エチ研TOP
Home > 体験談 > 痛みが快感になってる女
投稿:2015-08-01(土)06:00

痛みが快感になってる女

カテゴリ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,956回)
しんさん(20代)からの投稿

えりがリハビリに行っていない時間狙って愛に会いにいった

『愛に聞きたい事ある』

『何?』

『愛はM女の仕事してるんだろ』

『そうだよ』

『どんな事するの?』

『それはね』話てくれた

ご主人様のほとんどは浣腸をしたがる

でも浣腸は身体にかなり負担かかるので一日一回しかできない。

二人めからは丁重にお断りしてる

次に多いのは縛ったり吊るしたりする人

でもほとんどの人は素人でただグルグル縛るだけ。俺がみよを縛ったときこの人プロだな?と思ったらしい

一番好きなのは痛み

針刺されたり、ろうそく垂らされたりするのがいい

それなら誰でも簡単にできるし、わたし自信が好きなプレイ

手の怪我は金属製の棒で叩かれてご主人様が興奮して手加減なしで叩いて骨折した。

治療費は店が全額出してくれると話ついてる。

愛は縛られて痛み与えられるのが好きと分かった

『アナルフィストはかなり辛かったよ』

『悪かったな』

『いや、謝らなくていいって。初めての体験だったし今までやろうとした人いなかったし、M女としてのプライドもあったしね』

『そうか』

『でね、頼みがあるの』

『何?』

『また縛って針刺したり、ろうそく垂らしたりしてくれる?』

『いいのか』

『いいよってわたしが頼んでるの』

『分かった、明日準備してくる』

『一発抜いていく?』ニコッと笑う

『セックスか?』

『お口で』

『頼む』

カーテン閉めた

愛が裸になる

ズボンとパンツを脱がしベッドに座らせる

しゃがみこんでちんこをくわえた

右手でちんこの根本を握り舌で先っちょをペロペロ、くわえこんでぐ〜と奥まで入れてゆっくり上下にストローク

先っちょだけくわえて舌でチョロチョロ

またぐ〜とストローク

(おおう、かなりのテクニシャン)

ちんこビクビクとなっていきそうになるくわえたままピタッと止まる

少し落ち着いたらまた動く

(出そうなとこで止めやがる、生殺しや)

『うふっ、もう出したい?』

『ああ、出したい』

手を離し頭だけで高速フェラ

『おおお〜』

腰がガクガクとなりどばっと出した

ちんこくわえたままゴクンと飲みそのままフェラを続ける

身体がゾクゾクする

『もういいよ』

しぼんだちんこくわえたまま『まだ離さない』舌でチョロチョロ

『もういいって』

愛をのけた

『どうだった?』

『最高の気分』

『よかった、喜んでくれて』

『愛のおっぱいでかいな。何カップ?』

『EかF』

乳首をぎゅっとつねる

『んっ』

ちゅっとキスした

『はあ、あんたキスうまいね』

『えっ?ただちゅってしただけだぞ』

『あんた知らないの?』

『何を?』

『他の子はどうか知らないけど、わたしは軽くちゅってされるのが大好き。店にくる人ほとんどがやたら舌入れてベロベロなめまわすけどほんとはあまり好きじゃないの。軽くちゅってされるのが気持ちいい』

知らなかった

そういやあえりもみよもしほもたまに舌絡めてくるけどちゅってするだけでほわ〜んとなるな

『またキスして』

ちゅっ、ちゅっとした

『はあん』

愛もほわ〜んとなってる

『カーテン開けていい?』

えりの声

『いいよ』

シャ〜

えり『またえっちしてる』

『今はお口だけだよ』

えり『いや、それでもなんかずるいな』

えりにちゅっとキスした

ほわ〜ん

簡単な子だ

えり『またキスでごまかされた』

『キス嫌か?』

えり『ううん、大好き』

ならいいだろ

ぷ〜と膨れる

『えりちゃんの好きなお兄ちゃんは取らないよ。でも少しだけわたしにも貸して』

俺は商品か

えり『お姉さんならいいよ』

お前も簡単に言うな

えり『どうする、屋上行く?裏庭行く?』

『いや、今日は行かない』

えり『さっき出したから?』

『それもあるけど』

えり『あるんだ』

『いや、違う。色々準備してくるから明日楽しもう』

えり『分かったよ、なら指でいいからいかせて』

『ベッドに寝ろ』

自分のベッドに入り服脱いで素っ裸になり寝転んだ

カーテン閉めようとしたら愛も入ってきた

カーテン閉めてえりにキスする

キスしながらまんこさわる

えり『んはっ、はあはあ、やん』

すうっと下がり乳首をペロペロ

えり『んっ、んっ』

まんこをペロン

えり『ひゃっ』

愛がえりにキスした

えり『んんん』

上の口は愛に塞がれた

下は俺がペロペロ

えり『んふう、あああ、いっちゃう』

ビクンとなる

なんかびしょっと一気に濡れてきた

えり『んああ〜なんか漏らした感じ』

こいつ潮噴いた?

『えり、どんな感じだった?』

えり『今までいった感じと違う。なんかびゅっておしっこでた感じ』

潮噴いたの初めてか

『えりちゃんそれ潮噴きって言うんだよ』

えり『潮噴きってなに?』

『ん〜説明しにくいけどさっきみたいなおしっこでた感じの事。あれはおしっこじゃないの』

えり『そうなんだ』

『女の子が最高に気持ちよくなったとき感じるやつだよ』

愛の教えかたうまいな

よろよろと起き上がった

えり『まだふわふわしてるう』

『そろそろ帰るぞ、また明日来るよ』

えり『お兄ちゃんバイバイ、また明日』

ちゅっとキスした

ほわ〜ん

『愛、また明日な』

愛にもちゅっ

ほわ〜ん

おもしれえ

翌日

小道具準備して昼過ぎ病院に行った

えり『お兄ちゃん来た』喜んでる

えり『今日はリハビリお休みだからずっと遊べるよ』

『愛は?』

『わたしは午前中だけ。昼から暇だよ』

『じゃ、裏庭行くか』

『うん、行く』

『愛、今日浣腸できる?』

『うん、できるよ』

『無理してない?』

『してない、大丈夫』

売店で牛乳二本買って裏庭に行った

えり『ここはあたしらのえっちする場所だね』

二人服脱いで全裸になった

縄を取りだし愛を縛る

おっぱいを張るようにがっしり縛る

お腹もきつく縛り内股と太ももをグルグル

『んふっ』

『痛いか?』

『ううん、気持ちいい』

えりも縛った

えり『あたしもきつく縛っていいよ』

かなりきつく縛った

えり『痛っ』

『緩めるか?』

えり『ううん、痛いけどもっと絞めて』

ぐいっと絞めた

えり『痛い、痛いけど気持ちいい』

(こいつ痛みが快感になってきたな)

『えり、浣腸するぞ』

えり『うん』

『愛に抱きつけ』

愛のお腹にしがみつく

愛はえりを抱く

お尻をつきだした

牛乳一リットル注入

少し我慢させる

ぎゅるぎゅる

えり『もう出そう』

えりを四つん這いにした

『愛、えりのお尻に行け』

『はい』と言ってお尻のほうに回る

愛の顔をお尻におしつけた

『えりのアナルに口あけて付けろ』

口あけて尻の穴に密着

『出せ』お腹をぐっと押した

えり『あああ』

愛の口に出した

勢い強いので口から溢れてくる

それでもできるかぎりごくごく飲む

『出しきったか?』

えり『まだちょっと残ってる感じ』

『気張れ』

えり『んんん』

ぶりっぶりぶり

ん?

愛が口離した

柔らかいうんちが愛の口から垂れてる

(しまった、うんち出てる)

『あ、あ、あ』

『早く吐き出せ』

ゴクン・・・

ッチな広告