エチ研TOP
Home > 体験談 > 優奈がとうとう妊娠した
投稿:2016-06-03(金)07:10

優奈がとうとう妊娠した

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:35,998回)
名無しさんからの投稿

前回の話:学校の成績がどんどん落ちていった優奈

優奈と浴衣姿で外に出て、立ちバックで結ばれて激しく燃えた後、私は足取りのおぼつかない優奈を支えて旅館に戻りましたが、まだ20時前でした。

今日、ここに泊まるのは私たちだけです。

旅館の女性「お疲れさまでした。見ていたんですが、ものすごい仲良しの親子ですね」

「2番目子供で、優奈っていうんです。ものすごい人見知りで、そのためにイジメに遭ったこともあるんです」

女性「そうだったんですか。だから娘さんがあなたにぴったりとくっついて・・・」

「小◯校3年の時から、1年間もイジメられていたんです。一時期、登校拒否になったことが・・・。その頃から、優奈が私と一緒に寝るようになったんです」

女性「だけど、私には恋人のように見えましたよ。ものすごい甘えんぼさんですけど」

「優奈、挨拶しなさい」

優奈「はじめまして。優奈です。高◯1年生で16歳です。私には双子のお姉ちゃんがいます。だけど、お姉ちゃんはママと仲良しで・・・だから、今回の旅行はパパと二人で来ました」

女性「大変でしたね。イジメはなくなったんですか?」

優奈「中◯生の時に1年位ありました。だけど、友達が助けてくれました。その友達も、同じ高◯に行ってたんですが、好きな人ができて妊娠して・・・。赤ちゃんを産んだんです」

女性「そんなことがあったんだ。今日は、ゆっくり休んでくださいね。お食事、運んで来ますね」

「ありがとうございます」

女性は、部屋から出て行きました。

すると、優奈が私に寄り添って甘えていました。

「優奈、どうしたんだ」

優奈「パパ・・・。・・・したい♪」

優奈の浴衣の裾から、細く長い脚が伸びていました。

「優奈、するんだったら、風呂場でやってみよう」

優奈「うん・・・」

しばらくして、夕食が運ばれて来ました。

名物の瓦蕎麦もありました。

優奈は私に寄り添って、ゆっくりと食べています。

優奈「パパ・・・。優奈・・・、苦手な騎乗位で頑張ってみるね」

「優奈・・・」

優奈「パパ・・・。なんかね・・・、まだ・・・あそこがしびれている感じだよ。こんな経験、初めてなの・・・」

「まさか・・・、優奈が妊娠?」

優奈「できてたら・・・、いいな。美希ちゃんが先輩ママだから、たくさん教えてもらうんだ♪」

「できていたら、しばらくエッチはできないな」

優奈「ここでするエッチが、妊娠前の最後のエッチになったらいいな♪いろんな形で、パパと結ばれたいよ♪」

そして、ゆっくりとキス。

優奈は目を閉じ、優しい顔になりました。

可愛い優奈をゆっくりと押し倒し、畳の上で体を重ねます。

優奈は私の背中に両手を回し、ゆっくりと抱きついて来ました。

優奈「パパ・・・。優奈・・・、パパの赤ちゃんがほしい・・・」

「優奈、3学期は勉強を頑張れよ」

優奈「うん。パパに愛されたら、優奈も頑張ります♪パパ・・・。154㎝、42キロ。上から、87、55、83です♪優奈、可愛いママになるね♪」

私は、ゆっくりと体を回転させ、優奈を上にしました。

優奈は、ゆっくりと浴衣の帯を解き、生まれたままの姿に変わって行きます。

裸になった優奈は私に体を重ねたまま、再びキス。

お互いを求め合い、舌を絡め、何度も何度もキスを続けました。

優奈「あっ・・・。勃ってきたあ♪」

優奈は、自分から69の体勢になりました。

あんなに恥ずかしがりだった優奈の、大胆な行動でした。

そして、私のモノをつかみ、ゆっくりと先を舌を使ってチロチロと舐めて行きます。

優奈「パパ・・・。優奈・・・。もしかしたら、妊娠したかも知れない♪優奈も、美希ちゃんと同じような道を歩くんだ♪」

そう。

優奈は昨日の立ちバックで、完全に受精したのです。

優奈の中で、新しい命が誕生していたのです。

優奈は私のモノを口にくわえ、フェラを始めました。

愛情のこもった、優しく、激しいフェラです。

優奈は私のモノの裏筋だけでなく、玉袋にも舌を這わせて来ました。

優奈「うーん・・・。ああん。んん・・・」

私は、優奈の自由にさせてあげようと思いました。

優奈が妊娠しているのか。

それを知ることはできません。

だけど、優奈はいつもより違う何かを感じ取っていたのかも知れません。

一生懸命にフェラを続ける優奈を見て、思わず抱きしめたくなる衝動に包まれました。

そして、優奈は口にくわえていた私のモノを離し、ゆっくりと向きを変え、再び私のモノをつかみました。

そしてゆっくりと腰を上げ、私のモノに照準を合わせました。

優奈は目を閉じ、ゆっくりと腰を落として来ました。

優奈の入口が開き、先がぬくもりに包まれました。

そして、ゆっくりと腰を落とします。

優奈「うん。ああん。あっ・・・。ああ・・・」

私のモノを体の中に納め、何度も顔を左右に振る優奈。

優奈「ああん。あっ・・・。ああ・・・。んん・・・。あっ・・・。ああ・・・」

ひとつになったことを確認した優奈は、ゆっくりと小さなヒップを前後に振り始めました。

優奈「ああ・・・。当たってる・・・。ああ、当たる。気持ちいい♪気持ちいい♪」

腰をグラインドさせ、快感に溺れる優奈。

AKB48にいた、あの渡辺麻友に似た、可愛い優奈がそこにいました。

やがて、腰を持ち上げ、落とす。

再び持ち上げ、落とすを繰り返しました。

優奈「ああん・・・。硬いよ♪奥まで来るよ♪ダメ♪ダメ♪ダメ♪あっ、あっ、あっ、あっ・・・」

優奈の喘ぎ声が大きくなると、私は優奈の乳房を前からわしづかみにし、ゆっくりと揉みしだきました。

優奈「パパ。パパ。パパあ!」

優奈の動きが激しくなり、私は下からの突き上げを始めました。

優奈「嫌あ!嫌あ!あん!もっとしてえ♪」

やがて、優奈はゆっくりと私の体の上に落ちた。

優奈「はあ・・・、はあ・・・、はあ・・・」

荒い息を吐く優奈。

私はゆっくりと起き上がり、優奈を下に組み替え、ジワジワと体重をかけた。

優奈は完全に、私に組み敷かれる形になった。

優奈はダウンしたが、私のモノは硬さを維持したままだった。

優奈の細く長い脚を曲げ、膝を立てる形になった。

そして、ゆっくりとピストン運動を始めた。

最初は無反応だった優奈が10分後に意識を回復し、可愛い喘ぎ声を上げ始めた。

優奈「あっ・・・。パパ・・・。あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ・・・」

喘ぎながら、私の下で顔を左右に振る優奈。

だけど、いつしか私のピストンに合わせて腰を振るようになっていた。

優奈「あん♪あん♪あん♪あん♪あん♪あん♪あん♪あん♪あん♪・・・」

私は早く短いストロークから、ゆっくりと長いストロークに変えた。

優奈「ああ・・・。んん・・・。あっ・・・。ああ・・・。パパ・・・。

硬いよ♪硬いよ♪好き♪好き♪好き♪ああ・・・」

喘ぐ優奈の87㎝バストに、ゆっくりと舌を這わせる。

優奈「あっ・・・。待って!ねえ、待って!ああ・・・」

優奈は私にピストンされ、乳房まで舌で愛されていた。

優奈の乳首は硬くなり、まっすぐ上を向いた。

その乳首を、ゆっくりと愛情を込めて舌で転がす。

もちろん、ピストンは止めない。

浅く、そして深く、16歳の優奈の体を堪能する。

優奈「ああ・・・。ああ・・・。あっ・・・。嫌・・・♪あっ・・・」

しばらく浅く突き、突然優奈を深く突き刺す。

優奈「ああああああああ・・・」

優奈は私を激しく締め付け、再び意識を失った。

顔は横に向けていた。

目を閉じた優奈に、一筋の涙が頬を伝わり、畳へと落ちた。

それでも、私のモノは相変わらずの硬度を保ち、優奈の中でのたうち回っていました。

少し腰を引き、優奈の体を反転させ、優奈の腰を持ち上げ、再び優奈に深く突き刺す。

優奈「ひゃああ!」

優奈は、一度子宮を揺らされて意識を回復しました。

そして、優奈は後ろから突かれていることに気がつきました。

優奈「ダメだよ♪イッたら、体が感じやすくなるんだよ♪ああ・・・。お願い。待って!」

優奈の懇願を無視し、長いストロークで優奈の子宮を連続して揺らします。

それにしても、優奈は14歳の処女喪失から体が目まぐるしい変貌を遂げました。

87㎝まで大きくなった乳房。

それに比べて、細く引き締まり、ほとんど変わることのない55㎝のウエスト。

そして、小さなヒップ。

肌は透明感にあふれ、艶やかさを増していました。

優奈「ああ、ああ、ああ・・・」

前から結合したと思っていたら、今度は後ろ。

それでも小さなヒップを振って私とのエッチを楽しむ優奈。

気が付くと私の動きが止まり、優奈は自分からヒップを左右に振っていました。

しかも、時々体を前後に振り、私のモノに刺激を与え続けました。

私は優奈のウエストをしっかりとつかみ、ゆっくりと長いストロークで優奈を責めます。

優奈「あっ・・・。ああ・・・。んん・・・。うっ・・・。あっ・・・」

「優奈。可愛い」

優奈「パパ・・・。優奈・・・、パパだけの妻だよ♪」

「優奈。帰ったら勉強しないとね」

優奈「うん・・・」

「優奈。どうする?家族風呂を予約してるけど・・・」

優奈「行きたい行きたい♪」

「じゃあ、一緒に行こうね」

優奈「うん♪」

私は結合を解き、浴衣を着ました。

優奈は私に寄り添い、ゆっくりと歩いていました。

風呂場の入口には

「21時より○○様家族風呂専用」

という札がありました。

とはいえ、この旅館に泊まっているのは私たちだけです。

いわゆる、貸切状態なんですね。

お互いに見つめ合いながら、浴衣を脱ぎ、生まれたままの姿になって行きます。

優奈の87㎝のおっぱいが私の前に現れました。

みずみずしい、透明感が溢れる肌です。

まだあどけない16歳なのに、この2年間で15㎝も大きくなっていました。

「優奈が処女を喪失した時は貧乳だったけど、あっという間に大きくなったなあ」

優奈「パパとたくさんエッチしてからかな?私ね、小◯校3年の時からずっとパパが好きだったの♪あの頃、ずっとイジメられて・・・。どうすればいいのか、分からなかった。4年になって、パパとママが何度もエッチしているのを見た時、優奈は泣きそうになったよ・・・。いつの間にか、パパと一緒に寝るようになってから、優奈はイジメを怖がらないようになっていたの♪だって、優奈には優しいパパがいる。だから、初めてはパパにしてもらおうって思ったの。本当はね・・・、中◯校1年の時に3年生の男子に突然押し倒されてレイプされそうになったの。だけど、優奈のおっぱいがなかったから、止めちゃったみたい。優奈も必死に抵抗したんだよ。パパ、助けてって大きな声を出したんだけど・・・」

「そんなことがあったんだ」

優奈「あんなことって、話せないし相談も出来ないよね・・・。私も初潮が来たら、早くパパに告白しようって思ったけど、あんなことがあったから、その夜にパパが風呂に入っていた時に声をかけたの・・・」

「確か、優奈が恥ずかしそうに優奈も入っていいですかって聞いてきた時だね」

優奈「うん♪」

私たちは、お互いに体を洗い、ゆっくりと風呂に入ります。

畳16枚分の広さがある湯船。

優奈と手をつないでゆっくりと入ります。

優奈「うわあ・・・。気持ちいい♪」

「うん。ホテルにしようか迷っていたけど、この方が正解だね」

優奈「ねえ、ここの女性も私たちのこと、恋人みたいって言ってたけど・・・。本当に恋人同士だもんね♪」

「そうだね。妻の由美子が29、私が31で結婚して、なかなか子供に恵まれずに半ばあきらめていたら、2年後に由美子が妊娠したんだ。由美子が32、私が34の時に優花と優奈が生まれたんだけど、由美子は最後まで双子だったことは言わなかったんだ。きっと、私をびっくりさせようと思ったんだろうね」

優奈「パパ。ここで・・・、エッチして・・・」

「いいのか?」

優奈「うん♪いつか、パパと川に泳ぎに行って、水中でも結ばれたいなって思っていたの♪もちろん、海の中でも♪ダメですか?」

私は、湯船の中で優奈を優しく抱いた。

そして、ゆっくりとキス。

優奈のあそこに手を回すと、怖いぐらいに溢れていました。

指を1本、ゆっくりと優奈の中に入れてみました。

優奈の中がキュッと締まり、指を締め付けていました。

どちらともに舌を出して、激しく絡めました。

ディープキスです。

優奈のあそこを右手で弄りながら、左手で優奈のおっぱいを揉みます。

優奈「ああ・・・。パパ・・・、ダメ・・・。感じちゃう・・・。あっ・・・」

優奈の体が一瞬硬直した。

私の指が、優奈のGスポットを直撃していた。

優奈は、顔を激しく左右に振った。

優奈を湯船の壁に押し付け、ゆっくりと指を抜いた。

そして、優奈の腰を壁から離した。

はあはあと荒い息を吐く優奈を対面座位の体勢にして、優奈の入口にゆっくりと私のモノをあてがった。

そして、ゆっくりと挿入する。

優奈「あっ・・・。ああ・・・。パパ・・・。私を・・・抱いて・・・♪」

優奈は顔を激しく振った。

湯船の中で、対面座位でひとつに溶けた私と優奈。

優奈は私に抱きついてキスをせがんできました。

ゆっくりと唇を重ねると、優奈は舌を出して私の中に。

そして、私の口の中で激しい攻防戦が始まりました。

だけど、次第に優奈の若さに押されていました。

優奈をしっかりと抱きしめ、優奈を見つめます。

優奈は目を閉じ、キスに集中しています。

すると、優奈が少しずつ腰をツイストして私に刺激を与えました。

優奈「パパ・・・。気持ち・・・いいよお♪ああ・・・。当たる。当たってる♪ああ・・・」

私は、結合を解こうとしましたが・・・。

優奈「ダメ・・・。優奈は、このままがいい♪」

と言って、少しずつ上下運動を始めました。

優奈「気持ちいい♪気持ちいい♪ああ、気持ちいい♪」

優奈は再び目を閉じ、エッチに集中しました。

いつの間にか、優奈の乳首は硬くなり、こちらを向いています。

上下運動に揺れる87㎝のおっぱい。

その中心を、ゆっくりと口に含み、刺激を与えます。

優奈「ああ・・・。ああ・・・。パパ・・・。ああ・・・」

乳房から生まれた性感が、あっという間に優奈の体を包みます。

優奈は動きを封じられ、完全に落ちてしまいました。

優奈と結合を解き、風呂場にあったマットを敷き、優奈をそこに仰向けにします。

そして、優奈の両脚の間に入り、優奈の両脚を私の肩に乗せました。

ッチな広告