髪を掻き揚げる。

やはりとても可憐な美貌をしている。

「彼氏にもそうしてるのかな?」

俺はにやつきを押さえられない。

「会ったばかりの相手のチンポをそうやってしゃぶるんだな」

自分を弄んでいるのが誰なのか、しっかり目に焼き付けて欲しかった。

さっきのように目を閉じられていては困る。

今度は見つめあいをさせながらのセックスにしよう。

性犯罪者の中には顔を見られたくない人間も多いが、それは邪道だと俺は思っていた。

しっかり脅し、支配すれば、女は泣き寝入りしてくれる。

彼女は涙を流しながら奉仕を続けた。

「タマ舐めろ」

「よし、そうだ・・・・・・」

「亀頭を重点的に・・・・・・」

「手を使わずに・・・・・・」

「手を添えろ・・・・・・」

様々な注文にも彼女は言うとおりにした。

「パイズリしろ」

彼女は口を離し、胸の間にペニスを挟む。

「そうだ。亀頭ってのもすぐに分かったし、彼氏に調教されてんだな」

彼女は悲しげに胸でしごき続ける。

「よし、咥えろ。手も胸も使うな」

彼女は言いなりだった。

じゅぱっじゅぱっじゅぱっ。

そして射精した。

彼女の頭の動きが止まる。

眉を顰めている様子が凄く可愛い。

「そのまま」

ペニスを引き抜くと、糸を引いた。

俺はスマホを持ってくる。

「口あけろ」

彼女が口を開けると、白いどろっとしたものが溜まっていた。

俺はそれを何枚か撮った。

「よし飲み込め」

ごくり・・・・・・。

彼女は嫌そうに飲み込んだ。

口をすすがせる。

洗面台の彼女のもとへ歩み寄る。

「早く来い」

「ええっ・・・・・・」

彼女は振り返って困惑の顔をする。

手を引いてベッドの上に押し倒した。

彼女は怯えている。

「口でイかせるくらいで俺が満足するとでも?」

彼女は目を背けた。

どことなく悔しそうであった。

「おい、今度はじっと俺の目を見つめてろ。ちゃんとやったら中出しはしない。目は絶対に瞑るな」

「は・・・はい・・・・・・」

「今からだぞ!」

慌てて目を合わせてくる。

キスをする時も目を合わせてきて、切ないその表情に興奮しきりだった。

「おい、キスしてる時も目は開けとけよ」

「は、はい」

「俺が唇離したとき、目を閉じてる事に気づいたら・・・・・・」

胸を揉んだり、手コキをさせながらキスをしたりした。

しばらくそうやって楽しんだが、こんなに楽しいセックスは久々だった。

彼女の足を開いて挿入する時も目線を合わせてきて、挿入後、正常位の状態になっても目線があった。

突いていると悲しげな耐える顔をして涙目で俺を見つめてきた。

彼女は頑張っていた。

よほど中出しされたくないのだろう。

それはともかくとして、そんな彼女の様子がたまらなく可愛くて、

「おまえそれは反則」

と言ってしまった。

「そんなに可愛いとずっとセックスしたくなっちゃう」

彼女は堪えたみたいで、顔色を変えた。

「おい、逸らすなよ?」

そらしかけ、また視線を戻した。

動揺したのであろう。

「お願いします・・・・・・これで最後に・・・・・・」

ぱんぱんと突かれている。

「お前の目の前にいる奴に、お前は何をされてる?」

笑いながら聞いた。

しばらく突かれて、彼女は答えた。

この、考え込んでいる瞬間の彼女と目線を合わせていることに最高に興奮した。

美人がどう答えれば相手を怒らせないか、と考えを巡らしているのだ。

その恐怖と、恥辱と、必死の思考と、あらゆるものが含まれた美人の視線は素晴らしい。

くりりとした目を潤ませながら、悲痛な思考を巡らせる。

「・・・・・・セックスしてます・・・・・・」

「おいおい、されてるかって訊いてんだから、してますって回答はおかしいだろ」

俺は突くのを一旦やめる。

まだ長引かせたいからだ。

「もう1回答えろ」

彼女は目を泳がせた。

「目線逸らすなよ」

「そ、その・・・・・・抱かれてます・・・・・・」

「なんだ、和姦か」

彼女は黙って、突かれていた。

「和姦だよな?合意の上でのセックスだよな?」

諦めたように答えた。

「はい・・・・・・」

「恋人繋ぎしながらだしな」

言いながら最高に興奮した。

つくづく彼女の彼氏が羨ましかった。

俺は彼女の手にさらに手を絡ませ、唇を重ねた。

舌を絡めさせる。

ちゅぱ・・・・・・。

「じゅあ俺達って付き合ってるって事?」

彼女は悲痛な顔をした。

「俺と付き合わない?」

俺は本気だった。

「お、お願いです。これで最後に・・・・・・」

懇願するかのようだった。

「気持ちいいだろ?」

彼女は悲痛な顔で答えた。

「はい、気持ちいいです」

「全然嬉しそうじゃない」

「気持ちいいです」

彼女はぎこちない笑顔で言った。

「サイン書けよ」

「サインって・・・・・・?」

彼女は意味が分かっていないようだった。

ペニスを抜く。

彼女は不安そうに見つめている。

「上で動け」

彼女は目線を離さぬように仰向けになった俺の上に乗る。

そしてペニスを掴んで、ゆっくりと挿入した。

彼女は腰を上下させ始めた。

形のいい胸が揺れてエロかった。

しばらくそうさせた。

「もういい」

彼女は俺から降りた。

じっと俺を見つめる。

さすがに精神的にもきつそうだが、続けさせることにした。

「次はバックな」

「え?は・・・・・・はい」

彼女は戸惑った風だが、後ろを向こうとした。

「いいのか目線外して?」

彼女は俺の言葉にぎょっとしたように慌てて視線を戻してくる。

「馬鹿だなおまえ、目線外したら中出しだろ」

俺は腕組みして睨みつけた。

「中出して欲しいのか?」

「い、いいえ」

少し語気がはっきりしていた。

それ程意思の篭った言葉なのだろう。

彼女は怯えて、目を逸らしそうになるが必死で耐えている様子だった。

「わかったよ、じゃあ正常位な」

「はい」

「おい、頷いて返事しろ」

「は・・・・・・はい」

頭を下げようとして慌てて気付いたのか、目線を合わせつつ頭を下げる。

(危ないところだったな)

「おい、そうやって人睨みつけながらお辞儀するのか」

彼女は困惑と恐怖が入り混じった顔をしていた。

女のこういう顔が大好きだった。

どうすればいいのかという恐怖にまみれる美人の顔は最高だ。

「すみません・・・・・・」

「じゃあ下になれ」

「抱きつけ」

おずおずと抱きついてくる。

胸や身体が密着し、俺が腰を振るたびに擦れる。

汗でぬるぬるになった絡み合いは最高だった。

そうしながら、何度もキスを交わした。

ずっとこうしていたいと思った。

唇を離す。

「中で出すぞ」

「へえっ・・・・・・!?ええっ・・・・・・!?なんでぇっ!?」

彼女は可愛らしい声を上げた。

そしてその顔といったら、驚愕と慄きと拒絶の意思とを感じさせる歪ませ方だった。

それもまた凄く興奮させるものだ。

抱きついた手足が離れようとした。

俺は抱きつき、思いっきり射精した。

ペニスを抜かずに口付けをねっとりとかわす。

あまりに気持ちよくて、しばらく続けた。

余韻をじっくり俺は楽しんだ。

「うううう・・・・・・」

彼女はすすり泣きをしていた。

抱きつきながら、キスをずっと続けていると、だんだんとまたしたくなってきた。

そしてすすり泣く彼女を相手にもう一回セックスした。

彼女は泣きじゃくりながらも、言う通りに奉仕をしてくれたし、体位を何度も変えてのセックスの相手もちゃんとやってくれていた。

正常位、バック、対面座位など、あらゆる体位で犯した。

駅弁もやった。

目線はもう合わせようとしてくれなかったが、何度も交わした。

さらに奉仕の時は上目遣いをさせたので、何か色々渦巻いている様な彼女の目はゾクゾクしたが。

結果として、先程よりセックスは長時間に及んだ。

俺はペニスを抜き、立ち上がってテレビを点けた。

彼女は身体をわなわなさせながら泣きじゃくっていた。

「さて、これからいう文章をパソコンで入力しろ」

彼女は泣いている。

「おい早く起きろ!殺すぞ!」

彼女は涙をぬぐい、立ち上がる。

非難の目を向けてきたように感じたが、気のせいだろう。

むしろ怯えの感情がその目には強く宿っているように感じた。

「中に出さないなんて、一言も言ってねえよな?」

彼女は黙ってパソコンの前に座った。

「よし、俺の言う通りに書け。そして印刷だ」

彼女は頷いた。

「わたしは、お金を払って、彼とセックスしました。合意の上でした」

名前を書くところもちゃんと作らせる。

「よし印刷」

ッチな広告

ッチなPR

ッチなPR