エチ研TOP
Home > 体験談 > 違う支店から異動してきた21歳の有…
投稿:2015-12-17(木)06:28

違う支店から異動してきた21歳の有村架純似の事務員さんをお持ち帰り

この体験談のシリーズ一覧
1:【美魔女】同じ会社で働いてて可愛がってくれたオジさんから同級生との飲み会に誘われた2:うちの会社に来てもうすぐ1年になる41歳の森田さん3:俺が熟女好きになったキッカケ4:職場の熟女2人とエッチしまくった翌日の話5:人妻熟女の由美子さんと、飯島直子似の美熟女の2人と3Pした話6:初めて見かけた時から色っぽい人だなと思ってた同じマンションに住む奥さん
7:身長低いのにEカップ巨乳で松居一代似なユミさん8:嫌いな先輩の家でBBQをすることになったが、奥さんがもったいないぐらい可愛らしい人だった
9:違う支店から異動してきた21歳の有村架純似の事務員さんをお持ち帰り
10:会社の女性事務員4人全員に手を出すことにした11:会社の女性事務員全員を制覇した12:【レイプ】下の階に住んでる加賀まりこ似の熟女13:事務員全員と関係を持ったことが上司にバレて異動させられた14:前から気になってた定食屋に初めて行った日に知り合った近所の熟女15:【熟女】見舞いに来てくれた奥さんの同僚と16:学生時代に俺を見下していた同級生の母親をナンパして途中でネタばらし17:小学時代に親子で俺をバカにしてた同級生の目の前で母親を犯す18:悪友と一緒に二人組の熟女をナンパ19:会社のセンター長の奥さんはエロかった・・・20:仕事前によく立ち寄る定食屋でパートしてる水沢アキ似の佐藤さん21:自分のことを嫌っていた元カノの母親をレイプ22:サーフィン仲間で花田美恵子似の若妻23:社長夫人で小柳ルミ子似の理想系完熟熟女とヤレた話
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:37,071回)
神奈川県/熟女好きさん(20代)からの投稿

前回の話:嫌いな先輩の家でBBQをすることになったが、奥さんがもったいないぐらい可愛らしい人だった

どーも、熟女好きです。

今回は熟女ではなく違う支店から4月に異動してきた事務員さんの話をしたいと思います。

名前は堀越さん(21歳)で顔は有村架純を崩した感じだけど雰囲気は可愛く、通勤の時の服装がミニスカにニーハイソックスを履いてきたりしていて熟女好きの俺だけど

「可愛い系の堀越さんを汚したい・・・」

と願望が生まれ、狙っていて自宅も俺の家の近くだったので帰りが一緒の時は送ったりしていました。

チャンスが来たのは堀越さんがきて2週間経った時にやった歓迎会で、酔った堀越さんに周りのオッサン達が下ネタトークしてる時に

「あたしドMですよ(笑)」

と笑いながら話してたので、俺は

「軽い女か??」

と思って二次会の時に堀越さんの横に座り口説き始めました。

ホントは二次会が終わったら事務員のセフレ熟女の森田さんで性処理しようと思ったが、予定変更でたまには年の近い子を食べてみようと思い、下ネタトークしまくり。

堀越さんは酔っていたのもあり、下ネタトークに乗ってきて俺は

「結構エッチ好きでしょ?」

と聞くと

「嫌いな人っていますか?(笑)」

とあっけらかんと答え、

「俺も大好き(笑)」

と言うと

「奥さんと毎晩ですか?(笑)」

と聞いてきたので

「奥さんとはもうしてないな(笑)セフレとか(笑)」

とストレートに答えると

「えぇ〜セフレいるんですか?新婚ですよね?(笑)」

と少しビックリしながらも食いついてきました。

もっとビックリさせてやろうと思い、

「森田さんとはセフレだよ(笑)倉庫で何回もしてるし(笑)」

と離れたトコに座ってる森田さんを見ながら話すと

「ホントですか?(笑)・・・知らなかった〜・・・歳上好きなんですか?じゃーあたしは興味ないですね(笑)」

と言うのでヤバイ!と思い

「熟女好きだけどたまには歳が近い子を味わいたいじゃん(笑)」

と言って呑ませまくりました。

そして二次会が終了した時に森田さんから

「まだ終電まで時間あるから・・・ヨッシー君のオチ○チンほしいな・・・」

とLINEが来てたので適当な理由で断り、自宅が同じ方向だという事で上司から堀越さんと一緒に帰れと言われ、同じタクシーで帰る事になりました。

酔ってる堀越さんに肩を貸し、タクシーに乗りショートパンツにニーハイソックスの堀越さんにタクシーの中で太ももに手をやると、熟女とは違う張りを感じ。

しかも肌がスベスベで、いつもと違う興奮に襲われ、酔ってウトウトしてる堀越さんは抵抗もしてきませんでした。

そして堀越さんのマンションから少し離れたトコでタクシーを降り、肩を貸して歩き、脇を抱えるふりをしながら胸を軽く触るが何の反応もなく、大胆になった俺は胸を揉みまくると

「んぅ・・・ダメですよ〜」

と初めて抵抗してきましたが、久々に張りのある胸に興奮して

「いいじゃん(笑)嫌いじゃないでしょ?(笑)」

と言ってさらに揉み続けると、拒否しながらも感じてる様子でした。

そして堀越さんのマンションに着き、

「鍵を開けてあげる」

と言って鍵をもらい、部屋の階数を聞いてエレベーターに乗った時に無理矢理キスをすると

「んぅ・・・んぅ・・・」

と抵抗してきたが、暴走した俺は止まらず胸を揉んだりしてたらエレベーターが堀越さんの部屋の階に止まり、玄関まで肩を貸し、胸を揉んだりしながら鍵を開け、堀越さんを先に入れると酔いが少し冷めたのか、ドアを閉めようとしたので強引に玄関に入って鍵を閉め

「ここまで来たんだから楽しもうよ(笑)」

と言ってまた無理矢理キスをして、舌を入れようとしたけどクチを開ける気配がなかったので顔を舐めまわし

「こんなになっちった(笑)」

と言ってズボンとパンツを脱ぎ、ガチガチに勃起したチ○コを出し、倒れた堀越さんの頭を掴み起こし、咥えさせようとしたがクチを閉じたままだったので

「クチ開けろよ」

と言って唇にチ○コを押しつけてると、苦しかったのか少しクチが開いた瞬間にチ○コがズボボッっと堀越さんのクチの中に入っていき、生暖かさを感じました。

更に奥まで咥えさせようとすると

「ゴボッ・・・ウッ・・・ウェッ・・・ウェッ・・・」

と涙を流しながら今にも吐きそうな感じになった。

吐かれたらキモいのでギリギリまで咥えさせ、激しく腰を振ると苦しかったのか俺のお尻を叩いて抵抗してきました。

イマラチオを楽しみ、クチからチ○コを抜くとヨダレが糸を引いて垂れてきて、可愛い堀越さんが汚れてる姿に興奮し、その場でショートパンツを無理矢理脱がすとオレンジの可愛いパンツが現れた。

よく見るとシミが出来てたので

「抵抗してんのになんだかんだ濡れてんじゃん(笑)あっ・・・ドMだったもんな(笑)」

と言って両足を持ち、Vの字に広げ、子供がよくやってる電気アンマをすると

「やっ、あっ・・・んぁっ・・・いたい・・・」

と痛がりながらも感じ始め、パンツのシミがさっきよりも大きくなっていて

「ホントにドMだな(笑)」

と笑いながらVの字に足を持ったままニーハイソックスから露わになってる太ももを舐めまわし、腰を持ち上げてパンツのギリギリまで舐めると

「あっ、・・・んぅ・・・あぁ・・・」

と軽く喘いだので

「もっと声出して感じろよ(笑)」

と言って抱き抱え、

「俺が調教してやるから」

と言ってリビングの方に運ぶと可愛らしい部屋でいい匂いがしました。

そして床に寝かせM字に足を開き

「シミが凄くなってんな(笑)」

と言ってパンツの上からシミの所を舐めると

「あっ・・・あんっ・・・はぁん・・・」

と可愛く喘ぎ始め、パンツを脱がせると毛の薄いマ○コが露わになり

「堀越さん、可愛いわりにマ○コ黒ずんでるね(笑)色んな男とヤリまくってんだろ(笑)」

と言ってマ○コの匂いを嗅ぐと、汗をかいてるからか蒸れた匂いがした。

その匂いが更に俺を興奮させてくれ、クリトリスの周辺をゆっくり舐めて焦らし、ヌルヌルなってるマ○コに勢いよく吸い付き、わざとジュルジュルと音を立てて舐めまくると

「あぁ〜、んぁ、・・・あっ・・・あっ・・・んぅ・・・」

とさっきより感じ始め、指を2本入れるとすんなり受け入れ、ゆっくり動かす度に堀越さんの喘ぎ声は大きくなり、激しく動かしたらピチャピチャと音が鳴り響き、

「聞こえる?(笑)堀越さんのマ○コのエロい音(笑)」

と言うと

「・・・聞こえ・・・る・・・んぅ・・・」

と素直に答え、俺を受け入れたと確信しました。

ドSな俺は

「もっと聞かせてやるよ(笑)」

と言って激しく手マンし始めると、ピチャピチャピチャピチャと音が大きくなり、堀越さんの喘ぎ声も大きくなり、カラダをクネクネさせ始めたけど、手マンは止めずに続けると

「あっ、あっ・・・んぅ、クゥ・・・あっ、あっ、・・・あっ・・・だ、だめ・・・あぁ・・・だ、だめ・・・いっ、いっ、イッちゃう・・・だめ・・・」

と乱れ始めたので

「ほら、イケよ(笑)イク姿みててやるからイケっ!」

と言って激しく手マンすると

「あっ・・・んぅ、んぅ・・・やっ・・・あっ、あん、あぁ、いっ、いっ、イク〜ゥ〜ンゥ・・・」

とカラダを仰け反らせイッてしまい、堀越さんは肩で息押しながらピクピクしてました。

俺はマ○コから指を抜き、マン汁でヌルヌルなった指を堀越さんに見せ、指をクチ元に持って行き、

「堀越さんのマン汁すげぇな(笑)ほら、舐めろよ(笑)」

と言うとチ○コを咥えるかの様に咥え、激しく舐めてきたので

「やっと本性出したな(笑)」

と笑いながら

「俺のチ○コも咥えて気持ち良くしてよ(笑)」

とソファーに座り、股を開くと堀越さんは起き上がり、俺の股の間に座り、サオを持ち上げ、サオの横から舐め始め、裏スジ・玉袋まで舐め、一気に咥え込み、激しく頭を動かし始め、俺は咥えさせながら着てる物を全部脱ぎ、全裸になって堀越さんの頭を撫でながら

「おいしいか?(笑)」

と聞くと頷き、激しく頭を動かしてきて、気持ち良さがこみ上げてきたのでまだイクのはもったいないと思い、フェラを止めさせ

「俺のケツの穴も舐めろよ(笑)」

と言って腰を前に出し、テーブルの上に足を上げると堀越さんは低い体勢になり、俺のケツの穴を舌でなぞり舐め始め、俺は征服感を感じ、堀越さんに

「そこに立って上を脱いで全裸になれよ(笑)あっ、ニーハイは脱がなくていいから(笑)」

と言うと素直に立ち上がり、上に着てた服を脱ぎ始め、オレンジのブラも外すとCカップぐらいの可愛い胸が現れ、乳首はピンクで少し勃っていたので軽くつねると

「あっ、痛い・・・」

と言ったので

「痛いけど気持ちいいんだろ(笑)可愛い顔してこんなにエロいんだもんな(笑)テーブルに座ってマ○コ見せてよ(笑)」

と言うとテーブルに座り、M字に足を広げ、自らマ○コを開いて見せてくれ

「オナッたりしてんの?(笑)してみてよ(笑)」

と言うと、ゆっくり指を入れてオナり始め、目を閉じて

「はぁ・・・あぁ・・・あん・・・んぅ・・・」

と喘ぎ声を出し始め、俺は立ち上がり、堀越さんの頭を掴み、

「咥えながらしろよ(笑)」

と言って咥えさせ、フェラしながらオナり始めたので右手で胸を揉んだらつねったりした時の反応を楽しみました。

そしてフェラとオ○ニーを止めさせ、俺が手マンを激しくすると俺にしがみつきながら

「あぁ、あっ、んぅ、んぅ、あぁ〜」

と叫び、マ○コから大量の潮が吹き、床は潮まみれなったので

「漏らしちゃったね(笑)掃除しなきゃ(笑)舐めて掃除しな(笑)」

と言うと、荒い息遣いをしながら床に四つん這いになって床を舐め始めたので、俺は不意に腰を掴み、一気に後ろからチ○コを突っ込むと

「はぁう〜あぁ〜んぅ〜」

と声を上げ、床に崩れ落ちたのでお構いなしに腰を振ると

「はぁぁ〜んぅ〜」

と可愛い声で喘ぎ始めました。

熟女の緩マンに慣れてた俺は久々の締まりのあるマ○コにやられ、一気に射精感が押し寄せ、中出しをしよっと思ったがさすがに20代だと妊娠しやすいと思って諦め、体勢をバックから正常位に変えて突きまくってたらイキそうになったのでチ○コを抜き、可愛い堀越さんの顔に大量にかけた。

そのまま無理矢理クチにチ○コを突っ込むと堀越さんは勢いよく咥え、自らお掃除フェラをしてくれ、少し休憩してると眠くなったので奥さんには

「もしかしたら課長達と朝まで飲むかも」

と言っといたので、このまま堀越さんの家に泊まる事にした。

堀越さんを見ると、酔いが回ったのかグッタリしながら寝てる感じだったので顔射記念に携帯で写真を撮り、タオルを見つけ濡らして顔を拭いてあげ、ベットに運んで一緒に寝ました。

俺も酔いが回ったのか爆睡してしまい、隣で動く気配で目が覚めると堀越さんが

「えっ?」

みたいな少し驚いた表情で俺を見てたので

「おはよ(笑)」

と言うと

「お、おはよう・・・ございます・・・えっ・・・なんでヨッシーさんが?」

と混乱した感じだったので

「えぇ〜?覚えてないの?(笑)堀越さんが『犯してください』『調教してください』って言って誘ったんじゃん(笑)」

と適当なウソを言うと

「えっ・・・なんかうっすら・・・でも・・・えぇ〜・・・」

とまだ信じられない様子だったので

「堀越さん潮吹いたり俺のアナル舐めたり凄くエロかったよ(笑)あんなに調教されたがってたのに・・・ホント覚えてないんだ(笑)」

と笑うと

「ちょ、止めてください・・・」

と少し泣きそうになってたので、もっと追い込んでやろうと思い、シラフの堀越さんを味わう事にしました。

「まっ、いいじゃん(笑)現にこうしてお互い全裸なんだしさ(笑)」

と布団を剥ぎ取ると

「キャッ、布団返してください」

と言いながらカラダを縮める堀越さんを抱き寄せ、無理矢理キスをしながら激しく胸を揉みながら足を堀越さんの足の間にねじ込み、無理矢理足を開かせてキスを止め、胸に吸い付きながらまだ濡れてないマ○コを優しくなぞっていると段々と湿ってきたので

「や、やだ・・・止めて・・・ください・・・」

と言ってる堀越さんをシカトして胸からお腹、足の付け根を舐めながらマ○コに吸い付くと

「あぅっ・・・んぅ・・・」

と一瞬喘いだので

「我慢しなくていいよ(笑)いっぱい可愛がってあげらから(笑)」

と言ってワザと音を立て、舐めまくりながら胸を揉みくちゃにしてると堀越さんは大きな声で喘ぎだし抵抗もしてこなくなりました。

そしてビショビショなったマ○コに指を入れ

「昨日みたいにお漏らししちゃいなよ(笑)」

と言ってGスポットを攻めながら激しく手マンをすると

「あっ、あっ、あぁ〜〜」

とまた潮を吹き、ベットがビショビショになってしまったので

「また凄い量を漏らしちゃったね(笑)」

と笑いながら挿入すると

「えっ、あっ、・・・んぅ・・・あぁ・・・んぅ・・・」

と声を出し、ゆっくり腰を振ると

「あっ、あっ、あっ・・・あんぅ、あんぅ・・・あぁ・・・」

と可愛く喘ぎ始め、耳元で

「堀越さんのマ○コ凄い気持ちいいよ〜感じてる顔も可愛いし・・・感じてる声も可愛いよ・・・もっと声を出しなよ(笑)」

と言ってグイッと腰を奥まで押しつけて激しく突くと

「んぁ、あぁん・・・だめ・・・だめ・・・んぅ・・・」

と喘ぎ声が大きくなったので

「俺のチ○コ気持ちいいの?」

と聞くと

「あぁんぅ・・・は、はい・・・気持ち・・・んぅ・・・いい・・・ですぅ〜」

と答えたので

「これからイッパイしような?(笑)俺が調教してやるから(笑)」

と言うと

「・・・は、はい・・・」

と言って俺の首に腕を回し、キスを求めてきたのでキスをすると自ら舌を絡め、激しいDKをしてきて、あまりにも気持ち良くなり、イキそうになったので

「どこに出してほしい?」

と聞くと少し間を置き

「・・・な、中に・・・中に・・・ください・・・」

と中出しを求めてきたので

「責任取らないからね(笑)」

と言って中に思いっきり出しきり、ゆっくりチ○コを抜いてマ○コを広げると、トロ〜ンと精子が垂れてきました。

横にあった携帯を手に取って写真を撮ると

「えっ!?写真はやめて・・・」

と言ってきたので

「昨日も撮ったよ(笑)」

顔射され、寝てる堀越さんの写真を見せると唖然としてたので

「安心しな(笑)ネットに流したり他に見せないから(笑)調教の成長記録だよ(笑)俺の言った事に反抗したら・・・そん時はわからないけどね」

と言うと小さな声で

「・・・わかりました・・・約束ですよ・・・」

と言って絶対服従を誓いました。

その後は毎日エロ写メを送らせたり、仕事終わって家に帰ってから奥さんにウォーキング行ってくると言って堀越さんのマンションに行ってヤリまくり。

時々一緒にウォーキングして野外でヤったり、会社や帰りの車ん中でフェラをさせたりヤリ放題やっていて、今度は同じ事務員のセフレ熟女森田さんを混ぜて3Pしようと思っています(笑)

続き:会社の女性事務員4人全員に手を出すことにした

- 終わり -
コメントを書く

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告