エチ研TOP
Home > 体験談 > 二人の◯学生と同級生、誰が一番好き…
投稿:2015-07-28(火)12:00

二人の◯学生と同級生、誰が一番好きかはっかりしろと言われた

この体験談のシリーズ一覧
1:◯学生とヤッた友人が膣痙攣を起こして助けを求めてきた2:友人の彼女を含めた女子◯学生たち2人を相手に3P3:友人とダブルデートしてラブホでパートナーを交代4:J◯の彼女とその友達で露出プレイやアナルセックスに興じた5:雑誌コーナーで立ち読みしてたらいきなりチンコをギュッと掴まれた6:彼女に紹介された姉は高校時代の同級生だった
7:彼女とSMプレイをしたことを話すと、あたしもやってみたいと言ってきた彼女の姉8:夜は◯学生の彼女と、昼は彼女の姉とエッチやりまくり9:彼女の姉と野外でノーパン露出プレイ10:姉ともエッチしてたのがバレて、全て話したら妹も混じって姉妹で3Pすることに11:彼女の親友が嫉妬して、やたら俺を誘ってきた12:彼女と女友達、彼女姉を交えてはちゃめちゃな4P13:彼女と女友達、彼女姉を交えてはちゃめちゃな4Pの続き14:姉のしほと協力して◯学生二人にSMプレイ15:何でも受け入れるドM女の◯学生
16:二人の◯学生と同級生、誰が一番好きかはっかりしろと言われた
17:昼は姉と、夜は姉妹で露出プレイした18:えりちゃんが入院、病院内でこっそりエッチした19:同室の女の子はM女だった20:入院患者二人と野外でエッチした21:病室でまりとセックスしてたらしほに見られた
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:26,300回)
しんさん(20代)からの投稿

前回の話:何でも受け入れるドM女の◯学生

しほから話あると呼び出された

夜10:00すぎに家に行く

みよちゃんはもう寝てるとの事

ビール一杯飲む

何の話だ?

しほ『あんた今誰が一番好きなん?』

いきなり聞かれた

返事に困る

しほ『みよの話だと最初はえりちゃんが好きって言ってたよね』

『ああ』

しほ『あたしと初めて会ったときはみよの彼氏って言ってたぞ』

『うん』

しほ『で、あたしともえっちしたよね』

『それはお前から誘ってきたんだぞ』

しほ『まあ、あれは酔った勢いで』

ちっ、上手くごまかしやがった

しほ『結果、今は三人とえっちしてるよね』

『そうだな』

しほがぐびぐびと一気にビール飲む

しほ『で、あんた誰が一番好きなの?』

少し考えた

確かに最初はえりちゃんが好きだった

みよちゃんがかなりアプローチしてくるからつい受け入れてみよちゃんともやった

しほがみよちゃんの姉と知って驚いたが、結局しほともやった

誰が一番なんだろ・・・

しほ『答えでないみたいだね』

『・・・』

しほ『なら、こうしよ』

何をするんだ

しほ『一人づつ二人っきりでデートして自分で確認しな』

どうゆうこと?

つまり、えりちゃんと一日二人っきりでデートする

違う日にみよちゃんとデート

また別の日にしほとデートする

しほ『それで自分の気持ちはっきりしろ』

口調が偉そう、酔ったときこんなしゃべりかたする

『マジで言ってんのか?』

しほ『大マジ』

『どうすればいいんだ?』

しほ『あたしからみよとえりちゃんに上手く話つけるから』

『分かった、デートしてみる。頼むわ』

しほ『近々連絡するよ』

その日は帰った

数日後

しほから連絡きた

金曜日の午後5:00頃、あの公園にえりちゃん行かすから迎えに行って。えりちゃんにはしんと二人っきりでデートしておいでと言ってあるから

えりちゃん編

金曜日の午後、公園に行った

約束時間より少し早めに行くともうえりちゃんが来てた

『早いな』

えりちゃん『うん、少しでも早くお兄ちゃんに会いたかったから』

う〜ん、やっぱり可愛い

『あれ?髪凄く綺麗にストレートになってるような』

えりちゃん『分かった?今日のためにパーマあててきた』

健気だな

あい変わらずミニスカが似合う

えりちゃん『どこ行く?』

飯食うのには少し早いのでちょっとドライブすることにした

えりちゃんと雑談した

ファミレスで食事

えりちゃんの方から早くえっちしたいと言い出した

ホテル直行

普通の部屋のホテルに行く

部屋に入るなりいきなり抱きついてきてキス

舌を絡めてくる

まあ、落ち着け。風呂入ろ

身体洗いっこ

ちんこを優しく洗ってくれて軽く舐める

えりちゃん『浣腸する?』

いきなりそれかい

『ここには浣腸器ないからしない』

えりちゃん『じゃ、おしっこかける?』

俺ってそんなイメージかい

『いま、出ない』

えりちゃん『ならあたしがするとこ見る?』

『出そうか?』

えりちゃん『うん』

『ならみせてもらおうか』

しゃがんでおしっこした

じっくり見せてもらった

ベッド行く

二人抱きあう

キスして、ちっちゃなおっぱい舐める

すうっと下がってお腹

股まで下がって割れ目をペロン

えりちゃん『きゃっ、どうしたの?』

『何が?』

えりちゃん『今まで舐めてくれた事なかったのに』

あっそう言われれば一度も舐めた事なかったな

『えりちゃんが好きだから舐めた』

えりちゃん『うわあ』

顔まっかになってうるうるしてる

どうした?

えりちゃん『凄く嬉しいの』

可愛いなあ

ペロペロ舐めた

指でまんこ広げてクリを舐めた

えりちゃん『ひゃん』

腰がピクピクなる

えりちゃん『あはっ、いっちゃいそう』

クリをチュッと吸った

えりちゃん『あああ、いく〜』

あっさりいった

はあはあ、すご〜いと感動してる

えりちゃん『次はあたしが舐めてあげる』

ちんこをくわえてペロペロする

うおっもう我慢できん

えりちゃんの上に乗った

『外で出すからこのまま入れるぞ』

ちんこ入れた

えりちゃん『んひい、あは、ああん』

背中に手回して抱きしめてくる

えりちゃん『ひいひい、またいっちゃう』

ビクンとなった

もう出そう

ちんこ抜いてお腹に出した

ふうっと一息

仰向けになって寝た

えりちゃん『いっぱい出たね』と言って自分でティッシュで拭き取る

しまった、自分で拭かしてもうた

えへへと笑いながら拭く

ぽんと俺に乗っかる

えりちゃん『重くない?』

『重たい、太ったか?』

えりちゃん『太ってないもん』

『嘘だよ、軽いもんさ』

ぎゅっと抱いてキス

そのまま眠りについた

朝起きて目をあけた

横でえりちゃんがじっと見てる

『おはよ、もう起きてたのか?』

えりちゃん『うん』と言ってキス

えりちゃんキス魔だな

えりちゃん『お兄ちゃん、おしっこは?』

『出そう』

えりちゃん『かける?』

『うん』 

 

風呂場に行った 

ちょこんと正座して『どうぞ』と言って口開ける

おしっこかけた

口に入れた

こぼしながらゴクゴク飲む

バスタブに手ついてお尻つきだした

えりちゃん『お兄ちゃん、バック好きでしょ』

まんこをいじる

えりちゃん『んんっ、そこもいいけどお尻の穴に入れてもいいよ。そこなら中で出せるし』

『いいのか?』

えりちゃん『うん』

アナルを指でほぐしちんこ入れた

えりちゃん『んんっ、まだちょっとなれないね』

『痛いか?』

えりちゃん『大丈夫』

グイグイ突いた

『んふっ、ふうふう』あんまり気持ちよくなさそう

ガンガン突いて中で出した

シャワーで洗い流し風呂でた

帰り支度してホテル出た

『今日、何時頃まで大丈夫?』

えりちゃん『夕方まで

俺『どっか遊びに行くか?』

えりちゃん『お兄ちゃんと二人っきりでいたい』

海が見える公園の駐車場に来た

二人で色々話する

時々長い髪を撫でる

何度もキスする

もう夕方

『そろそろ帰るか?』

寂しそうに『うん』とうなずく

帰り道ずっと無言

公園ついた

えりちゃん『楽しかったよ、ありがと』

またキスしてきた

『バイバイ』と言って手を振り小走りで帰っていった

俺、えりちゃんが好きかも

みよちゃん編

しほから連絡あり

土曜日昼前にみよを迎えに来てと

昼前に行った

みよちゃんが準備して待ってた

しほ『いってらっしゃい。頑張ってね』

何を頑張るんだ?

今日のみよちゃん、いつものミニスカではなく、白のワンピース姿

膝が少し見える程度

『今日はまた可愛い服だな』

みよ『そう、ありがと』

車まで歩いていく

ひらっとスカート捲った

みよ『いやん、えっち』

何を今さら

ん?またパンツ履いてない

『いつもノーパンだな』

みよ『生理のときは履いてるって』

車に乗る

『どっか行きたいとこある?』

みよ『暑いから海か川』

『水着持ってきてる?』

みよ『持ってきてない、裸で泳ぐ』

それは無理だろ

みよ『海〜川〜』

ッチな広告