エチ研TOP
Home > 体験談 > 同僚と一緒にテレクラ使ってギャルの…
投稿:2013-10-28(月)06:00

同僚と一緒にテレクラ使ってギャルの子と3P

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:2,701回)
名無しさんからの投稿

会社の同僚と飲んだ帰りに、初めてテレクラというのを利用してみた。

エッチ目的なので、時間も時間だからやり取りとか面倒くさいし、即会える人だけを募集したら意外にも複数の積極的に女の子からメールが届いた。

早速メールを送り返すとすぐに返事は返ってきた。

同僚は不安に思っているみたいだけど、業者ではなさそうだからとりあえず場所と時間だけを指定して、それ以外の質問は受け付けないようにログアウトした。

指定場所で待っていたら、肌寒い5月なのに薄着でミニスカートの女の子がのこの事やってきて、携帯を弄っている。

思わずこの子かな?と思ってサイトにログインしたら、メールが届いていた。

案の定、20代前半の今風のギャルが俺らの前で緊張しながらウズウズしている(笑)

「掲示板の子?」

と声を掛けたら。

「あ、はい。○○さんですか?」

と躊躇しながら答えてきた。

「まさか本当に会えるとは思わなかった、あはは(笑)」

これから行く場所と言えば決まっている。

もちろんこの子もホテル以外に頭にはないんだろう(笑)

「名前なんて呼べば良いの?」

「み〜って呼んでください」

同僚「み〜ちゃんね。彼氏とかいないの?エロい事とか好きそうだね」

「彼氏いなかったら使わないでしょ。掲示板」

「彼氏いないですよ」

同僚「セックス好き?」

「う〜ん、好きだと思う」

「エッチしたいから会いに来たんだよね?今からやろうよ」

「優しくしてくださいね。あまり経験ないんで」

本当はヤリマンのくせに!!と思いながらホテルへ直行!

早速シャワー浴びて、ベッドに入る。

まったりディープキスで舌を絡ませる。

徐々にあそこが大きくなっていくのが分かる。

デカくなったチンポをしゃぶりながら、同僚がみ〜のマンコを舐め回す。

「うん、あん、あ、うん」

愛液がたくさん溢れてきて、乳首が敏感になっている。

俺のチンポを抜くと、今度は同僚の大きくなった竿をしゃぶる。

お互いのイチモツをしゃぶりながらこちらをチラチラ伺っていた。

そろそろ入れて欲しいんだなと思ったので、同僚のをしゃぶらせたまま、俺はマンコを広げて生で挿入した。

「あん、良い、気持いい…」

口をチンポで塞がれながら感じながら腰を振っている。

パンパン!パンパン!と激しく奥に当たるように突きながら

「イイ!あん!凄い!イイーーーー」

と喘ぎながら、我慢汁と愛液が混ざっていく。

「入ってるよ!もっと欲しい?」

「うん、硬いのもっと欲しい!」

そう言うと、同僚と交代。

休む事なく、ハメハメする。

上下の口をチンポで塞ぎながら、おっぱいがゆらゆらと揺れている。

俺はその乳首を舐めながら、玉、アナルも舐めるよう要求。

美味しそうに舐めながら、彼女のマンコからアソコが出し入れしているのが見える。

「あーー、イクーーー!イクーーーーーー」

と全身を震えながら感じまくっている。

同僚もそろそろイキそうって言うので、彼女の膣に射精。

俺はすぐに彼女のマンコを覗くと、白い液体がゴボゴボと溢れていた。

「すげぇエロい」

休憩もなく、彼女の中にチンポを入れると凄いヌルヌル、ザーメンがローション代わりになっていて、さっきよりも気持ちよさが全然違う。

俺は正常位で激しく腰を振ると、あまりの気持ちよさにすぐイキそうになると、チンポを抜き彼女の口の中に射精した。

美味しそうにしゃぶるチンポからザーメンを搾り取りゴックンすると、ぐったりと頭を下ろした。

余韻に滴りながら、同僚はシャワーを浴びに行くと、俺は彼女と再びキスをした。

- 終わり -

前後の話
次の話(2013-10-28 19:00:00)メガネハゲと加齢臭が好きな私

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告