エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 欲求不満が頂点に達して、とあるサイ…
投稿:2015-06-10(水)04:00

欲求不満が頂点に達して、とあるサイトでホームレスにレイプされるシチュで募集してもらった

この体験談のシリーズ一覧
1:欲求不満が頂点に達して、とあるサイトでホームレスにレイプされるシチュで募集してもらった
2:ホームレスに輪姦され、堕ちてしまったファンビンビン似の人妻の末路3:アソコがユルユルになるまで輪姦され、醜悪な男達の子種で孕まされました

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:71,859回)
優香さん(20代)からの投稿

皆さん、はじめまして。

25歳、結婚して3年目の主婦です。

今年の2月に人生初の出産を経て、一児の母となりました。

大好きな夫と可愛い我が子の3人で幸せに日々過ごしています・・・。

こんな私ですが、今回このサイトに訪れたのには理由があります。

それは・・・この可愛い我が子についてなのですが・・・・。

その・・・父親が・・・夫じゃないんです・・・。

というよりも、誰が父親なのかもわからないんです・・・。

こうなってしまった原因なのですが、実は・・・去年の春・・・ホームレス風の人達の集団に輪姦されました・・・。

もちろん必死に抵抗しましたが、数人の男に女一人が敵うはずありません・・・。

なすすべもなく、避妊具を付けない生殖行為を強制的に受けました・・・。

元々持っていたレイプ願望のせいなのか・・・。

犯されている時の快楽は、いつも旦那とする様な普通のエッチの比ではなく、想像を絶するモノでした。

何度も何度もイカされ、理性を飛ばされ、その結果・・・夫の事など忘れて快楽に堕ちてしまいました・・・。

最終的には、人妻の身でありながら・・・夫以外の溜まりに溜まった濃い子種を・・・排卵中の子宮に何度も何度も自ら受け入れました・・・。

途方も無い回数の生殖行為を受け入れたので、当然生理が来るはずもなく・・・。

結果として、夫以外の・・・誰かわからない人の子種で妊娠してしまいました。

そして、今年の2月に出産・・・現在に至ります。

前置きが長くなりましたが、あの時の事を思い出す度・・・大好きな夫を見る度・・・我が子を見る度・・・興奮と背徳感で身体が火照って、どうにかなりそうなんです・・・。

だからお願いします・・・この場で全部吐き出させて下さい・・・・。

事の発端は、去年の春頃に夫が地方へ出張に行く所から始まりました。

以前から決まっていた事なので覚悟は出来ていましたが・・・・。

出張の日が近づくにつれ、大好きな夫と離れる寂しさが大きくなりました。

そして出張前夜、夫も寂しいのか、激しく私の身体を貪ってきました。

セックスの最中に夫が、結婚して2年目だし、そろそろ子供が欲しいと告げてきました。

私はずっと前から欲しかったのですが、中々言い出せずにいました。

まさか夫から言ってくれるとは思ってもいませんでしたので、私は嬉しさのあまり泣いてしまいました。

もちろんOKしました。

しかも運良く、その日は排卵日で、そのとき私は人生初の中出しを経験しました。

避妊具なしのセックスの気持ち良さ・・・・。

また、本気で種付けされていると思うといつもより興奮し、狂った様に何度も何度もイッてしまいました。

最後は恍惚の表情で夫にしがみつき、愛の結晶をたっぷりと子宮に注いでもらいました。

そして新しい命が私のお腹に芽生える事を願いながら、その日は眠りにつきました。

翌日、夫をキスで送り出しました。

私は寂しさを紛らわせる為に、毎日家事やスポーツジムに通ったりしながら過ごしていました。

残念な事に、しばらく日にちが経つと生理が来ました・・・。

どうやら赤ちゃんは出来なかったみたいです・・・。

赤ちゃんが出来なかった事で一気に寂しくなり、また排卵日が近づくにつれ性欲が増してきました・・・。

夫が出張に行って、約一ヶ月ほど経ちました。

大好きな夫が居ない、また排卵日が近いこともあり、寂しさと性欲がピークに達しつつありました。

夫が居ない為、自分で慰めるしかありませんが、今まで夫とのエッチで性欲を発散していたので全然満足出来ません。

そう思い、悶々しながらインターネットをしていると気になるサイトを見つけました。

「犯されたい人募集」

いつもなら特に気にしませんが、その時の私は何かに取り憑かれた様にサイトの記事を読んでしまいました。

記事の内容が読み終わりました。

乱交パーティーみたいなモノで、場所やプレイ内容を自分で指定出来るとのこと。

自分好みのシチュエーションを想像すると我慢出来なくなってきます・・・。

実は私、レイプ願望があります・・・。

凄い汚れた格好をした男達に休む間もなく、ボロボロになるまで激しく犯されたい・・・。

高◯生の時から内に秘めている歪んだ欲望でした。

夫の事が一瞬頭に浮かびましたが、溜まりに溜まった性欲には勝てず、応募してしまいました。

応募は登録フォームからしました。

簡単なプロフィール、シチュエーション、プレイ内容、NG項目等を記載し、内容を送信しました。

以下は送信欄に記載した内容です。

************************
【プロフィール】
24歳結婚2年目の主婦
【シチュエーション】
夜中に公園や山奥等の野外で5、6人のホームレス風の人達に犯されたい。
【プレイ内容】
レイプっぽく激しく犯して欲しい。
【NG項目】
・写真・ビデオの撮影・生挿入・中出し※挿入時は必ずゴムを付けて下さい。
また、ゴム付きでも射精は膣外にお願いします。
・アナル・SMプレイ・スカトロ・痛みを伴う行為(抓ったり、ピアス等)
・ホームレス風の人達という要望を挙げていますが、あまりにも汚いのはNGです。
また、出来ればお風呂に入ってから来て下さい。
【日時】
・出来れば今週中にしたいのですが・・・・。

************************

結構無理がある内容(野外とか日時)なので大丈夫かなと心配でした。

一時間ほどして管理人さん(以下Kさん)から返事のメールが来ました。

やはり野外は難しいとのこと。

また、今週中にするのは、人が集まれば可能だが、やはり急には難しいみたいでした。

とりあず人を集める為に私の容姿がわかるモノ(写真等)が必要とのこと。

ジムで鍛えており、スタイルには結構自身があったので、身体を強調した写真を送る事にしました。

目のあたりを手で隠して下着姿で全身を撮った写真。

谷間を強調して誘っている様な写真。

お尻を突き出して、おねだりしている様な写真。

あと、ブラジャーを取って、乳首を髪の毛だけで隠した少しエッチな写真。

以上をメールに添付して送信しました。

ちょっとやりすぎたかなと思ったりしている内に、直ぐKさんから返事がありました。

メールの内容を見ると

『奥さん綺麗ですね・・・それに身体も凄いですね・・・AV女優みたい(笑)』

『これ本当に奥さんですよね?・・・他人じゃないですよね?』

凄く恥ずかしかったですが、写真はKさんに好評みたいでした。

これならすぐに人が集まるだろうとのことで、早速Kさんに募集を掛けてもらいました。

その日は、それからKさんとメールをやり取りして過ごしました。

こういうサイトの管理人さんなので内心不安でしたが、メールをする内に案外まともな人だとわかり、少し安心しました。

翌日、Kさんからメールがありました。

かなりの人数が集まっているので、人選が必要との内容でした。

また、思っていた以上に早く人が集まったので、日程も明後日以降から調整出来るとのことでした。

人選はKさんに任せました。

日程については、一番気持ちよくなる排卵日がよかったので

『「3日後」にお願いします。楽しみにしています』

と返信しました。

以降は、場所や段取りの連絡を待ちながら3日間を過ごしました。

予定日の前日に、Kさんから色々連絡が来ました。

人数については、6人で決定。

場所については、野外で良い所を見つけたとのことでしたが、危険な場所なので何かあっても責任は持てないとの事。

それでも良いかと念を押されましたが、いざとなれば男性6人いるので、大丈夫だと思いOKしました。

段取りについては、レイプっぽくする為に、前置きや顔合わせがなく、頃合いを見計らってホームレス風に扮した参加者が私に襲いかかるとの事。

その後、夜明けまで犯し続けるらしいです・・・。

Kさん側の準備は全てOKの様でした。

私も、当日着ていく服や場所を調べたりするなどの準備は出来ていました。

後は、明日を待つだけです。

不安な感情、楽しみな感情、夫への申し訳ない感情の中、その日は眠りにつきました。

当日は、夕方に起きました。

しばらくぼ〜っとしてから、今日の準備を始めました。

ご飯を食べて、シャワーを浴びました。

いつもより念入りに体を洗いました。

シャワーから上がると、良い匂いを漂わす為にボディークリームを付けました。

オッパイや赤ちゃんを作る大事な場所は特に念入りに付けました・・・。

化粧はいつも通り、ナチュラルメイクで軽く済ませました。

準備がほぼ終わったので、最後に、今日のため、エッチ目にコーディネートをした服を着ました。

全体的に体のラインを強調した服装です。

上半身はノースリーブで、前が空いて谷間が見えています。

下半身はタイトミニで、屈んだらパンツが見えるぐらい短いです。

鏡で自分を見ましたが、AVに出ている女優さんみたいでした(笑)

準備が終わったので、かなり早いですが出発する事にしました。

場所と日時は、車で2時間ぐらいかかる田舎の山奥にある廃墟みたいな所らしいです。

そこに0時頃に来てくださいとの事でした。

出発する前に夫に電話をしました。

少し喋って、何かあった時の良い訳の為、今日は実家に帰りますと伝えました。

もちろん夫は私がこれから何をしに行くのかを知りません。

夫と直接喋ったせいか、夫への申し訳ない気持ちで少し泣きそうになりました。

それでも、欲求に囚われた私は行く事を止める事が出来ませんでした。

これから起こるであろう快楽を想像すると、とてもじゃないけど我慢出来ません・・・。

ドアを開けて外へ行き、車に乗り込んで目的地に出発しました。

その時の私は知りませんでした。

次に家のドアを開ける時、快楽に堕とされ、変わり果てた身体となり、更に・・・夫以外の子を孕まされて帰ってくるという事を・・・。

車を走らせて約2時間ほど経ち、目的地らしい所に到着しました。

そういえば道中、信号待ちをしている時、横の車線に止まっているトラックの運転手にエッチな目で見られました。

ドアガラス越しに何か言ってましたが、無視しました。

後になって、長時間座っている影響でスカートが上がってきてパンツが見えている事に気づきました・・・。

まあ色々とあったのですが、目的地には2時間早く到着しました。

先日、段取りについてKさんから

『時間になりましたらブラブラ歩いていて下さい。見つけ次第犯しに行きます』

と連絡を受けていましたので、廃墟をブラブラする事にしました。

廃墟というと病院を想像していましたが、何か潰れた小屋とか、木材等が置いてあるだけの場所でした。

電気は通っているみたいで、工事現場にあるようなライトが所々にあり、敷地も広い場所でした。

しばらく歩くと、奥の方に大きい建物が見えたのでそこまで歩くことにしました。

建物の傍まで行くと、背の高いガッチリした体型の汚い恰好をした中年男性が建物の中に居ました。

ニヤニヤした顔で、私の方を見ています。

ですが、その人は何をするわけでもなく、すぐに建物の中へ入って行きました。

Kさんが集めてくれた人も予定より早く来ているのかな?と思い、安心しました。

実は、誰もいない中、さすがにこの場所は怖かったので。

また、一時間後には犯される事が現実になると確信した瞬間でもありました。

まだ時間があるので、来た場所に一旦戻ろうとした・・・その時!!!いきなり後ろからオッパイを鷲掴みにされました!!!

そして首筋の匂いを鼻息荒く嗅ぎながら、

「姉ちゃん・・・良いオッパイしてんなぁ・・・・・・・それに良い匂い・・・たまんねぇ・・・」

そう言いながら私のお尻に自分の腰をカクカクしてきました・・・。

「あんっっ!?」

(ど、どういうこと??・・・あと1時間後なんじゃ・・?)と思いながら後ろを振り向いた瞬間、

「んむぅっ!!!」

キスで口を塞がれると同時に、手をパンツの中に入れてきました!!!

クチュ・・クチュ・・されながら

「んっ・・・んむっ・・・んんっっ!」

(時間・・・早まったのかな?・・それとも我慢出来なくなったのかな?)

と自分なりに解釈して、今の状況を受け入れる事にしました。

(・・・あの人以外の男の人に大事なところ触られて・・・キスまでされて・・・アナタ・・・ごめんなさい・・・・)

「・・・・んっ!」

パンツの中を弄られた状態で、空いた手で、服と下着を刷り下げて、乳首をコリコリしてきました。

「・・・・んむっ!・・んちゅっ!・・・んっ!!??」

男のアレをズボン越しに握らされました。

(・・・!!!・・・嘘!?・・・こんなに大きいのっ!?)

あまりの大きさに私は目を見開きました。

(・・・・・は・・・挿入るの?・・・これ・・・)

私は、かなり不安になりました・・・。

しばらくして男の人はキスを止めて、

「・・・もう我慢出来ないから挿入れるぞっ!こんなエロい恰好して・・・こんな所歩いてたんだから・・・文句言えないよなっ!?」

と言ってきました。

同時に、凄い匂いが漂ってきました・・・この男の口臭です・・・。

キスの時も今も感じているのですが、この人、全体的に臭いんです・・・。

お風呂に入って来てないのでしょうか・・・?

NG項目は見たのでしょうか・・・?

Kさんとの約束が違った事に対して不快感が湧き、押し黙っていました。

(・・・約束が違うけど・・・大丈夫かしら・・・とりあえず・・・この人は無理だわ・・・お断りしないと・・・)

「・・・Kさんの所の方ですよね?・・・すみませんが・・・きゃっ!!!」

男は私が黙っていたのを肯定と受け取ったのか、何も言わずズボンを脱ぎだしました。

そして私の後ろに回り込みスカートを刷り上げ、パンツを横にずらして立派なモノを、私のアソコに挿入れようとしてきました。

(・・・え!!!?・・・やだっ!!!・・・この人・・・ゴム付けてないつ!!!!)

「・・・ちょっと困りますっ!!!・・・駄目っ!!!・・・いやっっ!!!!」

私は何か嫌な予感がしたので、男の手を振りほどいて逃げようと試みました。

幸いあまり抵抗していなかった為、男は油断していたのか逃げることが出来ました。

(ど・・・・どういう事なの・・・話と全然違うじゃないっ・・・)

とりあえず、大きな建物の中に入って、しばらく身を潜める事にしました。

身を潜めている内に、気が付けば例の時間から30分程過ぎていました。

その時、Kさんからメールが来ました。

(ちょうど良かった・・・・Kさんに言わないと・・・)

ですが・・・Kさんからのメールは信じられない内容でした。

『来てます・・・・?さっきから探してるんですけど見つかりません・・・・』

私はどういう事が、わかりませんでした。

さっきの事もあり、今までの顛末をKさんにメールで送りました。

何通かメールをやり取りする内に携帯の充電が切れてしまいました・・・。

(・・・・嘘・・・・・や・・・やだ・・・・)

Kさんとの短いやり取りでとりあえずわかったことは、私は全然違う場所に来てしまったみたいです。

※Kさん達が居る所は、病院だけがある廃墟との事。

(じゃあ・・・さっきの男の人は本物の・・・もし・・・あのまま何もしなかったら・・・・)

今日は排卵日・・・あの男のアレを挿入れられていたらと思うと・・・・あの先端から溢れていた我慢汁の量・・・その我慢汁の量から予測される、たっぷり溜めこんでるであろう濃い精液・・・背筋がゾッとしました・・・。

助けも呼べない絶望的な状況・・・・身体が震えてきました・・・。

(きっと罰が当たったんだ・・・アナタ・・・ごめんなさい・・・)

震える身体で何とか立ち上がり、家に戻ろうと建物を出て車へ向かおうとしました。

(・・・は・・早く・・・お家に帰らないと・・・・・!!!!?)

しかし、建物を出た所で、7〜8人の男達に待ち伏せされていました。

もちろんさっきの男も一緒です・・・。

この人達・・間違いなく・・全員・・本当のレイプ魔です・・本気で私を犯すつもりです。

すぐに囲まれ、男達が私に掴みかかってきました・・・

「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

必死に抵抗しましたが、数人の男に、一人の女が敵うはずがありません。

直ぐに捕まり、建物の一室へ連れ込まれました・・・。

■続き
連れてこられた部屋は全体的に外よりも明るく、お互いの姿が良く見えました・・・。

男達は私を囲みながら、今にも襲いかかりそうな目つきで私を上から下まで舐め回す様に見てきました。

(やだ・・・すっごい見られてる・・・・・私・・・どんな事されるんだろう・・・。それにしても・・・みんな・・・背が高くて凄い体格してる・・・)

男A「姉ちゃん・・・本当・・・すっげぇ美人だな・・・」

男B「それに・・・見ろよ・・・あのデッカイ乳・・・エロい身体してるぜ・・・」

男C「早く犯ろうぜっ!!・・・俺・・・見てるだけで射精ちまいそうだっ!!!」

(・・・!!!!・・・だめっ!!!・・・このままじゃ本当にレイプされちゃうっ!!!・・・・・怖い・・・アナタ・・・助けて)

昔から内に秘めていたレイプ願望ですが・・・いざ現実となると・・・もの凄く怖くなりました・・・。

「い・・・いや・・・お願いします・・・堪忍してください・・・。結婚しているんです・・・夫がいるんです・・・お願いします・・・帰してください・・・」

本当にやめて欲しいとお願いをしました・・・。

ですが・・・その願いは叶うはずもなく・・・逆に・・・、

男D「人妻かよっ!!!・・・やっべ興奮してきたっ!!!!なぁ・・・子供いるのかっ!?」

(!!!!!?・・・ちゃんと答えたら・・・もしかしたら・・・・)

「・・・居ません・・・」

男E「そうなんだ(笑)・・・子供欲しいの?」

「・・・・はい・・・結婚して2年目なので・・・そろそろ欲しいです・・・」

男F「こんな美人でエロい身体した奥さんいるのに・・・旦那さん2年も何してるんだよ(笑)・・・じゃあ・・・しょうがない・・・俺らも子作り手伝ってやるから・・・。たっぷり溜め込んだ濃い精子を・・・奥さんのオマ○コに種付けしてやるよ(笑)」

「!!!・・・い・・いえ・・・結構ですっ!!・・・あの人のじゃなきゃ・・・駄目なんです・・・」

男C「その慌てよう(笑)・・・なぁ奥さん・・・今日危険日だろ・・・?」

「!!!!・・・・・・・・お願いします・・・本当に堪忍してください・・・」

(もうだめ・・・・この人たち止まらない・・・・・)

そして男達は一斉に裸になり私に近づいてきました・・・。

もちろんモノは既にビンビンで・・・体格に合った規格外のサイズになっています・・・・。

(・・・凄い筋肉・・・逞しい・・・!!!?・・・アソコも凄い・・・夫とは桁違い・・・)

実は、私はこの人たちみたいな、いかにも男っていう体格をした人が凄いタイプなんです・・・。

旦那は、どちらかと言うと中性的な感じの人・・・。

夫よりも格の高い裸の雄達に囲まれ、しかも、その雄達が私という雌に興奮して種付けしようとアソコを勃起させている・・・。

そんな事を考えていると、より優秀な種を求める雌の本能でしょうか・・・自然にアソコがぐっしょり濡れてきました・・・。

そして、先ほどまで感じていた恐怖や嫌な気持ちが徐々に無くなり、これから起こるであろう快楽への期待感が膨らんできました・・・。

この心情になったもう一つの要因として、抵抗して暴力を振るわれたら怖いと思いました・・・。

それなら流れに身を任そうと・・・そしてチャンスを伺って逃げようと・・・。

今の私の様子を察したのか、それとも我慢出来なくなったのか、男達が一斉に私に襲いかかって来ました。

代わる代わるキスをされ・・・首筋の匂いを嗅がれ・・・複数の手でオッパイやアソコを弄られました・・・。

両方の手は、男達の勃起したモノを握らされました・・・。

私の喘ぎ声と、アソコをかき混ぜる音、男達の鼻息が部屋に響き渡りました。

チュパッ!・・チュパッ!・・クチュクチュクチュッ!・・・。

クチュクチュクチュッ!・・・チュパッ!・・チュパッ!・・シュコシュコッッ!・・・。

「んむぅぅっ!!・・・んふぅっ!・・んっ!!・・ぷはぁんっ!・・ぁんっ!!」

(・・・凄い・・・汗の匂い・・・良い・・気持ち・・・いい・・・こんな大勢の人達に・・・私の身体・・・好き勝手されて・・・アナタぁ・・・ごめんなさい・・・)

男A「やばい・・・良い匂い過ぎて・・・匂いだけで射精そう・・・」

男B「この乳やべぇ・・・すっげぇ弾力・・・。この乳首・・・ァス似合いそう・・・後で穴開けてやるか(笑)」

男C「オマ○コ・・・ぐっしょぐしょ・・・レイプされてるのに感じてるのか?」

(・・・ァス空ける?・・・なにかしら・・・そんな事よりも・・・。気持ち良過ぎてっ・・・駄目っ・・・もうっ・・・イキそうっ!!!・・・)

チュパッ!・・チュパッ!・・クチュクチュクチュッ!・・・。

クチュクチュクチュッ!・・・チュパッ!・・チュパッ!・・シュコシュコッッ!・・・。

「んんんむぅぅっ!・・・ぷはぁぁぁっっっ!・・あはっっ!!・・あんっっ!・・・イっ・・・イクぅぅぅぅ・・・んっはぁぁっっっ!!!」

ビクビクビクッ・・・ビクビクビクッ・・・ジョロロロロロロォ・・・。

(・・・・はぁ・・はぁ・・・イッちゃった・・・それに・・・)

男A「おいおい・・・奥さんもうイったのかよ(笑)・・・それに・・・。こんなに漏らしやがって(笑)・・・下着ビチョビチョじゃねぇかっ!!!」

「・・・す・・・すみません・・・気持ち良過ぎて・・・本当に・・・すみません・・・」

脚がガクガクで立てなくなり、その場に内股で座り込みました。

すると、はしたない私を見て興奮したのか・・・一人の男が私を押し倒しました。

そして下着を強引に横にずらし、脚をM字に拡げ、お尻に・・・穴の方に顔を埋めてきました・・・。

男E「すっげぇ良いケツ・・・あぁ・・・たまんねぇ・・・尻の匂い最高・・・あぁ・・早くブチ込みてぇ・・・」

(はぁ・・・はぁ!!?・・・ちょっ!・・ちょっと何!?・・・お尻の匂い凄い嗅がれてる・・・やだぁ・・・恥ずかしい・・・)

男A「お前相変わらず尻好きだなぁ(笑)尻にブチ込むのはいいけど・・・後でな(笑)・・・それと・・・ほどほどにしとけよ(笑)」

(お尻に挿入れるのっ!?・・・・・やだっ!!やだっ!!冗談だよね!?)

その後、押し倒されている私に男達が群がり、アソコを中心に身体中を愛撫されました・・・。

時折、お尻の穴に指を挿入れられたりもしました。

しばらく、その状態で身体中を愛撫されました・・・。

今まで妄想の中でしかなかった自分好みのセックスを現実にされている・・・。

やはり・・・その快感は想像を絶するモノでした・・・。

身体を弄ばれているだけなのに・・・何度も何度ももイってしまいました・・・。

私がイク度に・・・下品な声を出して喘ぐ度に・・・男達は笑っていました・・・。

そして・・・何回目かの絶頂を迎えた頃・・・

(はぁ・・・はぁ・・・アナタ・・・ごめんなさい・・・アナタ以外の人に・・・大事な所全部見られちゃった・・・たくさんイクところ・・・見られちゃった・・・)

着衣も乱れに乱れて・・・オッパイや大事な部分を曝け出し・・・吸い付かれながらグッタリしていると・・・、

男B「奥さん、犯されてるのに、何度もイッちゃって・・・本当に変態だねぇ〜」

男A「奥さんだけ気持ち良くなるのは不公平だから、俺等も気持ち良くしてよ!」

と言いながら、私の顔を立派なモノでペチペチしてきました。

ぼ〜っと眺めていると、すごい生臭い匂いがプンプンしました。

(・・・すっごい匂い・・・でも、この匂い・・・。なぜかしら・・・凄い興奮する・・・それに・・・身体が勝手に・・・)

本来なら鼻を摘まむ程の悪臭ですが、散々イカされた今の私にとっては、興奮剤となりました。

それに「男」を感じる為、愛おしく思い、迷うことなく咥えにいきました。

その時、オッパイを揉んでいた男が、跡が残るくらいの力で強く揉んできました。

「痛、痛いっ!!・・・」

(・・・オッパイ潰れちゃうっ!!!)

男A「勝手に咥えんなよ・・・チ○コ食べさせてくださいって言え!!」

(・・・怖いっ!!!・・・言う通りにしないと・・・)

「チ○ポ食べさせてください・・・」

そう言うと同時に、男は私の頭を掴んで無理やりチ○ポを口に押し込み、そのまま激しく腰を振りました。

「ウグゥ!ウグゥ!ウグゥ!ウグゥ!ウエーッ!」

(!!!!・・・苦しぃ・・・・)

凄く苦しかったです・・・。

大量の唾液と我慢汁が口から、糸を引きながら地面に滴り落ちていきました・・・。

さっきまでとは違い、激しく犯されています・・・。

オッパイを揉む力も、強いままです・・・。

アソコは指を入れられ、激しくかき混ぜられています・・・。

(・・・苦し・・・痛いぃ・・・は・・激しい・・・・。でも・・・こんな酷い事されてるのに・・・凄い気持ち良い・・・。駄目っ・・・また・・・イクぅぅぅぅっ・・・)

ビクン・・・ビク・・・ビク・・・ビクンッ・・・。

こんな酷い事をされているのに・・・私はイってしまいました・・・。

しかし、私がイッても男達は手を休めません・・・。

むしろ、もっと激しく私を犯してきました・・・そして何回かイッた頃・・・。

男A「ッ!射精すから飲めよ!」

と言うと同時に、咥えているチ○ポが脈打ち、大量の精液が私の口に出されました。

ドクッ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!ドクッ!

(!!!!!・・・苦っ・・・濃っ・・・)

「ゥボッ!・・・ゴボッ!・・・オェッ!」

あまりの量の多さに吐き出してしまいました。

吐き出した精液は、生臭くドロドロで黄色味を帯びた、濃いモノでした・・・。

(・・・・凄い量・・・それに・・・ヨーグルトみたいにベットリした・・・濃い精液・・・)

今まで経験したことがない濃さと量です。

(・・・冗談じゃないわっ・・・今日・・排卵日なのに・・・こんなの射精されたら・・・絶対に・・・)

排卵日にこんなのを射精されたら間違いなく妊娠すると・・・その時思いました・・・。

(・・・・早く逃げないと・・・今この人射精したばかりで油断してる・・・それに・・・他の人達も・・・)

しかしその直後に押し倒され、1人の男に後ろから両腕をガッチリ掴まれて逃げれない様にされました・・・。

そして別の男達が2人がかりで、私の脚をМ字に固定しました・・・・・。

その状態で更に別の男が・・・・。

男F「なぁ・・・そろそろチ○コ欲しいだろ?」

そう言いながら私のアソコの入口を逞しいチ○ポでペチペチ叩いて挿入の準備をしました・・・。

もちろん避妊具など付いてるはずもなく・・・。

一瞬の出来事で、なすがままだった私は・・我に返り・・・。

「・・・いやぁぁっ!!!・・・生は駄目っ!・・・本当に駄目ですっ!!!今日・・・危険日なんですっ!!!・・お願いしますっ!!・・・ゴム付けて下さいっ!!私のカバンに入っているはずですから・・・お願いしますっ!!・・・」

何かあった時の為にゴムを持って来ていたので、付けてもらうようにお願いしました。

もし生で挿入れられた場合、チ○ポを咥えていた時に出ていた我慢汁の量を考えると中に出されないとしても、妊娠する危険性は高いと思ったんです・・・。

「ゴム付けてもらえれば・・・・好きなだけ犯してくれて構いませんから・・・」

私も、もう我慢の限界でした・・・。

今まで経験した事のない大きさのチ○ポを早くアソコに挿入れて欲しい・・・。

大きなチ○ポでイカせて欲しい・・・夫には申し訳ないですが・・・そう思っていました・・・。

男達が私のカバンを探り始めました・・・そしてゴムを取り出しました。

男B「カバンにゴムなんか入れて・・奥さん・・・ここに犯されに来たんだろ?ねぇ奥さん?旦那さんいるのに、いつもこんな事してるの?」

私は何も言えませんでした・・・。

男達がゴムをケースから取り出し始めました。

私は、付けてようとしてくれてる・・・良かった・・・と安心しました。

しかし・・・。

ブチッ!ブチッ!ブチッ!ブチッ!ブチッ!

(・・・・・・え!?・・・うそ・・・)

男達がゴムを破り出しました・・・。

私は、その様子を信じられない顔で見ていました・・・。

(ゴム・・・は?・・・生で挿入れられるの?・・危険日なのに?)

全部破り終わったのか、先程と同じ様に男が私のアソコにチ○ポを擦り付けてきました・・・。

先っぽを挿入れたり出したりを繰り返しています・・・。

ズチュ・・・・ズチュ・・・・ズチュ。

男F「いいじゃねぇかっ!?・・・子供欲しいんだろっ!?」

「だめっ!・・・あの人のじゃなきゃ嫌なのっ!!!・・・おねがいっ・・やめてっ!」

ズチュ・・・ズチュ・・・ズチュ・・・ズチュ・・・。

出し挿入れのスピードが、どんどん速くなります。

(・・・挿入れられるっ・・あの人以外の生チ○ポ・・挿入れられちゃうっ!)

逃げようにも男達に体をガッチリ固定されているので動けません・・・。

ズチュ・・・ズチュ・・・ズチュ・・・ズチュ・・ズチュ・・ズチュ。

「ぁっ・・・いやぁっ!・・・いやぁぁっ!!」

男の腰の動きが更に早くなりました!

ズチュ・・・ズチュ・・・ズチュ・・ズチュ・・ズチュ・・ズチュズチュ・・・ズチュ・・・ズチュズチュ・・ズチュ・・ズチュ。

(駄目っ!・・・・本当に挿入っちゃうっ!!・・・)

そして・・・・ズチュ・・・ズチュ・・・ズチュズチュ・・ズチュ・・ズチュ・・・。

「お願いっ!!・・・堪忍してぇっ!!!!っ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・。

(やだっ!・・・やだぁっ!!・・あの人以外の赤ちゃんなんて・・・欲しくな・・!!!!!?・・・)

ズブブブブブゥゥゥゥッッッぅ!!!!!

「あぁっ・・!!・・あはぁぁぁんっっ!!!!」

ビク!ビク!ビクッ!ビクッ!ビクッ!ビクッ!ビクゥゥゥッ!

奥まで、一気に挿入れられました・・・。

規格外のチ○ポは・・・夫のなんて何だろうと思えるぐらい・・桁違いの快感でした・・・。

散々焦らされていたこともあり・・・私は身体を仰け反らせ・・・盛大にイってしまいました・・・。

・・・とうとう危険日のアソコに、赤ちゃんを作る大事な場所に・・・我慢汁たっぷりの・・・生のチ○ポを挿入れられちゃいました・・・。

(ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・凄い・・・挿入れただけで・・・イッちゃった・・・こんなの始めて・・・・・)

根本まで挿入れると私に余韻を与えず・・・腰を掴み、激しく腰を振り出しました!!!

ズッ!ズブッ!ズッ!パンッ!パンッ!ズンッ!ズブッ!ブリュッ!パンッ!パンッ!・・・。

男F「奥さんのオマ○コ・・・すっげぇ気持ち良い・・・オナホールみたい・・・」

「あっ!あっ!んっ!あっ!あっ!あっ!んっ!あっ!・・ぁあんッ!あっ!あんっ!」

(駄目・・・凄い気持ちいい・・・でも・・こんな奥・・・突いちゃ駄目ぇ・・・)

ズッ!ズブッ!ズッ!パンッ!パンッ!ズンッ!ズブッ!ブリュッ!パンッ!パンッ!・・・。

「あっ!ん!あっ!あんっ!おっ・・奥・・突いちゃ・・だ・・めぇ・・あっ・・赤ちゃんっ!・・あっ!あんっ!・・できちゃう・・」

挿入されてから、しばらくは赤ちゃんが出来るかもしれないという不安がありました。

しかし、男が汗だくになりながら狂った様に腰を振って、本気で私に種付けしている姿を見ていると・・・。

また、夫以外のチ○ポに種付けされてるという背徳感に興奮し、チ○ポを出し挿入れされる度に私のアソコから愛液が垂れているのが分かりました・・・。

(凄い・・・私・・今・・・あの人以外の男の人と・・子作りしてるんだ・・・。この人も・・私のこと・・本当に妊娠させるつもりで・・・必死に・・・)

「あっ!あっ!んっ!あっ!あっ!あっ!んっ!あっ!ぁあんッ!あっ!あんっ!」

(・・・チ○ポ・・・気持ち良すぎて・・・狂っちゃいそう・・・アナタぁ・・・ごめんなさい・・・)

尋常じゃない快楽と興奮で、気が付けば自分で腰を動かしていました・・・。

ヌプッ!ズブッ!パンッ!パンッ!ズリュッ!ヌプッ!ヌプッ!パンッ!パンッ!・・・。

男F「・・・ハァ・・ハァ・・奥さん、腰動いてるよ!?・・俺のチ○コ、気持ちいい!?」

ヌプッ!ヌプッ!ヌプッ!ヌプッ!ズッチュッ!ズッチュッ!・・・。

「あんっ!あんっ!お・・くぅぅぅっ!あんっ!いぃっっ!!・・あっ!あんっ!んっ!いぃのぉっ!」

ヌプッ!ズブッ!パンッ!パンッ!ズリュッ!ヌプッ!ヌプッ!パンッ!!パンッ!!・・・。

「あはぁんっ!・・もっとぉっ!・・・ぁあんっ!・・・もっと激しく突いて下さっ!!?・・あはぁぁぁんっ!!!」

夫以外に種付けされているのに、私はアソコを、ドロドロに濡らして、男のチ○ポを求めていました・・・。

ギンギンに硬くなった、生チ○ポで子宮の入り口をガンガン突かれ、溜まりに溜まった性欲と、雌としての本能を引きずり出されました・・・。

そのうち、妊娠の不安は、頭から消え、ただ、ひたすら、快楽に溺れていきました・・・。

ヌプッ!ズブッ!パンッ!!パンッ!!ヌプッ!!ヌプッ!!パンッ!!パンッ!!・・・。

「あんっ!いぃっ!あっ・・いっ!あんっ!良ぃっ!良ぃのぉっ!・っ!あっ!あんっ!んっ!」

ヌプッ!ズブッ!パンッ!パンッ!ヌプッ!ヌプッ!パンッ!パンッ!・・・。

「んっ!・・ああっ!あっ!・・生っ!・・チ○ポぉ・・すごぃぃっ!あぁんっ!」

それから、しばらくの間、はげしく突かれ続けて・・・。

ズッ!ズチュッ!ズッ!パンッ!パンッ!ズンッ!ズブッ!ブリュッ!パンッ!パンッ!

「あっ!あっ!んっ!あっ!あっ!あっ!んっ!あっ!ぁあんッ!あっ!あんっ!」

ヌプッ!ズブッ!パンッ!パンッ!ヌプッ!ヌプッ!パンッ!パンッ!・・・。

「あぁんっ!あんっ!んっ!・・だ、だめっ!・・イッ・・ちゃうっ!!あんっ!」

私は・・・かつてない程の絶頂を迎えつつありました。そして男も・・・。

男F「ハァ・・ハァ・・奥さん・・俺もイキそうだよ・・・奥さんも・・・そろそろっ!・・・。種付けして欲しくなってきた・・・だろ・・っ!?」

そう言うと、私の脚をM字開脚にガッチリ固定し、さらに激しく腰を振り始めました。

ズッ!ズチュッ!ズッ!パンッ!パンッ!ズンッ!ズブッ!ブリュッ!パンッ!パンッ!ズチュッ!ズチュッ!ズッ!パンッ!パンッ!ズンッ!ズブッ!ブリュッ!パンッ!パンッ!ズンッ!ズブッ!パンッ!パンッ!ズンッ!ズブッ!ブリュッ!パンッ!パンッ!・・・・・・・・。

中に出すと言われ、私の頭の中に、再び妊娠の不安が蘇りました。

「中はだめぇっ!・・・中だめぇっ!・・・赤ちゃんっ!・・でっ!できちゃうっ・・・。外っ!!!・・・外っ!!!・・・外に出してぇっ!!!」

(お口に出されたのと同じ・・・濃いの・・・いっぱい出されたら・・・絶対妊娠しちゃうっ!!)

わずかに残っていた理性で抵抗しました。

すると・・・男は振っていた腰を止めて・・・。

男F「いいの?奥さん、イキそうなんでしょ?オマ○コに濃い精子・・・たっぷり種付けしてください・・って言うまで、イカせてあげないよ?」

と言いながら、ゆっくりとアソコの入り口にチ○ポの先っぽだけを挿入れて・・・は抜いてを繰り返し始めました。

男F「奥さんが、『種付けしてください』・・って言ったら・・・一番奥まで挿入れてあげるからね?」

私は、これまでに何回もイカされたり、また、イク寸前だったこともあって感度が凄く上がっていました・・・。

そんな状態なので・・・こんな焦らし方をされると・・・堕ちるのも時間の問題でした・・・。

そして私は・・・・。

・・ヌ・・・チュ・・・。

ッチなPR

ッチな広告