エチ研TOP
Home > 体験談 > 上司と飲みに行ったらパートの女性二…
投稿:2016-10-04(火)01:31

上司と飲みに行ったらパートの女性二人も来ていた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:14,340回)
岩手県/高ちゃんさん(30代)からの投稿

食品会社に勤めています

女性が多い職場ですが、残念ながら若い子は少ないです。

若い女性は可愛がられて他の女性からやっかまれるというパターンだし、美人もしかり。

自分がいる現場も同じです。

40代から50代が中心の会社に

でも最近の四十路を五十路は綺麗だし

上司と飲みに行った時に、いつもは男性二人だったのに「今晩わ」とパートの奈津子さんと美香さんが来ていました。

「誘われたから来ちゃった」と四人で飲みました。

奈津子さんは46歳で二人の子持ちですが長い髪で細身の綺麗な感じの女性。

美香さんは48歳で小柄なムッチリ巨乳の女性でしたから対照的です。

二次会でカラオケに行き、程ほどに酔うと上司と奈津子さん、俺と美香さんの感じになりました。

カラオケが終わるとそんな組になりついていくと何とラブホテルに。

「じゃあここで解散」と二人と入口で別れました。

「あの二人って?」と話すと「そうだよ」と美香さん。

「あたしたちどうする?」と聞かれて「入りますか?」と聞くと頷く美香さん。

エレベーターで二階に行き、部屋を選択してエレベーターに。

部屋に入るとソファに座りながら話をしていました。

そして「ねぇ?高ちゃんからしたらやっぱり18歳も年上ってどうなの?」と聞かれて「全然問題ないですよ?」と話すと美香さんは「そうなんだ」と笑っていた。

ムッチリした小柄な体におっきい胸

「逆に年下ってどうなんですか?」と聞いたら「全然いいよ」と。

抱きついて自然とキスをしたら「ポッチャリおばさんでも大丈夫?」と聞かれて「美香さんなら」とキスを繰り返しました。

体をまさぐり48歳の人妻の肌を撫で回してバストに触れて撫で回した。

柔らかで大きさも凄い「美香さんて巨乳ですよね?」と話すと「そう?触って」と。

撫で回して「美香さんのおっぱいを触って見たかった」と話すと「好きなだけいいよ」と。

おっぱいをまさぐり上着を脱がせた派手なブラに包まれた大きな胸を撫で回して、ブラを外して目の前に少し下向きながらも大きい。

乳輪も乳首もおっきくて見てると「あんまり見ないで恥ずかしいから」と。

「溜まんない」と押し倒すと「ダメ・・・シャワー浴びたい」と言われて、美香さんがシャワーに

タオルを巻いただけで現れて、俺もシャワーに

上がると美香さんはベッドの中で部屋も暗くされていた。

隣に入りゆっくりと手に触れて体に触れてから近くに寄ると「途中で止めたとか無しだよ」と言われて「もちろん」とキスをして美香さんに。

柔らかで大きさも凄い胸を触りながら舐め回して「アッ・・・ンッ・・・」と声をあげて乳首小指の先くらいおっきくなっていた。

手からはみ出るくらいおっきい胸で柔らか

Fカップバストを味わって股間を触るとびっしょりに濡れて

「恥ずかしいからダメ」と言うが足を開かせて赤茶色の蜜穴に舌を這わせたら「アアン!気持ちいい!」とからだをくねらせていた。

強く吸い付き溢れる液を吸い取ると「イクゥ!」と仰け反らせて果てる美香さん。

「もうだめ・・・」と美香さんは起き上がりトランクスを下げていきなりしゃぶりつきました。

「おっきいオチンチン」と美香さんはジュルッジュルッとしゃぶりつき味わっていた。

子供の話とか好きで家庭的だと思っていた美香さんがしゃぶりついてると思うと・・・

「そんなにしたら出ちゃいますよ」と話すと

「ダメ」と。

そして美香さんは足を開き、俺は美香さんにゆっくりと

「アンッ!凄い硬い!」と声をあげる美香さんに沈めて、しっとりした中の感触。

締め付けは強くないがぬるつき絡み付く

押し入れながら美香さんの苦悶する声や表情とプルンと揺れる胸を触りながら四十路人妻の感触を刻み付けました。

「凄い高ちゃんの硬くて気持ちいい」と美香さんは大きい声をあげていた。

家庭的だと思っていた美香さんがこんなに女として快感に声をあげていると思うと堪らない

どんどんぬるつきが増えて美香さんは「壊れちゃう」と声をあげた。

激しく美香さんに入れると「ダメイクッ!」と声をあげて痙攣させる美香さん。

美香さんが果てるとキスをして「俺もいいですか」と話すと「いいよ」と美香さんは肩に手を回して俺は激しく突きいれていった。

「アンッ!気持ちいいアンッ!」と声をあげ汗ばんでお互いに気持ちよさに声をあげてフィニッシュになり「美香さん出すよ」と話すと「出して!高ちゃん」と声をあげる美香さんに発射。

「アアーッ!ドクドクしてる・・・熱っい」と美香さんはビクビクさせてしがみついていた。

美香さんに注ぎ倒れ込みながらぐったり

起き上がると「まだ抜かないで」と美香さんは俺をぎゅっと。

「中で出しちゃったけどいいの?」と聞くと「大丈夫だと思うから」と。

「凄かったぁ・・・硬いのがズンズン入ってきて興奮しちゃった」と。

そして美香さんとそのまま休んで連絡先を交換して帰りました。

休み明けに会社にいくと美香さんは「おはよ」といつものように接してくれた。

上司と奈津子さんも楽しんだらしく、美香さんと俺は休みのシフトを上司が合わせてくれて、もちろん上司と奈津子さんも週二日のうちのどちらかを合わせていましたが(笑)

旦那さんとは一年以上無くて、奈津子さんに話したら「高ちゃんとかどう?」と勧められたとか。

「高ちゃんエッチ強そうだったから」

それから美香さんと二年目にお孫さんも産まれたおばあちゃんは50歳になってもベッドの上では女として充分な色気です。

「孫と同い年の子供が出来たらどうしよう?」と言いながらも「高ちゃんの精子って温かくて量が多いから感じるの」と。

貪欲な姿や演技じゃない声

熟女の深さを味わって病み付きです。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告