エチ研TOP
Home > 体験談 > 悔しくて弟の彼女を襲おうと思って後…
投稿:2013-06-11(火)04:00

悔しくて弟の彼女を襲おうと思って後をつけたら

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:9,004回)
名無しさんからの投稿

弟が中3のくせに彼女が出来て、最近毎日女を部屋に連れ込んでる。

俺は高校2年なのに未だに彼女がいない。

そればかりか、高校でいじめられている始末。

俺は悔しくて、弟の彼女がうちから帰る時にそっと後を付ける事にした。

彼女の家は夜20時が門限らしいので、19時半過ぎくらいに家を出た。

家の外で張り込んでた俺は、彼女に気づかれないように後をつけた。

人気のない公園に差し掛かった時、後ろから抱きかかえた。

弟の彼女(亜里沙)は大声で叫んだが、俺は構わず公園のトイレに連れ込もうとして、思い切り腕を掴んで引っ張り込んだ。

その瞬間、俺は後頭部に激しい痛みを感じて意識を無くした。

しばらくして、鈍い痛みと共に意識を取り戻した俺は、公園のトイレに寝ていた。

目の前には、怒りに震える弟と亜里沙の姿があった。

「お前の態度が怪しいから後付けてたんだよ。マジで許さねえからな…!」

弟は俺の顔を思いっきりぶん殴ると、泣きじゃくった亜里沙を抱き締めた。

俺は言い訳もできず、反撃する事なく数発殴られた。

弟は気が済んだようで、彼女に何か囁いた。

亜里沙が意外そうな顔になり、そして弟を不安そうに見つめていた。

すると、弟はいきなりズボンのベルトを外し、おもむろに陰茎を露出した。

それを見た俺は驚いた。

俺のよりひと回り大きく、既に剥けていて、カリがハッキリとしている立派なものだ。

そのいきりたった性器を、涙で頬を濡らした亜里沙がしゃがんでしゃぶり始めた。

生まれて初めて生で見る、女の子の淫乱な姿に俺は物凄く興奮して勃起した。

「お前、亜里沙にこんな事させたくて襲ったんだろ?お前なんかに絶対させねーからな」

弟は亜里沙の頭を抱えて自分で前後に動かしながら、俺の方を睨んで言った。

俺は悔しくて、でも物凄く興奮しながらその姿を見ていた。

弟はしばらく亜里沙のフェラチオを堪能していたが、眉をひそめて亜里沙に手を添えさせた。

亜里沙は可愛い顔をしているくせに、激しい口の動きと、シコシコと手の動きを早めた。

弟は小さな声で

「いくよ」

と囁いて亜里沙の口の中に射精したようだった。

俺は床に寝そべりながら、自分のチンコを床に擦り付け、その姿を見ながら射精していた。

亜里沙は弟の精液を全てしごき出すと、床にそれを吐き出した。

唾液も混ざってるんだろうが、かなり大量の白い液体がねばーっと床に落ちた。

少し息の上がった亜里沙は、俺を軽蔑した目で見ながらこう言った。

「本当は…私は、お兄さんの事が好きだった・・・でも、ごめんなさい」

弟は勝ち誇ったような顔をして、俺を見下ろしていた。

「それでも亜里沙は俺の女だからな。今度変な真似したらマジでぶっ殺すから」

俺は自分の精液で冷たくなったパンツの気持ち悪い感触を味わいながら、絶望的な気分に浸った。

それから数年後、弟は亜里沙と結婚した。

つまり、亜里沙が義理の妹になってしまったわけだ。

俺は相変わらず彼女もいない、いわばニート状態だ。

軽蔑される立場であるのは、昔も今もまるで変わらず家にいる。

家族の雰囲気は極めて良好だ。

誰からも無視される俺を除いては・・・。

- 終わり -
コメントを書く

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告