エチ研TOP
Home > 体験談 > 【レイプ】北川景子似だけど高慢な姉…
投稿:2015-08-02(日)12:00

【レイプ】北川景子似だけど高慢な姉に罵られ、寝込みを襲うことを決意

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:16,191回)
東京都/名無しさん(20代)からの投稿

5歳年上の姉をレイプしたのは、1ヶ月前。

俺の家族は両親と姉と俺の4人家族だったが、両親と姉は誰でも知っている様な一流の国立大学を卒業している。

現在父親は大手建設会社の役員、母親は大学病院の婦長、姉は大手都市銀行の銀行員をしている。

一方、俺は一浪してやっとのことで入った三流大学の学生。

三流とは言え、大学に入った事で両親はそれなりに俺を認めてくれた。

問題なのは姉の方だ。

女優の北川景子の様な容姿、頭脳明晰は認めるが、一流大学を首席で卒業したことで俺には高慢な態度。

先日も、俺の部屋を入るなり、姉が、

「◯◯←(俺)!あんたさぁ、いい加減、アニメから卒業したらどうなの?」

と言ってきた!

俺は美少女アニメが好きで、部屋にはポスター、フィギュア、グッズが所狭しと並べている。

そんな俺のアニメ部屋を見て、

「こんな二次元の女ばかり見てるから一浪した挙げ句、三流の大学にしか入れないのよ!それにあんた、1度も彼女が出来たことないでしょ!もしかして童貞?(笑)」

と罵り、汚ない物を見るかの様に俺を見る姉。

確かに俺は二次元の美少女ばかり見てるせいで、三次元の女性とは一度も付き合った事がなく、エロサイトで一人Hをする毎日。

当然ながら童貞。

現実を姉に罵られ、何も言い返せない俺を見て、

「一浪して三流の大学に入って?アニメにハマって?彼女の一人も出来なくて?こんなオタクなのが弟だと思うと、姉として恥ずかしくて情けないわよ!」

と言って、更には、

「三流大学は入学したから仕方がないけど、これからもっと勉強して、アニメオタクから卒業して、良い会社に就職して、家族を安心させてあげなさいよ!童貞君!(笑)」

と言って俺をあざ笑いながら、部屋を出て行きました。

姉に散々罵られ、俺の頭の中に「姉をレイプする!」という思いが強くなった。

三次元の女性と付き合ったことのない俺は、エロサイトでレイプ物を見て研究して、姉をレイプする時に備えた。

そして姉をレイプする日。

俺はガムテープと紐を用意して、家族が寝静まった深夜に、姉の部屋に入った。

姉の部屋に入った瞬間、女性特有の甘い香りにクラクラしながら、明かりの点いた部屋で眠る姉の姿を確認して部屋を物色する。

部屋の中央のテーブルには、姉と姉の彼氏らしき男が写った写真立てが置いてあった。

次にタンスを物色していると、色とりどりの下着の他に、オモチャを発見。

女性がHの時に使うピンクローターとチ◯ポの形をしたバイブが出て来た。

「彼氏とHする時に使うのか?それとも一人Hする時に使うのか?」

あの高慢な姉がどんなHをするのかと色々想像する俺のチ◯ポが膨らみ始めた。

そして姉の眠るベットを見てみると、姉は俺の存在に気づいて居ない。

フトンを捲ると、上下ピンク色のパジャマで眠る姉の姿。

姉のパジャマの上のボタンを慎重に外していくと、姉は真っ白なブラジャー姿になりました。

巨乳とまではいかないが、それなりに大きな姉の胸。

ベットと姉の背中に手を入れ、試行錯誤の末、ブラジャーのホックを外れ、ブラジャーを剥ぎ取ると胸が露になりました。

初めて生の胸を見た俺は、ドキドキしながら姉の胸を触ってみると、弾力もありながら柔らかな胸でした。

その時、姉が「ピクッ」としたが・・・目を覚ますことはなかった。

次に、姉のパジャマの下も慎重に脱がすと、上下揃いの真っ白なパンティーが現れました。

パンティーもブラジャー同様、慎重に脱がすと、少女の様なツルツルのオ◯ンコが露になりました。

興奮した俺は、オ◯ンコを触り、舐めていたその時、

「だれ?◯◯?あんた、何してるの?」

と言って目を覚ましたので、大声で叫ばれては困るので、持ってきたガムテープで姉の口に張り付けた。

「ん〜ン!ん〜ン」

と言葉にもならない声で叫び、手足をバタバタとさせながら、抵抗する。

俺は姉の上に馬なりになって、まずは紐で両手をベットの両先に縛り、なおもバタバタする足を両手同様にベットの両先に縛り、動けなくした。

両手両足を「大の字」で縛られ、下着1枚着けていない全裸で姿で姉は、

「んん〜ン!」

と叫びながら、俺を睨みつける。

おそらく、「卑怯者!」とでも言っているのだろう。

睨みつけている姉に馬なりになり、俺は、

「これからお前をいじめてやる!」

と言って姉の胸を揉みまくり、べろべろと舐めてやった。

「ん〜ン!ん〜ン!」

と言いながら、自由の利く顔を左右に激しく振り、ムダな抵抗をする。

姉の胸に飽きた俺は、姉の下半身に移動して、姉の両足の間に入り、オ◯ンコもべろべろ舐めてやった。

「ん〜ン!ん〜ン!ん〜ン!」

と言葉にならない声を出しながら、抵抗を続けていた姉だが、しばらく舐め続けていると、

「ン!ン!ン!」

と明らかに喘ぎ声とわかる声を出していた。

俺は舐めるのをやめ、

「姉貴、アニメオタクで童貞の弟に舐められて、気持ちいいの?」

と逆に姉を罵ってやった。すると姉は、

「あんたみたいな三流の男で感じる訳がない!」

とでも言いたいのだろう、ギュッと俺を睨み付けてきた。

それならばと、再び姉のオ◯ンコを舐めながらクリ◯リスを擦ると、再び姉の

「ん!ん!ん!」

という声、明らかに感じている様子だった。

さらに俺は姉のオ◯ンコの穴に人差し指と中指の2本を入れてやった。

すると姉は、

「ん〜〜ン」

と声を出した。

オ◯ンコの穴を2本の指で、出し入れをしていると、「クチュ、クチュ」といった音を立てながら、穴から姉の愛液が溢れ出てきた。

姉の愛液が付いた指を姉に見せ、

「姉貴、姉貴のオ◯ンコの穴からこんな液が溢れてきたけど、気持ちいいの?」

と罵ってやると、肩で息をしながら、

「ちがう!ちがう!」

と言わんばかりに首を左右に激しく振る。

ほぼ無抵抗の姉のイキ顔が見たくなった俺は、姉の顔を見ながら、「クチュ、クチュ」と音を立てながら愛液を流すオ◯ンコの穴に指を2本入れ、激しく出し入れを繰り返した。

すると「クチュ、クチュ」だった愛液の音が、「グチュ、グチュ」と音を立てながら、更に愛液を流す。

俺は姉のオ◯ンコを壊す勢いで指を激しく出し入れしながら、姉の顔を見て、

「姉貴、気持ちいいんだろ?イキたいなら、いつでもイッていいからね」

と言うと

「ん〜ン!ん〜ン!ん〜」

と言って身体を弓の様に曲げ、痙攣を繰り返しながらイッた。

俺は、姉に

「姉貴、気持ちよかった?弟にイカされた感想はどう?」

と言うと、肩で息をしながらも俺を睨みつけ、ほぼ無言の抵抗をする。

俺は着ていた服をすべて脱ぎ、チ◯ポを姉の胸に擦り付けながら、

「姉貴、ガムテープと紐を取ってやるから、俺のチ◯ポをシャブってフェラしてよ。彼氏とHする時にはフェラするんだろ?」

と言うとイヤイヤと首を振る。

フェラを拒否する姉に

「タンスの中からローターとバイブが出てきたよ。彼氏とHの時に使ってるんだろ?それとも一人Hの時に使うのか?」

と言うと、姉はビックリした表情に変わった。

フェラを拒否する姉に苛立ち、姉の胸にチ◯ポを擦り付けて、

「フェラがダメなら、直接姉貴のオ◯ンコの穴に入れるけどいい?」

と聞くと目を見開き、顔を振って拒否する姉。

「だったらフェラしてよ」

と俺が言うと、涙を流しながら頷いた。

両手足の紐を外し、口からガムテープを剥がす時に、

「声を出したらローターとバイブのこと、親に言うからね」

と言うと頷いた。

口からガムテープを剥がした俺は姉の前に仁王立ちになり、チ◯ポを正座した姉の目の前に出すと、姉は俺の顔をチラチラ見ながらチ◯ポを握り、シコシコと手コキを始めた。

手コキを続ける姉に

「誰が手コキしろって言った?俺は、フェラしろって言っただろ」

と言うと、しばらく躊躇して、覚悟を決めた様にチ◯ポを口の中に入れ、顔を動かし、フェラを始めた。

俺は、

「童貞の弟のチ◯ポはどうだ?」

と言うと、涙を流しながらフェラを続ける姉。

姉のフェラはなめらかな動きで気持ちよく、童貞の俺はイキそうになっていた。

彼氏とのフェラを拒否した割には慣れた感じだった。

姉のフェラでイキそうになった俺は、姉の口からチ◯ポ抜いて姉を押し倒し、姉のオ◯ンコにチ◯ポを入れた。

すると姉は、

「ヴッ!ちょっと!フェラだけって言ったじゃない!約束が違う!」

とバタバタと抵抗する。

俺は、バタバタと抵抗する姉をガッチリ止めて、

「フェラだけとは言ってない!フェラした後にオ◯ンコの中に入れるのは普通じゃない?」

と言ってオ◯ンコの中に押し入れ、ピストン運動を始めた。

「やめて!抜いて!」

と騒ぐ姉に

「大きな声を出すと、親に聞こえるよ!」

と言うと、姉は手で口を押さえ、声を出すのを我慢している。

これ以上騒ぐと厄介なので、姉の口に再びガムテープを貼った。

姉は俺から離れようと押し返すが、姉をガッチリ抱き締め、ピストン運動を続ける。

やがてイキそうになってきて、姉に

「姉貴!イキそうになって来た!中に出すよ!」

と言ってピストン運動を激しくすると姉は、目を見開き

「ん〜ン!ん〜ン!ん〜ン」

と声を出し顔を振って拒否しながら、俺から離れようとする。

やがてイキそうになり、

「姉貴!出そう!イクッ!」

と言うと、姉は、全力で離れようとする。

「姉貴!イクッ!」

と言って姉のオ◯ンコの中に精子を大量に出した。

「姉貴!姉貴の中、気持ちよかったよ!またしようね!」

と言って、グッタリする姉を放置して俺は部屋に戻った。

レイプした翌日から、高慢な姉ではなく、北川景子の様な容姿端麗な優しい姉に変わった。

そして、変わった事は、もう1つあったのです。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告