エチ研TOP
Home > 体験談 > 京都のお嬢様学校の女の子を酔わせて…
投稿:2014-07-13(日)07:00

京都のお嬢様学校の女の子を酔わせてそのままお持ち帰り

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:14,627回)
名無しさんからの投稿

昨年秋に、京都のお嬢様学校の女の子3人と飲む機会があったんです。

こっち側の男性陣も3人で、いい感じの雰囲気でした。

その中で俺が狙ったのは、開始時からウーロンハイなどあまり強くない酒を飲んでいた、色白で髪が肩甲骨くらいまでの長さの女の子でした。

友人2人はそれぞれもうターゲットを定めたようだったので、俺はその娘(以下A)に全力を尽くす事にしました。

「Aちゃん、あんまりお酒飲めない?」

A「あ・・・はい。私、こうやって皆で飲むって事もあまりした事なくて・・・」

なるほど、免疫力の無い真性お嬢か。

個人的には、こういうちょっと弱々しげな女の子は結構好み。

俺は世間話の合間にさりげなく酒を勧める事に全神経を集中した。

もう集中しすぎてろくにどういった駆け引きをしたのかは思い出せない。

ただ気が付くと、Aの顔がうっすら赤くなってる。

意志が弱くて勧められるがままだったのか、はたまた俺が絶妙な駆け引きをしたのかは定かではないが・・・。

A「あぁ、なんか暑くらってきちゃいましたぁ〜」

呂律が怪しい。そしてこの間延び。

どうやらAは結構酔っているようで、ぼーっとした目をしていた。焦点が合ってない。

あと少し。

「Aちゃん、大丈夫?なんかさっきからどっか飛んでるけど?」

A「そうですかぁ〜?そんなころはないれすよぉ?」

「ちょっと飲み過ぎちゃったんじゃないの?」

A「えぇ〜、まだ大丈夫ですってぇ〜」

・・・許可が下りました。

どうする?よし、とりあえず歩行不能にするとしよう。

「ほんとにまだいける〜?あ、そうだ。赤ワインなんかどうかな?俺結構好きなんだ。一緒に飲まない?」

A「ワインですかぁ〜。いいですねぇ、飲みましょ〜」

・・・言ったな?赤ワインだぞ?本当にいいんだn(ry

「すいません、赤ワインを追加で」

ほどなく到着。投与開始。

「Aちゃんて意外にお酒強いんじゃん。せっかく集まったんだし、たくさん飲みなよ」

A「そうですねえ〜。せっかく皆いますしねぇ〜」

グレイト。的を得てないオウム返しは神のお告げだ。

それからAは1人でボトルを1本空けてしまった・・・。

さてそろそろいいかな・・・?

もうここまで抜かりなく事が運ぶと、友人2人なんかはもう知らない。

どんないい展開でも俺は気にしない。俺は俺の道を歩いていく。

Aの顔はこの上なく理想的ないい感じの赤色だしね。

「美味しかったね。ちょっと風に当たりにいかない?」

A「そぉれすねぇ。いきましょうかぁ」

立ち上がろうとした時、やっぱりAは大きくグラッとしかけたがそこは計算済み。

「おおっと、やっぱ飲み過ぎたんじゃない?」

A「あ・・・すみません。私は平気れすよぉ」

平気じゃないよ。特に呂律がもうアウト。

そしてついに外へ出た。

外に出ると、秋の京都の夜風がもう最高。

酒で火照った体の熱を適度に取り去りながら、それでいて大切に保ってくれる感じ。

おかげで飲みに飲んだ後でも俺は冷静でいる事が出来る。

そういえば、ふらつくAを支えた時に伝わった熱は、芯が通ってる感じだったな・・・。

「結構フラフラじゃん。危ないから送っていこうか?」

A「え・・・?いえそんな、悪いですよ・・・」

「何言ってんの。俺は全然構わないって。ほら、そこでタクシー呼んであげるからさ」

押してみるのも大切だね、叔父さん。

ここで何気なく肩を抱いてみると、やっぱりいい熱さ。

オーケー、向こうからランプが見えてきたぜ。マダム。

タクシーの中で、Aは何だか寝る寸前の子供みたいに頭が時折動いてた。

おーい、寝るなよ?・・・A?

A「何だか眠くなってきちゃいましたぁ・・・」

ぜってー寝かせねぇーーー!!

俺は寝る寸前だった女の子が、本番の時に覚醒するのを見るのが好きだ。

ここで寝られては困る。

そこでちょっと強行して、肩から回した手でAの右胸の側面を撫でてみた。

A「んぅ・・・?はぁ・・・ん」

拒まれなかった。

やっぱ赤ワインの投与が効いたらしい。

多分Cカップぐらいだが、かなり形がいい上に色白ときているので、美乳派の俺にはかなりの満足。

こうして寝ない程度にこっそり刺激しているうちに、Aのマンションに到着。

・・・。

でけぇ・・・。

入ってみると、その辺のラブホなんかは裸足で逃げ出す広さ。

そして、ベッドはなぜかダブル。

これもデカイ。

Aをとりあえずベッドに寝かせて、自分も上着を脱ぐ。

「Aちゃん、なんか熱あるみたいに熱いよ?顔も赤いし」

タクシーから続けていた愛撫の手を側面から乳首に動かして、中指で軽く弾いてみた。

A「ふぁ・・・っ・・・えっと、そのっ・・・なんか・・・熱いです・・・」

「じゃあ・・・とりあえず上着着てたら熱くなっちゃうから・・・」

と言いつつも、上着などはとっくに剥いで既に手はブラウスのボタン。

A「あ・・・え・・・そのっ・・・」

ここで少し抵抗するA。

でも既に発言権を与えるつもりはない。

ここで一気に俺はブラを剥ぎにかかって、Aの乳首を舐めにかかった。

A「はぁうぅっ・・・!!あぁっ・・・!」

空いている手を下に持っていきながら、途中でAの服を1枚ずつ剥ぎ取っていく。

ついにAの割れ目が見えた時、Aは全裸になっていた。

白い肌がなんとも言えない綺麗さで、今時珍しい黒髪との対比がもう堪らん。

割れ目にそってゆっくりと指を這わせてこじあけると、結構濡れている。

指を入れると中はやっぱり凄く熱い。

クリをくるくる撫でてみる。

A「ふわぁぁ・・・あうぅっ・・・そんな・・・熱いです・・・んっ!!」

どんどん指を早めると、比例して液が溢れてきて息遣いも小刻みになるのが分かった。

うわぁー、すげえ可愛いなあ。

A「はっ!あっ!うぅ・・・んぅぅ・・あはぁっ!ああっ!」

だんだん声も大きくなってくる。

もう萌えたのなんのw

A「ふぅ・・・あぁっ・・あのっ・・・もうっ・・・!!」

オーケー、そろそろダンクシュート、いこうか。

いよいよAに挿れてみる・・・っとここでアクシデント発生!!

ゆっくり挿れて反応を楽しむはずが、不自然に腰を曲げて屈んでしまったためにびっくりするくらいの強さと速さで入ってしまった。

ほんとにズボッ!!って。

A「うあっ!?はああああんっ!!・・・痛っ・・・ぅ・・・!!」

じわっとAの目に涙が浮かんだ。

やばい・・・萌えました。

この瞬間、もう腰を本能で振りまくり、特にAに伝えないまま中に出してしまった。

同時に、眠たげだったAも覚醒。

A「はぁっ!うあんっ!熱いっ・・・いっ、あぁ・・・あああっ・・・ふあぁっ!ああーっ!!あああーーーっ!!」

これだよ、全てはこれのために。

お嬢さまが出す声とは思えないギャップ。

その後は、イッたAをバックドロップの要領で入ったまま騎乗位に持ってきて、2回戦突入。

俺は抜かなくても2回だけは萎えないのだw

A「やぁぁっ・・・まだ・・・もうっ・・・あうっ!」

Aもまだまだ締めてくる。

腰の動きに合わせて、黒髪が上下して肌にぱらっぱらっと断続的にかかると事、まだ薄赤い頬をしたAが感じている表情が絶品。

何度もクドいけど、こういうの好きなんですよ俺w

もう堪らん。

A「はぅぅ・・・んんっ・・でるっ・・でちゃいま・・ぁぁあっ!やあああっ!!」

Aが絶頂に達すると同時に俺もまた中に出した。

最高に気持ちのいい射精だった。

ピロートークと後日談。

「しっかしAちゃんHの時はやっぱ変わるねw声とか大きすぎだよ〜」

A「そ・・・そんな事言わないで下さいよ〜恥ずかしいじゃないですかぁ・・・」

「気持ち良かった?」

A「ええっ・・・は、恥ずかしいですって〜」

で、現在も連絡は取れてる・・・付き合ってはいませんが、結構純粋な意味でいい感じです。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告