エチ研TOP
Home > 体験談 > 正知識のない従妹に尻コキと手コキを…
投稿:2016-07-25(月)11:42

正知識のない従妹に尻コキと手コキをしてもらった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:12,537回)
けんせいさん(10代)からの投稿

僕が中◯二年のときでした。

いとこに、ゆいちゃんという当時小3の女の子がいました。

ゆいちゃんと二人きりのとき、ゆいちゃんに尻コキと手コキをしてもらった僕は、幸せな◯リ◯ンエロガキです。

その日は僕の両親と、僕の母の妹家族が、確か葬式に行くことになってしまい、僕の母の妹の娘であるゆいちゃんを、ウチに預けるということになりました。

というわけで、僕のウチで、僕とゆいちゃんが二人きりで留守番となりました。

いとこのゆいちゃん、メチャクチャ可愛いです。

とにかくかわいい顔で、僕の好きな長〜い黒髪で、しかも夏場だったのでその日は露出の多い格好(白の半袖シャツに、濃い黒色ミニスカート)でした。

◯リ◯ンな僕は、二人きりになると、ゆいちゃんに欲情して段々ムラムラしてきました。

たった二人きりでトランプをしていましたが、もうトランプに集中できません。

ミニスカートのガードが緩いゆいちゃん、足を開いては白のパンツが時折チラチラしてます。

僕は遠慮なくゆいちゃんのパンツを、正面からチラチラ見ました。

「あ〜、ゆいちゃん白いパンツ見えてるよ〜」

ふざけて僕は言います。

するとゆいちゃんは少しムッとして、黙って股を両手で押さえてガードします。

そんなやりとりをしてると僕は更にムラムラきました。

そしてついに、ゆいちゃんにあるお願いをしました。

「ゆいちゃん、こっち来て」

ゆい「?」

僕はゆいちゃんの手を引いていきます。

そして、僕は椅子に座ります。

「ゆいちゃんを抱っこしたいけん、俺の膝の上に来て」

ゆいちゃんは、すんなりと椅子に座る僕の膝の上に座りました。

ゆいちゃんはスカートを敷かず、直に僕の膝の上に座ったので、ゆいちゃんのパンツが僕のズボンに密着しました。

嬉しくて気持ちよくて、僕はオチンチンが大きくなっていきました。

大きくなってくオチンチンが、僕のオチンチンに被さったゆいちゃんのスカートの内側を、下から突き上げていきます。

「ゆいちゃん、もっと奥に座って」

ゆいちゃんは、黙って体を後ろにずらします。

いよいよ、ゆいちゃんの尻が、僕のギンギンのオチンチンの上に乗っかりました。

メチャクチャ柔らかくて気持ちいいプニプニのお尻が、僕のオチンチンにギュッと密着します。

僕のオチンチンを、上からゆいちゃんの尻が、ぎゅゅうっと圧迫します。

僕は咄嗟にゆいちゃんのスカートを後ろからそっとめくります。

すると、僕のもっこりオチンチンにズボン越しに、ゆいちゃんの白パンツがピッタリ密着しています。

ゆいちゃんがめくられたスカートを押さえようとします。

しかし僕は強引にスカートを上に引っ張ります。

ゆい「めくんないでよー」

「いいやん、お願い」

ゆい「え〜・・・」

僕のオチンチンがビクビクうごめき、ゆいちゃんの尻を押します。

ゆい「なんか動いた」

「何かわかる?」

ゆい「・・・わかんない」

「僕のオチンチンだよ」

ゆい「・・・・・・」

「どう?オチンチンは?」

ゆい「やだ」

「かたい?」

ゆい「・・・・・・(うなずく)」

「・・・気持ちいい?」

ゆい「・・・・・・なんか変な感じ」

「俺は気持ちいいよ」

ゆい「・・・・・・」

「ゆいちゃん、お尻をさ、前後ろと左右に動かしてよ」

ゆい「なんで?やだ」

「お願い。してくれたら、スカートめくるのやめるから。ね、お願い」

すると、ゆいちゃんは、黙って尻を動かしてくれました。

ゆいちゃんの尻が、僕のオチンチンをこねこねと、こねくりまわして擦ってくれます。

気持ちよさのあまり、

「ああ・・・ああ・・・」

と声が漏れます。

ゆい「どーしたの・・・?」

「気持ちいい・・・ゆいちゃん、もっとお尻動かして」

ゆい「変なのー」

そう言いながらゆいちゃんは激しく尻を前後させます。

「ああ、気持ちいい」

ゆい「きゃはっ、えいえい!」

ゆいちゃんは面白がってきて、さらに激しく尻を前後します。

「ゆいちゃん、ゆいちゃんのお尻気持ちいい・・・」

ゆい「ゆいも、なんか気持ちいいー」

ついに、ゆいちゃんが気持ちよくなってくれた。

僕はその言葉に変な興奮を感じ、更にオチンチンがビクビクしました。

ゆいちゃんは面白がって、尻でひたすら僕のオチンチンをこねくりまわします。

もう我慢できません。

僕は、ゆいちゃんのお尻を感じながら、ズボンの中で射精しました。

小3の少女のお尻で抜いて、最高の気分です。

ズボンがじわじわと濡れてゆきます。

するとゆいちゃんが尻の動きを止めて、言います。

ゆい「なんかあったかい」

「あったかいやろ?ちょっとお尻上げてみて」

お尻をあげるゆいちゃん。

僕はゆいちゃんのスカートをめくり、パンツをチェック。

ゆい「あっ」

ゆいちゃんのパンツを見たら、パンツの後ろ側が少し濡れていました。

僕は興奮しました。

「ゆいちゃん、パンツ濡れてるの、わかる?」

ゆい「うん。なんか濡れてる感じする」

しかし、そう言うとすぐに、ゆいちゃんは浮かせていた尻を、いきなりドスンとオチンチンの上に再び落としました。

そしてそのまま、ゆいちゃんは尻を前後に動かして、また僕のオチンチンを尻コキし始めます。

ゆい「えい、えいえい」

「はぁっ、はぁ、ゆいちゃん・・・」

尻コキはたまらなく嬉しいが、僕のオチンチンがグニグニされて、精液がズボンの中でネチョネチョして気持ち悪い。

「ちょっと待って」

僕は咄嗟に言いました。

ゆいちゃんは尻コキを止めて、尻を浮かせ、僕から離れました。

「ちょっと待っててくれる?ちょっと俺トイレ行きたい」

ゆい「わかったぁ」

僕はあわててトイレに駆け込み、とりあえず精液を拭き取りました。

拭いたけどまだ濡れたままの気持ち悪い状態で戻ると、ゆいちゃんはスカートに手を入れて尻をさわっていました。

「パンツ・・・濡れたよね?」

ゆい「うん。なんかヌルヌルするー」

「ごめんな。それ俺のせいだから、パンツきれいに拭いてあげる」

ゆい「・・・いい。自分で拭く」

ゆいちゃんはスカートに手を入れて、ティッシュで自分のパンツの濡れた箇所を拭きはじめます。

すると、

「なんでゆいのパンツ濡れたの?」

と、ゆいちゃんが聞きました。

「俺の精液がかかったから・・・」

ゆい「精液ってなに?」

「男の人のオチンチンから出る白い液だよ」

ゆい「ふぅん。なんで出るん?」

「興奮したら出るんだよ」

ゆい「・・・なんで興奮したの?」

「・・・ゆいちゃんのお尻とかパンツのさわり心地が気持ちよくて、俺のオチンチンが嬉しくなって興奮したから・・・」

ゆい「なにそれー、お兄ちゃんキモい」

「でも、ゆいちゃんも気持ちよかったやろ?さっき気持ちいい言ってたやん」

ゆい「・・・えー・・・。言ってない〜!」

「うそつけ〜」

そして僕は切り出しました。

「・・・オチンチン、見てみたくない?」

ゆい「え、やだあ」

「いいから見て!」

僕はズボンを脱ぎます。

オチンチンがゆいちゃんの前で丸出しになります。

ゆい「ぎゃあ〜」

ゆいちゃんは顔を手で隠します。

しかし指の隙間から僕のオチンチンを覗いて見ています。

「ね、ゆいちゃん。さっきはお尻だったけど、今度は手でオチンチンをさわって欲しい」

ゆい「・・・・・・また白いの、出るの?」

「うん。白いの、またいっぱい出したい。ゆいちゃん、出して。お願い」

ゆい「え〜」

「お願い。あとで近くの店で美味しいお菓子買ってあげるから」

ゆい「え〜」

「ほんとお願い。算数わかんないとこ教えるから」

「頼む、お願い!」

ゆい「・・・(うなずく)」

「ありがとう」

僕はゆいちゃんにオチンチンを握ってと指示します。

恐る恐るオチンチンを握るゆいちゃん。

握られた瞬間、ゆいちゃんに握られた興奮で、またオチンチンがオッキしました。

ゆい「ぅわぁっ」

「おっきいやろ?」

ゆい「や〜だぁ〜っ・・・」

そう言いつつもゆいちゃんは、僕のオチンチンを握ったまま、じっと見つめている。

すごく興味津々なようです。

「そのまま、擦って」

ゆいちゃんがゆっくり擦りはじめます。

男のオチンチンを擦るのは初めてだろうに、なかなか上手い。

ゆっくり、ゆっくりと、優しく擦ってくれます。

僕はすぐに気持ちよくなってきました。

「擦るの上手いね」

ゆい「・・・」

「どう、オチンチンさわってみて」

ゆい「・・・かたい。あったかい・・・」

「白い液、またゆいちゃんにかけたいな」

ゆい「・・・やだ」

「だめ?」

ゆい「うん、だめ」

「え〜。パンツにまたかけたいけど、だめ?」

ゆい「絶対やだ。今度かけたら、お兄ちゃん大っ嫌い」

そう言われ、さすがに諦めます。

そうこうしていたら、オチンチンが限界を向かえたので、僕はティッシュをオチンチンの前に準備。

ゆい「出る?」

「うん。思いきりゴシゴシして」

ゆいちゃんがゴシゴシします。

するとすぐに、精液がティッシュの中に溢れ出ました。

そして、ゆいちゃんの手にもたっぷりの精液がかかりました。

ゆい「うわああっ・・・なにこれ〜」

「ごめんごめん!手拭いてあげるから」

ゆい「いやあぁ〜っ、やだぁ〜っ・・・うう〜」

半泣きで嫌がるゆいちゃんの手をしっかり拭いてあげて、そのあとにゆいちゃんを慰めて謝りました。

もちろんお菓子も買ってあげました。

しかし、これをきっかけに、ゆいちゃんはどうやらオチンチンに興味をもったようでした。

この日以降、ゆいちゃんは僕に会うたびに、親たちの目を盗んでは、僕のオチンチンを触ったり握るようになりました。

なお今も、ときどき会う際には必ず、彼女に手コキあるいは尻コキをしてもらってます。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告