エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 親の七光で副社長になった社長のバカ…
投稿:2016-04-17(日)11:56

親の七光で副社長になった社長のバカ息子

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:18,615回)
まどかさん(20代)からの投稿

親が社長だから副社長になった30代のバカ息子

ある日、重役会議であたしに準備しろと命令された

一時間前から会議室の準備してると30分前に副社長が来た

挨拶して準備してるといきなり後ろから抱きつきおっぱいを揉んできた

やめてくださいっと言うと『俺に逆らうと解雇するぞ』と脅された

給料かなりいいのでくびにされるのは困る

仕方なく受け入れた

調子に乗りおっぱい揉みまくり

服を脱げと言った

服を脱いだ

『下着もだ』

下着も脱いだ、素っ裸

『そのまま準備続けろ』

裸で準備する、ニヤニヤ笑いながら見てる

『終わりました』

『こっちこい』と手を掴まれ副社長席まで連れて行かれた

『ここに入ろ』

机の下を指差す

おっきな机で人一人入れるスペース

裸のまま下に入った

『そこで待ってろ』副社長は部屋から出ていった

少しすると役員達が入ってきた

(バレませんように)

10人入ってきた

遅れて副社長が来た

みんな挨拶する

副社長が席についた

ちらっとあたしを見る

会議が始まる、難しい話

副社長の足があたしのあそこに当たる

グリグリ動かす

あっ、んっと声が出た

『声出すな』小声で言った

するといきなりズボンのチャックを下ろし勃起したおちんちんを出した

あたしの頭を掴んでおちんちんのとこに持ってきた

『くわえろ』

プルプルと首振ったら軽くビンタされた

仕方なくおちんちんくわえた

ゆっくり動かしてると髪を掴み小刻みに動かす

んぐっ、んぐっ・・・口の中にどばっと出した

吐き出す事できずゴクンと飲んだ

おちんちんをしまい会議を続ける

疲れてグッタリしてると会議が終わった

副社長が後片付けは誰かに頼むからみんなは先に帰っていいぞと言った

役員達が退室

もう出てきていいぞと言う

フラフラと出てきた

『あたしももう帰っていいですか?』

『まだだ、後片付けしてくれ』

裸で後片付けした

片付け終わった

『また頼むな』

またやるんですか

この後、秘書に昇格したけど仕事の秘書じゃなく身体関係の秘書になりました

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告