エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 俺よりも一回り年上の既婚で子持ちの…
投稿:2015-06-11(木)08:00

俺よりも一回り年上の既婚で子持ちの女性と最初にして最後の不倫

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:7,546回)
宮崎県/名無しさん(30代)からの投稿

会社の同じ部門で事務をやってる女性T子さん。

俺よりも一回り上で既婚で子持ち。

旦那のKさんも同じ会社の別部門に勤務。

男勝りで豪快な女性なんだが、旦那さんは逆に大人しくて目立たない人。

なんで180度性格が違う二人が夫婦なんだろう?と不思議に思ってた。

大人しい旦那さんが、T子さんにアプローチしたのか、それとも逆か???

俺から見ればかなりの年上なんだが、姉貴みたいで妙に気になる。

上目使いの時の表情がまさしく俺好み。

ちょこちょこ悪ふざけ気味にアプローチしていたんだが、そこは既婚。

「私のようなオバサンに何やってんの、もっと若い娘にモーションかけなさい」

って。

それでもアプローチを続けると、俺の前では男勝りの性格が消え失せて、なんかやけに優しくなってきた。

廊下ですれ違っても、俯いて小走りですれ違うし。

ある時、壁ドンをしてみた。もう、俯いて顔真っ赤。

何言っても小さな声で「はい、はい」ばかり。

これはひょっとして・・・。

忘年会がお開きになった時に誘ってみた。

そしたら、なんと付いてきたではないか。

飲み屋街の外れにあるホテルへ。

別々に入って中で合流。

部屋に入ると、いきなりT子さん土下座。

「付いてきてしまいました、でもエッチだけは勘弁してください。他は何でもしますから」

俺、別に脅迫しているわけでもないけど。

もう、上気ばって目も虚ろ。

ちょっと震えているような感じに見えた。

エッチ無しを了解すると、少し安心したのかシャワーを浴びに行った。

しばらくして、俺もバスルームへ突入。

「いや、見ないでください!!」

T子さん、身体を丸めてしゃがみこんでしまった。

「もう若い子の身体じゃないから・・・見ないでください。電気消してください」

もう、消え入りそうな声で。

いつもの男勝りの性格は消え失せて、一人の女になっていた。

でも、30代半ばで出産も経験している。

身体を見られるのが嫌なようだ。

薄暗い中だったが、既婚で出産を経験した厚い腰とお尻。ほどよく肉がのったお腹。

別にスタイルが悪いわけではない。

俺は、電気を消して真っ暗にした。

二人でキスをしながらシャワーを浴び、T子さん落ち着いてきたのだろう、俺のイチモツをつかんでしごきだした。

十分に大きくなったところでフェラを。

ジュポジュポとバスルームに響くフェラの音。

バスタオルを巻いて部屋へ。

やっぱりここでも照明を消して真っ暗。

エッチ無しを約束したので手か口でしてもらうしかない。

俺がベッドに横たわると、何も言わずに俺の股間に顔を埋めた。

しばらくして、T子さんも来なよと言ってシックスナインの体位に。

俺が上になると、エッチに持ち込まれるのを警戒してT子さんが上。

T子さんがフェラ、俺がクンニや手マンしながらアナルにも指を入れて愛撫。

T子さんの喘ぎ声とお互いの愛撫の音が響く。

そのうちにT子さんのフェラが止まり、

「あぁ・・・あっあっあっ・・・!」

上半身を反らして、T子さんいったようだった。

「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・俺くんもいく?口の中で出していいから」

フェラの再開。そして俺はT子さんの口の中で果てた。

帰りしなにちょっと会話。

「これっきりにしようね。私も家族が大事だし。もし、旦那にバレたら、お互い身の破滅だもんね」

ということで、これ1回こっきりの不倫の関係。

会社ではいつもの男勝りの性格に戻った。

しかし、バレンタインデーには他の社員の義理チョコとは違うチョコをくれる。

エレベータの中で二人っきりになったら、お尻を触ったり。

でも、それ以上は求めなかった。

T子さんも旦那のKさんも俺も、平穏無事に勤めている。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告