エチ研TOP
Home > 体験談 > 彼女の社員寮で彼女の友人とヤッた話
投稿:2016-11-19(土)01:14

彼女の社員寮で彼女の友人とヤッた話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:99,274回)
名無しさんからの投稿

これは、別れた嫁とまだ結婚する前の事なので、10年以上前の話です。

当時、元嫁(以降Y)は会社の寮に住んでいた。

もちろん、女子寮という事になる。

元々は、会社の物件だったマンションを、寮として改築したらしい。

なので、部屋にバス・トイレが付いていた。

さすがに入口には管理人室があるので、外部の人間は無断では入れなかったが、結構簡単に忍び込んでいたものだった。

その日は、久しぶりに寮に来てとの事で、寮に向かう前にYに連絡した。

すると、買い出しをお願いされた。

お酒とおつまみを多めに買ってきてとの事。

Yは酒好きだったが、そんなに強くはなかった。

だが、呑むとエロくなり積極的になったので、狙って呑ませる事もよくあった。

しばらくヤッていなかったから、Yも今日は乗り気なんだなと思った。

コンビニで買い物をして寮へ向かった。

部屋には、Yと一緒にIちゃんが居た。

「ゴメンね、お邪魔して」

Iちゃんは、Yの高◯からの友達で、私も何度も会っていたので顔見知りだった。

三人で遊びに行った事も何度もあった。

明るくサッパリした姉御肌という感じで、スタイルも良く、細身の割にはバストもEカップかそれ以上有りそうで、下ネタも全然イケる子だった。

目がクリッとしていて、今で言うと、波瑠のような感じだった。

既に結婚していたのだが、子供はなく、旦那が長期出張で暇だから遊びに来たらしい。

「Iちゃん、今日は泊まるんでしょ?せっかくだし今日は二人で呑んだら?」

ヤる気満々だったのだが、さすがにヤレる状況ではなさそうだったので、残念だったが、諦めて帰ろうとした。

「何で帰るの?3人で呑もうよ」

とIちゃんが言った。

「そうだよ。別にいいじゃない。だから多めにお酒買って来てもらったのに」

Yもそう言うので、3人で呑む事になった。

酒が進むにつれて、話は下ネタへ。

「ウチは旦那が出張中だから、しばらくご無沙汰だからね~」

「T(私)を貸してあげようか?」

「あ、いいね!大きいんでしょ?」

思わず吹き出しそうになった。

知らないところで何を言われているか、わかったものじゃない。

「本当にTくん貸してよ。ダメなら三人でいいから、私も入れてよ」

Iちゃんがまたとんでもない事を言い出した。

「じゃ、今日は三人で楽しむ?」

Yもまた、笑いながら答えた。

「ちょっと、俺の意見は?」

「まさか嫌なの?」

「そうよ。美人二人が相手なんて、めったにないよ、こんなチャンス」

「じゃ、今日は寝れないな・・」

「おっ?やる気満々じゃない!」

「二人とも覚悟しとけよ?寝かせないからな?」

下ネタはいつもの事とは言え、ヤる気満々の時にこういう話になると、興奮せずにはいられなかった。

呑み会は進み、Iちゃんはトイレへ。

「3Pか・・・」

「なに~?本気にしてるの?」

「最近ヤッてないからさ・・いつものノリでも興奮しちゃうよ、ホラ」

カチカチの股間をYに撫でさせた。

「もう・・・まだ我慢して?」

「ちょっとだけ口でやって」

Yにフェラをお願いした。

「少しだけだからね、もう・・・」

とYはフェラしてくれた。

Yの頭を撫でながら壁の鏡に目をやると、とんでもないものが見えた。

トイレのドアからIちゃんが覗いていたのだ。

Iちゃんは鏡に気付いていなかったが、私はIちゃんの姿にハッキリ気づいていた。

私は、もっとIちゃんに見せつける事にした。

体をずらして横向きにしたので、Iちゃんからは、真横から見えていた筈だ。

「ハイ、ここまで」

と、いいところでYはフェラをやめた。

鏡を見ると、すっとIちゃんの姿が消え、トイレから水を流す音がした。

「呑むとトイレが近くなるから・・」

Iちゃんが笑いながら戻って来た。

「結構呑んだからね。顔が紅いよ?」

素知らぬフリで、Iちゃんに話し掛けた。

「そう?まぁ、ちょっと熱いかな・・」

手で顔を扇ぎながらIちゃんが言った。

程なくYは完全に出来上がり、

「ちょっと横になるね~」

と言うと、ベッドで寝てしまった。

しばらくIちゃんと話ながら呑んでいたが、

「Tくん、本当に大きいんだね?」

「何?いきなり・・」

「さっき見ちゃったんだ・・」

「・・・うん、気づいてたよ」

「そうだったの?」

「凄く興奮した。・・Iちゃんは?」

「・・私も。・・人のフェラなんて生で見たの初めてだから・・・」

「俺も人に見られながらなんて初めてだよ」

「・・ねぇ、近くで見せてよ?」

「本気?・・本当に欲求不満なの?」

「って言うか、旦那の小さいんだよね。さっき見て、大きいって思ったから近くで見てみたいかなと・・」

チラリとYの方を見たが、完全にフトンを被って寝ていた。

が、何かあるとごまかすのは厳しいと思い、

「ここじゃ怖いから、向こうで見せてあげる」

Iちゃんを連れて風呂の脱衣場へいった。

「やっぱり、何か恥ずかしいな・・・」

そう言いながら、私はパンツをずり下げた。

「うわ、大きい!勃ったらもっと?」

「そりゃもっと大きくなるけど・・」

「大きくしてよ?」

「その気にならないと大きく出来ないよ」

「・・じゃあ、これならどう?」

IちゃんがTシャツを捲りあげると、濃緑のブラがあらわになった。

「おぉ、セクシーなの着けてるね。興奮してきた!下も見たいな」

既に半勃ちのモノを擦りながら、Iちゃんに服を脱ぐように促した。

Iちゃんはジーンズに手を掛けると、スルリと脱いだ。

ブラと揃いのパンティーが見えた。

勃起したモノをしごきながら、

「結構大きくなった。まだ大きくなるから、後ろ向いてお尻突き出してみて」

「やらし~・・・こう?」

Iちゃんは壁に手を付くと、私に向かってお尻を突き出した。

「凄いね・・凄いセクシーだよ・・」

「・・・大きくなったみたいだけど、わぁ、凄い・・・本当に大きい・・もっと大きくなるかな?・・」

Iちゃんは私に見せつけるように、ゆっくりとお尻をくねらせた。

ムッチリとしたお尻にパンティーがピッタリと張り付いてセクシーだった。

私はTシャツを脱いで全裸になると、Iちゃんに見せつける様に、モノをしごいた。

「Iちゃんの下着姿で我慢できなくなった。Iちゃんでオナニーしていい?」

「自分でするの?」

「Iちゃんがしてくれたら嬉しいけど・・」

「え~、どうしようかな・・」

「手でいいんだ、お願い!」

「私が見せてって言ったからね・・。わかったわ、責任取ってあげる」

Iちゃんは諦めた様に苦笑いすると、私の前に来て立て膝をついた。

Iちゃんはモノにそっと手を伸ばした。

「・・やっぱり大きい・・凄い・・」

片手でタマを撫でながら、もう片方の手でサオをしごき始めた。

「・・夢みたい・・気持ちいいよ・・」

「大袈裟じゃない?まるで初めてみたい」

クスッとIちゃんは笑った。

「いや~、一回だけでもいいから、Iちゃんとこういう事やりたいなって思ってたから・・」

「え~!彼女の友達そんな目で見てたの?やらし~!」

「可愛くてスタイルいい娘がいればそう思うのも仕方ないだろ?・・」

「そう言われたら悪い気はしないかな?じゃあ、もっとサービスしてあげる」

タマを撫でていた手を握りかえて、袋全体を包むように揉み上げてきて、さらに先端にフッと息を吹き掛けてきた。

「フフッ・・どう?」

「凄くいい・・・Yより気持ちいいよ・・」

「へへ、それも嬉しいかも」

サオをしごくスピードが早くなった。

「それじゃ本気でイカせてあげようかな?」

「ち、ちょっと待って!Iちゃん!」

「何?いいよ、このままイッちゃって・・」

「我慢出来ない!口で・・お願い!」

「手でいいって言ってたじゃない?」

「そうだけど・・・お願い、Iちゃん・・」

「まぁ、そうなると思ったんだよねぇ・・覚悟してたからいいよ。ただし、挿れさせてってのはナシだからね?」

「いつでもイッていいから」

Iちゃんは尖端に口をつけたかと思うと、一気にサオの根元まで咥え込んだ。

「あぁっ!・・気持ちいい・・・」

Iちゃんは一気に終わらせるつもりか、最初から激しく頭と手を動かしてきた。

絶妙にタマを揉んで刺激しながら、ジュポッ、ジュポッと音をたてながら、激しくサオを責め立ててきた。

見下ろすと、激しい動きに合わせるようにバストがユサユサと揺れていた。

ブラの肩紐をスルリと落とすと、バストがブラからこぼれそうになった。

ブラの隙間から両手を差し込んで、バストをもみ上げた。

「アン!もう・・」

Iちゃんは驚いたような声を上げたが、そのままバストを揉ませてくれた。

指先で乳首を弄りながら乳房を撫でた。

「アンッ、ちょっと!・・・ンンッ!」

「感じてる?」

「いいから早くイッて!」

Iちゃんはさらに早くフェラを続けたが、もちろん、挿れない訳にはいかなかった。

「Iちゃん、もういいよ」

「何で?イかなくていいの?」

Iちゃんはモノをしごきながら言った。

「Iちゃんのお尻見ながらイきたいんだ。さっきのポーズ、してくれない?」

「お尻突き出すヤツ?いいけど・・」

Iちゃんは立ち上がると、さっきのポーズを取ってお尻をくねらせた。

「やっぱり凄くセクシーだ・・・」

モノを自分でしごきながら、ゆっくりとIちゃんのお尻を撫でた。

「アン・・・自分でするの?・・・」

私は何も言わず、両手でお尻を掴むと、パンティーの上から割れ目にモノを当てた。

「ヤッ、ちょっと!ダメだって・・アッ!」

少し力を入れて、グイッと押し付けた。

「アァ・・ダメ・・止めよ?・・」

スルリとモノを股の間に押し込むと、素股で腰を前後させた。

パンティー越しに割れ目にモノを擦りつけた。

「アァ・・ダメだから・・・ね?・・」

ホックを外して荒っぽくブラを剥ぎ取ると、後ろから胸を揉み上げた。

「ち、ちょっと・・アン・・アァッ・・」

素股を止めると、パンティーの上から中指で割れ目をなぞり上げた。

「アァ・・・ダメ・・アァ・・」

既に割れ目はしっかりと濡れていて、パンティー越しでもよくわかった。

指先を濡らすように中指を前後させると、

「アッ・・・アッ・・」

と動きに合わせてIちゃんは声を上げた。

パンティーをずらし割れ目をあらわにすると、モノを割れ目に押し当てて擦りつけた。

「挿れるのは・・ダメ・・ねっ?」

言葉は拒んでいても、体は抵抗しなかった。

ゆっくりと腰を押し込んだ。

ヌルリとした感触が尖端を包み込んだ。

「アァ・・入って・・」

Iちゃんの体が小さく震えた。

そのままゆっくりと根元まで差し込んだ。

「アァッ!凄い!・・大きい!・・・」

腰を掴んでいた手を胸に戻し、ゆっくり揉み上げながらピストンを始めた。

「アァ・・凄い・・凄い・・」

ヌチャッ、ヌチャッと音を立てて、モノが出入りする度に、

「アァッ・・・アンッ・・・いい!・・」

Iちゃんはヒザをガクガクさせていた。

私は無言のまま、ピストンを早くした。

パチッ、パチッと体が当たる音が響いた。

「ンッ、ンッ、ンッ・・」

何かに耐える様にIちゃんの体が硬直した。

一気にスピードを上げて突き上げた。

「アッ・・ダメッ・・アァッ!!」

Iちゃんは全身をガクガクさせながら崩れ落ちそうになった。

腰を掴んで無理矢理立たせると、激しくピストンを続けた。

「待って!・・アァッ!また・・」

腰を大きく反らせると壁に爪を立てて、また体をガクガクと震わせた。

それでも私はピストンを止めなかった。

ッチな広告